携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイ時の没入感がさらに増す、“PlayStation Moveモーションコントローラ”最速タッチインプレッション

プレイ時の没入感がさらに増す、“PlayStation Moveモーションコントローラ”最速タッチインプレッション
【GDC 2010リポート】

2010/3/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ライトユーザーからコア層まで幅広い層に訴求

mc05

 既報のとおり、2010年3月10日(現地時間)に行われたソニー・コンピュータエンタテイメントのプレスカンファレンスにて“PlayStation Moveモーションコントローラ”の詳細が発表。プレスカンファレンス後には、隣接する別会場で実際に10タイトル近くの対応ゲームが出展。実際に“PlayStation Moveモーションコントローラ”に触れることができた。ここでは、そのタッチインプレッションをお届けする。

 会場でのいちばん人気は、『MOTION FIGHTERS(仮題)』。こちらは両手に“PlayStation Moveモーションコントローラ”を握って闘うという格闘アクションで、美麗な映像のキャラクターをモーションコントローラで動かせるという点でも注目度は高かった。基本のアクションはボクシングといっしょの『MOTION FIGHTERS(仮題)』。当然現実と同じく、モーションコントローラを握った左右の腕をくり出せば、ゲーム中のキャラも同じように反応してくれる。上体を左右に振って相手のパンチを避ける、いわゆるスウェーの動きをするときは、ガードを上げてモーションコントローラの真ん中にある“ティックボタン”を押しながら自分の体を左右に振るとキャラも同じアクションをしてくれる。ボクシングと違うのは、ダーティーアクションがある点だろう。たとえば相手に近づいた状態で、後ろにあるトリガーボタンを押しながらモーションコントローラを振ると、相手の首根っこを掴んで頭を殴れるようになる。そのほか、バックブローなども撃てるようで、アクションは相当数あるようだ。さて、実際に体験したバージョンは「完成度20パーセントの状態で、細かいパンチの動きはまだ入っていません」とのことで、大振り気味にフックをくり出すと相手キャラにパンチが当たるといった状態だ。それでもやはりリアル感溢れるグラフィックも相まっての没入感は相当なもので、1プレイを終えるころには息が上がってしまっていた。やはりこの手のゲームはモーションコントローラとの相性はよさそうだ。

mc01
mc02


mc03

 同じくモーションコントローラの2本持ちで遊ぶことができたのが『GLADIATOR DUEL(仮題)』。ゲームシステムも格闘アクションという点で共通しているが、こちらでは剣と盾を使用してバトルをくりひろげることになる。そして、『MOTION FIGHTERS(仮題)』がリアル寄りであるのに対して、こっちは比較的デフォルメされたグラフィック、システム。剣と盾の操作方法については、とくに詳しく説明する必要はないだろう。自分の思ったとおりに動かせるという点がモーションコントローラの魅力なわけで、難しいコマンドなどを覚える必要は一切ない。敵が隙を見せたらそこに向かって剣を持ったほうの腕を振ればいいし、逆に攻撃されたら軌道を予測して盾を出すだけだ。唯一、コマンドらしい操作と言えば、特定のタイミングで発動可能になる武器のパワーアップ。武器が光っている状態で×ボタンを押すと発動し、パワーアップ中に攻撃をヒットさせるとコンボをお見舞いすることができる。ここが本作いちばんの見どころで、コンボがスタートすると画面上に、武器を持っている側のモーションコントローラを横一閃しろ、といった操作指示が出現。入力に成功すれば、カメラ演出も加わってフィニッシュを決めることができるのだ。プレイを終えてみて、個人的にはもう少し攻撃などのスピードが早いほうがゲームとしてやり応えがあると感じた。が、モーションコントローラの操作に慣れるという観点からすれば、やはりこれくらいのスピードがちょうどいいのかもしれない。グラフィックもカジュアル寄りなので、ライトユーザーがプレイステーション3を触るきっかけになる作品として期待ができそう。

mc04

 出展されていたタイトルの中で、“PlayStation Moveサブコントローラ”に対応していたのが、三人称視点のシューティング(TPS)の『SOCOM 4 U.S.NAVY SEALS』。操作方法は、左手に持ったサブコントローラのアナログスティックでキャラクターを動かして、右手のモーションコントローラで敵に狙いを定めて撃つというもの。照準を固定させるのはコントローラー操作時よりも若干難易度が高そうだが、照準の移動はモーションコントローラのほうが断然す速くできる印象だ。もともと『SOCOM 4 U.S.NAVY SEALS』は“PlayStation Moveモーションコントローラ”対応ではなかったらしいが、途中から組み込んだにしては、なかなかのフィット感だ。今後はモーションコントローラを使うことで、FPS(一人称視点のシューティング)やTPSの楽しみかたの幅も広がってくるのかもしれない。“PlayStation Moveモーションコントローラ”がコア層に対しても訴求するきっかけになるかも。

 さまざまなアクションを体験できる“PlayStation Moveモーションコントローラ”だが、プレイステーション3の楽しみかたを広げてくれることだけは間違いなさそうだ。
 

【GDC 2010リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

すでに15キャラ分の企画をストック!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』鯨岡D一問一答22連発!

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2(2016年2月3日配信)のQ&Aコーナー用に、ユーザーから投稿された質問の数々。番組中に取り上げられなかった質問について、鯨岡ディレクターを直撃してきました。最後に間プロデューサーも飛び入り回答!

『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』ティザーサイト&ムービーが公開 志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品!

5pb.は、志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品『アノニマス・コード』について、ティザーサイトと、先日開催された“Live 5pb.2016”にて公開されたティザームービーを公開した。

台湾のゲームユーザーは、情熱的に『World of Tanks』や『World of Worships』をプレイしている【台北ゲームショウ2016】

台北ゲームショウにて、ウォーゲーミングの『World of Tanks』マーケティングプロダクトマネージャーのマックス・チュバロフ氏と台湾 カントリーマネージャーのスカイ・リン氏に、台湾市場における同社タイトルの現状を聞いた。

『今井麻美のニコニコSSG』特番が本日21時より配信――ゲストは長谷川明子さん! ゲームは『Five Nights at Freddy’s』をプレイ!!

ニコニコ生放送で配信中の『今井麻美のニコニコSSG』が、早くも特番を放送! 今回は、ゲストに長谷川明子さん、中村天佑さん(ギター)、yuanさん(ヴァイオリン)をお迎えして、いつもどおり“歌”と“ゲーム”をテーマにお届けしていきます!!

アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“スペースインベーダー デイパック”が2月13日より発売

タイトーは、全国のタイトーアミューズメント施設(フランチャイズ等系列店舗含む)29店舗で、アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“[OUTDOOR PRODUCTS×TAITO]スペースインベーダー デイパック”を2016年2月13日より発売する。

Steamで旧正月セールが開始。2月13日午前3時まで数千タイトルのPCゲームがセール

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、旧正月を記念したセールが開始。

GDCアワードの生涯功労賞に『フォールアウト』、『エルダースクロールズ』シリーズの開発を率いるトッド・ハワード氏が選ばれる

ベセスダ・ゲームスタジオで『フォールアウト』シリーズや『エルダースクロールズ』シリーズを手掛けてきたトッド・ハワード氏が、第16回GDCアワードの生涯功労賞を受賞することが発表された。

ラムザ丸見せ&立花慎之介さんの濃いトークに加え『シアトリズム』シリーズの新作ポロリもあった『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2リポート

2016年2月3日に配信された公式生放送、『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#2 ラムザ参戦SP』。そちらの模様を、視聴者のコメントにも注目しつつ、ニコニコ生放送から切り出した画像とともに振り返っていこう。