携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 宮本茂氏も祝福に! 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』コインバトル日本一が決定

宮本茂氏も祝福に! 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』コインバトル日本一が決定

2010/3/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●戦いのあとは和気あいあいと『マリオ』らしく!

 

WA3_6756

 2010年3月27日に都内で、任天堂のWii用ソフト『New スーパーマリオブラザーズ Wii』を使ったゲーム大会“New スーパーマリオブラザーズ Wii コインバトル日本一決定戦”の関東大会、そして全国決勝大会が行われた。この大会は、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』に収録されている“コインバトル”を使って、“タッグバトル”、“個人バトル 一般の部”、“個人バトル 小学生以下の部”の3部門のナンバーワンを決めようというもの。2010年2月14日の近畿大会を皮切りに、北海道、九州、中国・四国、東海、東北で予選大会が実施され、全国決勝大会当日に行われた関東大会を含めた各部門の地区代表7人(チーム)によって、日本一の座が争われたのだ。

 

 大会は、3部門それぞれで決勝進出者を決める試合を行い、その後、各部門の正真正銘最後の戦い、全国決勝大会決勝戦という流れで進行したのだが、ここではわかりやすく部門ごとに大会を振り返ってみよう。最初に試合が行われたのは、タッグバトル。この部門のルールは、ふたりひと組のペアどうしで対戦し、コイン獲得数がもっとも多かったプレイヤーを出したチームの勝利となる。息の合ったコンビネーションが求められる競技なだけに、全国決勝大会に進出してきたチームはほとんどが兄弟ペアで、年齢層は小学校〜高校までの学生が多かったよう。なかにはお父さんと小学1年生の息子という親子ペアもいたのだが、年齢に関係なくどのチームもウマイ! 先行するマリオが透明なコインを出現させて、その後ろにピタリとつけたルイージがコインを得ていくというペアもあれば、黄色キノピオが相手チームをうまく邪魔してサポートする間に青キノピオが高得点のスターコインやアイテムをつぎつぎに取っていくというペアもあり、チームごとにきっちり作戦を立ててきていたようだ。見応えたっぷりの準々決勝、準決勝の末、中国・四国代表の児玉兄弟と九州代表の梅崎兄弟が決勝に進出。梅崎兄弟は、兄が弟をサポートし、弟がとんでもない速さと正確さで確実にコインを獲得して高得点をたたき出すというナイスコンビネーションを何度も見せていたペアだったのだが、決勝の場で使われた“コイン-3”という4人入り乱れての混戦となるコースに苦戦した模様。逆に、準決勝でもコイン-3で戦っていた児玉兄弟は落ち着いていて、「とくに作戦はなかったけど、マリオがコインを取るということだけは決めていた」という言葉どおり、マリオを操作したプレイヤーが堅実にコインを集めてランキング1位となり、タッグバトル日本一を手にした。


WA3_6849
WA3_6993
WA3_7016


 個人バトル 一般の部は、出場選手全員が中学〜高校生。「『マリオ』シリーズはすべてやっています」という人もいて、それぞれがかなりの自信とプライドを持って大会に臨んでいるようだった。そんな心中を表すかのように、試合は大荒れの展開に。準決勝は3人と4人での2試合が行われ、それぞれ1位と2位の選手が決勝に進むことができる。2試合ともランダム抽選の結果、“コイン-2”のコースが選ばれたのだが、先行して進むプレイヤーに有利に働くことが多いコースのため、逃げ切りを狙うプレイヤーとそれを邪魔するプレイヤーの熾烈な攻防戦に。互いに邪魔をし合って、ミスになってしまうプレイヤーも多かったが、関東代表の佐藤選手と中国・四国代表の泉選手、東海代表の中本選手、近畿代表の金谷選手が勝ち抜き、決勝の舞台へと駒を進めた。そして迎えた決勝戦もガチガチの攻防がくり広げられ、コイン4枚差で泉選手が優勝。泉選手のルイージは序盤から順調にコインを獲得し、最後のゴールポールに飛びついた高さによる配点でも高得点を得て圧勝に思えたのだが、その影でマリオ操る佐藤選手が地道にコインを集めていたよう。惜しくも優勝には手が届かなかったが、佐藤選手のプレイもすばらしかった。

 

WA3_7025
WA3_7052

 

 最後は、小学生以下のみが出場できる個人バトル 小学生以下の部。どの選手も、家族や兄弟、地元の友だちの協力を得て毎日練習を積み重ねてきたそうで、同じルールで争われた一般の部に劣らぬハイレベルな戦いが見られた。準決勝を勝ち上がったのは、東北代表の菊地選手と関東代表の木野選手、九州代表の宮口選手、中国・四国代表の升田選手。決勝の舞台に選ばれたのは、毒の沼地をイカダに乗って進む“WORLD 5-4”だった。このコースは、イカダから落ちればミスとなるうえ、上からつぎつぎに敵が落ちてくるためイカダの上も安全とは言えない。それでも果敢にコインを取りに行く4人は、当然のようにイカダの先頭を取り合ってもみ合うことに。イカダから落ちたり、敵に当たってしまったりとミスが連発し、なんと全員がミスをしてゲームオーバーとなってしまった。結果、それまでに獲得したコイン数で決着をつけることになったのだが、コインを数えてみると……菊地選手が木野選手にコイン1枚の差をつけて優勝! ゲームオーバーにならなかった場合には結果が逆転していてもまったくおかしくない、じつに熱い戦いだった。

 

WA3_6913
WA3_7067
WA3_7092

 

WA3_7129

 こうして、New スーパーマリオブラザーズ Wii コインバトル日本一決定戦3部門のナンバーワンが決定。優勝者(チーム)にはマリオトロフィーと日本一決定戦優勝の刻印入りWiiリモコン、準優勝者(チーム)には盾と準優勝の刻印入りWiiリモコンが贈られた。表彰式でプレゼンターを務めたのは、マリオの生みの親にして『New スーパーマリオブラザーズ Wii』のゼネラルプロデューサーである宮本茂氏。ひとりひとりと握手を交わし、選手を称えると、「すごかったですねー! オリンピックをテレビで観て、カーリングを応援しているような感じでドキドキしながら見ていました」と、観覧者と同じ目線で感想を語った。そのうえで、「このゲームは、みんなでコミュニケーションしながら遊んでほしいと思って作りました。でもそれだけではゲーマー魂が騒いで、コインバトルの仕様を最後のほうで入れることにしたんです。こういう大会では、足が震え、口は渇き、周りを見る余裕もない。今日は、それでいいんです。でも、『マリオ』はもっと、みんなでワイワイ楽しみたい」と、じつに宮本氏らしい発言。「今日はせっかくこんなに集まったんですから、みんなで手をつなぎましょう。とくに、さっき敵だったチームの人と手をつなぎましょう」と呼びかけ、熱く激しかった大会の余韻を振り払って、『マリオ』らしい和気あいあいとした空気に切り替えた。


 そして、宮本氏は最後にこんな言葉で大会を締めくくった。
 

 「僕はもともと工業デザインをしていたこともあって、ノコギリとかお絵描き道具のようなツールを作りたいと思っているんです。だからこのゲームは、攻略をするゲームというよりはみんなで遊ぶ道具として作りました。道具というのは、みんなが使ってくれるから役に立つ。遊びもそうですよね。棒切れ1本でも、みんなで遊べばおもしろい。これからもどんどんそういったものを作っていきますから、どんどん遊んで、僕らが作ったものをよりおもしろいものに育ててもらえたらうれしいです。これからも、任天堂の商品をよろしくお願いします」(宮本)

WA3_7126

 

WA3_7178
WA3_7170

 
 大会終了後、出口では全国決勝大会の観覧者向けに観覧記念品が贈呈。さらに、ニンテンドーDSiのカメラで使用できるオリジナルフォトフレームの配信が行われ、長蛇の列ができていた。観覧者はファミリーが多く、小さな子供たちはさっそくオリジナルフォトフレームを使って写真を撮り、大はしゃぎ。出場選手だけでなく、大会を観覧した人たちもハイレベルなプレイやお祭りの雰囲気をぞんぶんに楽しめたようだ。
 

WA3_7210
WA3_7235
WA3_7302


※“New スーパーマリオブラザーズ Wii コインバトル日本一決定戦”の詳細はこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』追加シナリオ第2弾“覇堂高校編”が配信開始

KONAMIは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』について、追加シナリオ“覇堂高校編”を本日2016年6月28日より配信開始した。