プロフィール
中村彰憲

立命館大学映像学部 教授 ・学術博士。名古屋大学国際開発研究科後期課程修了 早稲田大学アジア太平洋研究センター、立命館大学政策科学部を経て現職。 日本デジタルゲーム学会(DiGRAJapan)副会長、太秦戦国祭り実行委員長 東京ゲームショウ2010アジアビジネスフォーラムアドバイザー。 主な著作に『中国ゲームビジネス徹底研究』『グローバルゲームビジネス徹底研究』『テンセントVS. Facebook世界SNS市場最新レポート』。エンターブレインの ゲームマーケティング総合サイトf-ismにも海外ゲーム情報を中心に連載中。

最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

TGS 2012過去最高の来場者数の裏にあったユーザーコミュニティーのチカラ

 22万3753人。20日から4日間に渡って繰り広げられたゲームの祭典、「東京ゲームショウ2012」はこれまでの来場者数を更新し、ゲームのコンテンツとしてのチカラを一般の人たちにも改めて示す形となった。実際、来場者数の推移を見ると...

続きを読む | 2012年9月27日 20:49

『セガカラ』X立命館大学の取り組みがKBSの『Kyo:BiZ』でフィーチャー

『セガカラ』X立命館大学の取り組みがKBSの『Kyo:BiZ』でフィーチャー 先日、地元(京都)のテレビ局である「KBS京都」で、毎週金曜日21時?22時30分に放送されている「Kyo:BiZ」のワンコーナー「アプリこっと」のチームが筆者の所に...

続きを読む | 2012年9月12日 17:26

実写映画版『るろうに剣心』ヒットの秘密を徹底解剖! akinakiのJust Watched !

実写映画版『るろうに剣心 RUROUNI KENSHIN』 ヒットの秘密を徹底解剖! akinakiのJust Watched !     先日、『るろうに剣心 RUROUNI KENSHIN』(以下、『るろうに剣心』)を鑑賞してきた。今更感はあるかもしれないが、同作は...

続きを読む | 2012年9月5日 11:14

  • 1-3