ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【ゲームハード販売台数、ハード別ソフト販売割合】集計期間:2009年12月21日〜2010年1月3日

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

 2週合算となる今回のデータだが、ハード別ソフト販売割合は約1カ月ぶりにDSが首位を獲得した。新作『ゼルダの伝説 大地の汽笛』の発売や、年末年始に定番タイトルが堅調に推移したことで、DSは42.4%のシェアを占めている。

 

 一方推定ハード販売台数は、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の好調も後押しし、Wiiが43.4万台を販売。その他のハードも、最大の商戦期である年末商戦の影響で、台数を伸ばしている。

 

エンターブレイン マーケティング企画部

 

ハード別ソフト販売割合

 

推定ハード販売台数

 ハード別ソフト販売割合

 

推定ハード販売台数 

 

◆ソフト販売本数ランキングはこちら

 

※このランキングは、ファミ通協力店の皆様(リストはこちら)よりご提供いただきましたハード・ソフトの販売データをもとに、エンターブレイン マーケティング企画部が作成したものです。この集計データをもとに、企業向けマーケティング情報サイト「f-ism.net」や法人向け市場データ配信サービス「f-ism Piccolo」、国内外のゲーム市場データを豊富に収録した書籍『ファミ通ゲーム白書』といった商品・サービスも展開しております。詳細は、 f-ism@ml.enterbrain.co.jp まで、お気軽にお問い合わせください。


※PS2…プレイステーション2、PS3…プレイステーション3、GC…ニンテンドーゲームキューブ、XB360…Xbox 360、GBA…ゲームボーイアドバンス、GBASP…ゲームボーイアドバンスSP、GBM…ゲームボーイミクロ、、PSP…プレイステーション・ポータブル、DS…ニンテンドーDS、DS Lite…ニンテンドーDS Lite、DSi…ニンテンドーDSiを表しています。
※データ中の“週間推定販売台数”は、集計期間内に販売された各ハードの台数を表しています。また、“ハード別ソフト販売割合”は、集計期間内に販売された全タイトルの推定販売本数の合計を100パーセントとして、ハード別に算出したものです。
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

TVゲームニュース




ゲームソフト販売ランキング

販売数ランキングをすべて見る

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いたデータに基づいた販売ランキングです(毎週更新)




週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
シンデレラ一門が上方演芸の街に遠征 “THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015”大阪公演リポート
2位:
『FFXIV』イイ……話で吉Pの心をつかめ! 14時間生放送“もしもし、私…○○よ”ダイジェスト
3位:
『星のカービィ』グッズが“東京ゲームショウ2015”限定で発売決定、パーカー、ニット帽、トートバッグの3種類
4位:
『ダウンタウン熱血物語 アンダーグラウンド』がSteamでの配信に向けてGreenlightに登録。ゲームプレイ動画も公開
5位:
『ギアーズ・オブ・ウォー』のクリフ・ブレジンスキー氏が率いる新作シューターの公式サイトがオープン。カウントダウンもスタート
6位:
Wii U『太鼓の達人 あつめて★ともだち大作戦!』11月26日に発売決定、新モード“ともだち大作戦!”も搭載
7位:
『仮面ライダーカブト』ガタックゼクター&ハイパーゼクターの“大人のための変身ベルト”が予約受付開始 こだわり抜かれた商品の詳細が明らかに
8位:
CRIがCEDEC 2015で4K全天球VRムービーを初公開、“リズムゲーや音ゲーを作りやすくする新技術”と題した講演も
9位:
【スクープ】『モンギア』の中村Pが『サカつくシュート!』で大胆予告! キーワードは“宇”
10位:
ほっかほっか亭が作るボリューム満点の“『モンスト』弁当”試食してみた

集計期間:2015-08-24〜2015-08-30




『ファミ通ゲーム白書2009』好評発売中
双方向性と即時性を生かしたマーケティングサービスの集大成「f-ism.net」
企業のマーケティング戦略を支援する、ゲーム市場データ配信サービス