ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【ゲームハード販売台数、ハード別ソフト販売割合】集計期間:2010年1月18日〜1月24日

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 ハード別ソフト販売割合は、『戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校』、『魔法少女リリカルなのはA's PORTABL』と新作が上位を占めたことで、プレイステーション・ポータブルが38.2%のシェアを獲得し、1週ぶりに首位に立っている。

 

 一方推定ハード販売台数は、前回よりさらに落ち着きを見せている。その中でやはり新作の発売されたプレイステーション・ポータブルが減少幅も小さく、販売台数ではトップとなった。

 

エンターブレイン マーケティング企画部

 

ハード別ソフト販売割合

 

推定ハード販売台数

 ハード別ソフト販売割合

 

 ハード別ソフト販売割合

 

◆ソフト販売本数ランキングはこちら

 

※このランキングは、ファミ通協力店の皆様(リストはこちら)よりご提供いただきましたハード・ソフトの販売データをもとに、エンターブレイン マーケティング企画部が作成したものです。この集計データをもとに、企業向けマーケティング情報サイト「f-ism.net」や法人向け市場データ配信サービス「f-ism Piccolo」、国内外のゲーム市場データを豊富に収録した書籍『ファミ通ゲーム白書』といった商品・サービスも展開しております。詳細は、 f-ism@ml.enterbrain.co.jp まで、お気軽にお問い合わせください。


※PS2…プレイステーション2、PS3…プレイステーション3、GC…ニンテンドーゲームキューブ、XB360…Xbox 360、GBA…ゲームボーイアドバンス、GBASP…ゲームボーイアドバンスSP、GBM…ゲームボーイミクロ、、PSP…プレイステーション・ポータブル、DS…ニンテンドーDS、DS Lite…ニンテンドーDS Lite、DSi…ニンテンドーDSiを表しています。
※データ中の“週間推定販売台数”は、集計期間内に販売された各ハードの台数を表しています。また、“ハード別ソフト販売割合”は、集計期間内に販売された全タイトルの推定販売本数の合計を100パーセントとして、ハード別に算出したものです。
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

TVゲームニュース







週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
無料コミック更新! MI作戦の作戦会議中!『艦隊これくしょん -艦これ- 吹雪、がんばります!』55話
2位:
【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年09月01日〜2014年09月07日
3位:
【速報】Xbox Oneの初週販売台数は23562台 ソフトの1位は『タイタンフォール』に
4位:
【独占先行公開】『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』ファン必見の最新PV公開! “2代目”ってどういうこと!?
5位:
【速報】『遙かなる時空の中で6』制作決定 PS VitaとPSPで2015年発売予定
6位:
【先出し週刊ファミ通】『ボコスカガールズ タツノコ学園クライマックス(仮題)』美少女がタツノコヒーローに大変身!?(2014年9月11日発売号)
7位:
『愛・天地無用!』キービジュアル&キャスト公開――魎呼や阿重霞、砂沙美なども登場決定!
8位:
超人気ボクシングマンガ『はじめの一歩』がついにプレイステーション3で登場【映像あり】
9位:
『ボコスカガールズ タツノコ学園クライマックス(仮題)』正義とお色気による前代未聞の戦いが開幕!
10位:
『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』第2の家庭用追加キャラクター“エルフェルト”の詳細が判明

集計期間:2014-09-08〜2014-09-14




『ファミ通ゲーム白書2009』好評発売中
双方向性と即時性を生かしたマーケティングサービスの集大成「f-ism.net」
企業のマーケティング戦略を支援する、ゲーム市場データ配信サービス