携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

2009/7/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アクションゲームらしい大迫力の舞台に

 

 カプコンの『戦国BASARA』シリーズを題材とした舞台が、2009年7月3日より“東京ドーム シアターGロッソ”にて開演する。その前日、同会場にて関係者向けのゲネプロ(公開リハーサル)が開催。演出家の西田大輔氏および出演者、そして『戦国BASARA』シリーズのプロデューサーを務める小林裕幸氏が登壇し、開演に向けた意気込みを語った。
 

YOS_9932

▲舞台『戦国BASARA』がいよいよ開演!


 西田氏は「『戦国BASARA』を舞台化するにあたっては、いかに2時間半のあいだ立ち回りを続けられるかを考え続けました」と説明。作品の魅力であるド派手なアクションをどう取り入れるかについては「小林氏とともに試行錯誤を重ねた」と語った。小林氏は舞台の仕上がりを「本当にゲームの世界がそのまま飛び出してきたようです」と絶賛。「演出もまるで映画のようですし、アクションゲームならではのアクションが多い舞台になっています」と演出、役者陣の立ち回りについても自信を見せた。


YOS_9671
YOS_9881

▲演出家の西田氏(左)と、ゲームのプロデューサーを務める小林氏(右)。いよいよ舞台がスタートするよろこびなどを語った。


YOS_9861
YOS_9859

▲左から伊達政宗役の久保田悠来、真田幸村役の片岡信和、片倉小十郎役の吉田友一、猿飛佐助役の村田洋二郎。伊達軍と、武田軍の面々だ。

▲対する織田信長軍。左から濃姫役の長澤奈央、森蘭丸役の椎名鯛造、明智光秀役の谷口賢志、織田信長役の窪寺昭。

 

 小林氏からは『戦国BASARA』シリーズの新規プロジェクトも発表に。こちらの記事でもお届けしているとおり、2006年以来となるナンバリングタイトル『戦国BASARA3』の開発が明かされたのだ。2010年発売予定で、対応ハードは未定。ゲームの詳細についても不明だが、舞台となる時代は“関ヶ原の戦い”になるとのこと。「『戦国BASARA2』以来、毎年『3』ではないものを出してはや5作……やっと『3』のことが言えました」と小林氏。登場キャラクターについては「新キャラクターはたくさん出ますし、もちろんいままでのキャラクターも活躍します」とのことで、ボリュームはシリーズ最高になりそう。また、『戦国BASARA3』が発売される2010年はシリーズ5周年の節目でもある。具体的な内容は明かされなかったが、小林氏は最新作発売以外にもいろいろな展開を考えているとのことだ。
 

▲現時点で明らかなのは、ロゴと2武将のシルエットのみ。

 
YOS_9953
YOS_9970

▲小林氏は2009年9月に開催される、東京ゲームショウあたりから新情報を続々と発表していくと語った。


 舞台挨拶、新規プロジェクト発表に続いて、いよいよゲネプロがスタート。ネタバレになるので物語の詳細についてはお届けできないが、西田氏、小林氏の言葉どおり役者陣の立ち回りは圧巻のひとこと。横に縦に、ときには客席にまで飛び出して、大人数の役者たちが斬り合う迫力は舞台ならではのもの。各キャラクターも、英語混じりで喋る伊達政宗、熱血漢の真田幸村といったようにゲームの設定を忠実に再現。もちろん、衣装の作りもゲームと同じなので『戦国BASARA』ファンにとっては「憧れの武将たちが現実に!」といった感じで、たまらないのではないだろうか。


YOS_0079
YOS_0242
YOS_0194
YOS_0253
YOS_0283
YOS_0186
YOS_0357
YOS_0427
YOS_0334
YOS_0581
YOS_0148
YOS_0817

▲ステージは3段の高さになっており、あらゆるところで武将たちの立ち回りが演じられる。

 

YOS_0420
KO2_4676

▲大人数での戦い、そして一騎打ち……『戦国BASARA』の魅力が凝縮された舞台だ。

 

 なお、舞台『戦国BASARA』の公演期間は2009年7月12日まで。チケット価格は6090円[税込]で、イープラスおよびローソンチケットにて購入可能だ。

※舞台『戦国BASARA』の詳細はこちら
※『戦国BASARA3』の公式サイトはこちら
※舞台は関ヶ原! 『戦国BASARA3』が発表に!
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『テラバトル』台湾・香港で4月から正式配信が決定! 坂口博信氏がスマホアプリ開発の醍醐味などを大いに語る【台北ゲームショウ2015】

2015年1月28日(水)〜2月1日(日)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2015が開催中だ。開催初日の28日(水)には、バハムートブースにてミストウォーカーの坂口博信氏による『テラバトル』のトークイベントが行われた。

『シアトリズム ドラゴンクエスト』収録楽曲ほか続報をお届け

発売まで約2ヵ月となった『シアトリズム ドラゴンクエスト』の収録楽曲やシステム、キャラクターの成長要素を紹介

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』アリーナ、クリフトのアクションを紹介

アリーナとクリフトのアクションに加え、モンスターの一部を紹介。

『白衣性愛情依存症』 主人公“あすか”と妹“なお”に関するエピソードを紹介 メインキャラクター5人のキャスト情報も

工画堂スタジオは、2015年4月30日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『白衣性愛情依存症』について、新たな情報を公開した。

【今週の週刊ファミ通】完全独占公開『ドラゴンズドグマ オンライン』、『スクール オブ ラグナロク』などスクープ満載!(2015年1月29日発売号)

週刊ファミ通2015年2月12日号(2015年1月29日発売)は、カプコンの『ドラゴンズドグマ オンライン』やスクウェア・エニックスの『スクール オブ ラグナロク』、任天堂の『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』など、怒涛のスクープラッシュ!

『アジト × タツノコレジェンズ』自分の秘密基地でヒーローが活躍!

ハムスターは週刊ファミ通2015年2月12日号(2015年1月29日発売)にて、Xbox One用ソフト『アジト × タツノコレジェンズ』の最新情報を公開した。

姉妹のようなおふたりの関係性とは? ストーリーの気になる発言も飛び出した、『白衣性愛情依存症』浅倉杏美さん、加隈亜衣さんインタビュー

工画堂スタジオから、2015年4月30日に発売予定のプレイステーションVita用ソフト『白衣性愛情依存症』。本作の主人公・大幸あすかを演じる浅倉杏美さんと、その妹・大幸なおを演じる加隈亜衣さんへの合同インタビューの模様をお届けする。

今井麻美のSSG:公開録音は2015年1月28日10時より抽選受付開始!

『今井麻美のSSG』公開録音情報をお届け!

【新作】略奪バトル『キングダム ドラゴニオン』が開幕!モアイを壊してガチャ権利を奪え!

KONAMIはリアルタイムストラテジーゲーム『キングダム ドラゴニオン』のAndroid版の配信を開始した。iPhine版も今冬配信予定で、現在事前登録を受付中。

台北ゲームショウが開幕! 今年もSCETブースが大盛り上がりしそうな予感【台北ゲームショウ2015】

2015年1月28日(水)〜2月1日(日)、台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2015が開催中だ。今年も大盛り上がりしそうな予感。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS