携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> シリーズ最新作『Halo: Reach』がサプライズ発表! “Xbox 360 E309 Media Briefing”で発表されたタイトル群詳報

シリーズ最新作『Halo: Reach』がサプライズ発表! “Xbox 360 E309 Media Briefing”で発表されたタイトル群詳報
【E3 2009】

2009/6/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく
●『Halo: Reach』はシリーズ3部作の前編となる作品に

 

 E3開催前日の2009年6月1日にマイクロソフトが“Xbox 360 E309 Media Briefing”を開催。こちらの記事では、ステージでお披露目された新作タイトルの詳報をお届けしよう。なお、各タイトルの発売予定日は、日本展開に関する明記がない場合はすべて北米向けのものとなっている。

 

 こちらの記事でも紹介したとおり、ビートルズのメンバーも顔を見せた『The Beatles: Rock Band』。それに続いては、エクストリーム系スポーツゲームのトップブランド『トニー・ホーク プロスケーター』シリーズの最新作『Tony Hawk: RIDE』が紹介された。ステージにはトニー・ホーク本人も登場し、スケートボード型コントローラーの実物を公開。トニー・ホークはコントローラーのコンセプトを「スケートボードをしたことがない人でも楽しめる、直感的な設計」であると語り、ボードを掴む“グラブ”やボードを蹴る“フリップ”など、すべてのトリックメイキングに対応していると説明した。スクリーンではポール・ロドリゲス、ロドニー・ミューレンといった錚々たるプロスケーターたちがプレイする様子なども上映に。トニー・ホーク以外にも、多数のプロスケーターの意見も取り入れて開発が進められているようだ。

 

DSC_2237

▲トニー・ホーク氏みずからスケートボード型コントローラーの説明を行った。

 

twride3
twride1
twride4
twride2

▲より直感的な操作で生まれ変わる『Tony Hawk: RIDE』。

 

 先日プロモーションムービーが公開され、発売日も2009年11月10日に決定したアクティビジョンの『Modern Warfare 2』は、実機によるデモプレイが初お披露目された。今回のシーンは雪山を舞台としたもので、デモプレイは垂直の崖をピッケルでクライミングするという場面からスタート。ピッケルを立てるたび凍った山肌がひび割れるなど、グラフィックは前作同様細部にまでこだわっており、落下しそうになった主人公を上官が間一髪のところで救い出すなど演出面も鳥肌が立つほど臨場感のある仕上がりとなっていた。崖を登りきったあとは、吹雪の中敵の基地へと潜入することに。ここではシリーズ初登場の武器も確認。本体にレーダーを搭載したマシンガンで、数メートル先も見とおせない吹雪の中でも敵の位置を確認できるというもの。隠密ミッションなどで活躍しそうな印象だ。敵基地で銃撃戦をくり広げたあとは、スノーモービルを奪って脱出することに。雪山を疾走しながらのカーチェイスならぬ、モービルチェイスはこれまでのシリーズでは見られなかったスピード感。ちなみにこちらはプロモーションムービーに収録されている場面なので、興味のある人はこちらの記事を参照してほしい。


R0010398
R0010403
Favela_Shootout
Cliffhanger_Hot Pursuit

▲他ハードでも発売される本作だが、Xbox 360版ではふたつのマップパックを優先して配信することも発表された。


 北米でのみ展開されるスクウェア・エニックスのXbox 360版『ファイナルファンタジーXIII』は、プレイ画面が初めて公開に。こちらの詳細については、こちらの記事にて詳しくお届けする。

 

 ここからさきは“Only Xbox 360”タイトルとして、Xbox 360でのみ展開される新作が続々と公開された。まずは『ギアーズ オブ ウォー』シリーズでその名を世界に知らしめたエピック・ゲームズから新作がサプライズ発表。Xbox LIVE アーケードで『Shadow Complex』という横スクロールアクションを、2009年夏にリリースすることが明かされた。同社のクリフ・ブレジンスキ氏によれば、『メトロイド』シリーズのようなゲームデザインとのことで、広大なマップを探索しながら物語を進めていく内容のようだ。なおこちらは、日本での発売も決定。発売時期は未定となっている。

 

DSC_0334

▲Xbox 360ユーザーにはおなじみのクリエーター、クリフ・ブレジンスキ氏が新作を発表。

 

ShadowComplex_Screen07
ShadowComplex_Screen04
ShadowComplex_Screen03
ShadowComplex_Screen02
ShadowComplex_Screen01
ScreenShot02273
ScreenShot01951

▲巨大なメカとの戦いもある『Shadow Complex』。マップを埋めながら進んでいく、日本人にはなじみの深いタイプのアクション。

 

 『Joy Ride』、『Crackdown 2』、『Left 4 Dead 2』はプロモーション映像のみの紹介。『Joy Ride』はXbox 360のアバターを取り入れて遊ぶカーゲームで、Xbox LIVE アーケード用タイトルとして2009年度今冬に無料配信されるとのことだ。『Crackdown 2』は、日本で『ライオットアクト』というタイトルで発売されたオープンワールド系アクションゲームの続編。前作はトゥーンシェイドを利用したアニメチックなグラフィックとなっていたが、上映された映像は一転してリアル系に。こちらがゲームにも反映されるのかどうかは不明だが、続報が気になるところ。発売は2010年を予定。日本でも発売された走るゾンビでおなじみの『レフト フォー デッド』の続編『Left 4 Dead 2』。映像は大量のゾンビに囲まれた数名の生存者たちが必死の抵抗をくり広げるという、前作と同様のコンセプトから成っており、チェーンソーなどの近接武器で攻撃する場面も。そのほかに、新たなタイプのゾンビも登場するようだ。発売予定日は2009年11月17日となっている。

 なお、上記3タイトルのうち現時点で日本発売が決定しているのは『Crackdown 2』のみで、発売時期は未定だ。


image97
image67
image28
image19
image158
image173
image178
image35

▲アバターを使ったレースゲームが無料で楽しめる『Joy Ride』。

  

CD2_Logo_Final2_100K_RGB

▲グラフィックの方向性が大きく変わりそうな『Crackdown 2』。

 

c5m4_bridge0437
c5m3_quarter_01
c5m2_cemetery_01

▲近接武器の登場により、より残虐ファイトが楽しめる(?)『Left 4 Dead 2』。

 

 発表以来しばらく続報が聞かれなかったユービーアイソフトの『Tom Clancy’s Splinter Cell Conviction』は、実機によるデモプレイを実施。コンセプトであるスニーキングはこれまでのシリーズを踏襲しており、橋の欄干にぶら下がって敵を奇襲したり、建物内のシャンデリアを落として暗闇を作るなど、さまざまアクションで隠密行動を遂行する模様が映し出された。主人公の“サム・フィッシャー”は今回、個人的な目的を持っているとのことで、“略奪者”に近い行動を余儀なくされているという。それを示すように、これまでのシリーズと比べて攻撃への積極性が増しており、敵をつぎつぎと殺していく場面も見ることができた。

 

SC5 screen3
SC5 screen2
SC5 screen1

▲ついに実機デモが公開された『Tom Clancy’s Splinter Cell Conviction』。発売は2009年を予定している。

 

 Xbox 360を代表するカーレースゲーム『フォルツァ』。そのシリーズ最新作『Forza Motorsport 3』の発表も行われた。発売は2009年10月の予定で、日本での展開も決定(発売時期未定)している。開発を手掛けたTurn10のDAN GREENAWALT氏によれば「クルマに対する愛情を極めたレーシングゲームを」を目指しているとのことで、ハイクオリティーな映像はもちろん、多彩な遊びをユーザーに提供すると説明。オリジナルのペイントをネットワーク上にアップロードして共有できる機能をさらに充実させたことや、ハイディフィニションのプレイ映像がアップできることなどを紹介した。

 

DSC_0373
FM3_E3_Scuderia_3
FM3_E3_R8_8
FM3_E3_R8_6
FM3_E3_R8_2
FM3_E3_R8_10
FM3_E3_Montserrat_2
FM3_E3_Lambo
FM3_E3_Ladera_2

 

 マイクロソフト、ファーストパーティー期待のFPS(ファースト・パーソン・シューティング)、『Halo(ヘイロー3):ODST』は、バンジーゲームスタジオのジョン・ステイトン氏が登壇。いまだ謎に包まれた同作の概要を語った。それによると、本作の舞台となるのは、『Halo 3(ヘイロー3)』の2週間まえの南アフリカのニューモンバサ。仲間とはぐれてしまったUNSC (国連宇宙司令部) の軌道降下特殊部隊の新人戦士が、ひとりで生き延びていくさまが描かれることになる。『Halo』シリーズ従来からのFPSの魅力に加え、本作の大きな特徴となるのが、主人公が特殊なバイザーを使うことで、フラッシュバックの映像を見られる点。その映像をヒントにしながら、現状の危機を回避していくという新機軸のゲーム性が加味されているのが特徴だ。北米では2009年9月22日に発売されることが決定した『Halo(ヘイロー3):ODST』だが、日本でもさほど間をおかずして遊べる日がくるのでは?(現状の発売日は2009年秋)

 

H3ODST_ONIBldgCinematic
H3ODST_NewMombasa02
H3ODST_NewMombasa
H3ODST_Firefight_SecurityZone3
H3ODST_Firefight_SecurityZone2
H3ODST_Firefight_SecurityZone1stPerson
H3ODST_DutchCinematic
H3ODST_Campaign3rdPerson02


 また、『Halo』シリーズでは衝撃の展開も! 惑星が爆発していく映像とともに完全新作の『Halo: Reach』が発表されたのだ。こちらは詳細はまったく明らかにされなかったが、『Halo(ヘイロー)』シリーズ3部作の前編となる作品となる模様。北米における発売日は2010年。日本でも発売は決定しているが、発売日は未定だ。
 

DSC_0205
DSC_0219

▲『Halo(ヘイロー3):ODST』のデモプレイ(左写真)に続いて発表された『Halo: Reach』。3部作の前篇が描かれるという点以外の詳細は不明だ。

 

 新作タイトル群のラストを飾ったのは『Alan Wake』のデモプレイ。本作は3人称視点で進むホラーテイストのアクションアドベンチャ―で、襲いかかってくる敵たちはいずれも光が弱点となっている。そのため、ゲーム中では照明をつけて敵たちを寄せつけないようにしたり、発煙筒で一網打尽にするシーンなどを確認することができた。発売は2010年の春を予定しており、日本でも時期は未定ながら発売されることが決定に。登壇したライターのSam Lake氏は「まっていただく価値のあるゲームです」とその仕上がりに自信をうかがわせた。

DSC_0225
Wake_visitorcenter_720p
Wake_pow_720p
Wake_lodging_720p
Wake_hills_720p

▲クルマなどのジープが飛んでくる、ポルターガイストのような現象に遭遇する場面も。登場する敵には、一見するとふつうの人間のようだが何かに取り憑かれたかのように主人公へ襲いかかってくる。

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【モンスト家】9月3日の亀クエ&降臨クエ時間割

本日開催予定の時間限定クエストのスケジュールのおさらいと今日のモンストおじさん。

【パズドラ】“星天からの贈り物”のプレゼントBOXの判別方法

期間限定で出現している“星天からの贈り物”。本ダンジョンに出現するプレゼントBOX(から進化するノエルドラゴン)の見分けかたをご紹介。

『しろくろフェス2014』イベントレポのはずが旅レポになってしまった件

パシフィコ横浜で開催されたブシロードによるTCG(トレーディングカードゲーム)イベント『しろくろフェス2014』のリポートをするはずが……、

“文化庁メディア芸術祭”審査の裏側が公開 審査員自らが語る、受賞のコツとは?【CEDEC 2014】

2014年9月2日から4日まで、神奈川県・横浜にあるパシフィコ横浜にて開催される日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”(コンピューター エンターテイメントデベロッパーズカンファレンス)にて、“文化庁メディア芸術祭”についてのセッション“「ゲーム」が文化庁メディア芸術祭に参加するということ”が行われた。

『艦これ』の過去の軌跡と未来への布石/【艦これ】に関するエトセトラ【CEDEC 2014】

2014年9月2日〜4日の3日間、パシフィコ横浜にて日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が開催。ここでは『艦隊これくしょん』のキーパーソンである、田中謙介氏(角川ゲームス)と岡宮道生氏(DMM.com)によるセッションの模様をお届けする。

最先端のテレビはここまで進化している! “スーパーハイビジョンとゲームコンテンツ”リポート【CEDEC 2014】

2014年9月2日〜4日の3日間、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が開催。2日に行われたセッション“スーパーハイビジョンとゲームコンテンツ”のリポートをお届けしよう。

ファミ通ドットコムに“Xbox One”が到着! セットアップ体験記

いよいよ2014年9月4日に発売が迫った新ハード・Xbox One。ファミ通ドットコム編集部にも、ひと足早く待望の国内版1号機が到着した! 編集部有志はさっそくセットアップ作業を開始。“開封からメニュー画面が表れるまで”をインプレッションを交えながら体験記風にまとめてみたぞ!

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通で先行入手できる追加BGMは“時価ネットたなか”!?

週刊ファミ通2014年9月18・25日合併号(9月4日発売)では、ダウンロードコンテンツ付録として特別なBGMが先行ダウンロードできるぞ!

【ファミ通App調べ】人気アプリユーザーランキングTOP30(仮) 集計期間:2014/08/18〜08/24

集計期間:8月18日〜8月24日のファミ通Appアプリ人気TOP30(仮)を発表。

これまでのスマゲPVを凌駕する『ケイオスIII』オフィシャルPVが公開

『ケイオスリングスIII』。同作のオフィシャルPVが公開された。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS