携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2009年国内ゲーム市場規模は約5426億円、もっとも売れたソフトは『ドラクエIX』

2009年国内ゲーム市場規模は約5426億円、もっとも売れたソフトは『ドラクエIX』

2010/1/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●大作ソフトが市場を牽引し、下半期はプラス成長

 

 エンターブレインは2010年1月5日、2009年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報データを発表(集計期間:2008年12月29日〜2009年12月27日)。ハード・ソフトの市場規模は約5426億4000万円で、昨年対比93.1パーセントの数字となった。

 

 年間ベースでは2008年より縮小となった2009年のゲーム市場だが、下半期に限定すれば10.4ポイントの成長を記録。ソフト市場で『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(2009年7月11日発売)、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年12月3日発売)、『ファイナルファンタジーXIII』(2009年12月17日発売)といった大作ソフトの発売が相次ぎ、市場全体を牽引したようだ。なお、2009年もっとも売れたソフトは上でも挙げた『ドラゴンクエストIX』で、推定年間販売本数は410万968本。一方もっとも売れたハードは推定年間販売台数402万5313台のニンテンドーDS(初代ニンテンドーDS、DS Lite、DSi、DSi LLの合計値)となっている。
 

2008年と2009年のゲーム市場規模(エンターブレイン調べ)

 

ハード

ソフト

合計

2008年

約2505億円

約3321億2000万円

約5826億1000万円

2009年

約2164億9000万円

約3261億6000万円

約5426億4000万円

昨年対比

86.4パーセント

98.2パーセント

93.1パーセント

※2008年時の集計期間は2007年12月31日〜2008年12月28日

 

2009年ハードの販売台数(エンターブレイン調べ)

ハード名

推定年間販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

402万5313台

2916万589台

PSP

230万7971台

1338万6455台

Wii

197万5178台

950万1999台

プレイステーション3

172万7041台

439万1407台

Xbox 360

33万1706台

119万7873台

※ニンテンドーDSは、初代ニンテンドーDS、DS Lite、DSi、DSi LLの合計値
※PSPはPSP goとの合計値

 

2009年ソフト販売本数トップ5(エンターブレイン調べ) 

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

推定年間
販売本数

1

DS

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

スクウェア・エニックス

2009年
7月11日

410万968本

2

DS

ポケットモンスター
ハートゴールド・ソウルシルバー

ポケモン

2009年
9月12日

338万2597本

3

Wii

New スーパーマリオブラザーズ Wii

任天堂

2009年
12月3日

248万5150本

4

DS

トモダチコレクション

任天堂

2009年
6月18日

231万1948本

5

PS3

ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックス

2009年
12月17日

169万8256本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

発売日決定からトリコの秘密、そしてVRの印象まで。上田文人氏インタビュー【E3 2016】

アメリカ・ロサンゼルスにて、世界最大のゲーム見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016が開催。プレイステーション4用ソフト『人喰いの大鷲トリコ』について、ゲームデザイン及びディレクションを務める上田文人氏にインタビューをする機会をいただいた。

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!