携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ファンのために超特急で移動! 辻本プロデューサーの握手&サイン会も開催されたビックカメラ有楽町店

ファンのために超特急で移動! 辻本プロデューサーの握手&サイン会も開催されたビックカメラ有楽町店
【MH3発売日リポート】

2009/8/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●持参した『モンハン』グッズにサインしてもらうファンの姿も

 2009年8月1日、カプコンの看板タイトル『モンスターハンター』シリーズの最新作、Wii用ソフト『モンスターハンター3(トライ)』が発売。都内の量販店では早朝から数多くのファンが行列を作るという、大作ソフト発売日のおなじみの光景が見られた。 

 こちらの深夜リポートでもお伝えしているとおり、ビックカメラ有楽町店では辻本良三プロデューサーの握手&サイン会が行われるということで、前夜から早くも列が発生。先頭に並んでいた男性ふたり組は店舗閉店後から並び始め、行列のお供として『モンスターハンターポータブル 2nd G』をプレイしていたとのことだ。そのうちのひとりは、目前に迫った発売を待ちきれない様子で「楽しみです、 早くウラガンキンを倒したい!」と語っていた。

 

 そのすぐ後ろにいたのはスーツ姿の男性。話を聞いてみると仕事を終えたあとそのまま行列に並んだのだという。『モンスターハンター3(トライ)』では複数の商品ラインアップが用意されているが、男性のお目当てはWiiの“クロ”と“クラシックコントローラPRO”を同梱したスペシャルパック。ということは、本作でWiiデビュー……と思いきや、なんとWii本体を購入するのは今回で3台目とのこと。理由を聞いてみると、1台目は自宅用、2台目は持ち出し用、そして3台目は「作品への愛ですかね(笑)」とアツい言葉が。『モンハン』歴はPC向けの『モンスターハンター フロンティア オンライン』から、と決して長くはないが、情熱だけは誰にも負けてないようだ。

 

 行列の中には親子連れの姿も。こちらはもともとお父さんがシリーズ作品をプレイしていたが、Wiiの『モンスターハンター G』発売を機に親子で遊ぶようになったとのこと。「最近、大きなモンスターもひとりで倒せるようになった」という息子さん。『モンスターハンター3(トライ)』では新武器の“スラッシュアックス”が楽しみ、と笑顔を見せた。


SO1_6412

▲こちらが先頭に並んでいた男性。ソフトはもちろん、辻本プロデューサーの握手&サイン会も楽しみで、前夜から並んでいたとのこと。

 

 さて、行列の伸び具合は、午前8時30分の時点で45名程度。それから1時間で人数は倍となり、午前9時30分の時点で握手&サイン会の定員となる100名を突破することに。その後も続々と購入希望者が訪れ、午前10時オープンの時点でその数は150名以上にまで膨れ上がっていた。


SO1_6463
SO1_6419

▲行列はあっという間にイベントの定員である100名を突破。

 

SO1_6451

▲午前9時30分を過ぎたところで、スペシャルパック購入希望者への整理券配布がスタート。混乱を避けるため、店舗側も万全の態勢で発売に臨む。

 

 イベントの主役である辻本氏は、秋葉原での発売カウントダウンイベントを終えたあと、超特急で有楽町に……とかなりタイトなスケジュールに。到着したのも販売開始の約10分まえとギリギリだったが、疲れた様子はまったくなく、購入者ひとりひとりと笑顔で会話を交わしながら握手とサインをプレゼント。サインは店舗側が用意した色紙に書かれたのだが、なかには購入したばかりのソフトパッケージやスペシャルパックのボックス、さらには持参した“プーギー”のぬいぐるみに書いてもらう熱心なファンの姿も見られた。


SO1_6519
SO1_6509
SO1_6499
SO1_6523

▲ファンの笑顔のために、タイトなスケジュールをこなした辻本氏。「何時から並んでたの?」など、ひとりひとりと会話を交わしながら、握手&サインを行った。

 

 なお、商品の在庫状況だが、ビックカメラの広報によればソフト単品に関しては「かなり余裕があるので、いつ来ても問題なく買えるでしょう」とのこと。そのほかの“クラシックコントローラPRO パック”およびスペシャルパックについても在庫は比較的多めに確保できているらしいので、すぐに完売することはなさそうだ。


SO1_6488
SO1_6530
SO1_6559
SO1_6560

▲店舗の正面入口に設けられた特設レジと、地下のゲーム売り場にあるレジ、計11台を稼動して販売。売れ行きとしてはクラシックコントローラPRO パックがいちばんで、ついでスペシャルパック。ソフト単品で購入する人も、何かしらのアクセサリーや書籍をセットにする人がほとんどだった。

 

※『モンスターハンター3(トライ)』の公式サイトはこちら

 

【MH3発売日リポート】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ロジクールが発表した究極のゲーミングキーボードG910に込めた想い【TGS 2014】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。そのビジネスデイ初日となる2014年9月18日、ロジクール社がゲーミングデバイスブランドのロジクールGのe-sportsに関する戦略と、同社のゲーミングキーボードのフラグシップモデルとなるG910を発表した。発表会の模様と製品に関するインタビューを交えてお届けする。

【朝刊】TGS一般公開!

昨日(2014年9月19日)のニュースをまとめておさらい。新作アプリ情報やアップデート情報に加え、チェックしておきたいさまざまなニュースを、まとめてご紹介します。

【第108回】原由実の○○ラジオ:はらみー常識問題リターンズ!

人気声優・原由実さんのWebラジオ『はらまる』。第108回の配信をお届けします。

『ZODIAC(ゾディアック)』制作発表会リポート 開発陣の根底にあるのはJ・RPGへのリスペクト【TGS 2014】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014に出展している、フランスのメーカー“Kobojo”が開発を進めているマルチプラットフォーム向けRPG『ZODIAC(ゾディアック)』。同作に参加している野島一成氏や崎元仁氏らも出席した制作発表会の模様をお届けしよう。

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目【TGS2014】

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目となった。

『The World II』が気になったのでプロデューサーに聞きました【TGS 2014】

インディーゲームコーナーの一画で、ひときわ目立っていた『The World II』。どんなゲームか、プロデューサーにあれこれ聞いてきました。

復興支援を目的とする福島Game Jamに注目【TGS 2014】

IGDA日本と呼ばれる特定非営利活動法人の国際ゲーム開発者協会が、“30時間で50作品以上”のゲームを製作に挑戦。

『レゴ』シリーズ最新作や新作ゾンビゲームの情報も! ワーナーエンターテイメントのメディア発表会をリポート【TGS 2014】

東京ゲームショウ 2014の開催に合わせ、ワーナー エンターテイメントによる新作プレゼンテーションが行われた。

群馬旋風再び!? レトロ風シューティングでご当地巡礼【TGS 2014】

ご当地ゲームとして一部巷を騒がした株式会社ヒューガの『群馬から来た少女』。その改訂版『群馬から来た少女・改』がついに登場。

回線落ちも怖くない! 最大4人の共闘アクション『プロジェクト・ブラックペッパー』【TGS 2014】

光星が開発中の本格ボスハンティング『プロジェクト・ブラックペッパー』をプレイ。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS