携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360版『バイオハザード5』で追加エピソードが配信

Xbox 360版『バイオハザード5』で追加エピソードが配信

2010/3/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●3年まえの潜入作戦の真相は?

 

 カプコンから発売中のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『バイオハザード5』のXbox 360版において、追加コンテンツの配信が始まった。

 

 2010年3月4日から配信が始まったのは、追加エピソード“LOST IN NIGHTMARES”。本編では語られなかった過去の事件が明らかになるエピソードで、対バイオテロ部隊BSAAのクリスがパートナーのジルとともにスペンサー潜伏場所とされる洋館に潜入したときの様子が語られる。また“LOST IN NIGHTMARES”には、制限時間内に多くの敵を倒して高スコアを狙う“ザ・マーセナリーズ”を新たなキャラクター(バリー、エクセラ)で遊べる“ザ・マーセナリーズ リユニオン”と、新しく追加されたフィギュアが閲覧可能となる“エクストラフィギュア”も収録されている。価格は400マイクロソフトポイント。

 

LOST IN NIGHTMARES1
LOST IN NIGHTMARES2
 
LOST IN NIGHTMARES3
LOST IN NIGHTMARES4

 

 また同じ3月4日には、“コスチュームパック1”も配信に。こちらを購入すると追加コスチューム2種のほかに、ザ・マーセナリーズ リユニオンでクリスとシェバでプレイ可能になる。価格は160マイクロソフトポイント。

 

コスチュームパック1
コスチュームパック2
コスチュームパック3

 

※『バイオハザード5』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Splatoon(スプラトゥーン)』発売1周年! 記事とお祝いツイートで振り返る、『スプラトゥーン』の1年

1周年にあたる本日(2016年5月28日)も、さまざまな発表が行われた『Splatoon(スプラトゥーン)』。ファミ通.comに掲載された『スプラトゥーン』の記事で、『スプラトゥーン』の1周年を振り返る!

15年前のペンフレンドを追って──『√Letter ルートレター』プレイインプレッション

角川ゲームスより2016年6月16日に発売予定のプレイステーション Vita&プレイステーション4用ソフト『√Letter ルートレター』のインプレッションをお届け。

『Splatoon(スプラトゥーン)』の新ブキ追加“ブキチセレクション Vol.2”の配信日が、2016年6月8日に決定!

『Splatoon(スプラトゥーン)』の新たなブキシリーズ“ブキチセレクション Vol.2”の配信日が、2016年6月8日に決定した。

【先出し週刊ファミ通】『Splatoon(スプラトゥーン)』シオカラーズのライブCD、新曲入りで発売決定!(2016年6月2日発売号)

2015年5月28日の発売から1周年を迎える、任天堂のWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』。本作のキャラクターで、人気アイドル“シオカラーズ”のライブCDの発売が決定!

『Splatoon(スプラトゥーン)』新作ギアTシャツ&全6色のキャップが登場!

エディットモードが展開する任天堂ライセンスアパレル“THE KING OF GAMES”に、Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』シリーズが新たにラインアップ!

『Splatoon(スプラトゥーン)』一周年! ソフトとシオカラーズamiiboを同梱したWii Uセットが発売決定!

2016年5月28日、任天堂のWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』は、ソフトの発売から一周年を迎え、一周年とともに、新たな本体同梱セットの発売が発表された。

ミュージカル『刀剣乱舞』 〜阿津賀志山異聞〜 ゲネプロリポート!

2016年5月27日より上演開始となるミュージカル『刀剣乱舞』 〜阿津賀志山異聞〜の、初日本公演直前に行われたゲネプロを観劇してきた。

PS Vita『新釈・剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜』書き下ろし小説第2話が公開、小説同梱の限定版の増産も決定

エクスペリエンスは、2016年7月21日(木)発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『新釈・剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜』について、数量限定版に同梱される“ベニー松山”氏書き下ろし小説の第2話を公開した。