プロフィール
中村彰憲

立命館大学映像学部 教授 ・学術博士。名古屋大学国際開発研究科後期課程修了 早稲田大学アジア太平洋研究センター、立命館大学政策科学部を経て現職。 日本デジタルゲーム学会(DiGRAJapan)副会長、太秦戦国祭り実行委員長 東京ゲームショウ2010アジアビジネスフォーラムアドバイザー。 主な著作に『中国ゲームビジネス徹底研究』『グローバルゲームビジネス徹底研究』『テンセントVS. Facebook世界SNS市場最新レポート』。エンターブレインの ゲームマーケティング総合サイトf-ismにも海外ゲーム情報を中心に連載中。

最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

来場者数を伸ばした東京ゲームショウ。鍵は「個」の台頭

 今年は、過去最大の27万人が参加。昨年の記録を5万人上乗せて軽々と乗り越えた。      ビジネスデーの参加者数は例年並、ファミリー層の参加は1万人強の減である事実を踏まえると、増加要因は一般者層に集中したという...

続きを読む | 2013年10月16日 11:24

  • 1-1