携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『FFCC クリスタルベアラー』モニター体験会でひと足お先にゲームを体験

『FFCC クリスタルベアラー』モニター体験会でひと足お先にゲームを体験

2009/8/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プロデューサーの河津氏も満足げな微笑みを浮かべて体験会を見守った

 

 スクウェア・エニックスから今冬発売予定のWii用ソフト『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』のモニター会が、同社社屋で2009年8月1日に行われた。会場には、会員制サイト、“スクウェア・エニックス メンバーズ”で募集された幸運なユーザー、13名がテストプレイヤーとして、ひと足早くゲームを体験した。
  

 モニター会には、プロデューサーの河津秋敏氏、ディレクターの板鼻利幸氏をはじめとする開発スタッフの多くが顔を揃えた。テストプレイヤーの周りを取り囲むようにして体験会を見守った開発陣は、ときおりテストプレイヤーに気さくに話しかけ、わからないところがあると丁寧にアドバイス。テストプレイヤーたちは、これ以上ない贅沢なサポート体制(?)の中でプレイできたわけだ。
 

ffcc0002

▲体験会の冒頭、河津氏自らが操作を説明。河津氏が「Wiiを初めて操作する人はいますか?」と尋ねたところ、全員がWiiのゲームを経験済みであることが判明。河津氏はWii自体の操作説明が必要ないとわかり、ひと安心した様子だった。


 

  『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』は、『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』シリーズ最新作。過去のシリーズ作品よりも後の、剣や魔法が忘れ去られ、銃火器が武器となった世界の物語が語られる。Wiiリモコンとヌンチャクを使用した、Wii特有の操作を活かしたギミックが随所に盛り込まれている。なお、今回のモニター会のプレイリポートは、後日、別記事でお届けしたい。
 

 

ffcc0008

▲河津氏は穏やかな微笑みを浮かべてテスターたちのプレイを見守っていた。どうやら、テスターの反応に手応えを感じたようだ。

 

 テストプレイを見て気がついたのは、随所にWiiリモコンとヌンチャクの操作を活かしたギミックが用意されているとともに、グラフィックが非常に美しいこと。Wii用ソフトの中では、頭ひとつ抜けている印象で、さすがは『ファイナルファンタジー』の名を冠するだけのことはあるという感じだ。

 

 また本作はふたりのプレイヤーによる協力プレイが可能だが、これを河津氏と板鼻氏のふたりがデモンストレーションしてくれた。披露してくれたのは、チョコボに乗って追っ手から逃れる場面。追撃をかわしつつ、主人公レイルが持つ引力を操る能力で、敵をつかんで投げるという操作を見せてくれた。この敵をつかんで投げるという操作は、この場面のほかでも使用することが多い模様。また、遠くに飛び移る際にも、この力を利用することになる。これまでのシリーズ作品にはない、Wiiならではの新たなアクションが楽しめることが確認できた。
 

 

ffcc0010

▲何とも楽しそうな協力プレイ。家族や友人どうしで遊ぶこともできそうだ。

 

 テストプレイの時間は約1時間30分で、多くのモニターは導入部分を過ぎて、ゲーム序盤にさしかかっていた模様。これからさらにゲームが楽しくなっていくところだが、続きは発売後のお楽しみとなった。テストプレイの模様は、しっかりとアンケートに書かれていた。追い込み時期に差し掛かったという、今後の開発に活かされるに違いない。

 

※『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

すでに15キャラ分の企画をストック!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』鯨岡D一問一答22連発!

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2(2016年2月3日配信)のQ&Aコーナー用に、ユーザーから投稿された質問の数々。番組中に取り上げられなかった質問について、鯨岡ディレクターを直撃してきました。最後に間プロデューサーも飛び入り回答!

『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』ティザーサイト&ムービーが公開 志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品!

5pb.は、志倉千代丸氏率いる“千代丸スタジオ”初の単独作品『アノニマス・コード』について、ティザーサイトと、先日開催された“Live 5pb.2016”にて公開されたティザームービーを公開した。

台湾のゲームユーザーは、情熱的に『World of Tanks』や『World of Worships』をプレイしている【台北ゲームショウ2016】

台北ゲームショウにて、ウォーゲーミングの『World of Tanks』マーケティングプロダクトマネージャーのマックス・チュバロフ氏と台湾 カントリーマネージャーのスカイ・リン氏に、台湾市場における同社タイトルの現状を聞いた。

『今井麻美のニコニコSSG』特番が本日21時より配信――ゲストは長谷川明子さん! ゲームは『Five Nights at Freddy’s』をプレイ!!

ニコニコ生放送で配信中の『今井麻美のニコニコSSG』が、早くも特番を放送! 今回は、ゲストに長谷川明子さん、中村天佑さん(ギター)、yuanさん(ヴァイオリン)をお迎えして、いつもどおり“歌”と“ゲーム”をテーマにお届けしていきます!!

アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“スペースインベーダー デイパック”が2月13日より発売

タイトーは、全国のタイトーアミューズメント施設(フランチャイズ等系列店舗含む)29店舗で、アウトドアプロダクツ×タイトーのコラボアイテム第2弾“[OUTDOOR PRODUCTS×TAITO]スペースインベーダー デイパック”を2016年2月13日より発売する。

Steamで旧正月セールが開始。2月13日午前3時まで数千タイトルのPCゲームがセール

ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、旧正月を記念したセールが開始。

GDCアワードの生涯功労賞に『フォールアウト』、『エルダースクロールズ』シリーズの開発を率いるトッド・ハワード氏が選ばれる

ベセスダ・ゲームスタジオで『フォールアウト』シリーズや『エルダースクロールズ』シリーズを手掛けてきたトッド・ハワード氏が、第16回GDCアワードの生涯功労賞を受賞することが発表された。

ラムザ丸見せ&立花慎之介さんの濃いトークに加え『シアトリズム』シリーズの新作ポロリもあった『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送♯2リポート

2016年2月3日に配信された公式生放送、『ディシディア ファイナルファンタジー公式生放送#2 ラムザ参戦SP』。そちらの模様を、視聴者のコメントにも注目しつつ、ニコニコ生放送から切り出した画像とともに振り返っていこう。