ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【ゲームハード販売台数、ハード別ソフト販売割合】集計期間:2009年7月20日〜7月26日

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

 やや勢いは落ち着いたものの、引き続きニンテンドーDSがハード別ソフト販売割合で6割のシェアを占めている。『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が好調を維持していることに加え、『トモダチコレクション』も徐々に販売本数を伸ばしており、他のハードを圧倒している状況だ。また推定ハード販売台数は、ニンテンドーDSiが12週連続で1位を維持している。

 

エンターブレイン マーケティング企画部

 

ハード別ソフト販売割合

 

推定ハード販売台数

 ハード別ソフト販売割合

 

推定ハード販売台数 

 

◆ソフト販売本数ランキングはこちら

 

※このランキングは、ファミ通協力店の皆様(リストはこちら)よりご提供いただきましたハード・ソフトの販売データをもとに、エンターブレイン マーケティング企画部が作成したものです。この集計データをもとに、企業向けマーケティング情報サイト「f-ism.net」や法人向け市場データ配信サービス「f-ism Piccolo」、国内外のゲーム市場データを豊富に収録した書籍『ファミ通ゲーム白書』といった商品・サービスも展開しております。詳細は、 f-ism@ml.enterbrain.co.jp まで、お気軽にお問い合わせください。


※PS2…プレイステーション2、PS3…プレイステーション3、GC…ニンテンドーゲームキューブ、XB360…Xbox 360、GBA…ゲームボーイアドバンス、GBASP…ゲームボーイアドバンスSP、GBM…ゲームボーイミクロ、、PSP…プレイステーション・ポータブル、DS…ニンテンドーDS、DS Lite…ニンテンドーDS Lite、DSi…ニンテンドーDSiを表しています。
※データ中の“週間推定販売台数”は、集計期間内に販売された各ハードの台数を表しています。また、“ハード別ソフト販売割合”は、集計期間内に販売された全タイトルの推定販売本数の合計を100パーセントとして、ハード別に算出したものです。
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

TVゲームニュース




ゲームソフト販売ランキング

販売数ランキングをすべて見る

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いたデータに基づいた販売ランキングです(毎週更新)




週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
無料コミック更新! 怖い話でゾッと涼しく!?『艦隊これくしょん -艦これ-』51話
2位:
【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年08月04日〜2014年08月10日
3位:
小島秀夫監督×ギレルモ・デル・トロ監督×ノーマン・リーダスの新企画“Silent Hills”が発見される(『P.T.』のプレイ内容も追記)
4位:
【更新終了】インディーゲーム69作品をご紹介!“ニコニコ自作ゲームフェス3”受賞作品 48時間ぶっ通し実況の模様まとめ
5位:
『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』でダンボールはこう進化する! 最新のゲームプレイビデオを公開【gamescom 2014】(※スクリーンショットを追加)
6位:
『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』おきがえしたピカチュウの正体が明らかに!
7位:
新たなサイレントヒルへと繋がる圧倒的な恐怖の証明。KONAMIが『P.T.』公式サイトをオープン
8位:
パッチ2.35や2.4の話題も。『新生FFXIV』中国での展開などを吉田直樹氏にインタビュー【ChinaJoy 2014】
9位:
『モンスターハンター4G』ドンドルマとオトモアイルーの詳細を解説!
10位:
『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』に歴戦の勇者・メタナイトが参戦決定!

集計期間:2014-08-11〜2014-08-17




『ファミ通ゲーム白書2009』好評発売中
双方向性と即時性を生かしたマーケティングサービスの集大成「f-ism.net」
企業のマーケティング戦略を支援する、ゲーム市場データ配信サービス