携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【写真追加】新曲『またね』も披露された“アイドルマスターディアリースターズ SPステージ”

【写真追加】新曲『またね』も披露された“アイドルマスターディアリースターズ SPステージ”
【TGS2009】

2009/10/6

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●東京ゲームショウ2009の会場がきらめくステージに!

 

 2009年9月24日から27日まで幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2009。同会場のバンダイナムコゲームス/ディースリー・パブリッシャーブースにて、『アイドルマスター ディアリースターズ』のスペシャルステージが開催された。

 

 同イベントには、『アイドルマスター ディアリースターズ』で新人アイドル・日高愛役を務める戸松 遥が出演。舞台裏から「皆さーん、おはようございまーす! 私からのはじめましての挨拶聞いてくださーい! 『“HELLO!!”』!!」という声が会場に響くと、ステージに戸松が登場。『“HELLO!!”』を歌うと、会場につめかけたファンも一気に笑顔になり、一瞬にしてものすごい熱気に包まれる。登場からアツい歓迎を受けた戸松は、2009年9月17日に発売されたばかりの『アイドルマスター ディアリースターズ』について、「もうクリアーした人いますかー?」と質問。たくさんのファンがすでにクリアーしていると応えると「私まだ水曜日で止まっているんです(笑)。ビジュアルレッスンが苦手なんですよねー」と自身のプレイ状況を語る。

 

idol11
idol12
imasup03
imasup02

 

 また、ファンがどの新人アイドルを使っているかを聞いてみると、じつは男の子という秘密を持つ秋月涼に人気が集中した。

 

 ここで戸松が心強いアシスタントをふたり呼んでいると発表。このコメントに会場のファンも期待に色めき立つが、「変態坂上P&ドMのブンケイP!」という呼び込みで現れたのは、おなじみの坂上陽三プロデューサーとブンケイP。会場からは割れんばかりの「変態!」コールが巻き起こるが、「ここはウチの会社ですよー!」とガミPがこれを制する。ふたりは、『アイドルマスター ディアリースターズ』を紹介するために登壇したとのことで、ブンケイPが「アニサマでは1分だったけど、今回は5倍の5分(紹介する時間を)もらいました!」と高らかに宣言し、『アイドルマスター ディアリースターズ』の魅力を主人公となる新人アイドル3人の紹介とともに行った。なお、詳しいゲーム概要に関しては、「バンダイナムコゲームス/ディースリーパブリッシャーブースにて試遊台が設置されているので、それをプレイして確認してください」(ブンケイP)とのことだった。

 

idol03
idol01

 

 そして『アイドルマスター ディアリースターズ』の魅力を語るうえで忘れてはいけないのが、最大16人で対戦できる“応援モード”。このモードをステージ上で実際にプレイして、勝利した人がブンケイP特製のチーズケーキを食べられるということに。このチーズケーキを賭けた戦いに、ステージ裏から「ちょっと待った」コールがかかる。声をかけたのは、今回のサプライズゲスト。「私もチーズケーキ食べたーい!」という声が会場に響くと、その声だけでファンは誰だかを察する。そしてファンの予想どおり、登場したのは如月千早役の今井麻美。「ミンゴース(※今井の愛称)!」というコールと大歓声に迎えられて登場した今井は、「すごい人ですね! とまっちゃん(※戸松の愛称)がテンション上がるって言ってた意味がわかる!」と会場の迫力を肌で感じ、アツく語った。

 けっきょく、応援モードは、戸松、坂上P、今井の3人でプレイすることになり、対戦がスタート。対戦が始まると画面に映し出された応援とまったく同じコールを会場のファンがするなどして、リアル応援モードが発動。会場はよりいっそうの盛り上がりを見せる。対戦の結果は、戸松が1位、今井が2位、坂上Pが3位。坂上Pが「みんなのコールが画面とぴったり合ってて…………気持ち悪かった!」と言うと会場はブーイングを始めるが、今井の「でも、これ褒め言葉だよ(笑)」という言葉に納得した様子だった。

 

idol04
idol02

idol05
imasup05
imasup06
imasup08

 

 また、サプライズゲストとして登場した今井は「せっかくなので1曲歌います」と宣言。しかもなんと、好評発売中のPSP用ソフト『アイドルマスターSP』のダウンロードコンテンツとして配信予定の新曲『またね』を初披露するということで、会場のファンのテンションはさらにアップ。同曲の作曲は『shiny smile』や『まっすぐ』を手がけたYoshi氏が担当しているとのこと。しっとりとしたバラード曲『またね』を今井が歌い上げると、ファンも初めて聴く曲を、噛みしめるように、耳に、胸に、記憶に刻み込むように聴き入っていた。

 

idol06
idol07
imasup01
imasup04

 

 さらにJCBホールで行われた“THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! in TOKYO”から2度目の競演となる765プロと876プロのふたり。今日のステージに立った感想を「今日を迎えることが楽しみというか、ドキドキワクワクしていました。この熱気に感動しています。楽しかったです。これからも一生懸命がんばっていきます」(戸松)、「サプライズゲストだったので、いかに見つからないように会場まで来るか、に久々に命を賭けました(笑)。みんなが驚いてくれてうれしかったです」(今井)とそれぞれに語る。そして、「千早と愛のコラボ見たいよね?」(今井)ということで、最後はふたりでのライブに突入。歌うは『GO MY WAY!!』! 慣れ親しんだ曲にファンもヒートアップ、ふたりも歌とダンスでその勢いを加速させると、大盛り上がりの中、終始笑顔に包まれたイベントは幕を閉じた。

 

idol08
idol09
imasup09
idol10



※『アイドルマスター』ポータルサイトはこちら
 

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Dead Rising 4』インプレッション 史上最強のジャーナリスト、フランク・ウェストがまたも暴れる!

Xbox One用ゾンビアクション『Dead Rising 4』が、ついにリリース。本作で久々にフランクさんが主人公に復活、どのようなゲームに仕上がっているのかインプレッションをお届けする。

第1弾タイトル『みんゴル』や、PS初期の名作RPG“Reboot”、完全新作の発表まであった“ForwardWorks Beginning”をリポート

フォワードワークスが、2016年12月7日に都内で開催した発表会“ForwardWorks Beginning”の模様をリポートする。

PS4版『パラッパラッパー』楽しいラップとダンスを美しくなったグラフィックで楽しもう

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)にて、プレイステーション4用ダウンロードソフト『パラッパラッパー』の最新情報を公開した。

『エースコンバット7』“空の革新”を謳う、シリーズ最新作がベールを脱ぐ!

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2016年12月22日号(2016年12月8日発売)にて、プレイステーション4用ソフト『エースコンバット7』の最新情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】『龍が如く6 命の詩。』を徹底攻略! ミニファミコンに続けとばかりに“ミニ○○”を妄想する特集も!!(2016年12月8日発売号)

本日(2016年12月8日)発売の週刊ファミ通2016年12月22日号の表紙を飾るのは、『龍が如く6 命の詩。』。『FFXV』の攻略&企画のほか、『バイオ7』や『仁王』など話題作の最新情報も満載!!

“A 5th Of BitSummit”が2017年5月20、21日に開催決定 日本最大級のインディーゲームの祭典BitSummitが5周年

日本最大級のインディーゲームの祭典BitSummit。その5周年を飾る“A 5th Of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)”が、2017年5月20日(土)、21日(日)の両日開催されることが明らかにされた。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2016年11月28日〜2016年12月04日

『ファイナルファンタジーXV』がプレイステーション4ソフトで歴代最高の初動と累計を記録し、首位獲得

『マジシャンズデッド』の最新情報が流出!? ゲームの秘密に迫る衝撃の動画を公開【動画あり】

バイキングは、2017年12月8日より全国のアミューズメント施設で稼動予定の『マジシャンズデッド』において、ゲームの秘密に迫る衝撃の動画を公開した。

【パワプロ特設サイト】月2学園パワプロ部 第14回放送で採用されなかった宿題を独断と偏見で紹介!

月2学園パワプロ部 第14回放送で採用されなかった宿題を独断と偏見で紹介!

プレイステーション4の世界累計実売台数が5000万台を達成

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーション4が、2016年12月6日時点で世界累計実売販売台数5000万台を突破したことが明らかにされた。