携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ついに『ファイナルファンタジーXIV』のβテスト始動!

ついに『ファイナルファンタジーXIV』のβテスト始動!

2010/7/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●PC版βテストのファーストインプレッションをお届け

 

  PC版の正式サービス開始日程が2010年9月30日に決まったばかりのMMO(多人数同時参加型オンライン)RPG、『ファイナルファンタジーXIV』。今回は、2010年7月10日の午後7時からスタートしたPC版βテストのファーストインプレッションをお届けする。なお、α版からβ版の変更点については、β版の先行体験のこちらの記事を参照してほしい。 

 

 

●β版でクライアントの設定が可能に

 

 α版の解像度は1280×720(ウインドウモード)で固定だったが、β版ではユーザーのPC環境に合わせて設定を変更できるようになった。フルHD(1980×1080)解像度をサポートしたことに加え、光源処理の品質を変える”シャドウマップ”や景色の表現が変わる”被写界深度”といった項目が追加。被写界深度をオンにした場合は、PCのスペック(おもにグラフィックカードの能力)がかなり必要になるものの、より臨場感あふれる景色を楽しむことができる。

 

▲被写界深度をオンにしたプレイ画面。自分のキャラクターの周囲にピントが合っており、遠方の景色はぼやけている。

 

 

●βテスト開始

 

 βテスト開始から40分程度はログインがしにくくかったり、キャラクターが作成できないなどのトラブルがあった。だが、すぐに修正され、その後は一度も障害が起きずに安定してプレイできた。データ送受信による遅延も感じられず、サーバーからのレスポンスも非常に良好。正式サービス時のサーバー安定性について、期待の持てるテスト内容となった。

 

  

●メニューが一新

 

 メインメニューの項目はα版と比べてコンパクトにまとまり、見やすくなった印象。パーティ、リテイナーという項目が追加されていた。パーティを選ぶとフィールド全体や周辺人数を確認できる。パーティメンバーを募集したり、メンバーを募集しているパーティを検索する機能も用意されていた。リテイナーとは自分の代わりにバザーを行ってくれるNPCのこと。詳細はこちらの記事を参照してほしい。

 フィジカルレベルがアップした際に入手できるボーナスポイント(フィジカルボーナス)を割り振れるステータスは、8項目から下記の6項目にシンプル化。項目が具体的になったため、育成方針に迷うことがなくなるだろう。なお、一度上げたステータスをフィジカルボーナスに戻せる"還元する"というボタンも確認できた。

 

STR……力

VIT……体力

DEX……器用さ

MND……精神

INT……知力

PIE……信仰

 

 装備変更画面では、命中などのステータスも確認でき、装備箇所が大幅に増加。装備変更画面はさらに開発中とのこと。項目は以下のとおりだ。まだプレイを始めたばかりなので装備はあまり集められなかったが、ファッションのコーディネートと性能の両立を考えるのが楽しそうだ。

 

主器

副器

投擲器

携帯(主)

携帯(副)

胴+インナー

脚+インナー

右耳

左耳

右食指

右薬指

右腕

左食指

左薬指

左腕

  

●コンフィグも追加

 

 新たにコンフィグ機能が搭載され、影の表示やダメージ表示の形式、視点変更の設定などが変えられるようになった。さらに、余計なログを表示しない”チャットフィルター”も追加。チャットウインドウに表示される項目”General”と”Battle”のタブそれぞれに、細かいフィルターがかけられるようになっている。

 

 

 

  

●プレイについてイチから学べるチュートリアル

 

  一般的なMMORPGで言うところのクエストにあたる”ギルドリーヴ"を受注するときに、”チュートリアル”という項目を選べるようになった。ギルドリーヴでするべきことやフィジカルボーナスの使いかたなど、ゲームの基本的な遊びかたを学ぶことができる。ここも開発中とのことなので、今後もどんどん変わっていくだろう。

 

 

 

▲チュートリアルを選択すると、画面中央にやるべきことがメッセージ表示される。

 

 

●その他の要素

 

 プレイを進めていると、フィールド上で不意に雨が降ってきた。どうやら不定期に天候も変化するようだ。今回は視覚的な変化を感じられただけだったが、今後は天候の変化が技や魔法、武器の性能にも影響してくるのかもしれない。

 また、α版とはモンスターの配置が変わっており、さまざまなモンスターにすぐに出会うことができた。さらに、『ファイナルファンタジー』シリーズではおなじみの飛空艇が飛んでいる場面にも遭遇。街から街へと移動する手段に使えるのだろうか?

 

▲かわいらしい姿をしているモンスターたち。もちろん凶悪な姿のモンスターもフィールドを徘徊している。

 

▲画面奥の上空を横切っているのは飛空艇?

 

▲”自分を見る・見せる”といったエモーションの新アクションも加わった。

 

 

●今後のβテスト

 

 βテストは火曜日、木曜日、土曜日の時間限定で実施され、ゆくゆくは24時間運用になる予定だ。βテストのプレイリポートも続けていくので、楽しみにしていてほしい。

 

  

 

※『ファイナルファンタジーXIV』の公式サイトはこちら

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ハッピーダンジョン』が12月の大型アップデート配信 ついに正式サービス開始に!

トイロジックによる、基本プレイ無料のXbox One用アクションRPG『ハッピーダンジョン』の大型アップデートが、本日(2016年12月6日)配信。あわせて、12月アップデートのローンチトレーラーが公開された。

【ウォッチドッグス2特設サイト】特殊車両でマルチプレイがオススメのスタイル!

ユービーアイソフトのシリーズ最新作『ウォッチドッグス2』の特設サイト“インサイド ウォッチドッグス2”を更新。

ソニック生誕25周年イベントが2017年1月9日に大阪でも開催決定、“ソニック25周年カフェ”とのコラボも

ウェーブマスターは、“ソニック”生誕25周年イベント“SONIC ADVENTURE MUSIC EXPERIENCE”の大阪公演を、2017年1月9日(祝・月)に開催することを発表した。

『ソウルキャリバー』20周年記念動画が公開、“PROJECT SOUL”公式サイトもリニューアルオープン

バンダイナムコエンターテインメントは、武器対戦格闘ゲーム『ソウルキャリバー』シリーズの20周年を記念して、記念動画を公開。

【先出し週刊ファミ通】白雪姫も参戦!? 『Wonderland Wars(ワンダーランド ウォーズ)』大型アップデートの情報が到着!(2016年12月8日発売号)

セガ・インタラクティブの人気アーケードタイトル『Wonderland Wars(ワンダーランド ウォーズ)』が、2016年12月中旬に大型アップデートを実施予定! 週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)では、新たなキャストの詳細など、注目の最新情報をお届けしている。

【先出し週刊ファミ通】『シャドウバース』第3弾カードパック“バハムート降臨”から8枚の新カードを公開(2016年12月8日発売号)

PCやスマホで遊べる本格カードバトルゲーム『シャドウバース』。その第3弾カードパック“バハムート降臨”の最新カードを週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)で公開。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンターダブルクロス』狂奔MAX! 鏖魔ディアブロスや新二つ名モンスター、レンキンスタイルなどの詳細をまとめた全10ページ!(2016年12月8日発売号)

週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)では、ハンティングアクション最新作『モンスターハンターダブルクロス』の第2報をお届け!

【先出し週刊ファミ通】『エースコンバット7』1年ぶりの新情報! 開発陣インタビューもアリ!(2016年12月8日発売号)

週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)では、フライトシューティング最新作『エースコンバット7』のスクープ記事をお届け!

【先出し週刊ファミ通】一世を風靡した人気リズムアクションゲーム『パラッパラッパー』がPS4で蘇る(2016年12月8日発売号)

プレイステーション4で人気リズムアクションゲーム『パラッパラッパー』が楽しめる! 週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)では、本作の魅力を中心にお届け。

【先出し週刊ファミ通】『マジシャンズデッド』が2016年12月8日より稼動開始! プレイアブルキャラクター12人が出揃う!!(2016年12月8日発売号)

バイキングがパブリッシャーとして手掛ける第1作『マジシャンズデッド』。アーケードシーンに新たな旋風を巻き起こす本作の稼動日が2016年12月8日に迫っている。週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)では、4人の新キャラクターの紹介とともに、本作の魅力を紹介している。