携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 三上真司氏の最新作『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』始動! 画面写真初公開!

三上真司氏の最新作『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』始動! 画面写真初公開!

2010/3/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アクションゲームの鬼才が新たなジャンルに挑む

 

mikami02

 『バイオハザード』シリーズを筆頭に、数々の名作アクションゲームを手掛けてきたゲームクリエーター三上真司氏の新作がついにベールを脱いだ。その名も『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』(対応ハードはプレイステーション3とXbox 360で、発売時期は2010年冬)。開発を担当するプラチナゲームズや発売元のセガのホームページで映像は先行公開されていたもののゲーム内容などは明らかにされていなかったが、2010年2月23日に都内で三上真司氏自らが欧米メディアと一部日本のメディアに向けたプレゼンテーションを実施。実際に三上氏がデモプレイを行い、ゲームの詳細や見どころを語った。
 

vanquish0004

 まずこのプレゼンテーションの冒頭、あいさつを行ったのは『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の稲葉敦志プロデューサー。稲葉氏は本作のゲームジャンルは“シューター”であり、「強いアクション性と速いテンポ、高いプレイテンションが楽しめる」作品であることを強調した。ここで言うシューターとはFPS(ファースト・パーソン・シューティング)やTPS(サード・パーソン・シューティング)に代表されるシューティングゲームのこと。アクションゲームの印象が強い三上氏だが、今回新たなジャンルに挑戦するというわけだ。
 

 ここから三上氏のデモプレイがスタート。まず、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の舞台は近未来で、宇宙に浮かぶコロニーであることが明かされ、バトルスーツを身にまとった主人公のサムが画面に映し出された。この主人公は自分が身にまとっているスーツの設計者。三上氏によるとこのスーツは「綿のように軽く、非常に丈夫な素材でできている」設定とのことで、一般的な海外のTPSなどの主人公と比べると若干スマートな印象だ。

 

vanquish0000

▲これが主人公キャラクター。主人公が持っている武器は持ち替えるのではなく、用途に合わせて変形する仕様になっている。

 

 ゲームがスタートすると主人公キャラクター以外に、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)が数名まわりに。まだ開発途中とのことだが、まるでほかの人間が操っているかのようなスムーズな動きで、主人公をサポートしていた。そして『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』最大の特徴である“スピード感”を実現しているのが、“ブースト”という要素だ。これはスライディングのような格好で、敵との間合いを一気に詰めたり、遮蔽物などにす速く隠れたりすることができるというアクション。通常のシューターだと、遮蔽物に隠れて敵を倒してジワジワと進軍するイメージだが、『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』はバーッと移動して、バババッと敵を倒して、隠れてといった感じで、非常にテンポが速いゲームであることが見受けられた。

 

vanquish0003

▲スライディングのような格好で、一気に敵との間合いを詰めたり、す速く遮蔽物へ隠れたりといったことが可能となっている。三上氏がインタビューで語っているとおり、このブーストを使うことによりほかのシューターにはないスピード感、テンポが生み出されているというわけだ。

 

 三上氏がひととおりゲームの概要を説明したあと、開発陣随一の腕前を誇るというスタッフがデモプレイを披露。このデモプレイは圧巻のひと言で、巨大なスペースシップがステージに侵入してきたり、近未来のクルマが爆発で吹っ飛んだりと、ド派手なシーンの連続だった。ちなみに『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の敵となるのは、人間ではなくロボット。自分より大きいロボットたちを爽快なアクションで倒していく様は、シューターというよりもアクションゲームに近い印象だ。

 

vanquish0001
vanquish0002

▲シューターには珍しく近接攻撃も多彩。ブーストを使って一気に敵の間合いを詰め、攻撃する、ある意味アクションゲームのような感覚が味わえる。また、時間の流れをスロー再生する“バレットタイム”の要素もあるので、「スタイリッシュなアクションで敵を倒したい」なんて人の欲求はしっかり満たされそうだ。

 

 最後に公開されたボス戦(?)では、自分の何倍もの大きさのボスが節足動物のような形態から二足歩行のロボットに変形したり、そのボスの関節を狙って攻撃してひるませたり、SF映画のラストシーンさながらの迫力。息つく暇のないノンストップアクションシューティングとはまさにこのことだ。なお、週刊ファミ通3月18日号の巻頭特集で、三上真司氏のインタビューを掲載。より詳しいゲームの内容を掘り下げてお届けしているので、そちらもぜひチェックしてみてほしい。

 

mikami

▲三上氏と主人公“サム”が着ているバトルスーツとのツーショット。このバトルスーツは実際にプロモーション映像で使用されたものなんだとか。

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Dead Rising 4』インプレッション 史上最強のジャーナリスト、フランク・ウェストがまたも暴れる!

Xbox One用ゾンビアクション『Dead Rising 4』が、ついにリリース。本作で久々にフランクさんが主人公に復活、どのようなゲームに仕上がっているのかインプレッションをお届けする。

第1弾タイトル『みんゴル』や、PS初期の名作RPG“Reboot”、完全新作の発表まであった“ForwardWorks Beginning”をリポート

フォワードワークスが、2016年12月7日に都内で開催した発表会“ForwardWorks Beginning”の模様をリポートする。

PS4版『パラッパラッパー』楽しいラップとダンスを美しくなったグラフィックで楽しもう

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)にて、プレイステーション4用ダウンロードソフト『パラッパラッパー』の最新情報を公開した。

『エースコンバット7』“空の革新”を謳う、シリーズ最新作がベールを脱ぐ!

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『エースコンバット7』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『龍が如く6 命の詩。』を徹底攻略! ミニファミコンに続けとばかりに“ミニ○○”を妄想する特集も!!(2016年12月8日発売号)

本日(2016年12月8日)発売の週刊ファミ通2016年12月22日号の表紙を飾るのは、『龍が如く6 命の詩。』。『FFXV』の攻略&企画のほか、『バイオ7』や『仁王』など話題作の最新情報も満載!!

“A 5th Of BitSummit”が2017年5月20、21日に開催決定 日本最大級のインディーゲームの祭典BitSummitが5周年

日本最大級のインディーゲームの祭典BitSummit。その5周年を飾る“A 5th Of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)”が、2017年5月20日(土)、21日(日)の両日開催されることが明らかにされた。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2016年11月28日〜2016年12月04日

『ファイナルファンタジーXV』がプレイステーション4ソフトで歴代最高の初動と累計を記録し、首位獲得

『マジシャンズデッド』の最新情報が流出!? ゲームの秘密に迫る衝撃の動画を公開【動画あり】

バイキングは、2017年12月8日より全国のアミューズメント施設で稼動予定の『マジシャンズデッド』において、ゲームの秘密に迫る衝撃の動画を公開した。

【パワプロ特設サイト】月2学園パワプロ部 第14回放送で採用されなかった宿題を独断と偏見で紹介!

月2学園パワプロ部 第14回放送で採用されなかった宿題を独断と偏見で紹介!

プレイステーション4の世界累計実売台数が5000万台を達成

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーション4が、2016年12月6日時点で世界累計実売販売台数5000万台を突破したことが明らかにされた。