携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> インタビュー> 『モンスターハンターポータブル 3rd』プロデューサー&ディレクターロングインタビュー

『モンスターハンターポータブル 3rd』プロデューサー&ディレクターロングインタビュー

2010/3/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『MHP 3rd』制作進行中

 

 『モンスターハンターポータブル』シリーズの最新作がついに発表! 『モンスターハンターポータブル 3rd』(以下、『MHP 3rd』)の制作コンセプトや、登場するモンスター、武器の種類など、気になるところを辻本良三氏(プロデューサー)と一瀬泰範氏(ディレクター)にさっそくインタビュー!

 

mon13

プロデューサー
辻本良三(つじもと りょうぞう)

 

mon10

ディレクター
一瀬泰範(いちのせ やすのり)

 

 

mon09

 

新鮮な気持ちで遊べる作品にしたい

 

――『MHP 3rd』は、携帯ゲーム機向けの作品として、久しぶりのナンバリングタイトルとなります。まずは、今回のコンセプトをお聞かせください。

 

辻本良三(以下、辻本) 前作の『2nd G』がヒットしたことによって、『モンスターハンターポータブル』シリーズの楽しさを非常に多くのゲームファンの方に知っていただくことができました。私たち作り手も手応えを十二分に感じてはいるのですが、最新作の『MHP 3rd』は、『2nd G』のファンの方々の期待をよい意味で裏切ることのできる作品にしたいと思っています。

 

――そう考えられる理由は?

 

辻本 新鮮な気持ちで遊んでもらえる作品にしたいからです。前作を遊び込んでくださった皆さんに新しい驚きを提供しつつ、シリーズならではの楽しさもきちんと味わえる作品にする。それが、『MHP 3rd』を作るにあたって掲げた、もっとも大きな目標ですね。

 

――守るべきところは守りつつ、新しい驚きを提供していくということですか?

 

辻本 はい。ひとりで遊んでも多人数で遊んでも楽しめるゲーム性や、携帯ゲーム機でのプレイを考慮したある種の"お手軽さ"など、ポータブルシリーズのナンバリングタイトルとして絶対に守らなければならない要素というのは、当然あるわけです。そういった部分をベースに、遊びの幅をさらに広げ、狩りの楽しさをより深く掘り下げる新しい要素を盛り込んでいきたい。もちろん、『モンスターハンター』シリーズに初めて触れるプレイヤーにも、狩りの楽しさを味わっていただける内容にしますので、ご安心ください。

 

 

『2nd G』でも『3(トライ)』でもない手触り

 

――ゲーム全体に関して、従来のタイトルから大きく変わっている部分はありますか?

 

一瀬泰範(以下、一瀬) 『2nd G』をベースにするのではなく、ゲームの大部分を新たに作り直しています。そのおかげで、モンスターの動きやグラフィックが格段によくなって、表現の幅も広がりました。きっと、狩りの最中にいろいろと新しい発見をしてもらえると思います。「この質のグラフィックでこんなに多くのモンスターを動かせるのか」とか、「こんなこともできるのか」とか。

 

――作品としての手触りは、Wiiで昨年発売された『モンスターハンター3(トライ)』(以下、『3(トライ)』)に近いのでしょうか?

 

一瀬 いえ、『2nd G』でも『3(トライ)』でもない、新しい手触りを持つ作品になるでしょうね。

 

 

mon02
mon03

ハンターたちの活動拠点となるのは、山間部の谷に湧き出た温泉を中心に栄える“ユクモ村”。“和”の雰囲気が漂う村内には、ギルドの集会所と露天風呂を兼ね備えた“集会浴場”なる新施設があるようだ。

 

<人物紹介>

ユクモ村の村長

先代村長の娘で、若くして村長となった竜人族の女性。

mon12

 

受付嬢

ギルドに志願して村にやってきた明るく元気な新人受付嬢。

mon11

 

露天風呂はなんと混浴!?

 

――ユクモ村は、従来の村とは異なる雰囲気を持つ村ですね。東洋風というか、和風というか……。

 

一瀬 前作のポッケ村にも、意識して"和"のテイストを盛り込んでいたのですが、今回はそれをもっと前面に押し出してみました。とはいえ、安直に和風にこだわると、江戸時代の町並みのようになってしまうので、シリーズの世界設定に合うように随所にアジア風の要素を取り入れています。

 

――ユクモ村のテーマは、温泉?

 

一瀬 はい。温泉の要素は、じつは第1作目から温めていたアイデアなんです。以前から、企画担当の人間とネタを出し合ってはいたのですが、ようやくそれをゲームに盛り込むことができました。

 

――それが集会浴場にある露天風呂ですね。

 

一瀬 露天風呂には、いろいろな仕掛けを用意しているのですが、まだ詳細はお話できません。ひとまず、クエストに出掛けるまえに露天風呂に浸かるとステータスがアップする……というイメージで捉えていただければ。

 

――アイルーキッチンのような機能があると。

 

辻本 そうですね。じつは、本作にはアイルーキッチンが存在しません。露天風呂は、それに代わる施設というわけです。

 

一瀬 前作では、アイルーキッチンに入るたびにロードが行なわれていたため、そこでゲームのテンポが少し崩れるところがありました。だから今回は、ステータスアップの要素を、プレイヤーどうしの姿が見える集会所の内部で手短にできるようにしたかったのです。ですから本作では、誰かの食事が終わるのをギルド内で待つということが少なくなると思います。待ち時間が発生したときは、露天風呂内でアクションを出して遊びながら、仲間を待つこともできますし。

 

――アクションというのは?

 

一瀬 テーブルに座って乾杯したり、立ち上ってカップを振ったりという、従来のテーブルアクションと同種のアクションです。ほかのプレイヤーとコミュニケーションを取るためのものですね。

 

――なるほど。露天風呂は混浴なのですか?

 

辻本 はい。みんなでいっしょに入れますね。

 

――ちなみに、ユクモ村には農場(村の内部にいながら素材の入手ができる施設)はあるのですか?

 

辻本 あります。今回の農場は広いですよ。いろいろと新しいアイデアを盛り込んでいるのですが、詳しいことはまだ言えません(笑)。“広い”というところに注目しつつ、続報をお待ちください。

 

 

mon04
mon05

『MHP 3rd』を象徴するメインモンスターは、雷狼竜ジンオウガ。新フィードの“渓流”には、アオアシラやガーグァなどの新モンスターがたくさんいるようだ。

 

正統派で王道の大型モンスター

 

――ジンオウガは『MHP 3rd』の看板モンスター?

 

辻本 ユクモ村を訪れたハンターが当面の狩猟目標とする、作品を象徴するモンスターとなります。

 

――どんな性質を持つモンスターなのですか?

 

辻本 やんちゃな暴れかたをしますが、基本的には正統派で王道の大型モンスターですね。

 

――アオアシラとガーグァについては?

 

一瀬 ガーグァは、シリーズのファンの方に新鮮さを感じてもらうために作ったモンスターです。アオアシラは、見た目どおり、熊をモチーフにした中型のモンスター。従来のドスジャギィやドスランポスなどと同じ位置づけの狩猟対象です。この2体のほかにも、いろいろなモンスターを登場させたいなと思っているので、ご期待ください。

 

――フィールドについてもお聞かせください。

 

辻本 フィールドのバリエーションは、『3(トライ)』に登場したものに、新フィールドの渓流を加えた形になっています。『MHP 3rd』のフィールドには、水中で狩りをするエリアが存在しないので、『3(トライ)』に登場したフィールドには大幅な手直しを入れています。あとは、採集や採掘を行なえるポイントが固定なことも、『3(トライ)』との違いでしょう。

 

一瀬 ちなみに、『3(トライ)』の登場モンスターのうち、水中エリアでなければ魅力を活かし切れないモンスターは、本作には登場しません。その代わり、『MHP 3rd』から登場するモンスターもたくさん用意していますので、ボリューム的には満足していただけると思います。

 

 

mon06
mon07

『MHP 3rd』には、過去のシリーズに登場したすべてのカテゴリーの武器が登場する。さらに、どのタイプの武器にも、新たな要素が追加されている……!?

 

どの武器にも手を加えている

 

――武器の種類は、シリーズ史上最多ですよね?

 

一瀬 過去のシリーズに登場したすべての種類の武器を盛り込むというのは、開発初期のころに早々と決めました。がんばって、どの武器も使って楽しいものに仕上げたいと思っています。じつは、すべての武器にいろいろと手を加えているんです。遊びのスタンスは変わらないけれど、使用感や攻撃のテンポが変化しているものもあります。

 

辻本 武器の仕様は、『2nd G』のときにも変えたのですが、今回はそれ以上のいじりかたをしています。たとえば、ガンランスなどは、ものすごく変わっています。より派手で、見栄えする武器になっている。ほかの武器にも新しい要素が盛り込まれているので、ぜひご期待ください。

 

――ボウガンのシステムはどうなるのですか?

 

一瀬 『2nd G』のシステムが軸になっている作りですね。

 

――武器や防具の総数はいかほどに?

 

辻本 今回はG級のクエストがありませんから、『2nd G』ほどの数はありません。ただし、それでも『MHP 2nd』以上の数にはなると思います。

 

――武器や防具の生産や強化の流れは?

 

一瀬 じつは、今回はそこにもいろいろと手を入れようとは思っているんですよ。ただし、武器の属性を自由に変えられるとか、そういったことはしませんけれど。いつもの『モンスターハンター』でありながら、新しい遊びが提供できればと。

 

辻本 『2nd G』と『3(トライ)』のよいところを引き継ぎながら、サプライズを提供できる新要素を盛り込みたいですね。とはいえ、どの武器も基本的な特徴は以前と同じですから、使い勝手がまるで違うというようなことはありませんのでご安心ください。

 

――防具のイラストも公開されました。防具のデザインは大きく変わっているのですか?

 

一瀬 今回和風の防具のイラストを公開したのは、『MHP 3rd』の雰囲気をつかんでもらうためなんですよ。たくさんある防具の中のひとつに過ぎないので。すべての防具が和風のデザインになっているわけではありません。

 

辻本 まあ、はっきりと言ってしまうと、おなじみのハンター装備などは、本作にもしっかりと登場します。

 

――スキルシステムの仕様に変化はある?

 

辻本 基本は従来シリーズと同じになると思います。防具にスキルポイントが設定されていて、その合計でスキルが発動したりします。

 

一瀬 スキルについては、いままさにいろいろな試行錯誤をくり返しているところです。おもしろいものになるようにがんばっているので、楽しみに待っていてください。

 

 

mon01
mon08

シングルプレイのときの狩りの相棒、オトモアイルー。『MHP 3rd』では2匹連れていくことが可能に! オトモアイルーの装備のコーディネイトも楽しめちゃうぞ。

 

オトモアイルーが超進化!

 

――『2nd G』で大好評を博したオトモアイルーのシステムも大きく進化しているようですね。

 

一瀬 オトモアイルーのシステムは、すごく進化しましたね。まず、『2nd G』では1匹しかクエストに連れて行けなかったのが、今回は同時に2匹のオトモアイルーを引き連れて狩りを楽しめるようになっていますから。これは大きいですよ。

 

辻本 シングルプレイをより一層楽しいものにするために、オトモアイルーのシステムには、今回もとても力を入れています。

 

一瀬 マルチプレイ用のクエストをひとりで遊ぶプレイヤーもいますから、クエストの難度をどう調整していくか、じつは毎回悩むところなんです。でも、たとえばモンスターの数や攻撃力などを上下させてバランスを調整するというような、安易な解決策は取りたくなかった。それでは、乱暴な解決にしかならないので。だったら、新しい要素を入れたほうが目新しさもあるし、より一層楽しんでもらえるはずですよね。そこで、オトモアイルーをどうにかして2匹同時にクエストに同行させられないかと、たいへんな苦労をすることになったわけです(笑)。

 

辻本 オトモアイルーをクエストに連れていくと、モンスターの攻撃がハンターに集中することがなくなるので、狩りがとても楽になります。今回は、2匹同時にクエストに連れていけるので、その部分では『2nd G』以上にプレイの幅が広がります。

 

一瀬 さらに言うと、本作ではオトモアイルーの装備をカスタマイズすることができるんですよ。カスタマイズを施せば、武具の見た目も変わっていくので、やり込み要素にもなる。オトモアイルーの装備をすべて揃えてみようとか。もちろん、装備する武器の種類も複数あって、いろいろな性能のものを用意していますよ。

 

――オトモアイルーの装備は、ハンターの装備と同じ手順で作ることになるのですか?

 

一瀬 それぞれ別の仕組みを用意するつもりです。同じ仕組みにすると、装備作成のための手間がものすごく増えてしまうので。うまい仕組みを作るために、いろいろと工夫しているところです。

 

――オトモアイルーの武器の種類は?

 

一瀬 打撃系と切断系があって、前作と同じ感じです。武器のカテゴリーはその2系統ですが、各カテゴリーにたくさんのバリエーションを用意しています。

 

――オトモアイルーが狩りの最中に見せるアクションも増えているのでしょうか?

 

一瀬 行動パターンは大きく増えています。ふとした拍子に見せるしぐさなどにも、手を入れていますし。性格によっていろいろな動きを見せてくれるので、ぜひたくさんのオトモアイルーと狩りを楽しんでほしいですね。

 

――そのほかに、『2nd G』から進化している要素はありますか?

 

辻本 細かなところですが、プレイヤーキャラクターに、漢字、ひらがな、カタカナを使った名前をつけられます。従来どおり、英字も使えますよ。

 

――それは喜ぶファンの方が多そうですね。ちなみに、『2nd G』のセーブデータがあると、何かイイことがあるのでしょうか?

 

辻本 引き継ぎ要素はありません。まあ、オマケ程度のものは用意するかもしれませんけれど。

 

一瀬 あとは、配信クエスト。発売後は、前作を上回るたくさんの配信クエストを提供したいと思っています。

 

 

●今年の年末には発売したい!

 

――では、最後に読者にメッセージを。

 

一瀬 おもしろい作品になるように、開発スタッフ全員が、がんばって制作を進めています。もうしばしお待ちください。

 

辻本 携帯ゲーム機向けの『モンスターハンター』として、改めておもしろいって思ってもらえるタイトルになるよう、がんばって制作しています。必ず期待に沿えるような内容に仕上げますので、もうちょっと待っていてくだい。今回公開した情報は、作品に盛り込まれているアイデアのごく一部に過ぎません。これから、どんどんワクワクする情報を出していくつもりですので、楽しみに続報をお待ちいただければと思います。

 

 

『モンスターハンターポータブル 3rd』

機種:PSP、プレイステーション・ポータブル

メーカー:カプコン

発売日:2010年末発売予定

価格:価格未定

テイスト/ジャンル:狩り/アクション

プレイ人数:1〜4人

対象年齢:審査予定

通信機能:無線LAN機能(アドホックモード、インフラストラクチャーモード)対応

備考:プロデューサー:辻本良三、ディレクター:一瀬泰範

 

※公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

その他のニュース

『ニコニコSSG』次回はライブ感想回をお届けしますヨ!

『ニコニコSSG』第10回は、“ライブツアー2016「Words of GRACE」”の感想回をお届けします!!

「『刀剣乱舞』の可能性を感じて」――舞台『刀剣乱舞』開幕! 刀剣男士が戦い、葛藤し、躍動する濃密な2時間

舞台『刀剣乱舞』が、本日より東京・シアター1010で開幕! 初回公演前に行われた、報道陣・関係者向けのゲネプロ公演をリポートする。

新作MMORPG『BLESS(仮)』が発表! 日本一壮大なPvPコンテンツを目指す

ゲームオンのオフラインイベント“Pmang感謝祭”にて、新タイトルのPC用MMORPG『BLESS(仮)』が発表。

本日(2016年5月3日)20時配信の『今井麻美のニコニコSSG』は『バレットガールズ2』をプレイ!

本日(2016年5月3日)20時配信の『今井麻美のニコニコSSG』では、プレイステーション Vita用ソフト『バレットガールズ2』をミンゴスが実況プレイ! さらに、SSGアンテナのコーナーもお届けします!!

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』まずはPS4版の日本発売が決定

人気ミリタリーFPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』のPS4版国内発売が決定。

スクウェア・エニックスモントリオールが『Hyper Light Drifter』の開発者が率いる新チームを設立。『Fez』プログラマーも参加

アクションアドベンチャーゲーム『Hyper Light Drifter』などを開発したTeddy Diefenbach氏が、スクウェア・エニックスモントリオールでクリエイティブ・ディレクターに就任し、新プロジェクトを進めることを発表した。

『コール オブ デューティ 4: モダン・ウォーフェア』リマスター版の製品仕様が公開。単体販売の予定はなし

シリーズ最新作『Call of Duty: Infinite Warfare』限定版に同梱されることが発表された、『Call of Duty: Modern Warfare Remastered』。その詳細が海外公式サイトで公開された。

イベント中に電話や記念撮影!? 今井麻美さんらしさが詰まったシークレットライブをリポート

2016年4月17日、大阪府の某所にて、今井麻美さんの6thアルバム『Words of GRACE』の発売を記念して、シークレットライブイベントが開催された。

『ドラゴンクエストヒーローズII』青海亮太氏&庄知彦氏インタビュー! 気になるマルチプレイやPS Vita版について直撃!!

2016年5月27日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』。本作の開発を手掛けたキーパーソンのおふたりに、気になるアレコレを聞いてみたぞ!