携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【任天堂ラウンドテーブルその2】『The Legend of Zelda:Skyward Sword』の開発秘話

【任天堂ラウンドテーブルその2】『The Legend of Zelda:Skyward Sword』の開発秘話
【E3 2010】

2010/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『The Legend of Zelda:Skyward Sword』について

 

 現地時間6月15日に行われた任天堂ラウンドテーブルリポート第2弾。ここでは、宮本茂情報開発本部長と、『ゼルダの伝説』シリーズを手がける青沼英二氏による、『The Legend of Zelda:Skyward Sword』のお話をお伝え。(※撮影禁止だったため、会場の模様は文章のみでお伝えします)

 

 まず開口一番、宮本氏は「カンファレンスのとき、『The Legend of Zelda:Skyward Sword』を華麗にプレイするはずだったのにすごい恥をかいた。言い訳を含めて、本作のお話をします(笑)」と苦笑い。このラウンドテーブルのまえに行われたカンファレンスで、宮本氏は『Skyward Sword』を実演してみせたのだが、PCのWi-Fi通信などが影響し、Wiiリモコンやヌンチャクが思うように動かず。華麗なゲームプレイを披露、とまではいかなかったのだ。それを受けての発言となる。青沼氏もいっしょになって笑いながらも、まずは作品のコンセプトから話始めた。

 

 「今作はゲームの仕組みから作り始めました。もちろんそれはWiiモーションプラスに対応したからこそ、ということが大きいんですけど。剣のさばき、アイテムの持ち替えを瞬時にできるなど、いままでやりたかったことができるようになっています。それ以外にも、見やすくなったMAPなども味わっていただきたいです」(青沼)

 

 間髪いれずに宮本氏が補足。

 

 「『ゼルダの伝説』を何度も遊ぶ人がいるというのは、仕組みがおもしろいからだと思っています。それがだんだんと、ダンジョンの数やストーリーの長さに興味がうつりがちですが、もっと原点に帰っておもしろい遊びを作りたい、という気持ちが強いです」(宮本)


zelda1

 本来ゲームは、ビジュアル先行で開発が進むことが多いが、『Skyward Sword』の場合は正反対。「みなさんにお見せできるようなビジュアルは昨年のE3で公開したイラストしかありません」(宮本)。まずゲームとしての仕組みをしっかり組み立てることから、開発はスタートしたのだ。

 

 こだわりがあるのは仕組みだけではない。今作はストーリーとグラフィックがとくに変化している。まずストーリーについて。最新トレーラーで、リンクが高い崖から雲海へダイブする印象的なシーンが描かれているのだが、ここが物語のキモとなるという。

 

 「主人公リンクは空に浮かぶ島、スカイロフトで生まれ育った成年です。あることがきっかけで、雲の下にもうひとつの世界があることを知るんです。雲の下の世界は魔物に占拠されていて非常に危険な場所。ここと空の上のスカイロフトを行き来するのが今回の物語となります」(青沼)

 

 リンクを地上の世界に導くきっかけとなったのが、サブタイトルにもついている“Skyward Sword”という不思議な剣。「去年お見せしたイラストで、ちょっと不思議なキャラクターが手前にいますけど、このキャラクターはSkyward Sword。人型になってリンクにいろいろなことを教えてくれるキャラクターなんです」(同)。じつは今作でリンクが持っている剣は、マスターソード。ではSkyward Swordどういう位置づけなのか? 「ズバリ言います(笑)。Skyward Swordが最終的にマスターソードになる物語です」(同)。ここでまたも宮本氏から的確な補足が!? 「Skyward Swordを3本集めるとマスターソードになりますよ(笑)」……お菓子のような話は冗談のようです(笑)。

 

 今作のキーワードとなるのは空。空に浮かぶ雲を印象的に描くために新しいグラフィックを採用しているという。青沼氏は非常に気に入っているグラフィックスタイルのようだが、ちゃぶ台返しで恐れられる宮本氏は……「それが1発でオッケーしたんですよ(笑)。個性的な絵がほしかったし、もともと印象派の大ファンで。デフォルメされたキャラクターに合ったグラフィックスタイルだったので1発で決めました」と快諾だったらしい。「でも……」と青沼氏。「絵を変えなければもっと開発が終わったのにと(宮本さんに)怒られたんです(笑)」と大胆告白。会場は笑いに包まれた。

 

 宮本氏がここで突然『ゼルダの伝説 時のオカリナ』について言及。「青沼さんは『オカリナ』のときにディレクターとして僕にひっぱられてきた人。あのときは悔しい思いをしているので、今回はリベンジなんですよね?」とニヤリ。

 

 「そうですね(笑)。水の神殿がたいへんだった、と十数年言われ続けて……でも、3DSの場合はタッチスクリーンがあるんです。前作はヘビーブーツを履いたり、脱いだりの操作が非常にたいへんでした。だからタッチスクリーンを使って快適なヘビーブーツの装着を実現したいですね」(青沼)

 

 なぜ、宮本氏がこの話を持ち出したかというと、「遊びがおもしろいけどめんどくさいのはダメというメッセージ。この意思が『Skyward Sword』にも繋がっていて操作にさまざまな変更が加えられている。いままではパチンコなどでBボタンで弾をうっていたが、今作はBボタンでパチンコ選んで、Aボタンで打つ、といった形に。慣れは必要だが、アイテム選択が非常に直感的にできるメリットがある。

 

 開発状況については非常に順調のようで、宮本氏曰く「いまの段階でゲームプレイのほとんどは完成していて、これからダンジョンを何個作るかとか、どんな強い敵を作るかに時間を費やします。年内発売もいけそうなんですが、ここまで順調なのは始めての経験なので一応念のため年内は開発にください、といいました(笑)」。2011年の早い段階で発売されそうだ。

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“黒川塾 (三十五) ”デジキューブと混乱期のスクウェアを和田洋一氏が振り返る!

おなじみの黒川文雄氏による“黒川塾 (三十五) ”が開催。今回はスクウェア・エニックス 元代表取締役社長の和田洋一氏が、デジキューブとスクウェア(現スクウェア・エニックス)の歴史や、ゲーム業界のビジネスを独自の知見で語る内容になった。

『戦国BASARA 真田幸村伝』武将たちの“ほぼ等身大バスタオル”が当たるキャンペーンを実施

カプコンは、2016年8月24日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『戦国BASARA 真田幸村伝』において、イーカプコン限定版となる“LIMITED EDITION”を購入すると、“ほぼ等身大バスタオル”が抽選で当たるキャンペーンを実施する。

『逆転裁判6』“つくろう!逆転裁判”コンテストの入賞作品を公開、週刊ファミ通&ファミ通.com作品も

カプコンは、2016年6月9日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『逆転裁判6』において、発売を記念して実施された“つくろう!逆転裁判”コンテストの入賞作品を公開した。

ハローキティが8ビット風デザインのファッションアイテムになって登場! PVショートアニメも先行配信開始

サンリオはハローキティをビット調のドット絵にアレンジした“ハローキティ ビットデザイン”シリーズを2016年6月8日に発売すると発表。DLEと共同制作するプロモーションショートアニメーションを公開した。

『タッチバトル戦車3D-4 ダブルコマンダー』が2016年6月8日に配信開始

シルバースタージャパンは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『タッチバトル戦車3D-4 ダブルコマンダー』を、2016年6月8日に配信する。

『バレットガールズ2』お弁当柄と射撃柄のおブラ&おパンツDLC第5弾が配信開始

ディースリー・パブリッシャーは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『バレットガールズ2』について、ダウンロードコンテンツ第5弾を配信開始した。

『ロックマンエグゼ』シリーズの圧倒的な支持を受ける“サイトスタイル”が満を持してフィギュア化!

カプコンは、千値練が展開する“4インチネル”シリーズにて、『ロックマンエグゼ』シリーズの“サイトスタイル”のフィギュアを発売する。価格は4000円[税抜]。

『魔女と勇者II』の無料体験版が配信開始、サントラの発売日も決定

フライハイワークスから配信中のニンテンドー3DSダウンロードソフト『魔女と勇者II』の無料体験版が配信開始となった。

『ONE PIECE BURNING BLOOD』ゲーム内容を凝縮して紹介する第5弾PVを公開【動画あり】

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『ONE PIECE BURNING BLOOD(ワンピース バーニングブラッド)』のゲーム内容を凝縮して紹介する、第5弾プロモーションビデオを公開した。

コーエーテクモゲームスの『大航海時代IV』をベースとしたMMORPG『大航海時代-海上覇主』が中国でサービス決定

コーエーテクモゲームスは、上海天戯互娯科技(Shanghai TCI entertainment technology Corp. 、本社:中国上海市、CEO:李子豪、以下:TCI)と『大航海時代?』の著作物使用許諾に関して、ライセンス契約を締結したことを発表した。