携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

舞台『戦国BASARA』の公開ゲネプロで、シリーズ最新作『戦国BASARA3』が発表

2009/7/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●アクションゲームらしい大迫力の舞台に

 

 カプコンの『戦国BASARA』シリーズを題材とした舞台が、2009年7月3日より“東京ドーム シアターGロッソ”にて開演する。その前日、同会場にて関係者向けのゲネプロ(公開リハーサル)が開催。演出家の西田大輔氏および出演者、そして『戦国BASARA』シリーズのプロデューサーを務める小林裕幸氏が登壇し、開演に向けた意気込みを語った。
 

YOS_9932

▲舞台『戦国BASARA』がいよいよ開演!


 西田氏は「『戦国BASARA』を舞台化するにあたっては、いかに2時間半のあいだ立ち回りを続けられるかを考え続けました」と説明。作品の魅力であるド派手なアクションをどう取り入れるかについては「小林氏とともに試行錯誤を重ねた」と語った。小林氏は舞台の仕上がりを「本当にゲームの世界がそのまま飛び出してきたようです」と絶賛。「演出もまるで映画のようですし、アクションゲームならではのアクションが多い舞台になっています」と演出、役者陣の立ち回りについても自信を見せた。


YOS_9671
YOS_9881

▲演出家の西田氏(左)と、ゲームのプロデューサーを務める小林氏(右)。いよいよ舞台がスタートするよろこびなどを語った。


YOS_9861
YOS_9859

▲左から伊達政宗役の久保田悠来、真田幸村役の片岡信和、片倉小十郎役の吉田友一、猿飛佐助役の村田洋二郎。伊達軍と、武田軍の面々だ。

▲対する織田信長軍。左から濃姫役の長澤奈央、森蘭丸役の椎名鯛造、明智光秀役の谷口賢志、織田信長役の窪寺昭。

 

 小林氏からは『戦国BASARA』シリーズの新規プロジェクトも発表に。こちらの記事でもお届けしているとおり、2006年以来となるナンバリングタイトル『戦国BASARA3』の開発が明かされたのだ。2010年発売予定で、対応ハードは未定。ゲームの詳細についても不明だが、舞台となる時代は“関ヶ原の戦い”になるとのこと。「『戦国BASARA2』以来、毎年『3』ではないものを出してはや5作……やっと『3』のことが言えました」と小林氏。登場キャラクターについては「新キャラクターはたくさん出ますし、もちろんいままでのキャラクターも活躍します」とのことで、ボリュームはシリーズ最高になりそう。また、『戦国BASARA3』が発売される2010年はシリーズ5周年の節目でもある。具体的な内容は明かされなかったが、小林氏は最新作発売以外にもいろいろな展開を考えているとのことだ。
 

▲現時点で明らかなのは、ロゴと2武将のシルエットのみ。

 
YOS_9953
YOS_9970

▲小林氏は2009年9月に開催される、東京ゲームショウあたりから新情報を続々と発表していくと語った。


 舞台挨拶、新規プロジェクト発表に続いて、いよいよゲネプロがスタート。ネタバレになるので物語の詳細についてはお届けできないが、西田氏、小林氏の言葉どおり役者陣の立ち回りは圧巻のひとこと。横に縦に、ときには客席にまで飛び出して、大人数の役者たちが斬り合う迫力は舞台ならではのもの。各キャラクターも、英語混じりで喋る伊達政宗、熱血漢の真田幸村といったようにゲームの設定を忠実に再現。もちろん、衣装の作りもゲームと同じなので『戦国BASARA』ファンにとっては「憧れの武将たちが現実に!」といった感じで、たまらないのではないだろうか。


YOS_0079
YOS_0242
YOS_0194
YOS_0253
YOS_0283
YOS_0186
YOS_0357
YOS_0427
YOS_0334
YOS_0581
YOS_0148
YOS_0817

▲ステージは3段の高さになっており、あらゆるところで武将たちの立ち回りが演じられる。

 

YOS_0420
KO2_4676

▲大人数での戦い、そして一騎打ち……『戦国BASARA』の魅力が凝縮された舞台だ。

 

 なお、舞台『戦国BASARA』の公演期間は2009年7月12日まで。チケット価格は6090円[税込]で、イープラスおよびローソンチケットにて購入可能だ。

※舞台『戦国BASARA』の詳細はこちら
※『戦国BASARA3』の公式サイトはこちら
※舞台は関ヶ原! 『戦国BASARA3』が発表に!
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

めっちゃ長い! けど、めっちゃ楽しい! コラボ満載の音楽イベント“ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー!”

2014年11月22日(土)、神奈川県の横浜アリーナにて、“ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー!”が開催された。アニメ、ゲームの楽曲を歌う全20組のアーティストが集い、横浜アリーナをアニソンでアツく震わせた。

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その3 脇役編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の脇役編をお届け。

VRとARが未来のゲームを変える? SCEの講演2本をリポート【SAPPORO CEDEC 2014】

2014年11月21日(金)、22日(土)の両日、TKP 札幌カンファレンスセンターにて、SAPPORO CEDEC 2014が開催。ここでは、その開催2日目に行われた、ソニー・コンピュータエンタテインメントによるふたつのセッションの模様をお届けしよう。

「作ったのは、量産品ではなくキャラクター」 『シャイニング・レゾナンス』3Dモデルの魅力とは? Tony氏&フライトユニット松本氏インタビュー

『シャイニング・レゾナンス』のキャラクターデザインを手掛けたTony氏と、3Dキャラクターモデルを手掛けたフライトユニットの松本氏のインタビューをお届け。

アニメ『シドニアの騎士』が2015年3月6日より劇場公開決定――『BLAME! 端末遺構都市』の特別映像放送も!

テレビアニメ『シドニアの騎士』(原作:弐瓶勉)が再構成されて劇場映画として公開されることが決定した。

初心者だらけの講習会! 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』BOOT CAMPリポート

2014年11月22日〜23日、東京・品川のソニー・コンピュータエンタテインメントにて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の操作方法やプレイのノウハウを、“BOOT CAMP”と銘打ち、懇切丁寧に初心者に教える体験イベントが催された。

“はらみー”こと、声優・原由実さんの“バースデーライブ2015(仮称)”の先行販売が開始

声優・歌手として活躍する原由実さんが、地元・大阪で凱旋ライブを開催決定。しかも、バースデーライブ! そのチケット先行販売が開始されたので、気になる人は要チェック。

『たまごっち』の誕生日をフルーツポンチ&ドン小西がお祝い! 歴代『たまごっち』をトレンドで振り返るファッションショーも

初代『たまごっち』の誕生日である2014年11月23日、ダイバーシティ東京 プラザにて“たまごっち誕生祭2014”が開催。お笑いコンビ・フルーツポンチやドン小西がお祝いに駆け付けたスペシャルステージをリポート!

『ワンピース ダンスバトル』システム解説 フンドシ締めてダンスを黙って見届けろ!!!

バンダイナムコゲームスから配信されたばかりのリズムゲーム『ワンピース ダンスバトル』。本作をこれからプレイする人向けにゲームシステムについて解説する。

【レポートマンガ】特別編 ダンボールなめこが新作持参で編集部襲来『なめこのおさんぽ』

『なめこ栽培キット』シリーズでおなじみのキャラクター“なめこ”が活躍する新作をレポートマンガにてお届け。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS