ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【ゲームハード販売台数、ハード別ソフト販売割合】集計期間:2010年2月1日〜2月7日

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ハード別ソフト販売割合は、『GOD EATER(ゴッドイーター)』の好スタートで、プレイステーション・ポータブルが再び首位を獲得した。『ドラゴンクエストVI 幻の大地』が好調に推移しているニンテンドーDSは、僅差で2位につけている。一方推定ハード販売台数は、全体的に落ち着いた動きとなった。その中では、プレイステーション・ポータブルは新作の発売もあり、減少幅は小さいものとなった。

 

エンターブレイン マーケティング企画部

 

ハード別ソフト販売割合

 

推定ハード販売台数

 ハード別ソフト販売割合

 

 ハード別ソフト販売割合

 

◆ソフト販売本数ランキングはこちら

 

※このランキングは、ファミ通協力店の皆様(リストはこちら)よりご提供いただきましたハード・ソフトの販売データをもとに、エンターブレイン マーケティング企画部が作成したものです。この集計データをもとに、企業向けマーケティング情報サイト「f-ism.net」や法人向け市場データ配信サービス「f-ism Piccolo」、国内外のゲーム市場データを豊富に収録した書籍『ファミ通ゲーム白書』といった商品・サービスも展開しております。詳細は、 f-ism@ml.enterbrain.co.jp まで、お気軽にお問い合わせください。


※PS2…プレイステーション2、PS3…プレイステーション3、GC…ニンテンドーゲームキューブ、XB360…Xbox 360、GBA…ゲームボーイアドバンス、GBASP…ゲームボーイアドバンスSP、GBM…ゲームボーイミクロ、、PSP…プレイステーション・ポータブル、DS…ニンテンドーDS、DS Lite…ニンテンドーDS Lite、DSi…ニンテンドーDSiを表しています。
※データ中の“週間推定販売台数”は、集計期間内に販売された各ハードの台数を表しています。また、“ハード別ソフト販売割合”は、集計期間内に販売された全タイトルの推定販売本数の合計を100パーセントとして、ハード別に算出したものです。
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

TVゲームニュース




ゲームソフト販売ランキング

販売数ランキングをすべて見る

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いたデータに基づいた販売ランキングです(毎週更新)




週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
無料コミック更新! 今週も鎮守府に新配属! いったいそれは誰?『艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!』63話
2位:
【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年11月10日〜2014年11月16日
3位:
緑川光さんと古谷徹さんが本人監修の“声優LINEスタンプ”になって登場!
4位:
『戦国無双4-II』続編ではないもうひとつの『戦国無双4』が登場
5位:
『妖怪ウォッチ2 真打』テレビCMが公開! 香川照之演じる妖怪専務が伊藤淳史に迫る!【動画あり】
6位:
乳(ニュー)キャラクターのボイン…じゃなくてボイスが判明『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-』
7位:
『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』 “デオキシス”や新たな物語“エピソード デルタ”などの新情報が一挙公開
8位:
『妖怪ウォッチ2』 “家族で遊ぼう!妖怪家族キャンペーン”を12月13日より開催! 2バージョン以上持っていると“鬼アツ特典”が!!
9位:
女体盛り大サービス! 『デカ盛り 閃乱カグラ』のパッケージ版が発売! いまひとたび、その魅力を熱く語れ!【プレイインプレッション】
10位:
『夏色ハイスクル★青春白書 〜転校初日のオレが幼馴染と再会したら(略)』オープンワールドの学園生活アドベンチャーゲームが登場

集計期間:2014-11-17〜2014-11-23




『ファミ通ゲーム白書2009』好評発売中
双方向性と即時性を生かしたマーケティングサービスの集大成「f-ism.net」
企業のマーケティング戦略を支援する、ゲーム市場データ配信サービス