携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2』は日本語音声、字幕のみ

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2』は日本語音声、字幕のみ

2009/12/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●FPS初心者に向けた配慮

 

 スクウェア・エニックスから12月10日に発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2』。2009年12月1日の日本語版プレイムービー公開以降、ファミ通.comに“本当に音声も字幕も日本語だけの対応なのか?”というような主旨の意見が多数寄せられた。そこでスクウェア・エニックスに直接ゲームの仕様を問い合わせてみたところ、以下のような回答が届いた。

 

「字幕/ボイスともに日本語のみで、英語音声に切り替えることはできません。前作は字幕のみでしたが、FPS初心者に向けて間口を広くしたいというActivision側の強い要望があり、ボイスも翻訳することにしました。今後のファン拡大を考えると、我々もこの判断は正しかったと思っています。

 

『モダン・ウォーフェア2』のようなゲームの場合、音声が母国語でないと、周辺で飛び交っている指示の半分も聞き取れず、ゲーム制作者の意図がプレイヤーにすべて伝わりません。

 

その上で、音声の日英切り替え機能はActivision、Infinity Wardともども最後まで可能性を検討したのですが、技術的な制約が壁になりました。他国語版はすべて自国語音声吹き替えのみだったので、日本版のみの独自仕様を作ってゲームエンジンをそれに対応させることはリスクが大きすぎると、最終的に判断されたのです」(スクウェア・エニックス)

 

 すでに音声、字幕は日本語のみ、という告知は公式ホームページで行われている。このほか、以下のような仕様変更も発表されている。

 

1.キャンペーンモードのミッション(ロシアの空港におけるテロシーン)において、北米版ではプレイヤーが民間人を殺傷することができますが、日本版では民間人を殺傷するとゲームオーバーになります。(※ドイツ版などと同様の仕様)

 

2.キャンペーンモードクリア後のボーナスコンテンツにおいて、北米版では全てのキャラクターを攻撃できますが、日本版では「捕虜」のキャラクターに対し、攻撃が不可能になっています。

 

※『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『今井麻美のニコニコSSG』特番が本日21時より配信――ゲストは長谷川明子さん! ゲームは『Five Nights at Freddy’s』をプレイ!!

ニコニコ生放送で配信中の『今井麻美のニコニコSSG』が、早くも特番を放送! 今回は、ゲストに長谷川明子さん、中村天佑さん(ギター)、yuanさん(ヴァイオリン)をお迎えして、いつもどおり“歌”と“ゲーム”をテーマにお届けしていきます!!

アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“スペースインベーダー デイパック”が2月13日より発売

タイトーは、全国のタイトーアミューズメント施設(フランチャイズ等系列店舗含む)29店舗で、アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“[OUTDOOR PRODUCTS×TAITO]スペースインベーダー デイパック”を2016年2月13日より発売する。

Steamで旧正月セールが開始。2月13日午前3時まで数千タイトルのPCゲームがセール

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、旧正月を記念したセールが開始。

GDCアワードの生涯功労賞に『フォールアウト』、『エルダースクロールズ』シリーズの開発を率いるトッド・ハワード氏が選ばれる

ベセスダ・ゲームスタジオで『フォールアウト』シリーズや『エルダースクロールズ』シリーズを手掛けてきたトッド・ハワード氏が、第16回GDCアワードの生涯功労賞を受賞することが発表された。

ラムザ丸見せ&立花慎之介さんの濃いトークに加え『シアトリズム』シリーズの新作ポロリもあった『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2リポート

2016年2月3日に配信された公式生放送、『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#2 ラムザ参戦SP』。そちらの模様を、視聴者のコメントにも注目しつつ、ニコニコ生放送から切り出した画像とともに振り返っていこう。

【緊急アンケート】俺に(私も)語らせろ! “ファミリーコンピュータ ディスクシステム”徹底調査!

週刊ファミ通2016年3月10日号(2月25日発売)では、今年で生誕30周年を迎える“ファミリーコンピュータ ディスクシステム”(以下、ディスクシステム)を大特集。そこで、ディスクシステムの魅力を振り返るアンケートを実施します。ぜひとも皆さんの声をお聞かせください!

【毎週土曜日のこの時間に更新!】『ガンスリンガー ストラトス3』門井P&尾畑Dを直撃インタビュー後編!!

2016年春に稼動を予定しているスクウェア・エニックスのアーケードタイトル『ガンスリンガー ストラトス3』。今回の“ストラトス通信”では、門井プロデューサーと尾畑ディレクターにインタビューを実施! その後編をお届けする。

『三極姫4 天華繚乱 天命の恋絵巻』がPS4、PS Vita用ソフトとして5月26日発売決定!

システムソフト・アルファーは、人気美少女ゲーム『三極姫』シリーズの最新作となる『三極姫4 天華繚乱 天命の恋絵巻』を2016年5月26日に、プレイステーション4、プレイステーション Vitaの2機種を同時発売することを発表。

『真・女神転生IV FINAL』“塩田信之の真4Fと神話世界への旅”第15回“テンカイと江戸曼荼羅”が公開!

アトラスは、2016年2月10日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『真・女神転生IV FINAL』について、作品の世界を読み解く連載企画“塩田信之の真4Fと神話世界への旅”第15回を公開した。