携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> カプコンブースにはシャレにならないゾンビ女がいます

カプコンブースにはシャレにならないゾンビ女がいます
【E3 2010】

2010/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●生前はすこぶる美人だったに違いない

 

 E3 2010のカプコンブースは、任天堂、SCEの巨大ブースのすぐそばに居を構えている。

 

 

 

 展示のメインとなっているのは、2010年9月2日発売予定のXbox 360用ソフト『デッドライジング2』と2011年春発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『MARVEL VS.CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』の2タイトル。とくに後者は今回が全世界初のプレイアブル出展ということもあって、オープンスペースに置かれた6台の対戦台とクローズドスペース(許可のある人しか入れないスペース)に置かれた8台の対戦台ともに行列ができる人気ぶり。会場を訪れていた新妻良太プロデューサーは海外のメディアから取材攻めにあっていた。このほかにも、日本では2010年7月29日に発売されるWii、プレイステーション3用ソフト『戦国BASARA3』のプレイステーション3版や(『BASARA』シリーズの海外進出作品)、2010年6月19日発売予定のニンテンドーDS用ソフト『ゴースト トリック』、2010年発売予定の『大神伝〜小さき太陽〜』もプレイアブルの状態で出展されている。

 

 

▲初のプレイアブル出展となる『MARVEL VS.CAPCOM 3』はカプコンブースでイチバン人気。対戦コーナーの人だかりは終日消えることがなかった。

 

▲『BASARA』シリーズ、いよいよ海外進出。会場には小林プロデューサーの姿もあった。

 

▲『大神伝〜小さき太陽〜』への期待はアメリカでも非常に高い。

 

 すべてを遊ぶ時間がなかったので、記者は『デッドライジング2』を厳選して試遊台に取り付き、プレイを開始してみた。フォーチュンシティに降り立った主人公、チャック・グリーンとなってゾンビの群れに飛び込む。本作のウリのひとつである武器のカスタマイズをしようと、ゾンビの群れをかきわけながら掃除機やバット、くまで(?)のようなものをかき集めて工作室に入る。その結果、掃除機と丸ノコギリの歯を組み合わせた世にも恐ろしい殺戮兵器が完成し、喜び勇んでゾンビたちの群れに飛び込んでぐしゃぐしゃじゃきじゃきと怪物どもをなぎ倒した。圧倒的な武力を前になすすべなく切り刻まれるゾンビたち。この背徳的な気持ちよさは、このシリーズならではのものだろう。さあもう少しでつぎのステージに進む扉にたどり着くぞ……とニヤニヤしながら思ったところで、いきなり背後で、

 

 「ガシャン!!!」

 

 という破壊音が轟いたではないか。本気で驚いて背後を見ると……!

 

▲ずーん。

 

▲ずずーん!! どうですこのゾンビ女。近づくとニタリと笑い、こちらに手を伸ばしてきてさらにいきなり暴れる。生前にお会いしたかった。

 

▲しばらく時間をおいてから再びカプコンブースを訪れると、檻に囚われたゾンビ女が別人(?)に変わっていた。おそらく、二交代制なのだろう。

 

 ゾンビ女キターーーッ!! ぜんぜん気づかずにプレイしてた……。ってこのゾンビ女、よく見ると口からヨダレまで垂らしていて、リアルすぎてマジで怖いんですけど!! 檻に閉じ込められてはいるが、近くを人が通ると檻の隙間から腐れる両手をヌーっと出してきて、その首を絞めたりしてるし! もちろん、これはカプコンUSAならではのイキな演出のひとつで、『デッドライジング2』の世界観をE3の会場で作り上げているもの。ときたま警官のような人が出てきて、まだゾンビ化していないふつうの人(?)を「おまえはもう死んでいる!」とばかりに拘束してどこぞに連れていってしまうという茶ば……じゃなくて演劇には思わず爆笑してしまったが……。

 

 

 こんな感じでカプコンブースは、エンターテインメント性という部分において他のメーカーの追随を許さないくらい突き抜けている。


▲いきなり警備員が飛び出してきて、カプコンブースのまわりにいる人を「おまえ、ゾンビだろう!!」と言いながら捕まえ始めた。あまりの緊迫感に、思わず爆笑してしまいました。

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『エルソード』“超越”でバトルのありかたが一変! 秋季アップデートの詳細が判明

NHN ハンゲームが運営するPC用オンラインアクションRPG『エルソード』の今秋のアップデート計画をご紹介。三次職に導入される超越スキルの秘密や、英雄ダンジョンに追加されるヘルモードの詳細など、注目の新情報をご覧あれ!

新キャラ、エースは可能性の塊……!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送#5 詳細リポート!

2016年9月26日に、ニコニコ生放送にて放送された“DFF公式生放送#5 エース参戦&シアトFF AC稼働直前 SP”。5回目となる公式生放送では、『DFF』に新規参戦するキャラクター・エースの紹介や既存キャラクターの調整情報、公式全国大会の優勝チーム“@rumblePlaza”をゲストに、盛りだくさんの内容となった。本記事ではその詳細リポートをお届け!

国内配信の遅さは計画通りだった!? 『ポケモンGO』開発者が明かす“リリースまでの歩み”

『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティックとポケモン両社のキーマンに制作秘話とこれからの展望を聞いた 

リオ競泳メダリストの松田丈志さんが“東京ジョイポリスVR大使”に就任! VRアトラクションの魅力を伝えるイベントを開催

セガ・ライブクリエイションが運営する東京・台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスにて、セガサミーグループ所属のリオ競泳メダリスト・松田丈志さんが、“東京ジョイポリスVR大使”に就任。2016年9月27日に、VRアトラクションの楽しさを伝えるイベントが開催された。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター ストーリーズ』発売直前! 南国風の“クプニ村”をチェック!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンター ストーリーズ』の最新情報をボリューム増の8ページのお届け。

『ファイナルファンタジーXIV』Patch 3.4“魂を継ぐ者”が公開 “ダブルクロスホットバー”機能などが追加

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、大型アップデートとなるPatch3.4“魂を継ぐ者(Soul Surrender)”を公開開始した。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクール フェス』自分だけの冒険を作って配信しよう!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『RPGツクール フェス』の最新情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】東京ゲームショウ2016来場者の期待作は? よかったブースは? TGS来場者に聞く、“ゲームファン意識調査”特集(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、特集“東京ゲームショウ2016来場者に訊いた! ゲームファン意識調査”をお届け! 

週刊ファミ通の誌面企画用にプレイステーション VR(PS VR)を体験してくれる方を募集!

週刊ファミ通2016年10月27日号(2016年10月13日発売)でプレイステーション VR発売記念特集を掲載予定。この特集記事の中で、老若男女さまざまな世代のユーザーの皆さんにプレイステーション VRを実際に体験していただき、その感想コメントとお写真を掲載させていただく企画を行います。こちらの企画にご協力いただける方を募集!

『大航海時代 Online』がYahoo!ゲームでサービス開始! 初回半額キャンペーンも

コーエーテクモゲームスは、サービス中の海洋冒険オンラインRPG『大航海時代 Online』について、ヤフーが運営するオンラインゲームサービス“Yahoo!ゲーム”にて、2016年9月27日よりWindows版のサービスを開始したことを発表した。