携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 三上真司氏の最新作『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』始動! 画面写真初公開!

三上真司氏の最新作『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』始動! 画面写真初公開!

2010/3/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アクションゲームの鬼才が新たなジャンルに挑む

 

mikami02

 『バイオハザード』シリーズを筆頭に、数々の名作アクションゲームを手掛けてきたゲームクリエーター三上真司氏の新作がついにベールを脱いだ。その名も『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』(対応ハードはプレイステーション3とXbox 360で、発売時期は2010年冬)。開発を担当するプラチナゲームズや発売元のセガのホームページで映像は先行公開されていたもののゲーム内容などは明らかにされていなかったが、2010年2月23日に都内で三上真司氏自らが欧米メディアと一部日本のメディアに向けたプレゼンテーションを実施。実際に三上氏がデモプレイを行い、ゲームの詳細や見どころを語った。
 

vanquish0004

 まずこのプレゼンテーションの冒頭、あいさつを行ったのは『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の稲葉敦志プロデューサー。稲葉氏は本作のゲームジャンルは“シューター”であり、「強いアクション性と速いテンポ、高いプレイテンションが楽しめる」作品であることを強調した。ここで言うシューターとはFPS(ファースト・パーソン・シューティング)やTPS(サード・パーソン・シューティング)に代表されるシューティングゲームのこと。アクションゲームの印象が強い三上氏だが、今回新たなジャンルに挑戦するというわけだ。
 

 ここから三上氏のデモプレイがスタート。まず、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の舞台は近未来で、宇宙に浮かぶコロニーであることが明かされ、バトルスーツを身にまとった主人公のサムが画面に映し出された。この主人公は自分が身にまとっているスーツの設計者。三上氏によるとこのスーツは「綿のように軽く、非常に丈夫な素材でできている」設定とのことで、一般的な海外のTPSなどの主人公と比べると若干スマートな印象だ。

 

vanquish0000

▲これが主人公キャラクター。主人公が持っている武器は持ち替えるのではなく、用途に合わせて変形する仕様になっている。

 

 ゲームがスタートすると主人公キャラクター以外に、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)が数名まわりに。まだ開発途中とのことだが、まるでほかの人間が操っているかのようなスムーズな動きで、主人公をサポートしていた。そして『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』最大の特徴である“スピード感”を実現しているのが、“ブースト”という要素だ。これはスライディングのような格好で、敵との間合いを一気に詰めたり、遮蔽物などにす速く隠れたりすることができるというアクション。通常のシューターだと、遮蔽物に隠れて敵を倒してジワジワと進軍するイメージだが、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』はバーッと移動して、バババッと敵を倒して、隠れてといった感じで、非常にテンポが速いゲームであることが見受けられた。

 

vanquish0003

▲スライディングのような格好で、一気に敵との間合いを詰めたり、す速く遮蔽物へ隠れたりといったことが可能となっている。三上氏がインタビューで語っているとおり、このブーストを使うことによりほかのシューターにはないスピード感、テンポが生み出されているというわけだ。

 

 三上氏がひととおりゲームの概要を説明したあと、開発陣随一の腕前を誇るというスタッフがデモプレイを披露。このデモプレイは圧巻のひと言で、巨大なスペースシップがステージに侵入してきたり、近未来のクルマが爆発で吹っ飛んだりと、ド派手なシーンの連続だった。ちなみに『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の敵となるのは、人間ではなくロボット。自分より大きいロボットたちを爽快なアクションで倒していく様は、シューターというよりもアクションゲームに近い印象だ。

 

vanquish0001
vanquish0002

▲シューターには珍しく近接攻撃も多彩。ブーストを使って一気に敵の間合いを詰め、攻撃する、ある意味アクションゲームのような感覚が味わえる。また、時間の流れをスロー再生する“バレットタイム”の要素もあるので、「スタイリッシュなアクションで敵を倒したい」なんて人の欲求はしっかり満たされそうだ。

 

 最後に公開されたボス戦(?)では、自分の何倍もの大きさのボスが節足動物のような形態から二足歩行のロボットに変形したり、そのボスの関節を狙って攻撃してひるませたり、SF映画のラストシーンさながらの迫力。息つく暇のないノンストップアクションシューティングとはまさにこのことだ。なお、週刊ファミ通3月18日号の巻頭特集で、三上真司氏のインタビューを掲載。より詳しいゲームの内容を掘り下げてお届けしているので、そちらもぜひチェックしてみてほしい。

 

mikami

▲三上氏と主人公“サム”が着ているバトルスーツとのツーショット。このバトルスーツは実際にプロモーション映像で使用されたものなんだとか。

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【今週の新作】 『LINE POP2』に『初音ミク』、『FFVII』と今週は大漁!

2014年10月27日(月)から10月31日(金)までに配信された新作ゲームを紹介。

祝2周年!『ロードラ』Ver.5.0.0へ超々特大アップデート

アクワイアから配信中のパネルアクションRPG『ロード・トゥ・ドラゴン』がVer.5.0.0へアップデートした。

【今週の事前登録】期待の『Tokyo 7th シスターズ』のAndroid版事前登録が開始したぞ!

2014年10月27日(月)から10月31日(金)までに公開された事前登録アプリを紹介。

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO』ムフフな衣装のスペシャルカードが手に入るイベントがスタート

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』において、本日(11月1日)より新バトルイベントがスタートした。

ことば発見RPG『ことこと』 攻略のススメ〜中級応用編〜バトルで役立つ戦法を指南

フィールズとフューチャースコープが手掛けることば発見RPG『ことこと-ラセツとコトダマの国-』。今回は、脱・初心者ならぬ脱・初心“言魂師”に向けての具体的な戦いかたを指南!

【モンスト家】イベクエ攻略“獄炎の神殿”修羅場解説

【モンスト家】“わくわくの実”が手に入るイベクエ"獄炎の神殿"難易度“修羅場”の出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

ガスト長野開発部始動! 鯉沼P・菊地P・土屋D・岡村Dの豪華対談から探るガストブランドの未来!

2014年10月1日、ガストがコーエーテクモゲームスに吸収され、“ガスト長野開発部”となった。今後、ガストブランドはどうなっていくのか!? 4人のキーマンが一堂に会し、現状と展望を語ってくれた。

【ファミ通App調べ】人気アプリユーザーランキングTOP30(仮) 集計期間:2014/10/20〜10/26

集計期間:10月20日〜10月26日のファミ通Appアプリ人気TOP30(仮)を発表。

【緊急告知】週刊ファミ通2014年11月13日発売号に『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 特別体験版』が付いてくる!

週刊ファミ通2014年11月27日号(11月13日発売)の付録は、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 特別体験版』! 大注目作の世界を発売日前に体験できる。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS