携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

2009/7/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アクションゲームらしい大迫力の舞台に

 

 カプコンの『戦国BASARA』シリーズを題材とした舞台が、2009年7月3日より“東京ドーム シアターGロッソ”にて開演する。その前日、同会場にて関係者向けのゲネプロ(公開リハーサル)が開催。演出家の西田大輔氏および出演者、そして『戦国BASARA』シリーズのプロデューサーを務める小林裕幸氏が登壇し、開演に向けた意気込みを語った。
 

YOS_9932

▲舞台『戦国BASARA』がいよいよ開演!


 西田氏は「『戦国BASARA』を舞台化するにあたっては、いかに2時間半のあいだ立ち回りを続けられるかを考え続けました」と説明。作品の魅力であるド派手なアクションをどう取り入れるかについては「小林氏とともに試行錯誤を重ねた」と語った。小林氏は舞台の仕上がりを「本当にゲームの世界がそのまま飛び出してきたようです」と絶賛。「演出もまるで映画のようですし、アクションゲームならではのアクションが多い舞台になっています」と演出、役者陣の立ち回りについても自信を見せた。


YOS_9671
YOS_9881

▲演出家の西田氏(左)と、ゲームのプロデューサーを務める小林氏(右)。いよいよ舞台がスタートするよろこびなどを語った。


YOS_9861
YOS_9859

▲左から伊達政宗役の久保田悠来、真田幸村役の片岡信和、片倉小十郎役の吉田友一、猿飛佐助役の村田洋二郎。伊達軍と、武田軍の面々だ。

▲対する織田信長軍。左から濃姫役の長澤奈央、森蘭丸役の椎名鯛造、明智光秀役の谷口賢志、織田信長役の窪寺昭。

 

 小林氏からは『戦国BASARA』シリーズの新規プロジェクトも発表に。こちらの記事でもお届けしているとおり、2006年以来となるナンバリングタイトル『戦国BASARA3』の開発が明かされたのだ。2010年発売予定で、対応ハードは未定。ゲームの詳細についても不明だが、舞台となる時代は“関ヶ原の戦い”になるとのこと。「『戦国BASARA2』以来、毎年『3』ではないものを出してはや5作……やっと『3』のことが言えました」と小林氏。登場キャラクターについては「新キャラクターはたくさん出ますし、もちろんいままでのキャラクターも活躍します」とのことで、ボリュームはシリーズ最高になりそう。また、『戦国BASARA3』が発売される2010年はシリーズ5周年の節目でもある。具体的な内容は明かされなかったが、小林氏は最新作発売以外にもいろいろな展開を考えているとのことだ。
 

▲現時点で明らかなのは、ロゴと2武将のシルエットのみ。

 
YOS_9953
YOS_9970

▲小林氏は2009年9月に開催される、東京ゲームショウあたりから新情報を続々と発表していくと語った。


 舞台挨拶、新規プロジェクト発表に続いて、いよいよゲネプロがスタート。ネタバレになるので物語の詳細についてはお届けできないが、西田氏、小林氏の言葉どおり役者陣の立ち回りは圧巻のひとこと。横に縦に、ときには客席にまで飛び出して、大人数の役者たちが斬り合う迫力は舞台ならではのもの。各キャラクターも、英語混じりで喋る伊達政宗、熱血漢の真田幸村といったようにゲームの設定を忠実に再現。もちろん、衣装の作りもゲームと同じなので『戦国BASARA』ファンにとっては「憧れの武将たちが現実に!」といった感じで、たまらないのではないだろうか。


YOS_0079
YOS_0242
YOS_0194
YOS_0253
YOS_0283
YOS_0186
YOS_0357
YOS_0427
YOS_0334
YOS_0581
YOS_0148
YOS_0817

▲ステージは3段の高さになっており、あらゆるところで武将たちの立ち回りが演じられる。

 

YOS_0420
KO2_4676

▲大人数での戦い、そして一騎打ち……『戦国BASARA』の魅力が凝縮された舞台だ。

 

 なお、舞台『戦国BASARA』の公演期間は2009年7月12日まで。チケット価格は6090円[税込]で、イープラスおよびローソンチケットにて購入可能だ。

※舞台『戦国BASARA』の詳細はこちら
※『戦国BASARA3』の公式サイトはこちら
※舞台は関ヶ原! 『戦国BASARA3』が発表に!
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポポロクロイス牧場物語』のピエトロ王子がJR海浜幕張駅前でお出迎え!【TGS 2014】

いよいよ“東京ゲームショウ 2014”が開幕! JR海浜幕張駅前では、『ポポロクロイス物語 』のピエトロ王子がお出迎えしてくれています。

“ALIENWARE Alpha”開発者インタビュー PCゲームが簡単・快適にリビングで遊べる次世代マシン【TGS 2014】

2014年9月18日〜21日(18・19日はビジネスデイ)、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014に、世界初のSteam直結ゲーム機・Dell“ALIENWARE Alpha”が出展された。米国Dell社の開発者に、本機の魅力を聞いた。

『サイコブレイク』についてのアンケートにご協力ください!

週刊ファミ通では話題のサバイバルホラー『サイコブレイク』に関するアンケートを募集します! 皆さんのご意見が誌面を作ります!!

『Destiny(デスティニー)』 新コンテンツ“レイド”の初日クリアーは想定の範囲内? リードデザイナーのインタビューをお届け【TGS 2014】

千葉・幕張メッセにて、2014年9月21日まで開催中(19日はビジネスデイ)の“東京ゲームショウ”。会期中の9月19日、『Destiny(デスティニー)』のリードデザイナーである、Bungie(バンジー)のジェームズ・サイ氏にインタビューを実施。

ロジクールが発表した究極のゲーミングキーボードG910に込めた想い【TGS 2014】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。そのビジネスデイ初日となる2014年9月18日、ロジクール社がゲーミングデバイスブランドのロジクールGのe-sportsに関する戦略と、同社のゲーミングキーボードのフラグシップモデルとなるG910を発表した。発表会の模様と製品に関するインタビューを交えてお届けする。

【朝刊】TGS一般公開!

昨日(2014年9月19日)のニュースをまとめておさらい。新作アプリ情報やアップデート情報に加え、チェックしておきたいさまざまなニュースを、まとめてご紹介します。

【第108回】原由実の○○ラジオ:はらみー常識問題リターンズ!

人気声優・原由実さんのWebラジオ『はらまる』。第108回の配信をお届けします。

『ZODIAC(ゾディアック)』制作発表会リポート 開発陣の根底にあるのはJ・RPGへのリスペクト【TGS 2014】

千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ 2014に出展している、フランスのメーカー“Kobojo”が開発を進めているマルチプラットフォーム向けRPG『ZODIAC(ゾディアック)』。同作に参加している野島一成氏や崎元仁氏らも出席した制作発表会の模様をお届けしよう。

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目【TGS2014】

『World of Tanks Blitz』のAndroid版が初のお披露目となった。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS