携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 和田社長ら、キーマンが語る『FFXIII』

和田社長ら、キーマンが語る『FFXIII』
【FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY】

2009/9/8

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●北瀬プロデューサー、鳥山ディレクターがファンにメッセージ

 

 待ちに待ったスクウェア・エニックスのプレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』の発売日が、2009年12月17日に決定した。発売日を発表したのは、同社の和田洋一社長。ここでは和田社長が冒頭のあいさつで語った『FFXIII』への想い、そしてユーザーに向けたメッセージを掲載する。加えて、和田社長のあとに壇上にあがった『FFXIII』のプロデューサーである北瀬佳範氏、ディレクターの鳥山求氏のコメントも紹介する。

 

 
TN2_9933
TN3_1620
 

 

 <和田洋一社長のあいさつ>

 皆様、たいへんお待たせしました。

 

 「『FFXIII』の発売日は神のみぞ知る」と言われていましたが、私は神ではないので発売日は最近までわかっておりませんでした。
 

 いまは便利なツールがいろいろあって、会場に入るまえにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)。
 

 それでは発表いたします。

 『FFXIII』の発売日は、2009年12月17日。

価格は8800円[税抜](税込価格は9240円[税込])です。

 

 『ファイナルファンタジー』シリーズは今作で13作目になります。'87年に1作目が誕生して以来、全世界でシリーズ累計8500万本。22年間皆様に愛され続けております。

 

 シリーズ作品ではありますが、1作目から13作目まで毎回新しく生まれ変わるのが『ファイナルファンタジー』です。毎回新しいストーリー、世界観。新しいゲームとして皆様に愛され続けています。

 

 なぜこれだけ長きにわたって愛され続けられたか?

 

 10日ほどまえにクリエーターからプロモーション映像を見せてもらいました。すばらしい出来でした。「美しくできましたね」、「よくできましたね」というよりも、「『FF』になったねぇ」というのが実感でした。

 

 毎回違うストーリー、ゲームシステム、世界観でお届けする『FF』ですが、『FF』を作っているクリエーターの魂そのものが『FF』なんだと思います。

 

 それをお客様がご理解いただいているので、長きにわたって愛され続けているんだと思います。そういう意味で、『FF』シリーズはクリエーターと皆さんの絆だと思います。

 

 今回東京ゲームムショウに先駆け、試遊台を置かせていただいております。

 

 『FF』のクリエーターたちは皆さんたちとの絆を決して裏切ることはありません。

 

どうかご期待ください。

 

 

TN2_9959

<北瀬佳範プロデューサーのコメント>

 さきほど和田から紹介させていただいたとおり、発売日が12月17日に決まりました。

 

 『FF』の第1作目は22年前の12月18日に発売されました。そういう意味で(『FFXIII』は)バースデーイブに発売を迎えることができます。

僕自身もこの日を待ちこがれていました。感無量です。
 

 発売日までもう少しありますが、皆さん期待してお待ちください。

(「待ちこがれていたファンに向けて」と振られて)

  やっと完成にこぎつけられそうだということで、うれしく思っています。
 

 (発売日は)年末でクリスマスシーズンでもありますし、皆さん年末年始に休んで遊べる時期だと思いますので、くれぐれもインフルエンザなどにかからないように、準備万端でお待ちいただければと思います。

<鳥山求氏のコメント>

 『FFXIII』は“RPGの未来形”をコンセプトに開発してきました。

 

 プレイステーション3ならではの最高のグラフィック、感動的なストーリー、アクション性を増した新しいアクティブタイムバトル。すべてが『FF』の名に恥じない作品に仕上がりました。今夜はそのごく一部ではありますが、いち早く体験してください。

(東京ゲームショウに出展する体験版の内容について聞かれて)

 

 『FF13』はライトニングとスノウというふたりの主人公の物語が軸になって進んでいきます。

東京ゲームショウ版ではふたりのバトルをいち早く体験できる内容になっています。

 

 もちろん召喚獣のシヴァとオーディンも呼び放題に作っていますので、ぜひ召喚してみてください。

 

 東京ゲームショウに出展する内容は、製品版とは違う特別バージョンになっています。

 

 ライトニング編は『FF』シリーズおなじみのボスバトルを追加しています。スノウ編は製品版よりもより最強のパーティーで戦えるようになっていますので、こちらも体験してみてください。

 

【FINAL FANTASY XIII PREMIERE PARTY】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【レポートマンガ】特別編 ダンボールなめこが新作持参で編集部襲来『なめこのおさんぽ』

『なめこ栽培キット』シリーズでおなじみのキャラクター“なめこ”が活躍する新作をレポートマンガにてお届け。

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS