携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【任天堂ラウンドテーブルその1】3DS用ソフト『nintendogs+cats』の開発秘話

【任天堂ラウンドテーブルその1】3DS用ソフト『nintendogs+cats』の開発秘話
【E3 2010】

2010/6/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●宮本氏要チェックタイトルは『Steel Diver』

 

 現地時間6月15日、任天堂がE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)会場でラウンドテーブルを実施。これは日中に行われたカンファレンスを受け、同社の顔とも言える宮本茂情報開発部長から発表内容についてより詳しく語られる恒例の催しだ。(※写真撮影が禁止だったので、会場の模様は文章のみでお伝えします)

 

 今回のお題はやはりニンテンドー3DS。会場では同ハード向け『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』のデモを体験することができ、リンクが馬に乗って雄大に走るシーンを操作できた。

 

 「ここ3年くらい3DSの開発をしていて、ハイラル平原を3Dで見たかった、という思いが芽生えてきたのが、開発の正直な理由です。(3DSで)走り回ったら、よりハイラルにいる感覚を味わえるだろうなと、ただそれだけ(笑)」(宮本)

 

 宮本氏個人の熱烈な願望により、ニンテンドウ64の名作が復活。ほかにも懐かしい顔ぶれとして『スターフォックス64』が3D化になる。「『スターフォックス64』は飛んでくる弾がいつあたるかわからないとか、ゲートをうまくくぐれないというような意見があったが、これらが3Dになることですっかりわかるようになります」と宮本氏。過去作品の3D化はゲーム性まで変える可能性を秘めており、「立体視により、ゲームがやりやすくなる。過去のゲームを(3Dに)移植したいし、新しいゲームも作りたい、いろいろなアイデアが浮かんでいるところです」と開発者魂に火がついている様子。


3DS_SteelDiver_01ss01_E3

 会場に展示されている『Steel Diver』は中でも宮本氏いちおしのゲームだ。だがこのタイトル、新ハード発表間もないのにほとんど完成しているという。それはなぜか? 「6年まえから作っているから(笑)」。じつはニンテンドーDSの初めてのプレゼンテーション用として作ったソフトというのだ。まだ記者は実際に触っていないのでどんなゲームなのかは今後の記事に期待してほしいが、宮本氏曰く「ゆっくりタッチペンを動かすDSソフトが欲しいなと考えていて作ったソフト。そしたら、ゆっくり作ることになっちゃいました(笑)。DSで開発している過程で、これならば3DS対応にしたいという考えが芽生えてきた。水槽で潜水艦を飼っている感じでいいなと」とのこと。新ハードにはもってこいの内容になっているようだ。


●『nintencat』は以前から構想はあった?

 

 じつはニンテンドー3DSの総合プロデューサーを務めるのは、岩田社長でもなく、宮本氏でもなく、同社の紺野秀樹氏。これまで『マリオカート』や『nintendogs』などを手がけてソフト畑を歩んできたが、今回は新ハードの責任者として抜擢された。「3DSが成功すれば僕は引退できる(笑)」と冗談まじりに宮本氏が言うくらい、信頼をおいている開発者だ。

 

 紺野氏は前述したとおり、本来はソフト畑の人間。ハードも統括してプロデュースするとなると当然のことながら相当な苦労があるようで、「同じ立場になって岩田さん、宮本さんのたいへんさを改めて感じることができた」と尊敬の念を込めていたが……そんな紺野氏でも宮本氏のゆるせない行動があったという。

 

 「昨年、宮本さんが(公の場で)ネコを飼っていると言ってしまったんです……。『nintendogs+cats』がもうユーザーにバレていると思うと悲しくなりました(笑)」(紺野)

 

 確かに大舞台での宮本氏の発言は意味深だ。「ガーデニングに凝ってます」と言ったと思ったら『ピクミン』を発表し、「イヌを飼っています」と『nintendogs』を披露した。そんな前科持ち(!?)の宮本氏が「猫を飼った」なんて発言をすれば、「こんどは猫が題材か?」、「とうとう『nintencats』の発売か?」なんてことが容易に思い浮かぶ。紺野氏は、「せっかく今回のE3まで温存していたのに(笑)」とチクリと宮本氏を“口撃”してみたが、「『nintencats』のヒントになったかもしれないけど、『nintendogs+cats』には影響ない(笑)」とヒラリとかわして見せた。

 

 そもそも『nintendogs』のネコ版に関してはDS時代からも実験をはじめていたという。しかし、愛犬家の宮本氏は「ネコはどちらかと言うと女の子みたいなもので気分屋。あっちからくればいいけど、こっちから追いかけるとなかなか(笑)。だからネコを飼うゲームはないなと最初から言ってたんですけど」。そんな中、『nintendogs』のプログラムにネコのモデルをのせてみたところ、意外にも擦り寄ってきたり、尻尾を振ったりする様子がかわいらしい。宮本氏も「ネコを画面に出したいね」と開発に踏み切ったという。

 

 「私は犬しか飼ったことないんですけど、宮本さんはイヌを飼っていて、本当に子猫も飼い出した。そのイヌとネコの掛け合いがとてもユニークだと聞いていて作りたくなりました」(紺野)

 

 

3DS_nintendogs_01ss01_E3

 今作の特徴はやはりグラフィックの向上による表現力の高さ。「毛並みがきちんとあり、非常にかわいらしいです」(紺野)と頬を緩める。「イヌに個性を出したいと思っています。大きさや足の長さ、模様などバリエーションをもてるようにしています」(同)。もうひとつ大きな要素として、動物とのコミュニケーション方法がひとつ増えるという。
 

  「3DSのインカメラを使って、自分の顔が認識できるようになっています。子犬に向かって首を傾げたらイヌもまねして首をかしげるとか、顔を近づけると近寄ってきてベロベロとなめるとか」(紺野)

 

 飼い主を認識する機能もあり、知らない人だと威嚇することもあるという。“見る”コミュニケーションが増え、ますます動物に対して愛着がわきそうな仕様だ。さらに今作の野望として、紺野氏は“すれちがい通信”に力を入れていく、と強調。「すれちがい通信をもっと楽しんでほしくて、3DS本体にそのための機能を入れてしまいました。いままでDSですれちがい通信を楽しむとなると、わざわざ起動する必要があり、さらにそのほかのことは何もできなかったけど、3DSは『nintendogs+cats』、『どうぶつの森』、『マリオカート』など複数のソフトのすれちがい通信を自動的に、同時に行える仕組みを入れています。3DSを外に持っていってもらって、どんどんすれ違い通信を楽しんで欲しい」(紺野)。

 

 思わぬところで、ニンテンドー3DSの新機能が飛び出したが、これは『nintendogs』開発者ならではのハードの仕様。最後に宮本氏が興味深い発言を残したので、掲載しておく。

 

 「我々はすれちがい通信を活性化させるために、すれちがい中継所も作りました。インターネットでやれば簡単にできるじゃない? と思う方がいるかもしれないが、バーチャルなつながりではなくて、リアルにそこにユーザーがいたとか、どの人が持ってるのかを考えるのが妙にうれしいんです」

 

【E3 2010】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』追加シナリオ第2弾“覇堂高校編”が配信開始

KONAMIは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』について、追加シナリオ“覇堂高校編”を本日2016年6月28日より配信開始した。