携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【情報追加】写真で徹底解剖!新型モデル“PSP go”をいち早く触ってきちゃいました

【情報追加】写真で徹底解剖!新型モデル“PSP go”をいち早く触ってきちゃいました
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ブラックのほかにホワイトの発売も?


R0010976
R0010940

▲サイズダウンにより、操作感は悪くなるのかと思ったら違和感はほとんどなし。右写真は現行モデルとの比較。横幅の違いが象徴的だ。3.8インチのスライドするディスプレイは、PSP-3000と同じくらいの解像度を持つという。閉じた状態でも音楽や映像を視聴できるほか、モニター上にカレンダーや時計を表示できる。


 現地時間2009年6月2日に行われたソニー・コンピュータエンタテインメントのカンファレンスで電撃発表されたPSP(プレイステーション・ポータブル)の新型モデル“PSP go(ピーエスピーゴー)”。16ギガバイトの内蔵メモリ(Memory Stick Microで拡張もできる)を搭載し、UMDスロットを排除。Wi-FiとBluetoothを搭載し、ソフトはダウンロードに特化した仕様になっている。しかも、現行のPSPと比べると、約50パーセント小さく、約40パーセント軽くなっているという。欧米で2009年10月1日に249.99ドルで発売され、日本では2009年11月1日に26800円でのリリースとなる。カラーはピアノ・ブラックとパール・ホワイトの2色展開。

 

 E3会場に新型モデル“PSP go”が展示してあるとの情報を経て一目散にSCEブースへ。実際に持ってみたところ、率直な感想は驚くほど小さくて、軽い! 残念ながらコントローラー部分をしまうこと(スライド)はできなく、最小の形を触ることができなかったが、それでも劇的な変化を感じられるサイズ。それに合わせコントローラー部分のキーピッチも確実に狭くなってるようだが、かわらずのフィット感。LRボタンも、アナログスティックの操作にもまったく違和感は感じなかった。


 ちなみに前述したとおり、PSP goはゲームやメディアコンテンツをUMDではなくダウンロードして楽しむことになる。その方法は、PSPのWi-Fi機能を使って直接PlayStation Storeにアクセスするか、プレイステーション3経由でのダウンロード。そしてPSP goに同梱されるコンテンツ管理ソフト“Media go”を使ってPC経由で、の3つがある。“Media go”はソフトの管理もできる。今後、PSP用タイトルはUMDとダウンロードで発売されるという。
 

090603mgob

090603mgoa

▲こちらが“Media go”。ここでソフトがダウンロード購入できる。


 さらに今秋より配信される音楽アプリケーション“SensMe channels(仮題)”を使用すると、“Media Go”で音楽CDなどから取り込み、PSPに転送した楽曲を、“リラックス”、“ダンス”、“アップビート”など、よりリッチなインターフェイス上で視聴することが可能になるという。
 

090603senb

090603sena

▲“SensMe channels(仮題)”。音とともに画面でも雰囲気を盛り上げてくれそうだ。



本体両サイド

R0010920
R0010919

左にはPSボタン、Wi-Fiランプ、スピーカーが。右にはBluetoothランプとスピーカー。

 

ボタン関連

R0010921
R0010922
R0010918

▲十字キー、アクションボタン(○、△、□、×ボタン)はひとまわり小さくなったよう。

 

本体背面

R0010924

▲背面にLRボタン、ディスプレイ、サウンド、音量+/−ボタン。背面の凹凸はまだデザインがフィックスしてないとのこと。ワイヤレスLANスイッチが見当たらないような?

 

本体下部、側面下部

R0010923
R0010963

▲USBとマイク端子。隠れてしまっているが本体左側面にMemory Stick Micro挿入口がある。


そのほか

R0010978
R0010948
R0010980

▲パネルで本体カラーがパール・ホワイトのものも。真ん中は専用クレードル(PSP-N340)。PSP goをセットすると簡単に充電でき、本体を立てた状態で映画やアニメを楽しめる。専用のビデオ出力ケーブルを接続すると、高品位映像を手軽にテレビに映し出すことができる。周辺機器のUSBケーブル、ACアダプタ、コンポーネントAVケーブル、AVケーブルの表示も。

 

メニュー画面

R0010959
R0010961

▲クロスメディアバーのゲーム部分はプレイステーション3のダウンロードタイトルと同様に、アイコン一覧で表示されるようだ。ゲームを一時的に中断した状態で、クロスメディアバー上で各種機能操作できる新機能が追加されるという。


090603pba

090603pbb

090603pbc

090603pbd

090603pbe

090603pbf

090603pbg

090603pbh

090603pbi

090603pbk

090603pbl

090603pbm


■PSP go(PSP-N1000)概要□

・製品名

PSP (PlayStation Portable) go system

・サイズ

約128×16.5×69ミリ(幅×高さ×奥行き:閉じた状態)
※現行モデルは約169.4×18.6×71.4ミリ(幅×高さ×奥行き)

・重さ

約158グラム

※現行モデルは約189グラム

・CPU

PSP CPU(クロック周波数 1-333メガヘルツ、メインメモリー 64メガバイト)

・ディスプレイ

3.8インチ (16:9) full-transparent type、TFT drive,

480×272ピクセル、約16770000色表示可能
※現行モデルは4.3インチ(16:9)ワイドスクリーンTFT液晶
480×272ピクセル 16770000色表示可能

・音

ステレオスピーカー内蔵

マイク内蔵

・インプットとアウトプット

ワイヤレス LAN (IEEE 802.11b) (Wi-Fi)

Bluetooth 2.0 (EDR)

High Speed USB (USB2.0)

Memory Stick Micro(M2)

Analog Video Out

・マイク

・メインコネクター、マルチコネクター

(DC IN / OUT、USB、Video Output/Input、Sound Input/Output)

Headset/Microphone connector

Memory Stick Micro(M2) slot

・Key/Switches

方向キー、アナログスティック、アクションボタン、L/Rボタン、スタート、セレクト、PSボタン、電源/ホールドスイッチ、WLAN スイッチ、ディスプレイボタン、サウンドボタン、ボリューム

・電源

リチウムイオン充電池

AC adaptor

USB給電

・内蔵ディスクドライブ

16ギガバイト (フラッシュメモリー)

・アクセスコントロール

リージョンコード、パレンタルコントロール

・ワイヤレス

ワイヤレスLAN(IEEE 802.11b)

インフラストラクチャーモード/アドホックモード 最大16台接続

ブルートゥース2.0

 

・アクセサリー

ACアダプター

USBケーブル

CD-ROM(Media Go ver 1.1収録)

 

□ビデオ

Memory Stick Video Format

・MPEG-4 Simple Profile (AAC)

・H.264/MPEG-4 AVC Main Profile (AAC)

MPEG4

・MPEG-4 Simple Profile (AAC)

・H.264/MPEG-4 AVC Main Profile (CABAC) (AAC)Baseline Profile (AAC)

AVI

・Motion JPEG (Linear PCM)

・Motion JPEG (μ-Law)

 

□Music

・Memory Stick Audio Format

ATRAC3/ATRAC3plus/MP3

・MP3 (MPEG-1/2 Audio Layer3)

・MP4 (MPEG-4 AAC)

・WAVE (Linear PCM)

・WMA

 

□Photo

・JPEG (DCF2.0/Exif2.21 compliant)

・TIFF

・BMP

・GIF

・PNG

※詳しくはこちら

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

E3 2016記事のPVランキングを30位まで紹介! ファミ通.comで注目を集めたのは、どのタイトルのニュース?【E3 2016】

“E3 2016”関連のニュースの中で、PVが高かった30本の記事をランキング形式で紹介。

堀井雄二氏も大絶賛! “ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”の新たなモンスターや衣装が公開

2016年7月22日より順次、埼玉、福岡、名古屋、大阪、横浜にて上演予定のアリーナショー“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”。本公演に登場するモンスターや衣装の監修に堀井雄二氏が訪れた際のオフシャルリポートが到着。

『人狼パーティー』女流棋士、プロ雀士、AI研究科。人狼ゲーム愛好家だらけの先行体験会に参加

2016年6月28日、NHN ハンゲームは7月下旬のサービス開始を予定しているPC用ブラウザゲーム『人狼パーティー 〜believe or deceived〜』の関係者向け体験会を開催した。

『討鬼伝2』“ミタマの力 戦闘スタイル”紹介動画を公開!【動画あり】

コーエーテクモゲームスは、2016年7月28日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『討鬼伝2』について、英雄たちの魂“ミタマ”の11種類の戦闘スタイルついて紹介する動画を公開した。

ブロックを組み合わせてマシンを作り、未開の荒野を探索するマルチプレイゲーム『Pioneers』が発表

元Press Playの創設者たちによる新スタジオLightbulb Gamesが、第1弾タイトルとして『Pioneers』を発表した。

“E3 2016”の会場内で『FFXIV』吉田氏にパッチ3.35の全容を直撃!【E3 2016】

E3 2016の会場内で実施された、『FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの日本メディア向け合同インタビューの模様をお届け。次期アップデートのパッチ3.35で公開される“ディープダンジョン 死者の宮殿”のさらなる秘密を、今回のプロモーション活動の手応えとともに直撃した。

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』追加シナリオ第2弾“覇堂高校編”が配信開始

KONAMIは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』について、追加シナリオ“覇堂高校編”を本日2016年6月28日より配信開始した。