携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 映画『アサシン クリード リネージ』試写会でダウンロードコンテンツの配信が発表

映画『アサシン クリード リネージ』試写会でダウンロードコンテンツの配信が発表

2009/12/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●海外では2010年年明けより配信、日本でも近いタイミングで配信か?

 

 ルネッサンス期のイタリアを舞台に、“アサシン”(暗殺者)エツィオ・アウディトーレの活躍を描く、ユービーアイソフトのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『アサシン クリードII』が、2009年12月3日にいよいよ発売される。これに合わせて、同作へつながる短編映画『アサシン クリード リネージ』日本語吹き替え版が、読売テレビで2009年12月4日の午前1時38分〜2時30分まで、中京テレビで2009年12月7日の午前2時25分〜3時10分まで放映されることが決定。ソフト発売前日には、都内にあるカナダ大使館で関係者向けの完成披露会も開催された。


ONI_3612
ONI_3603
ONI_3604
ONI_3609

 

ONI_3628

 

 上映開始に先立って、ユービーアイソフト代表取締役社長のスティーブ・ミラー氏が登壇。「ゲームと映画の境が薄くなっていることが感じられる内容になっています」と、短編映画の仕上がりにみずから太鼓判を押した。続いて檀上に上がったマーケティングディレクターの辻良尚氏は、「『アサシン クリード』が日本市場においてたくさんの支持をいただけたことをうれしく思っています」と挨拶。合わせて、今回の『アサシン クリードII』のコンセプトが“多様性”であると語り、「プロモーション展開においても多様性があったほうがいいかと考えました」と、映画制作の経緯を説明した。

 

ONI_3663
ONI_3690

▲ミラー氏は「作品を皆さんにお届けできることをうれしく思っています」と感謝のコメントも。辻氏は今回の短編映画が、ゲームの表現技術を活用して制作されたことに触れ「ユービーアイソフトにとって新しい一歩であり、挑戦ではないかと思います」と話していた。

 

 映画の内容については、テレビ放映がこれからのため詳細は明かせないが、辻氏の「ゲームをより楽しめるように、という思いで制作されたもの」という言葉どおり、ゲーム内の設定を忠実に再現したものに。屋根の上を飛び移りながらの移動し、垂直の壁を登るといった“フリーラン・システム”を彷彿とさせるアクションや、高所からターゲットを襲撃するなど、ファンならニヤリとする場面が盛りだくさんとなっている。さきに説明したとおり、物語はゲーム本編へつながるものとなっているので、プレイまえにぜひいちどは観ておきたい作品だ。

 

ACL_O_FinalStills_10
ACL_O_FinalStills_11
ACL_O_FinalStills_12

▲なぜエツィオはアサシンの道を歩むことになったのか。本編と合わせて観れば、ゲームがより楽しめること間違いなしの作品だ。


ACSFS_O_001_Film Set1
ACSFS_O_002_Film Set2
ACSFS_O_003_Screens
ACSFS_O_004_Film Set3
ACSFS_O_005_Parcour
ACSFS_O_006_Bladetothethroat

▲こちらはメイキングの模様。美しいイタリアの街並みには、なんとすべてがCGで描かれているのだ。

 

 試写終了後には、『アサシン クリードII』に関する新情報も発表に。なんと、早くもダウンロードコンテンツの配信が決定したのだ。“フォルリの戦い(仮題)”、“虚栄のかがり火(仮題)”という2種類のコンテンツが用意され、配信時期は海外で2010年年明けを予定。日本での配信時期は未定となっているが、辻氏は「なるべく海外と近いタイミングで提供したい」と語っており、それほど待たずに遊ぶことができそうだ。


<『アサシン クリードII』スクリーンショット>

AC2_S_003
AC2_S_005
AC2_S_006_Disarm
AC2_S_009
AC2_S_011
AC2_S_015
AC2_S_035_Tuscany_SanGimignano_Print Use Only
AC2_S_039_Florence_SpearImpale
AC2_S_042_Wetlands_MercenaryCombat
AC2_S_068_Venice_GroupManipulation_CourtesansAtFestival

 

※『アサシン クリードII』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』武器の成長・進化や冒険の拠点“はじまりの街”の詳細をチェック

バンダイナムコエンターテインメントは、2016年10月27日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』について、最新情報を公開。

『Severed(セヴァード)』失った家族を捜し求めて隻腕の少女は剣を振るう

DrinkBox Studiosは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、プレイステーション Vita向けダウンロードソフト『Severed(セヴァード)』の最新情報を公開した。

『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)』PS VRでドキドキの7日間を満喫!

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)』の最新情報を公開した。

『ザ クルー』に新たな展開!警察とストリートレーサーのバトルが楽しめる拡張パックが登場

ユービーアイソフトは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、『ザ クルー』の拡張パックとなる『コーリング オール ユニット』の最新情報を公開した。

『無双☆スターズ』コーエーテクモゲームスの人気作から多数の“スター”が集い戦う!

コーエーテクモゲームスは、週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)にて、『無双☆スターズ』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『無双☆スターズ』の詳細が判明! 『FFXV』や『ダンガンロンパ』などの最新情報も満載!(2016年9月29日発売号)

本日(2016年9月29日)発売の週刊ファミ通2016年10月13日号の表紙を飾るのは、コーエーテクモゲームスの人気キャラが集結した『無双☆スターズ』。『FFXV』やTGS来場者のアンケートをまとめた特集など、読み応えバッチリ!

萩原一至×ベニー松山 『デモンゲイズ2』発売記念対談!!

角川ゲームスより、2016年9月29日に発売されたプレイステーションVita用ソフト『デモンゲイズ2』。発売を記念して、完全無料で今秋配信予定のダウンロードエクストラコンテンツ“柳生斬魔録 -コール・オブ・ザ・グリモダール-”について、“新たなる邪神”のキャラクターデザインを手掛けた萩原一至氏と、シナリオ・監修を担当したベニー松山氏のスペシャル対談を実施! 魅力を存分に語っていただいた。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2016年09月19日〜2016年09月25日

新作の『うたわれるもの 二人の白皇』が前作を上回る滑り出し、連休でハード市場も好調続く

PS4向けアーケードアーカイブスでネオジオ作品が配信決定! 『KOF’94』、『メタルスラッグ』など第1弾5タイトルが年内配信

ハムスターは、同社が展開するプレイステーション4向け“アーケードアーカイブス”において、SNKプレイモアのネオジオタイトルを配信することを発表した。

『アカシックリコード』インタビュー完全版――文学とRPGの世界はいかにして生まれたのか?

週刊ファミ通2016年10月6日号(2016年9月21日発売)では、スマートフォン向けゲームアプリ『アカシックリコード』の記事内にて、スペシャルインタビューを掲載した。その完全版をお届け。