携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “リトルウィンググランプリ”リポート『ファンタシースターポータブル2』全国大会最後の予選が開催

“リトルウィンググランプリ”リポート『ファンタシースターポータブル2』全国大会最後の予選が開催

2010/3/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●決勝進出の切符を手に入れる最後のチャンス

 2010年2月28日、セガのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ファンタシースターポータブル2』の公式大会“全国ファン感謝祭2010 リトルウィンググランプリ”の最終予選“ファミ通CUP”がセガ本社にて開催された。リトルウィンググランプリは、大会用に用意されたミッションのクリアータイムを競う大会。すでに東京、福岡、札幌、名古屋、大阪で予選が行われている。ファミ通CUPは5番目の予選という位置づけだが、他地区での予選とは異なり、まず最初に予備予選としてカルトクイズに全員が参加。クイズに勝ち残った18チームが予選ラウンドのタイムアタックで10チームに絞られ、決勝ラウンドのタイムアタックで優勝チームを決定するという仕組みだ。上位3位までのチームは、他地区の予選通過チームと同じく、2010年3月13日に秋葉原で行われる決勝大会に出場できる。


●ファミ通攻略班もガチで参戦! その結果は……?

 小雨の降る中、セガ本社のロビーに集まった参加者は54チーム(108名)。参加チームの中には、予選でタイムアタックを経験している猛者もいるようだ。とはいえ、空気がピリピリ張りつめているわけではなく、親子連れもいてアットホームな雰囲気。ほどなく開会時間になり、公式ブログでおなじみの酒井プロデューサーやT隊長、木村ディレクターが登場。

2315

選手宣誓を行ったのは、我らがファミ通攻略班(ででお&ライターのゴジラ太田)。

 
2331

他地区の大会と同じく酒井プロデューサーが実況、解説を務めていました。



 俺とゴジラは、事前に一般ユーザーと同じように参加手続きを行い、ファミ通CUPへ参加していた。参加するからには、正々堂々と決勝大会への切符を持ち帰りたいところ。

 まずは予備予選。カルトクイズは全員参加だが、参加人数が多いため3回に分けて行われる。ファミ通攻略班は3回目に振り分けられたので、まずは1〜2戦目を観戦することに……。問題はすべて○×形式の2択問題で、さきに8問正解した先着6チームが勝ち残る。ちなみに、以下のような問題がつぎつぎと出された。

■レオル・バディアの足の数は5本である。○か×か?
■“デラックスピザ”というシールドがある。○か×か?
■パーティーの中に異性キャラがいると能力がパワーアップする武器がある。○か×か?


 俺とゴジラは解説席から観戦しつつ、「レオル・バティアの足は4本だから×だな」、「ピザってシールドじゃないよね?」など、小声でシミュレーションしてみる。1戦目は8割以上の解答がわかったので「この手応えなら勝てる!」と思いきや……2戦目は半分近くの解答がわからない。ほかの待機組も同じように一喜一憂しているのは間違いないだろう。そしていよいよ3戦目。俺たちの出番だ。まずは第1問。

■『ファンタシースターポータブル2』が初めて週刊ファミ通に掲載され発表となったのは、2009年8月20日であり、この号から、週刊ファミ通が金曜日発売から木曜日発売に変更になった。○か×か?

 まさかのボーナス問題……いや待てよ? 俺はわからん! ゴジラに視線を移すと、まったく俺と同じ表情をしている。ヤベェ! この問題で間違えたら、俺たちの立場がない。必死に、ファミ通第1報の記事構成とファミ通の発売日が木曜日に変わった号の表紙を思い出す。「確か、酒井プロデューサーのインタビュー記事、表紙はお姉ちゃんとネッキーだよな……でもそのふたつが同じ号だったかどうか思い出せない!」ここでタイムアップとなり、当てずっぽうで○の札を挙げて、司会を務める酒井プロデューサーの声を待つ。

「正解は“○”です!」

 最初のピンチを乗り越えたあとは、順調に正解を重ねていく。4〜5問連続で正解したあたりで、ファミ通攻略班を含め、全問正解を続けているチームは4分の1程度。これなら勝てる!

2416

ファミ通攻略班の左で解答している方は、『ファンタシースターポータブル2』開発チーム。意外と苦戦しているようです(笑)。



 しかしこのあと、痛恨のミスが!

■『ファンタシースターポータブル2』のテーマ曲、『Living Universe』は、女性ツインボーカルによるものであり、エミリアとルミアをイメージして歌っている。○か×か?

 
題名も、女性ツインボーカルという点も合ってるはず。これは○だ! 自信満々に○を掲げて解答を待っていたが……。

「正解は“×”です! エミリアとミカをイメージしているというのが正しい答えですね。」

 ガーン! もっとよく考えれば正解できたハズなのに! しかしどんなに悔やんでも不正解は不正解。気を取り直して残りの問題を正解していく。幸い、ほかのチームはすべて2問以上不正解していたため、我々ファミ通攻略班だけが一歩リードした形でリーチを迎えた。そして緊張の第9問。

■公式動画サイト“ファンタシースターポータブル2 ちゃんねる”で、もっとも再生数が多いのはオープニングムービーである。○か×か?

 再生数なんてわかるわけがない! そこでゴジラが「たぶん○じゃないかな?」とひと言。よし、決めた! ×だ(笑)!!

「正解は“×”です! いちばん再生されているのは“超進化ムービー”です。」

とりあえず予備予選突破! しかし、俺たちの戦いはまだ始まったばかり。
 

2454

優勝したようなノリではしゃぐ俺たち。本編はこれからですよ。



 予選ラウンドの出場チーム18組が決まり、タイムアタック大会を開始! ミッションの内容は公式ホームページで発表されているとおり、ゴ・ヴァーラ4体、アスターク2体、そしてファズンタル・セグンタルとの戦いだ。実際にこのステージを練習できるわけではないが、フリーミッションでファズンタル・セグンタル戦は練習してきた。あの過酷なクイズ大会を勝ち抜いた俺たちなら勝てるはず! ちなみに、俺はレンジャー、ゴジラはブレイバーを選択。じつは、前日までゴジラはハンターで出場する予定だったが、アスタークにフリーズトラップが有効なのでは? と、急遽作戦を変更していた。

 装備の確認が済み、いよいよスタート! まずはゴ・ヴァーラ4体にバーントラップを使う。まとめてダメージを与えるならグレネードもいいかと考えたが、使い慣れたハンドガンで確実にコンボ数を上げることにする。バーントラップの爆風があまりゴ・ヴァーラを巻き込めず、若干時間がかかったが、アスタークのいる2階へ。アスタークはこちらを迎え討つように階段を下りてきたので、ゴジラがフリーズトラップを仕掛けて1体を足止めし、ふたりで斬りかかる。しかし、思いのほか倒すのに時間がかかってしまった。やはり火力不足か? バーントラップの使いどころもコッチだったかも……。2体目のアスタークと戦うころには、5個のフリーズトラップをすべて使い切り、すっかりグダグダな流れになってしまった。こうなったら、ファズンタル・セグンタル戦で挽回するしかない!

 しかし、火力不足はボス戦でも同じ。倒したころには、6分56秒というお粗末な結果に……。参考までに、トップのタイムは2分41秒。まさに完全敗北!

2518

負け犬の表情を見せる俺たち。気の利いたコメントも浮かばないほどショックでした。



 というわけで、これ以降は解説に専念。決勝ラウンドのミッションは、ポイゾナスリリー4体、パルシャーク2体、ナノノドラゴ1体、そしてボス戦はドラゴン1体という構成。油断しているとクリアーすら難しそうだ。しかし、さすがは予選ラウンドを勝ち抜いてきた猛者たち。難なくナノノドラゴを撃破し、つぎつぎとドラゴン戦へ突入していく。そして、ドラゴン戦もみんな早い! ドラゴンが地面に潜ってしまう不運なチームもいたが、全チームがクリアーを達成していた。

 激戦の中、見事決勝大会への切符を手にしたのは、

1位:高円寺S&G
2位:ラッピーノテバサキー
3位:バルケンクロイツ


の3チーム。皆さんおめでとうございます!

2643

左から、バルケンクロイツ、高円寺S&G、ラッピーノテバサキー。決勝がんばってください!




 そんなこんなで、ファミ通CUPは終わった。振り返ってみると、ファミ通攻略班としては予選ラウンドで敗退という残念な結果だったものの、多くの『ファンタシースターポータブル2』ファンと交流できて、楽しい大会になったと思う。こうなったら、2010年3月13日の決勝大会も応援しにいくしかない! 皆さん、今度はアキバ・スクエアでお会いしましょう!



※『ファンタシースターポータブル2』公式サイトはこちら

※“リトルウィンググランプリ”公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【レポートマンガ】特別編 ダンボールなめこが新作持参で編集部襲来『なめこのおさんぽ』

『なめこ栽培キット』シリーズでおなじみのキャラクター“なめこ”が活躍する新作をレポートマンガにてお届け。

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS