携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 大賞は『ドラゴンクエストIX』! ファミ通アワード2009授賞式が開催

大賞は『ドラゴンクエストIX』! ファミ通アワード2009授賞式が開催

2010/4/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●圧巻の三冠達成!

 

WA3_7422

 

 2010年4月27日にエンターブレイン本社で、2009年に発売されたゲームソフトの中からとくにゲームファンに愛されたソフトを表彰する催し“ファミ通アワード2009”の発表、授賞式が行われた。ファミ通アワードでは全国のゲームユーザーの投票により、その年に発売されたパッケージソフトの中からナンバーワンのソフトやもっとも活躍した人物、キャラクター、団体を選出する。会場にはゲーム業界の著名クリエーターたちとともに、抽選で選ばれた“読者プレゼンター”の姿も。厳かな雰囲気の中で、エンターブレイン代表取締役社長、浜村弘一氏はつぎのように開会の挨拶をした。

 

 「ファミ通アワードはゲームファンの投票で決定する賞です。そういう意味で、いまこの場には2009年の代表選手が勢ぞろいしていることになります。ファミ通アワードでは表彰の最後に必ず、受賞者が並んでの記念撮影をさせていただきますが、過去の写真を見るとひと目でその1年を思い出すことができるんです。2009年は、例年以上にソフトが大豊作の年でした。そんなソフト群を見渡すと、2009年だけじゃなくここ10年の代表選手が、いまこの場に集ったような気がします。どうぞ皆さん、楽しんでいってください」(浜村)

 

 そして始まった表彰式で、速報にあるとおり2009年を代表する名作たちがつぎつぎと賞を受賞していった。プレゼンターはファミ通グループの各メディアの代表と、前述の読者プレゼンターが担当。皆緊張の面持ちながら、ふだん自分が夢中になって遊んでいるゲームの作り手たちに花束を手渡し、ひと言ふた言言葉を交わしてうれしそうな笑顔を浮かべているのが印象的だった。

 

TN2_8111
TN2_8135

▲優秀賞を受賞した『ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー』へのプレゼンターとして登場したちびっこ読者は、ポケットからおもむろにポケウォーカーを取り出した! これを見て同作のディレクター、ゲームフリークの森本茂樹氏もポケットからポケウォーカーを! このイキな3ショットに会場から大歓声が上がった。

▲優秀賞の『モンスターハンター3(トライ)』のプロデューサー、辻本良三氏には40代のママさんハンターから花束が手渡された。「憧れの辻本さんに会えて感激です!」とは表彰式後のお言葉。

 

 そんな授賞式の最後に発表されたのがファミ通アワード大賞、ゲームオブザイヤーだ。受賞したのはスクウェア・エニックスのニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』で、ベストヒット大賞、MVP(堀井雄二氏)とともに堂々の三冠達成を成し遂げた。プレゼンターは「2009年は『ドラゴンクエストIX』一色でした!!」と元気に宣言するタレントの矢口真里。大きな花束を『ドラゴンクエスト』シリーズのゲームデザイナー、堀井雄二氏に手渡した。矢口は『ドラゴンクエストIX』について、「『ドラゴンクエスト』は昔の作品から遊ばせてもらっていますけど、『IX』は進化しているところと、昔から変わらないところがあるんです。そんな、小学生のころから親しんでいる雰囲気を残しつつ進化しているところが大好き! キャラクターもかわいいし、クリアーしたときの達成感もすばらしい。『IX』でもいろんなことにチャレンジしてくれていてそれがすごく楽しくて、結果60時間か70時間は遊んだと思います!」と熱くコメント。続けて、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親、堀井雄二氏は受賞の喜びをつぎのように語った。

 

WA3_7957

▲矢口真里から大きな花束を受け取る堀井雄二氏。にこやかな表情が印象的だ。

 
WA2_0436
WA2_0427

▲「『ドラゴンクエスト』を遊び続けてくれてうれしい」と多くのファンに向かって語った堀井氏。

▲堀井氏に花束を手渡すなり、「『ドラゴンクエスト』、大大大好きなんです!」と心からの声を発した矢口真里。

 
TN2_8417

▲『ドラゴンクエストIX』の受賞者一同で記念撮影。右の市村プロデューサーが持っているのはゲームオブザイヤーの副賞である特大シャンペンだ。

 

 「『ドラゴンクエスト』を作り続けて20年以上になります。でも、20年経ったいまでもこういう賞をいただけて本当にうれしく思います。(いま大人のファンが)初めて『ドラゴンクエスト』で遊んだのは小学生のころじゃないかと思いますが、いまだに遊んでくれて非常にうれしいです。これからも『ドラゴンクエスト』をよろしくお願いします!」(堀井)

 

 授賞式の最後は恒例の記念撮影。壇上に各賞受賞者が勢ぞろいし、2009年のゲーム業界を切り取ってきたかのような豪華な写真が完成した。

 

WA3_7981

2009年を象徴する面々が揃っての、貴重な貴重な記念撮影。

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『グランブルーファンタジー』開発秘話を語るスペシャルステージ【TGS2014】

東京ゲームショウ2014のディー・エヌ・エーブースにて行われた『グランブルーファンタジー』のステージイベントをリポート。

【ファミ通&ニコニコ公認ユーザー記者(その2)】ニコニコブースのお兄さんが挑戦!【TGS 2014】

2014年9月18日〜21日に、千葉・幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ 2014。この日本最大のゲームの祭典を、ファミ通&ニコニコ公認ユーザー記者“ろっくまん”さんが独自の視点でリポートします!

輸送機部隊を守れ! インディーゲームの雄『スカイパトロール【TGS 2014】

歯ごたえがあって夢中になれる、そんなゲームがインディーゲームコーナーに出展。さっそくプレイしてみたよ。

『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』 2014年の“ゲーム大賞”でシリーズ6作品目となる優秀賞を受賞!

KONAMIのアクションゲーム『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』は、“日本ゲーム大賞2014 年間作品部門”において、優秀賞を受賞した。『メタルギア』シリーズでは、6作品目の優秀賞受賞となる。

完成度100%!『ケイオスリングスIII』PS Vita版プレイリポート【TGS 2014】

『ケイオスリングスIII』PS Vita版のプレイリポートをお届けする。

【ファミ通App iPhone】『サウザンドメモリーズ』王様の王冠が特典アイテムに帰ってきた―!

2014年9月18日発売のファミ通App NO.018 iPhoneでは、『サウザンドメモリーズ』をアイテム付きで紹介。

侵略戦争に巻き込まれた主人公たちの奮戦を描く【TGS 2014】

台湾のゲームメーカー、Seena3D制作のスマホ対応シミュレーションRPG。その名も『境界之詩』。

『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』の発売を記念した2大Twitterキャンペーンが開催 “フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート”への旅など豪華プレゼントが当たるチャンス!

スクウェア・エニックスは2014年10月2日に発売予定のプレイステーション3用ソフト『キングダム ハーツ -HD 2.5 リミックス-』の発売を記念し、2大Twitterキャンペーンを開催する。

【ファミ通App iPhone】『サマナーズウォー: Sky Arena』本誌限定モンスター”ファミー”を手に入れろ

2014年9月18日発売のファミ通App NO.018 iPhoneでは、サマナーズウォー: Sky Arena』をアイテム付きで紹介。

原由実の○○ラジオ:笹井屋『なが餅』

人気声優・原由実さんのWebラジオ『はらまる』。今回は、番組内で紹介した各地の名菓・名産品を、原さんの写真付でお届けします。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS