プロフィール
中村彰憲

立命館大学映像学部 教授 ・学術博士。名古屋大学国際開発研究科後期課程修了 早稲田大学アジア太平洋研究センター、立命館大学政策科学部を経て現職。 日本デジタルゲーム学会(DiGRAJapan)副会長、太秦戦国祭り実行委員長 東京ゲームショウ2010アジアビジネスフォーラムアドバイザー。 主な著作に『中国ゲームビジネス徹底研究』『グローバルゲームビジネス徹底研究』『テンセントVS. Facebook世界SNS市場最新レポート』。エンターブレインの ゲームマーケティング総合サイトf-ismにも海外ゲーム情報を中心に連載中。

最新エントリー

話題にしたゲーム

タグ

月別アーカイブ

最近のコメント

ハリウッドVFXに、ディズニーコンテンツ。知財ビジネスでトップクラスと渡り合う 上海のヴァーチャス

 前回は、ヴァーチャス社発展の経緯を紹介しましたが、これからは、同社が関わったプロジェクトの中からディズニーインタラクティブ並びにILMからのプロジェクトについて紹介していきましょう。     『ディズニー エピック...

続きを読む | 2011年8月31日 19:04

大手アウトソーシング専門スタジオ、Virtuos(ヴァーチャス)を訪問

世界でも有数なゲーム開発拠点としての上海:大手アウトソーシング専門スタジオ、Virtuos(ヴァーチャス)を訪問     Gilles Langourieux氏     China Joyに代表されるように今や、上海はオンラインゲーム...

続きを読む | 2011年8月24日 19:42

China Joy会場で話題となっていた日本製コンテンツ

 怒濤の勢いの4日間があっという間に過ぎ、China Joyも盛況の中終了してしまいました。本来、会期中にリポートを1、2本と考えていたのですが、会議に次ぐ会議の連続で気がつくともうイベントが終わってしまったというのが実情です...

続きを読む | 2011年8月4日 11:47

  • 1-3