携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 和田社長ら、キーマンが語る『FFXIII』

和田社長ら、キーマンが語る『FFXIII』
【FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY】

2009/9/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●北瀬プロデューサー、鳥山ディレクターがファンにメッセージ

 

 待ちに待ったスクウェア・エニックスのプレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』の発売日が、2009年12月17日に決定した。発売日を発表したのは、同社の和田洋一社長。ここでは和田社長が冒頭のあいさつで語った『FFXIII』への想い、そしてユーザーに向けたメッセージを掲載する。加えて、和田社長のあとに壇上にあがった『FFXIII』のプロデューサーである北瀬佳範氏、ディレクターの鳥山求氏のコメントも紹介する。

 

 
TN2_9933
TN3_1620
 

 

 <和田洋一社長のあいさつ>

 皆様、たいへんお待たせしました。

 

 「『FFXIII』の発売日は神のみぞ知る」と言われていましたが、私は神ではないので発売日は最近までわかっておりませんでした。
 

 いまは便利なツールがいろいろあって、会場に入るまえにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)。
 

 それでは発表いたします。

 『FFXIII』の発売日は、2009年12月17日。

価格は8800円[税抜](税込価格は9240円[税込])です。

 

 『ファイナルファンタジー』シリーズは今作で13作目になります。'87年に1作目が誕生して以来、全世界でシリーズ累計8500万本。22年間皆様に愛され続けております。

 

 シリーズ作品ではありますが、1作目から13作目まで毎回新しく生まれ変わるのが『ファイナルファンタジー』です。毎回新しいストーリー、世界観。新しいゲームとして皆様に愛され続けています。

 

 なぜこれだけ長きにわたって愛され続けられたか?

 

 10日ほどまえにクリエーターからプロモーション映像を見せてもらいました。すばらしい出来でした。「美しくできましたね」、「よくできましたね」というよりも、「『FF』になったねぇ」というのが実感でした。

 

 毎回違うストーリー、ゲームシステム、世界観でお届けする『FF』ですが、『FF』を作っているクリエーターの魂そのものが『FF』なんだと思います。

 

 それをお客様がご理解いただいているので、長きにわたって愛され続けているんだと思います。そういう意味で、『FF』シリーズはクリエーターと皆さんの絆だと思います。

 

 今回東京ゲームムショウに先駆け、試遊台を置かせていただいております。

 

 『FF』のクリエーターたちは皆さんたちとの絆を決して裏切ることはありません。

 

どうかご期待ください。

 

 

TN2_9959

<北瀬佳範プロデューサーのコメント>

 さきほど和田から紹介させていただいたとおり、発売日が12月17日に決まりました。

 

 『FF』の第1作目は22年前の12月18日に発売されました。そういう意味で(『FFXIII』は)バースデーイブに発売を迎えることができます。

僕自身もこの日を待ちこがれていました。感無量です。
 

 発売日までもう少しありますが、皆さん期待してお待ちください。

(「待ちこがれていたファンに向けて」と振られて)

  やっと完成にこぎつけられそうだということで、うれしく思っています。
 

 (発売日は)年末でクリスマスシーズンでもありますし、皆さん年末年始に休んで遊べる時期だと思いますので、くれぐれもインフルエンザなどにかからないように、準備万端でお待ちいただければと思います。

<鳥山求氏のコメント>

 『FFXIII』は“RPGの未来形”をコンセプトに開発してきました。

 

 プレイステーション3ならではの最高のグラフィック、感動的なストーリー、アクション性を増した新しいアクティブタイムバトル。すべてが『FF』の名に恥じない作品に仕上がりました。今夜はそのごく一部ではありますが、いち早く体験してください。

(東京ゲームショウに出展する体験版の内容について聞かれて)

 

 『FF13』はライトニングとスノウというふたりの主人公の物語が軸になって進んでいきます。

東京ゲームショウ版ではふたりのバトルをいち早く体験できる内容になっています。

 

 もちろん召喚獣のシヴァとオーディンも呼び放題に作っていますので、ぜひ召喚してみてください。

 

 東京ゲームショウに出展する内容は、製品版とは違う特別バージョンになっています。

 

 ライトニング編は『FF』シリーズおなじみのボスバトルを追加しています。スノウ編は製品版よりもより最強のパーティーで戦えるようになっていますので、こちらも体験してみてください。

 

【FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ユークスの内田明理氏が手掛けるプロジェクト『AR Performers』のライブイベント“β LIVE”のダイジェスト映像が公開

2016年4月16日、東京都千代田区のベルサール秋葉原にて行われた、ユークスの内田明理氏が手掛けるプロジェクト『AR Performers』の初となるライブイベント“β LIVE”のダイジェスト映像が公開された。

【超会議2016】NTTがスマホ48台で作った360°球体ディスプレイが不思議すぎる

“ニコニコ超会議2016”会場内の“NTT超未来大博覧会2016”ブースの360°球体ディスプレイについて紹介していこう。

やっぱり刀はかっこいい! 超刀剣ブースで刀匠たちの本気を見た【ニコ超2016】

2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されるニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。ここでは29日の超刀剣ブースの模様をリポートする。

『アイドルマスター プラチナスターズ』合宿所やライブのシステムが判明! 新CDシリーズの発売やPS4テーマの無料配信も決定

バンダイナムコエンターテインメントは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4用ソフト『アイドルマスター プラチナスターズ』について、最新情報を公開。

『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』にカップルモードが!? 超シアトリズム大会リポート【ニコ超2016】

2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されるニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。ここでは29日に同イベントの“ファイナルファンタジーXIV 超F.A.T.E. in TOKYO マクハリ・ゴールドソーサー”ブースで行われた超シアトリズム大会ステージをリポートする。

『Splatoon(スプラトゥーン)』ガチ盆マッチは大盛況! 『進撃の巨人』作者・諫山創氏も出演【ニコ超2016】

“ニコニコ超会議2016”『Splatoon(スプラトゥーン)』ブースの様子と“ガチ盆マッチ”の模様をお届け。

KENNさんも登場! 『逆転裁判6』ステージで実機プレイが続々とお披露目【ニコ超2016】

2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されるニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。ここでは29日に同イベントの“超ゲームエリア”内“超Lステージ”で行われた、超『逆転裁判6』スペシャルゲームステージをリポートする。

Microsoft HoloLensがJALブースで日本初上陸! 飛行機のコックピットやエンジンがまさにそこにある【ニコ超2016】

“ニコニコ超会議2016”で注目していたのがJALブース。なぜならMicrosoft HoloLensが日本初上陸を果たしたからです!

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第83回) バージョン3絡みの配信クエストをやってみました!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第83回(通算183回)。

『怒首領蜂 大復活』がSteamで配信決定! 『グルーヴコースター3』とのコラボも実現

ケイブは、本日2016年4月29日開催のイベント“ケイブ祭りが大運動会 〜汗と涙とブルマ〜”において、『怒首領蜂 大復活』をSteam向けに配信することを発表した。