ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



映画『サイレントヒル』の恐怖をイチ早く体験! "サイレントヒルショッキングハウス"が期間限定オープン!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●歌舞伎町にダーク・ナースが大量発生!?

 

▲新宿・歌舞伎町にダーク・ナース軍団が突如出現! これにはサラリーマンもホストのお兄さんも、ごみをあさるカラスでさえもビックリ!

 

 2006年7月8日より、丸の内ピカデリー2ほか全国ロードショーされる映画『サイレントヒル』は、KONAMIの人気ホラーゲーム『サイレントヒル』を題材にした作品だ。原因不明の悪夢に苦しむ娘シャロンを救うために呪われた街"サイレントヒル"に足を踏み入れた母親ローズ。そんな彼女にさまざまな恐怖が降りかかるといったストーリーなのだ。

 

▲顔に包帯を巻きつけてユラ〜リユラ〜リと不気味に動くダーク・ナースたち。あまりの怖さに目をそらしたくなるけど、冷静に考えればセクシーな格好だったりするので、とても複雑な心境だ。

 

 この映画の公開に先駆けて、東京の新宿にある歌舞伎町シネマシティ広場に映画『サイレントヒル』の世界観と恐怖が堪能できるアトラクション"サイレントヒルショッキングハウス"が登場。2006年7月2日まで無料で体験することができるぞ。この"サイレントヒルショッキングハウス"のオープニングイベントが、2006年6月22日に開催。イベントには、『サイレントヒル』のゲーム、映画をプロデュースする山岡晃氏、タレントの磯山さやかが登場。さらに『サイレントヒル』に登場するダーク・ナースたちも大量発生し、歌舞伎町がサイレントヒルと化した。

 

▲サイレントヒルショッキングハウスの前でトークショーを行なう山岡氏と磯山さやか。

 

 ステージでは山岡氏と磯山さやかによるトークショーが実施。山岡氏は「すでにアメリカでは映画が公開されましたが、初登場で1位と好評のようで、うれしいです。また、日本でもこのようなイベントを実施できることに感謝したい」と挨拶。自身が携わるゲームが映画化されたことについても「クリストフ・ガンズ監督が『サイレントヒル』のゲームがお好きだったので、彼に任せておけば大丈夫だと思いました。僕自身、ゲームを知らない人でも楽しめる映画にすることを目指しました。でも、自分のゲームが映画になるのは不思議な感じですね(笑)」とコメントした。一方、ゲームもホラー映画も大好きだと言う磯山さやかは「さきに観させていただきましたが、最後まで目が離せないからハラハラドキドキでした。主人公が女性なので、感情移入もしやすかった」と、映画『サイレントヒル』の感想を語った。

 

▲こちらが問題のサイレントヒルショッキングハウス。確実に嫌な予感がするたたずまいなので、できれば入りたくはない! 入りたくないけど無料で楽しめるなら……ちょっとお邪魔したいよね!

 

 そしてイベントの最後には、磯山さやかが"サイレントヒルショッキングハウス"を実際に体験することに! 入口の前に立ち尽くし、なかなか入ることができない磯山さやかだったが、数分後にようやく意を決して潜入。残念ながら中の様子は見ることができなかったが、磯山さやかは手にマイクを持っていたため、「どこが道だかわからな〜い!」、「キャー!!」、「ごめんなさ〜い!」といった叫び声が歌舞伎町にこだました。そして出口の扉が開くと、中から腰を抜かした磯山さやかの姿が! あまりの恐怖に泣きじゃくってしまったぞ。

 

▲「怖がりだけどホラー映画には出てみたい」と健気に語っていた磯山さやか。このあと、サイレントヒルショッキングハウスに入ったわけだが……。

▲泣〜かせた〜、泣〜かせた〜。あまりの恐怖で泣いてしまった磯山さやか。怖がりな人はひとりで入るのはやめたほうがいいかもね。

 

▲最後はみんなで記念撮影! 恐ろしいクリーチャーに囲まれてしまっては山岡氏も磯山さやかもナイススマイルは出せない!?

 

 果たして"サイレントヒルショッキングハウス"では、どんな恐怖が待ち構えているのか!? ぜひみなさんの目で確かめていただきたい……。

 

映画『サイレントヒル』

公開

2006年7月8日より丸の内ピカデリー2ほか全国ロードショー

出演

ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン、ジョデル・フェルランド

監督

クリストフ・ガンズ

配給

松竹

 

※映画『サイレントヒル』公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース







週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

1位:
【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年12月01日〜2014年12月07日
2位:
無料コミック更新! 渾作戦、発動!『艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!』65話
3位:
『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』ニトロプラス作品のヒロインたちが闘う!
4位:
『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇』寺田貴信プロデューサーインタビュー
5位:
『ドラゴンクエスト』シリーズ初の音楽ゲーム『シアトリズム ドラゴンクエスト』が発売決定!
6位:
『妖怪ウォッチ2 真打』が本日(12月13日)発売! ビックカメラ新宿西口店には朝早くから長い列が【『妖怪ウォッチ2 真打』発売日リポート】
7位:
“スーパーロボット大戦新作発表会”明日(12月12日)23時より生配信決定、寺田P&緑川光さんが登場!
8位:
【速報】『ファイナルファンタジーX/X-2 HD リマスター』PS4版が2015年春に発売決定
9位:
トヨタのハイブリッド車“AQUA”の新CMで『ドラゴンクエスト』と『モンスターハンター』の世界が再現
10位:
『妖怪ウォッチ2 真打』ビックカメラ池袋本店には100名以上の長い列!【『妖怪ウォッチ2 真打』発売日リポート】

集計期間:2014-12-08〜2014-12-14