携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【情報追加】写真で徹底解剖!新型モデル“PSP go”をいち早く触ってきちゃいました

【情報追加】写真で徹底解剖!新型モデル“PSP go”をいち早く触ってきちゃいました
【E3 2009】

2009/6/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ブラックのほかにホワイトの発売も?


R0010976
R0010940

▲サイズダウンにより、操作感は悪くなるのかと思ったら違和感はほとんどなし。右写真は現行モデルとの比較。横幅の違いが象徴的だ。3.8インチのスライドするディスプレイは、PSP-3000と同じくらいの解像度を持つという。閉じた状態でも音楽や映像を視聴できるほか、モニター上にカレンダーや時計を表示できる。


 現地時間2009年6月2日に行われたソニー・コンピュータエンタテインメントのカンファレンスで電撃発表されたPSP(プレイステーション・ポータブル)の新型モデル“PSP go(ピーエスピーゴー)”。16ギガバイトの内蔵メモリ(Memory Stick Microで拡張もできる)を搭載し、UMDスロットを排除。Wi-FiとBluetoothを搭載し、ソフトはダウンロードに特化した仕様になっている。しかも、現行のPSPと比べると、約50パーセント小さく、約40パーセント軽くなっているという。欧米で2009年10月1日に249.99ドルで発売され、日本では2009年11月1日に26800円でのリリースとなる。カラーはピアノ・ブラックとパール・ホワイトの2色展開。

 

 E3会場に新型モデル“PSP go”が展示してあるとの情報を経て一目散にSCEブースへ。実際に持ってみたところ、率直な感想は驚くほど小さくて、軽い! 残念ながらコントローラー部分をしまうこと(スライド)はできなく、最小の形を触ることができなかったが、それでも劇的な変化を感じられるサイズ。それに合わせコントローラー部分のキーピッチも確実に狭くなってるようだが、かわらずのフィット感。LRボタンも、アナログスティックの操作にもまったく違和感は感じなかった。


 ちなみに前述したとおり、PSP goはゲームやメディアコンテンツをUMDではなくダウンロードして楽しむことになる。その方法は、PSPのWi-Fi機能を使って直接PlayStation Storeにアクセスするか、プレイステーション3経由でのダウンロード。そしてPSP goに同梱されるコンテンツ管理ソフト“Media go”を使ってPC経由で、の3つがある。“Media go”はソフトの管理もできる。今後、PSP用タイトルはUMDとダウンロードで発売されるという。
 

090603mgob

090603mgoa

▲こちらが“Media go”。ここでソフトがダウンロード購入できる。


 さらに今秋より配信される音楽アプリケーション“SensMe channels(仮題)”を使用すると、“Media Go”で音楽CDなどから取り込み、PSPに転送した楽曲を、“リラックス”、“ダンス”、“アップビート”など、よりリッチなインターフェイス上で視聴することが可能になるという。
 

090603senb

090603sena

▲“SensMe channels(仮題)”。音とともに画面でも雰囲気を盛り上げてくれそうだ。



本体両サイド

R0010920
R0010919

左にはPSボタン、Wi-Fiランプ、スピーカーが。右にはBluetoothランプとスピーカー。

 

ボタン関連

R0010921
R0010922
R0010918

▲十字キー、アクションボタン(○、△、□、×ボタン)はひとまわり小さくなったよう。

 

本体背面

R0010924

▲背面にLRボタン、ディスプレイ、サウンド、音量+/−ボタン。背面の凹凸はまだデザインがフィックスしてないとのこと。ワイヤレスLANスイッチが見当たらないような?

 

本体下部、側面下部

R0010923
R0010963

▲USBとマイク端子。隠れてしまっているが本体左側面にMemory Stick Micro挿入口がある。


そのほか

R0010978
R0010948
R0010980

▲パネルで本体カラーがパール・ホワイトのものも。真ん中は専用クレードル(PSP-N340)。PSP goをセットすると簡単に充電でき、本体を立てた状態で映画やアニメを楽しめる。専用のビデオ出力ケーブルを接続すると、高品位映像を手軽にテレビに映し出すことができる。周辺機器のUSBケーブル、ACアダプタ、コンポーネントAVケーブル、AVケーブルの表示も。

 

メニュー画面

R0010959
R0010961

▲クロスメディアバーのゲーム部分はプレイステーション3のダウンロードタイトルと同様に、アイコン一覧で表示されるようだ。ゲームを一時的に中断した状態で、クロスメディアバー上で各種機能操作できる新機能が追加されるという。


090603pba

090603pbb

090603pbc

090603pbd

090603pbe

090603pbf

090603pbg

090603pbh

090603pbi

090603pbk

090603pbl

090603pbm


■PSP go(PSP-N1000)概要□

・製品名

PSP (PlayStation Portable) go system

・サイズ

約128×16.5×69ミリ(幅×高さ×奥行き:閉じた状態)
※現行モデルは約169.4×18.6×71.4ミリ(幅×高さ×奥行き)

・重さ

約158グラム

※現行モデルは約189グラム

・CPU

PSP CPU(クロック周波数 1-333メガヘルツ、メインメモリー 64メガバイト)

・ディスプレイ

3.8インチ (16:9) full-transparent type、TFT drive,

480×272ピクセル、約16770000色表示可能
※現行モデルは4.3インチ(16:9)ワイドスクリーンTFT液晶
480×272ピクセル 16770000色表示可能

・音

ステレオスピーカー内蔵

マイク内蔵

・インプットとアウトプット

ワイヤレス LAN (IEEE 802.11b) (Wi-Fi)

Bluetooth 2.0 (EDR)

High Speed USB (USB2.0)

Memory Stick Micro(M2)

Analog Video Out

・マイク

・メインコネクター、マルチコネクター

(DC IN / OUT、USB、Video Output/Input、Sound Input/Output)

Headset/Microphone connector

Memory Stick Micro(M2) slot

・Key/Switches

方向キー、アナログスティック、アクションボタン、L/Rボタン、スタート、セレクト、PSボタン、電源/ホールドスイッチ、WLAN スイッチ、ディスプレイボタン、サウンドボタン、ボリューム

・電源

リチウムイオン充電池

AC adaptor

USB給電

・内蔵ディスクドライブ

16ギガバイト (フラッシュメモリー)

・アクセスコントロール

リージョンコード、パレンタルコントロール

・ワイヤレス

ワイヤレスLAN(IEEE 802.11b)

インフラストラクチャーモード/アドホックモード 最大16台接続

ブルートゥース2.0

 

・アクセサリー

ACアダプター

USBケーブル

CD-ROM(Media Go ver 1.1収録)

 

□ビデオ

Memory Stick Video Format

・MPEG-4 Simple Profile (AAC)

・H.264/MPEG-4 AVC Main Profile (AAC)

MPEG4

・MPEG-4 Simple Profile (AAC)

・H.264/MPEG-4 AVC Main Profile (CABAC) (AAC)Baseline Profile (AAC)

AVI

・Motion JPEG (Linear PCM)

・Motion JPEG (μ-Law)

 

□Music

・Memory Stick Audio Format

ATRAC3/ATRAC3plus/MP3

・MP3 (MPEG-1/2 Audio Layer3)

・MP4 (MPEG-4 AAC)

・WAVE (Linear PCM)

・WMA

 

□Photo

・JPEG (DCF2.0/Exif2.21 compliant)

・TIFF

・BMP

・GIF

・PNG

※詳しくはこちら

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『STEEP(スティープ)』シーズンパス詳細が発表、プロスカイダイバー&プロスノーボーダーによるプレイ映像もチェック

ービーアイソフトは、2016年12月22日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『STEEP(スティープ)』について、シーズンパスの詳細を公開した。

まもなく稼動開始! 『マジシャンズデッド』全国キャラバンin東京イベントレポート

2016年12月3日、東京・ラウンドワン池袋店にて、バイキングのアーケード用多人数対戦アクションゲーム『マジシャンズデッド』の全国キャラバン(体験会)が行なわれた。その模様をリポートする。

小島監督も登壇した『DEATH STRANDING』パネルリポート 「トレーラーについて討論したり想像するのもゲームの一部」【PSX 2016】

ソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカが2016年12月3日、4日(現地時間)の2日間、アメリカ・アナハイムにて開催するコミュニティ・イベント“PlayStation Experience 2016”。開催初日に行われた、『DEATH STRANDING』のパネルディスカッションをリポート。

『ONE PIECE』の剣士・ゾロが、愛刀の手入れをする渋い姿でフィギュア化

アニメ『ONE PIECE』に登場する剣士・ゾロがあぐらをかき、愛刀に打粉をまぶす姿が1/8スケールで立体化される。

『ぷよぷよクロニクル』RPGモード後半に登場するキャラクター情報が公開

セガゲームスは、2016年12月8日(木)発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ぷよぷよクロニクル』について、RPGモードの後半に登場するキャラクターとスキル情報を公開した。

『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』モリガン、キャプテン・アメリカが参戦決定 ゲームプレイ映像が公開

カプコンより2017年後半発売予定の対戦格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』について、モリガンとキャプテン・アメリカが発表された。

【ファミ通ch】神出鬼没スレンダーマンの恐怖! 『Slender:the Arrival』をプレイ!! (2016年12月5日21時から)

2016年12月5日21時から、週刊ファミ通編集部がニコニコ生放送でお届けする“ファミ通チャンネル”にて、インディーズホラーゲーム『Slender:the Arrival』をプレイします。

『めがみめぐり』出演声優陣によるプレイ動画企画第2回が公開、伊藤彩沙さんと佐々木未来さんが登場!

カプコンは、2016年12月8日発売・配信開始予定のニンテンドー3DS用ソフト『めがみめぐり』について、出演声優陣によるプレイ動画企画第2回を公開した。

『めがみめぐり』アクリルキャラスタンドがゲームと同時発売決定!

カプコンは、2016年12月8日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『めがみめぐり』に登場するキャラクター、“ツクモ”と“アマテラスオオミカミ”のアクリルスタンドを、ゲームと同日に発売開始することを発表した。

『NARUTO―ナルト― 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO』第2弾PVが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年2月2日発売予定のプレイステーション4用ソフト『NARUTO―ナルト― 疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO』について、第2弾PVを公開した。