ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



宇多田ヒカルは本気で『テトリス』超人だった! "宇多田ヒカルとテトリス対戦"開催!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●全30戦の模様をあますところなく書いてみました!

 

▲対戦直前の宇多田ヒカル。この笑顔からは想像もつかないほど、圧倒的な実力を披露する。

 

  2006年8月12日、東京、有楽町の東京国際フォーラムで、アーティストの宇多田ヒカルとニンテンドーDS用ソフト『テトリスDS』で対戦するイベント"宇多田ヒカルとテトリス対戦!!"が開催された。これはクラブニンテンドーの会員限定イベントで、6月23日〜7月24日の期間にキャンペーンに応募した人の中から、幸運な30名が抽選で選ばれて参加したものだ。
 

 イベントの内容はじつにシンプルで、宇多田ヒカルが参加30名とガチンコで1対1の対戦を行う、というもの。宇多田は『テトリス』の達人として有名で、本人曰く「5歳のときから毎日プレイしている」という筋金入りのテトリスマスターだ。テレビ番組などで宇多田が芸能人の腕自慢相手に連戦連勝を重ねていたことを知る人も多いだろう。そんな"テトリスの女王"相手に一般ユーザーがどこまで食い下がれるのか、注目が集まった。

▲対戦スタート! 誰が相手でもいっさい手を抜かず、真剣な表情で勝負!

 

 壇上に現れた宇多田ヒカルは、「じつはあまり対戦したことない……」とかなり緊張した面持ち。しかし最初の挑戦者を迎えるころには落ち着いてきた様子で、"本気モード"のメガネを装着して気合を入れた。せっかくなので以下から、宇多田ヒカルのテトリス30番勝負の結果を、すべてお伝えしちゃおう。
 

■緒戦(対戦相手・女性)
ふだん自分が使っているニンテンドーDSではないためか宇多田がミスを連発。あっという間に宇多田のブロックが積みあがり、なんと緒戦から負けてしまった。「やっばーいっ!! ボタンが超カターイ! マジかよ! ちょっとー!!」と宇多田絶叫。

▲思わぬ敗北に頭を抱える宇多田ヒカル。ふだん、それほど対戦はしていないということだったが、本当に悔しそうだったのが印象的。

 

■2戦目(対戦相手・女性)
やはり自分のニンテンドーDSではないためか、ミスを連発する宇多田。緒戦に続いて、悪夢の2連敗……。
宇多田 「あの! 自分のDSでできないんですか!?」
連敗が信じられないのか、壇上で地団駄。ボタンが固いらしく、なじむまでずっとボタンを押し続ける。
 

■3戦目(対戦相手・小学生の女の子)
徐々に本領を発揮してきて、女の子に圧勝。初勝利をあげる。
宇多田 「やっと勝った! やったやった! (女の子に向かって)またやろうね!」
 

■4戦目(対戦相手・小さい男の子)
じつに1分40秒におよぶ熱戦に。一進一退の攻防を制したのは、実力の片鱗を見せ始めた宇多田ヒカル。
 

■5戦目(対戦相手・男性)
宇多田、ミスが多く大苦戦。しかし最終的にはねじ伏せる。
宇多田 「あぶねー! ミスだらけですよー!(泣) でもすっごく楽しくなってきちゃった。もう負けないっすよ(笑)」
 

■6戦目(対戦相手・女性)
宇多田の勝利。しかしやはりボタンがなじまないのか、ミスが多く苦戦する。
宇多田 「あぶないっすね……」
 

■7戦目(対戦相手・女性)
宇多田の完勝。
宇多田 「もう負けないわ……!」
 

■8戦目(対戦相手・男性)
宇多田、序盤にミスを連発して対戦相手がリード。しかし信じがたいスピードで宇多田はブロックを消し続けて逆転勝利。
 

■9戦目(対戦相手・女性)
ミスをしても、圧倒的なテクニックですぐに挽回し、宇多田が圧勝。
 

■10戦目(対戦相手・男性)
一時、宇多田のブロックは上まで積みあがるも、まったく慌てずに宇多田の勝ち。
 

■11戦目(対戦相手・男性)
21秒で宇多田が対戦相手を下す。
 

■12戦目(対戦相手・男の子)
11戦目と同じく、宇多田が21秒で対戦相手を下す。
 

■13戦目(対戦相手・男性)
宇多田の連勝、10で止まる。対戦相手の勝利。
宇多田 「(はしゃぐ男性を見て)もー! 喜んでるよー! でも、もう負けないよ!」
 

■14戦目(対戦相手・女性)
敗北を引きずらず、宇多田完勝。
 

 ここで前半戦が終了。休憩タイムとなるのだが、去り際に宇多田ヒカルは客席に向かって「えー、休まなくてもまだまだできるのに(笑)。1日中、みんなと対戦していたいよ」と語り、会場を沸かせた。
 

■15戦目(対戦相手・男性)
休憩後も宇多田の圧倒的な強さは変わらず、完勝。
 

■16戦目(対戦相手・女性)
27秒で宇多田の勝利。
 

■17戦目(対戦相手・男性)
1分8秒の熱戦も、対戦相手がミスをして宇多田の勝利。
 

■18戦目(対戦相手・女性)
宇多田の圧勝。司会者から「めっちゃ強い……。コツは何なの!?」とつっこまれるも、宇多田は「わかんない(笑)」と涼しい顔。
 

■19戦目(対戦相手・男性)
30秒で宇多田の勝ち。
 

■20戦目(対戦相手・女性)
この日、1、2を争う熱戦で、対戦時間は2分44秒に! 対戦相手が宇多田を追い詰めるも、最後は地力の差で宇多田の勝利。
 

■21戦目(対戦相手・男性)
25秒で宇多田圧勝。
 

■22戦目(対戦相手・女性)
もう止まらない。宇多田、圧倒的な強さで勝利。
 

■23戦目(対戦相手・男性)
参加者どうしのトーナメントで決勝までいった強者が相手だったが、宇多田の相手ではなかった。対戦相手の男性は「強い。むちゃくちゃ速い……。まったく勝てる気がしません」と脱帽。
 

■24戦目(対戦相手・男性)
30秒で宇多田が勝利。
宇多田 「『テトリス』やってるときは、ぜんぜん疲れない(笑)」
 

■25戦目(対戦相手・男性)
まったく相手にせず、27秒で宇多田の勝利。
 

■26戦目(対戦相手・男性)
宇多田の勢いは止まらず、宇多田圧勝。
 

■27戦目(対戦相手・男性)
宇多田、38秒で激勝。
 

 ここで一般ユーザーとの対戦はとりあえず終了。なんと結果は、宇多田の24勝3敗!! とにかくその強さ、速さは脅威的で、ちょっと感動すら覚えるほどだった。お世辞抜きで、記者はこれほど『テトリス』がうまい人を初めて見た。

▲対戦中はメガネをかけていた宇多田ヒカル。「『テトリス』をプレイするときはいつもメガネかけてます。本気ですよ!」とのこと。

 

 さて続いて行われたのがエキシビションマッチ。なんと任天堂の開発チームの達人と宇多田ヒカルのガチンコマッチが実現したのだ。これには、強者を求めていた(?)宇多田ヒカルが大喜び。「対戦できるだけで光栄です!」という宇多田のコメントが合図となり、任天堂の達人2名との対戦がスタートした。
 

 しかしさすがは任天堂を代表する達人。もう強いこと強いこと。最初の相手に宇多田ヒカルは完敗を喫する。しかしただでは起きない大スター。いきなり「先に3勝したほうを勝ちにしませんか!」と絶叫。これには観客も大喜びで急遽、"先に3勝したほうが勝ち"という宇多田ルールでの対戦がスタートした。しかしそれでも達人の牙城は固く、宇多田ヒカルは2連敗。落ち込むと思いきや宇多田は本当に嬉しそうに「うわー! おもしろい!!」と自分と同レベルにいるツワモノに出会えたことに感激した様子。結果は、宇多田の1勝3敗で敗北となったが、非常に充実した対戦となったようだ。
 

 そしてもうひとりの達人との対決。こちらも宇多田の希望で3勝したほうが勝者という"宇多田ルール"でスタートした。リラックスした様子の宇多田と達人の対決は、この日最高の激戦に。1戦目は達人が貫禄の勝利をするも、すぐに宇多田が雪辱。続く対戦は達人、つぎは宇多田と一進一退の攻防となり、迎えた最終戦で宇多田が勝利! 宇多田は最上級のガッツポーズを見せると「またやりたいです!」と叫んだ。
 

 さてこの日最後のイベントは、30名の一般ユーザーの中から選ばれた実力上位3人との対決。達人との激戦で疲れた様子だった宇多田だが、この3連戦を2勝1敗で勝ち越し。結果、一般ユーザーとの対戦は26勝4敗という驚異的な成績で乗り切った。
 

 イベントの最後に宇多田ヒカルは、つぎのように語って大会を締めくくった。
 

 「疲れたけど、本当にふつうに楽しかった! 自分の仕事の宣伝とかパブリシティーとか関係なく、本当に遊びに来ちゃった感じですね(笑)。本当に今日はありがとうございました!」(宇多田)
 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース







週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年07月07日〜2014年07月13日
2位:
『ブレイブルー クロノファンタズマ』アーケード版が2014年秋にバージョンアップ決定! セリカとラムダが参戦!!
3位:
『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』に“マリー”が参戦決定、どんな戦いを見せる!?
4位:
【速報】『零』シリーズ最新作のタイトルは『零 〜濡鴉ノ巫女〜(ぜろ ぬれがらすのみこ)』 発売日も発表!【画像・動画追加】
5位:
【先出し週刊ファミ通】『フリーダムウォーズ』大型アップデート第1弾の詳細が判明! インターネットプレイも可能に!(2014年7月17日発売号)
6位:
『ポケットモンスター オメガルビー』『ポケットモンスター アルファサファイア』ジムリーダーや新たなメガシンカポケモンの情報を一挙公開!
7位:
『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』初週販売本数はいきなりミリオン突破の128万本!
8位:
【先出し週刊ファミ通】『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』にシリーズ初のアニメムービーの挿入が発覚! 真っ白と真っ黒のクマも!?(2014年7月17日発売号)
9位:
『鉄拳7』の制作が発表! 『鉄拳』シリーズ20周年記念タイトルとしてアーケード向けに開発中【動画あり】
10位:
【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター4G』メインモンスターの名前が判明!(2014年7月17日発売号)

集計期間:2014-07-14〜2014-07-20