携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 「『MGS4』よりイケています!」小島監督が『MGS ピースウォーカー』に自ら太鼓判

「『MGS4』よりイケています!」小島監督が『MGS ピースウォーカー』に自ら太鼓判
【TGS2009】

2009/9/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『MGS3』ファンは見逃せないストーリーに

 

 KONAMIの小島秀夫監督自らが「自分で言うのも何なのですが、かなりおもしろい! 『4』よりもイケています」と自信を持ってアピールするのが、2010年発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』(以下、『ピースウォーカー』)だ。上記の発言は、同ソフトのステージイベントで冒頭に小島監督が語ったコメント。それほど自信のある作品に仕上がりつつあるというわけだ。ちなみに先ほどお伝えした『ピースウォーカー』の最新映像が公開されたのもこのイベント。このムービーをもとにステージイベントは進められたので、この記事を読むまえに、そのムービーを観ていただきたい。(最新ムービーの写真は下を参照)
 

pw0025
TGS2009_demo_49
TGS2009_demo_26

TGS2009_demo_33
TGS2009_demo_13
TGS2009_demo_06

▲東京ゲームショウ2009で世界初公開された『MGS ピースウォーカー』のムービー。


 映像は約9分20秒というロングバージョン。これまでE3やgamescoといったイベントで公開されたものは物語に言及したものではなかったが、今回は『ピースウォーカー』の時代背景、世界観、キャラクターなどにスポットを当てた内容になっている。小島監督が「ギャグが入っていないムービーは、シリーズの中でも珍しい」と言うように、終始真面目な(?)内容になっており、前半はゲームグラフィック、後半はアメコミ調のシュールでクールなグラフィックで展開されている。

 

 『ピースウォーカー』の舞台は、『メタルギア ソリッド 3 スネークイーター』の物語から10年後にあたる’74年。「『3』とは直接的な関係はないが、最後にビックリすることがある」とのことで、とくに『3』のファンは期待したいところ。場所は軍隊を持たない国“コスタリカ”。当初プロジェクトが立ち上がったとき、小島監督が深く関わるつもりがなかったようだが、「’74年、コスタリカというキーワードに若いスタッフたちが尻込みしちゃって(笑)」、いまではどっぷり深く関わっているんだとか。『ピースウォーカー』は『MGS』シリーズのナンバリングタイトルではないものの、真の意味でシリーズのDNAを継承している作品と言えそうだ。


pw0001
pw0002
pw0003
pw0004

▲ステージでは『ピースウォーカー』のキーワードをピックアップしながら進行。’74年の出来事などを振り返った。小島監督は当時小学5年生で、「いまの小島秀夫ができたのがそのころ」とし、小説などを執筆していたという。


 気になるストーリーは、コスタリカに武装勢力が跋扈している状況を打破すべく、ネイキッド・スネークに助けてもらいたいとの依頼が来たところから始まる。’74年といえば、米ソの冷戦のまっただ中。米ソがどんどん核兵器を増やしている状況下での物語となり、核抑止力とはいったい何だったのか? なぜ軍隊はなくならないのか? そういうった現実世界の世界情勢をも学習し、考えさせられる内容になっているという。小島監督は「ストレートなストーリー展開」とは語っていたが、『MGS』シリーズの歴史に現実世界の歴史を絡めた骨太なストーリーになっていることは間違いないだろう。ちなみに現在のところ音声収録は、無線シーン以外のところが終了しているとのことで、その台本の厚さは「『MGS4』とほぼ同じボリューム」(小島)なんだとか。これだけでもいかに濃密な物語が展開されるかがうかがい知れるはずだ。

 

pw0006
pw0007
pw0008
pw0009

▲ネイキッド・スネークの声を務めるのは、当然大塚明夫氏。「台本を読んで、泣けました。下手な人でも上手な人に助けてもらえるシステムなので、皆さんもぜひ遊んでみてください」とコメントした。

▲初代『MGS』でリキッドが真似をしていたミラーの若かかりしころの姿。杉田智和氏が声を担当する。「いつでもどこでも『MGS』が遊べる。いつもスネーク気分を味わってほしい」と語った。


pw0010
pw0011
pw0012
pw0013

▲本作のヒロイン、ラ・パスは水樹奈々が担当。水樹奈々は「『MGS』シリーズに出演できて感激しています!」とコメントを寄せた。

▲ガルベスは大塚芳忠が声を担当。

▲MC役を務めていた菊地由美が担当するストレンジラブ。小島監督いわく「とんでもない謎のキャラクター」なんだとか。

▲『MGS』シリーズになじみの深い井上喜久子が本作で担当するのはチコという少年。井上は「最近珍しい少年役。純粋な心を持っていて、セリフを入れていてグッときました」と語った。


pw0014
pw0015
pw0016
pw0017

▲女戦士のアマンダ。チコのお姉さんで、かなり力強いキャラクターなんだとか。

▲どこかオタコンを彷彿とさせるヒューイ。「皆さんの想像どおりのキャラ」(小島)らしく、声優の田中秀幸には「おしっこを漏らしたときのオタコンのような感じで」とオーダーしたんだとか。

▲「ホットなコールドマン」(小島)の声は麦人が担当。かなり重要な役割のキャラクターという。

▲名前からするとフランス人らしき、セシール。本作のセクシー担当らしく「ふ〜じこちゃ〜ん」(小島)という感じとのこと。


 この『ピースウォーカー』のステージイベントは、2009年9月25日正午、26日午後2時15分、27日午後4時にも開催予定。25日と26日にはキャラクターデザインの新川洋二氏が、27日には本作に声優として参加している大塚明夫、井上喜久子、水樹奈々、杉田智和らがゲストとして駆けつけるということだ。『MGS』シリーズファンだけでなく、声優陣のファンも見逃せないイベントになりそう。もちろんファミ通.comでもその模様をお届けするので、楽しみにしていてほしい。

 

pw0018
pw0026
pw0027
pw0028
 
pw0019
pw0020
pw0021
pw0022

pw0023
pw0024
pw0029
pw0030
 
pw0031
pw0032
pw0033
pw0034

【TGS2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ファンイベント 名古屋F.A.T.E.の詳細が発表に 『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』

 XIVの年である2014年の1年間にわたって日本全国の都市をめぐる『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ファンイベントの第3回、“FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event in NAGOYA”の2014年5月24日開催が決定した。

無料コミック新連載! 新連載開始!『CODE OF JOKER』第0話

思考型デジタルトレーディングカードゲーム「CODE OF JOKER」コミカライズがプレ公開! あるモノを探して飛び回る探偵・緋神仁の活躍をぜひご覧ください!

無料コミック更新! 迷宮で待つもの『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』第2話

エトリアの街の人々を悩ます怪異、その原因を探るべく迷宮に足を踏み入れたファーン。魔物が闊歩する遺跡の中でファーンは謎の少女と出会う。

無料コミック更新! 夜会へのいざない――『天動のシンギュラリティ』第1話後編

高度な科学文明の中、「パドヴァ啓明魔導団」と自分たちを称し魔法の存在を提唱する天童カイト。弟子と共に「ほころび」でアイリスを待つ彼らの元にモンスターが現れる――。

無料コミック更新! 走り出したピアイ才節は止まらない!『デカ盛り閃乱カグラ ごっくんっ!』第3話前編

紅蓮隊の活躍を聞きつけた蛇女学園の面々は、悪忍に道を極めるため決起式(?)を開催! しかし、1本の「一回戦」なる飲料が決起式を混乱の渦へと巻き込んでいく!

無料コミック更新! 愛おしきこの世界で『まおゆう魔王勇者』第47話前編

人間界に戻った魔王を待っていたのはすさまじい激動とその渦の中のメイド姉、商人子弟、軍人子弟、貴族子弟――教え子たちの成長だった。

無料コミック更新!吹雪型、集合!『艦隊これくしょん -艦これ-』第37話

吹雪型の駆逐艦たちが集まって交流会を開催! 賑やかな艦娘たちに北上先輩もたじたじです。叢雲さんだって吹雪型なんです!

無料コミック更新! 地獄の遊具にはご注意を!『地獄ようちえん』第17話

遊具の不具合によってサキュバちゃん、ねこまたんと共に見知らぬ場所に迷い込んでしまったキイチ先生。地獄らしい地獄に大ピンチ!!

『ワンピース アンリミテッドワールド R』新キャラクターや冒険の拠点となる街などの情報をお届け

バンダイナムコゲームスから2014年6月12日に発売が予定されているプレイステーション3/プレイステーション Vita/Wii U用ソフト『ワンピース アンリミテッドワールド R』。本記事では新キャラクターや険の拠点となる街“トランスタウン”の情報を紹介する。

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS