携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の店頭体験会に神谷英樹氏と橋本祐介氏が登場

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の店頭体験会に神谷英樹氏と橋本祐介氏が登場

2009/10/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は何回も遊んで楽しんでもらいたい」(神谷氏)

 

 セガは2009年10月3日、プレイステーション3、Xbox 360用ソフト『BAYONETTA(ベヨネッタ)』(2009年10月29日発売予定)の店頭体験会を、都内の量販店を中心に開催。会場のひとつ、都内・葛西にあるGAMESマーヤには多くのファンがつめ掛けた。

 

  『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は、セガとプラチナゲームズの豪華タッグが贈る、渾身の新規タイトル。“ノンストップクライマックス・アクション”をキーワードに掲げ、従来のアクションゲームとは一線を画す、緊張と興奮、そして爽快感を提供する作品となっている。体験会には午後3時のスタートと同時にゲームファンが訪れ、“ノンストップクライマックス・アクション”の一端を発売に先駆けて堪能していた。

 

ベヨネッタ体験会_01

ベヨネッタ体験会_02

 

 今回プレイできたのは、プレイステーション3版とXbox 360版で若干ステージが異なる、東京ゲームショウ2009でのプレイアブルバージョン。下位天使や中ボスクラスの天使のほか、最後には主人公ベヨネッタのライバル“ジャンヌ”とのバトルも楽しめる、ボリューム満点の内容。

 

ベヨネッタ体験会_03

ベヨネッタ体験会_04

▲神谷氏(右)と橋本氏(左)がサプライズゲストとして登場。橋本氏は「体験会は初めてなのでうれしいです」と喜びを語った。

▲ベヨネッタの看板には神谷氏と橋本氏のサインが。

 

 会場にはディレクターを務める神谷英樹氏とプロデューサーを務める橋本祐介氏が登場。体験会の感想や発売間近のゲーム内容についてコメントした。

 

ベヨネッタ体験会_05

 ――体験会の感想はいかがですか?

 

神谷英樹(以下、神谷) 東京ゲームショウ2009でもたくさんの人に触っていただいたのですが、入場規制が掛かり遊べずに帰られた人も多かったと思うので、今回の体験会ではもっと多くの人に遊んでいただけるのでわくわくします。

橋本祐介氏(以下、橋本) 静止画や動画で自分たちが伝えたいアクションゲームをお知らせしてきましたが、ゲームのテンポを実際に体験してもらえる場ができてうれしいです。

 

――本作の魅力のひとつ“触り心地”は感覚的な部分になりますが、開発での苦労した点はどこですか?

 

神谷 セオリーとして説明するのが非常に難しいことです。ただ、自分が納得いくところまでスタッフと煮詰めました。

橋本 思いのままに操作できるがコンセプトにあったので、自分の思いどおりに動かないという部分がないように徹底的に調整しました。

神谷 ゲームを作るスタイルとして、プレイヤーがゲームをプレイして気持ちいいかというところから作り、レスポンスと機能性を極限まで高めてからそれに対抗する敵を作るという順番で制作しています。なので、やりながらストレスを感じる部分を徹底的に排除して、どうやったら快感に繋がっていくのかを煮詰めていきます。

 

――開発中に、片手でプレイできるオートマチックモードが簡単すぎるという話はありませんでしたか?

 

神谷 僕たちが0から作っていくと、どうしてもそのゲームの達人になってしまうので、このぐらいが簡単、このラインを超えてしまったらおもしろさがなくなってしまうのではいうのを常に葛藤しています。それで『ビューティフル ジョー』でキッズモードを作ったのですが、キッズモードも難しくてクリアーできないという話を聞き、それよりもっと下を作らないといけなかったのかなと思って、それより下のSWEETモードを作ったのですが、あれでちょうどいいというユーザーのリアクションが多かったので、もっと下を作らないといけなかったと常に葛藤しています。『BAYONETTA(ベヨネッタ)』では、熟練者がプレイする華麗な戦いかたを味わえるのが楽しいと思うので、難易度を下げるというよりはベヨネッタがシンプル操作で自由自在に動くという部分に絞って作ったモードです。ノーマルとオートマチックモードでは楽しみかたが全く異なるので、熟練者も一度はオートマチックモードで遊んでほしいです。
 

※『BAYONETTA(ベヨネッタ)』公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【ブレフロ攻略】マナの聖域

『ブレフロ』のコラボダンジョン“マナの聖域”の攻略情報をお届け。

無料コミック更新! 外鯨さんの意外な悩みが発覚!『狼少年は今日も嘘を重ねる』2話

姉から女装姿にされてしまった五木啓太郎は、以前から好きだった外鯨葵と鉢合わせてしまう。しかし、正体がバレなかったため、自らを女性の“イツキ”として接することになった。啓太郎をすっかり女性と信じてしまった外鯨から、ある相談を持ちかけられる。

無料コミック更新! 記憶を繋ぐ新たな情報を求めて……『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』7話

迷宮の奥へ進むと、フレドリカの記憶に関するある手がかりが発見される。しかし、さらに奥へ進むには新たな樹海磁軸が必要だった。ファーンたちは一度街へ戻り、執政院へ情報を求めに行くことに。

【ファミ通の攻略本】『禁忌のマグナ』完全攻略本発売! 攻略情報とイラスト、どっちも見たいあなたに贈ります♪

ゲームの基本から精霊たちとの絆を深めるイベントバトル、周回プレイのお役立ち情報まで徹底フォロー。近衛乙嗣氏のキャラクターイラストも大きめサイズで掲載しています。

『月刊ファミ通feat.』と『エミル・クロニクル・オンライン』のコラボサントラCDが10月31日に“エビテン[ebten]”で発売

総合ゲーム情報バラエティー番組『月刊ファミ通feat.』と『エミル・クロニクル・オンライン』のコラボサントラCDがECサイト“エビテン[ebten]”で2014年10月31日に発売される。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

舞台『弱虫ペダル 箱根学園篇 〜野獣覚醒〜』の主人公は荒北! “泥臭い”青春物語が展開するゲネプロ公演をリポート

渡辺航氏のマンガ『弱虫ペダル』を原作にした舞台作品『弱虫ペダル 箱根学園篇 〜野獣覚醒〜』が、本日2014年10月30日(木)より東京・六本木ブルーシアターで上演されている。初日公演前に行われたゲネプロ(公開稽古)の模様をリポート!

『花咲くまにまに』 連動購入キャンペーンの特典“アクリルキーホルダー”の描き下ろしイラストが公開!

MAGES.は、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『花咲くまにまに』について、“『花咲くまにまに』連動購入キャンペーン”特典の、アクリルキーホルダーの描き下ろしイラストを公開した。

『乖離性ミリオンアーサー』URが出るまで事前登録ガチャをまわしてみた

『乖離性ミリオンアーサー』URが出るまで事前登録ガチャをまわしてみた!

共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』 100万DL突破で記念キャンペーン

面白法人カヤックの共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』が、100万ダウンロードを突破。ミリオン記念限定キャンペーンがスタートした。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS