携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ラブプラス+』で、この夏熱海がアツくなる! キャンペーン初日の模様を現地リポートでお届け

『ラブプラス+』で、この夏熱海がアツくなる! キャンペーン初日の模様を現地リポートでお届け

2010/7/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●初日から盛況!

 

atami

 2010年7月10日、KONAMIはニンテンドーDS用ソフト『ラブプラス+』に関連したキャンペーン“熱海ラブプラス現象(まつり)”を開始した。熱海市内のサンビーチ内ワカガエルステーションではオープニングセレモニーが行なわれ、本作のプロデューサーである内田明理氏のほか、齊藤栄熱海市長、熱海市観光協会会長ら現地関係者も参加し、8月31日まで行われるキャンペーンの成功を願った。

 

 土曜日の朝から東京駅近くに集合したプレス関係者たち。近畿日本ツーリストが予約を開始している、バスツアーにも使われるラッピングバスに乗り込み、向かった先はもちろん熱海。ちなみに読者の皆様には至極どうでもいいこと間違いないが、記者は“カノジョ”である小早川凛子号(?)に乗車した。バスツアーではバスにフィーチャーされたキャラクター別に用意された、完全録りおろしボイスのアナウンスが流れるとのこと。KONAMI関係者によると「名所を通るたびにかなり喋りますよ!」とのことなので予約している人はこうご期待。

 

ONI_0040
ONI_0005
ONI_0049
ONI_0046
ONI_0055

▲凛子とバスの中で一緒に弁当を食べたぜ……。

 

 バスに揺られてセレモニー会場に到着……すると、そこにはすでに大勢の『ラブプラス』ファン、もとい、“カレシ”たちが! すでにスタンプラリーを最速ペースで回りきっている人がいるかと思えば、痛バイクでかけつけたり、痛特攻服を着込んでいたり、実物大と思われるパネルを持ち込んでいる“気合い”の入ったカレシたちもいた。

 

 セレモニーでは、内田プロデューサーが開口一番「義理の父と書いて……」と切りだすと、周囲からは「お義父さ〜ん」とのレスポンスが。前日まで懸念されていた悪天候が改善されたことに触れ「ここに集まっていただいているカレシの皆さまの情熱のおかげじゃないでしょうか」と感謝の言葉を述べ、「日本のロマンチックプレイスは熱海であると、ここに集まっている紳士の皆さまに日本全国に知らしめていただきたいと思います。ここにいらっしゃる皆さま、また全国のカレシの皆さまと、暑い夏を熱海で過ごしていきたいと思います。一緒に盛り上げましょう」と語った。セレモニーでオドロキだったのが、熱海市長、熱海市観光協会会長らが出席し、地元熱海が本当にこのキャンペーンをバックアップしているということ。キャンペーンは、各観光スポットのほか、熱海市商店街など観光エリア全域で行われている。

 

ONI_0117
ONI_0114
ONI_0125
ONI_0232
ONI_0190
ONI_0249
ONI_0065
ONI_0066
ONI_0069
ONI_0070
ONI_0071
ONI_0258

▲ラブプラス温泉まんじゅうなど、オリジナルおみやげも各所で多数販売されている。初日は完売の勢いだったとか。

 

●俺とカノジョと熱海旅行(もしくは観光案内)

 

 式典終了後は、市内のプレスツアーがスタート。と、その内容をお伝えする前に、実際に熱海に行く人に注意点がいくつか。まず、キャンペーンの公式サイトからダウンロードできるパーフェクトガイドマップはほぼ必須! どこに何があるか非常によくまとまっているので、出発前にプリントアウトしておくといいだろう。

 また、ARマーカーの撮影にはバージョン1.0.4以上の『ラブプラスiM』、『ラブプラスiR』、『ラブプラスiN』いずれかがインストールされたiPhoneが必要。PCやニンテンドーDSiでのAR表示には対応していない。ただし、すでにファミ通.comでお伝えしているとおり、7月10日現在はバージョン1.0.4のダウンロードがそもそも開始されていないので、スタッフに撮影してもらうことも可能ではある……。

 それと、バージョン1.0.3をインストールしたiPhoneをお持ちの人は、限定ARが撮影できないからといって家に置いていかずに、通常のARマーカーを印刷して一緒に持ってくるといいだろう。たとえ普段見慣れた格好でも、観光地でいろんな記念写真が撮れるのにこしたことはない。

 

 とはいえ、ARマーカーはあくまでキャンペーンの一部。スタンプラリーをタイムアタックするもよし、ホテルでまったりふたりの時間を過ごすもよし、各自好きなようにカノジョと過ごしていただきたい。

 

ONI_0102
ONI_0098
ONI_0292

▲セレモニーが行われた親水公園のそばにはワカガエルステーションのARマーカーがある。これが超巨大に“カノジョ”を出現させるマーカーとなっているので、必ず立ち寄るべし! 観光案内所の中にはスタンプラリーのスタンプもあるぞ。

IMG_0007
IMG_0004
ONI_0290

▲観光案内所の建物より大きく出現するので、結構離れて撮影する必要アリ。映っているのが記者で本当に申し訳ないが(撮影しているのはギャルソン屋城)、ネタ撮影には最適なスポットとなっている。

ONI_0300
ONI_0340

▲市長や、ミス熱海梅の女王・娘もARマーカーで記念撮影をしていた。

ONI_0321

▲親水公園は一部がヨットハーバーになっている。せっかくの旅行だ、スポットをダッシュで回らずにダラッとのんびり過ごしてもいいんだぜ。

 

ホテル大野屋

6_
ONI_0418
ONI_0369
ONI_0391
ONI_0388

 

 ゲーム中で一緒にお泊りすることができる、ホテル大野屋。シングル部屋以外にひとりで予約する場合は、「『ラブプラス+』で泊ります」とひとこと付け加えてみよう。なんと、カノジョのぶんの布団も敷いてくれるのだ。詳細はホテル大野屋の公式サイトをチェックしてほしい。ここで借りられるARマーカーは、ホテル大野屋のゆかたを着ているスペシャルバージョン。部屋でふたりきりの様子をおもいっきり撮るといいだろう。ちょっとテクを駆使して、ふとんの足側に垂直にARマーカーを立てて撮影すると、うまくいけば寝そべっているような写真が……。ちなみに週刊ファミ通本誌の『ラブプラス+』担当、ギャルソン屋城は、大野屋に泊まっているデータをわざわざ用意していた。見比べてみると、本当に雰囲気がよく再現されていることにあたりまえながらもビックリ。ただしリアル旅行中のプレイは、こっち(リアル)で撮影などのデート、あっち(ゲーム中)でイベント発生と、超忙しくなるので特殊な訓練を受けた編集者以外はあまりおすすめしない。

 

ONI_0359

▲おやつはポッキーだ……配られたのは、バレンタインキャンペーンで小早川凛子バージョンだったポッキー<極細>ではないが……。

ONI_0377

▲大野屋にはプールもある。だがプールサイドにカノジョと出るのは、いらぬ誤解を受けそうなのでやめたほうがいいだろう……。

 


熱海城〜あいじょう岬

ONI_0449
ONI_0501
ONI_0502
ONI_0554

 

 このふたつのスポットは歩いて移動できる距離にある。本日はクルマで熱海城に行き、あいじょう岬を通って熱海ロープウェイで降りたが、通常はロープウェイであいじょう岬に上がり、熱海城に寄ってからまたロープウェイで降りるという人が多いかも。熱海城と言っても由緒正しい城が現存しているわけではないが、ここからの眺めは絶景。熱海市街を一望できるのでオススメしたい。熱海城には、玄関前、入場料を払って入った玄関内のシャチホコ、最上階の“天守閣”の3ヵ所にARマーカーが置かれている。あいじょう岬はロープウェイ駅近くにあり、ロープウェイの休憩所と合わせて2ヵ所の撮影が可能。というわけで、周辺には計5つのARマーカーが置かれているのだ。いろいろとかさむモノもあるが、まぁそこは男の甲斐性と言うこともできる。ちなみに、ロープウェイ駅にはかの名高き熱海秘宝館もございます。カノジョと行くかはあなたしだい……。


19
ONI_0544

▲もし本キャンペーンを機会に初めて『ラブプラスi』シリーズをインストールする人がいたとしたら諸注意を。ARマーカーの撮影は、まずマーカーを撮影することで撮った写真に対してキャラクターが表示され(この時点で背景は固定されている)、その後もう一度シャッターを押すことで画像データが保存される。キャラクターが結構動くこともあるので、その場合は2度目のシャッターを納得するまで押そう。また、ARマーカーは光の加減やフォーカス具合によってうまく反応しないことがあるので、うまくいかない時はアングルを変えてみるべし。また、キャラクターが出力されるアングルはマーカーの位置に対して決まっているので、可能ならば何度か撮影してベストな場所を探るといいだろう。

 

お宮の松

ONI_0576
IMG_0011

 

 尾崎紅葉の小説『金色夜叉』で登場したことにより、お宮の松として知られるスポット。以前に立ち寄った際は、記者は日本文学専攻だったというのになんてことなく通りすぎたものだが、カノジョと来るとなんだかちょっと楽しいのが悔しいというかこそばゆい。貫一はお宮をキックしましたが、記者はキックされる側です。炎天下だとつらいが、ちょっと頑張れば先ほどのワカガエルステーションや、“恋人の聖地”といった別のARマーカーが置いてあるスポットに行けなくもない位置にある。

 

ONI_0600
IMG_0023

▲お宮ポーズで小キック待ちの記者。チャック・ノリスのTシャツを着たバカヤロウでお目汚ししてしまい、ほんとうに申し訳ない。ネタ撮影は細かく位置を修正していく必要があるので、可能ならば友達に手伝ってもらうといいだろう(この写真ではまだまだアングルがあまい)。

ONI_0619

▲ファミ通WAVEのルパン小島を3人(2+カノジョ)で撮影。たぶんファミ通WAVE DVD本誌か編集部ブログに使われると思うので、どんな写真になったかはそちらをチェックしてほしい。

 

 

そのほか

8_
1_
3image

 

 熱海駅前の海山ビルを『ラブプラス』の巨大看板がジャックしていたり、商店街の協賛ショップでおみやげが売っていたりと、熱海駅前から続く商店街エリアも見逃せない。ぶらぶらしながらARマーカーを探したり、フツーに散策を楽しんだりするといいだろう。

 

※『ラブプラス+』の公式サイトはこちら

※バスツアーの詳細はこちら

※ホテル大野屋の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

トークに歌にそして漫才やコントも!? “あるある夏祭り2014開幕スペシャル今井麻美トーク&ライブ”リポート

2014年7月19日(土)、北九州・小倉にある、あるあるCity・YY劇場にて声優、そして歌手として活躍する今井麻美さんのトーク&ライブイベントが開催された。

『艦隊これくしょん -艦これ-』第48話『CODE OF JOKER』第2話『STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ』第3話など今週は豊作の6作更新!

こんにちは、カズミンです。 会社でムニャムニャ仕事をしてたら、 いつの間にか梅雨が明けておりました。 本格的な夏、到来! 暑い、暑いぜ。 各種様々なイベントや展示会、即売会も控え、 時間も財布も圧倒されてしまいますが…

『クロガネ回姫譚 -閃夜一夜-』選ばれた学生たちの信念と正義の物語

みなとすてーしょんは、週刊ファミ通2014年8月7日号(2014年7月24日発売)にて、プレイステーション Vita用ソフト『クロガネ回姫譚 -閃夜一夜-』を発表した。

【週刊ファミ通】『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』に収録される映像作品『Re:コーデッド』(2014年7月24日発売号)

シリーズ3作品が高精細になって再誕する『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』。週刊ファミ通7月24日発売号では、本作に映像作品として収録される『キングダム ハーツ Re:コーデッド』の最新画像を公開しています。

【今週の週刊ファミ通】真夏の『ファンタシースター』祭り開催! 『零 〜濡鴉ノ巫女〜』の第1報も!(2014年7月24日発売号)

週刊ファミ通2014年8月7日号(2014年7月24日発売)では、『ファンタシースター』シリーズをクローズアップした特集を掲載。『モンスターハンター4G』の新情報や、『ゼルダ無双』などの新情報もあり。おなじみのダウンロードコンテンツ付録では、『チェインクロニクル』など5タイトルのアイテムがもらえちゃう!

【アイドルマスター ワンフォーオール 4コマ漫画/シュガー】 THE idolm@ster わん4おーる! 第1回

アイマスOFAが4コマ漫画に! アイドルたちのほのぼのした日常。

【話題】64のゴールデンアイ以来のFPS野郎

本日(2014年7月23日)公開された記事の中で、特に話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

『パズドラ』アスタロトなど4体の究極進化が7/24午前6時解禁!

パズドラ』公式サイトにて7月24日より究極進化するモンスターが増えることが決定した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2014年07月14日〜2014年07月20日

『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』が首位をキープ、新作の『俺の屍を越えてゆけ2』が2位となった

【動画あり】『モダンコンバット5』のマルチプレイを日本初公開!

日本初公開となる『モダンコンバット5』のマルチプレイモードを動画でお届け!



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS