携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PSP版『ゴッド・オブ・ウォー』最新作はどう進化するのか?

PSP版『ゴッド・オブ・ウォー』最新作はどう進化するのか?
【E3 2010】

2010/6/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

よりデカく、より優れた『ゴッド・オブ・ウォー』へ

 

 2010年6月15日から17日までロサンゼルス・コンベンションセンターにて開催された、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)。PSP(プレイステーション・ポータブル)用の『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズ最新作『God of War: Ghost of Sparta』のプレゼンテーションを見てきたので、その模様をお伝えする。

 

DSCF0870

 開発を行ったのは、PSP版の前作にあたる『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』と同じReady at Dawn Studios。なぜPSPでまた開発することになったのかと問われ、前作でできなかったことを実現し、もっとも優れた作品にするために戻ってきたのだと語っており、むしろ改良できないならばやりたくなかったとまで言うだけあり、前作からの進化は、新たなアクションや機能から、グラフィックの改良、細かい演出にいたるまで、多岐に渡っている。

 

 プレゼンテーションでは、SCEAブースで公開されていた、新たな魔物Scylla(スキュラ)との、海上をメインにした戦いと、初公開となるMidas(ミダス)とのステージの2部構成でデモプレイが披露された。


 スキュラは巨大で、海上で突然襲ってくるシーンはド迫力。前作よりもカメラが敵キャラクターに寄るようになっているのだが、これはクレイトスのアクションや戦いを、をより自分に近い経験として味わってもらうための改良。QTE(クイックタイマーイベント)が表示されるボタンの位置も変更され、上下左右の画面端に表示されるようになっている。これは『ゴッド・オブ・ウォーIII』に影響されたもので、「この方がカットシーンが邪魔されないからいいね」ということらしい。

 

vtx_00010
scylla_tide_pool_arena

 

 “ハイペリオン・チャージ”と呼ばれる新たなアクションも追加されており、発動するとクレイトスが敵へ突進し、馬乗りになってボコボコにする。見た目が痛そうだし、敵によってオリジナルのキルモーションも用意されているので、ガンガン使っていきたいアクションだ。スキュラを何度も倒し、最後にふたたび登場したところで前半は終了。巨大ボスと決着をつけるまで何度か相対するのはシリーズでよく見られる演出だが、これは敵キャラクターがクレイトスにやられて怒りを蓄積させていくのを順に見せて行く演出のため。ちなみにボスの数は前作の2倍になっているとのこと。

 

att_002_tif_jpgcopy
att_014_tif_jpgcopy
eye_of_atlantis
spear_and_shield

▲赤い光線を発射する武器“Eye of Alantis”のコンセプトアート。

▲ランスとシールド。


 初公開となったミダス王のステージは、溶岩が流れる洞窟で展開する。ミダス王に触れられると金になってしまうので、クレイトスは彼を殴り倒し、かついで運んで行く。このステージは、クレイトスがかつてなく怒り狂っている感がよく伝わるようになっている。魔物が来るといったんミダス王を下ろさなければならないのだが、敵をすべて倒したあと、ミダス王が回復してまたクレイトスを金にしようとしないよう、クレイトスは毎度念入りに彼をボコボコにしなければならない。しまいには足をつかんでさかさまに引きずっていき、最後は溶岩に叩き込むか、考えなおすか、プレイヤーに選択が与えられる。デモでは説明が終わるやとっとと叩き込んでいたが、ここまでのシーンは、ちょっと助けてやってもいいかなと一瞬考えてしまうほどの無情さだ。もちろん、それでこそクレイトス。プレゼンテーション会場では笑いが起こっていた。

 

 さらに豊富になったアクションと、迫力が増したボス戦、エクストリームなストーリーと、大幅にパワーアップしてPSPに帰ってくることになりそうな『God of War: Ghost of Sparta』。海外では2010年秋の発売を予定している。

 

att_051_tif_jpgcopy
brt_00001
spa_00009
spa_00030
 

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ブレイブルー』ブログ“諜報部調査報告書”【第79回】を更新

アークシステムワークスの人気対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』シリーズを扱うブログ。バング使いのファミ通編集者、豊泉三兄弟(次男)がお届けします。

『モンスターハンター フロンティアG』でしか楽しめない新武器種“穿龍棍”が間もなく登場! 【前編】

4月23日に実装される大型アップデート『GG』で追加される新たな武器種に“穿龍棍(せんりゅうこん)”を、あらためて解説する。

『ロストディメンション』豪華クリエイター陣を起用した完全新作RPGが登場

フリューは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、PS Vita・プレイステーション3用ソフト『ロストディメンション』を発売することを発表した。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』アニメの名シーンを自分の手で追体験

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年5月1日(2014年4月17日発売)にて、PS Vita用ソフト『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』の最新情報を公開した。

『アイドルマスター ワンフォーオール』シンデレラガールズとミリオンスターズが登場

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、プレイステーション3用ソフト『アイドルマスター ワンフォーオール』の最新情報を公開した。

『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』バージョン2.1後期 最速情報

本日アップデート実施の“バージョン2.1後期”から追加される要素のうち、“スキル上限解放”と“スペシャルふくびき”について紹介。

『IA/VT -COLORFUL-(イア ビジュアルトラックス カラフル)』IAをカラフルに彩るゲームならではのオリジナル要素を紹介

マーベラスAQLは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、2014年7月31日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『IA/VT -COLORFUL-(イア ビジュアルトラックス カラフル)』の最新情報を公開した。

『inFAMOUS Second Son (インファマス セカンド サン)』善か悪か?行動の選択肢が超能力を変える

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、2014年5月22日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『inFAMOUS Second Son(インファマス セカンド サン)』の最新情報を公開した。

『テイルズ オブ ゼスティリア』伝承はいつしか“希望”になる

バンダイナムコゲームスは、週刊ファミ通2014年5月1日号(2014年4月17日発売)にて、プレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』の最新情報を公開した。

『CV 〜キャスティングボイス〜』声優&シナリオ名鑑を完成させよう――新たに10名の声優キャラクターを紹介

声優キャラクターとのコミュニケーションや、レコーディング時のミニゲームの結果によって、プロデューサーとしての評価が決定する『CV 〜キャスティングボイス〜』。“アルバムモード”では、プロデュース可能な声優や、キャスティングできるようになったシナリオを確認・閲覧できるのだ。

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS