携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 打倒Wiiへの秘策!? コントローラーを使わずにゲームで遊べるXbox 360の新しいデバイス“Project Natal”発表

打倒Wiiへの秘策!? コントローラーを使わずにゲームで遊べるXbox 360の新しいデバイス“Project Natal”発表
【E3 2009】

2009/6/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「自分自身がコントローラーになれる!」

R0010585
R0010576

▲“Project Natal”は、RGB カメラや深度センサー、マルチアレイ マイクロフォン、カスタム プロセッサを内蔵した機器。センサーで全身の動きを3Dで追跡。音声に現れる気分の変化にまで対応するとのことだ。顔の認識もできる。


 2009年6月1日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにてマイクロソフトの発表会“Xbox 360 E309 Media Briefing”が開催。Xbox 360の新しいデバイスとして、コードネーム“Project Natal(プロジェクト ナタル)”が衝撃的に発表された。この“Project Natal”は、手や足を動かすことでゲームを操作するフルモーションキャプチャー機能を搭載。さらに音声認識にも対応することで、コントローラーを使わずにゲームを遊べるという操作を実現しているのが特徴だ。

 発表会では、まずは“Project Natal”のポテンシャルを紹介すべく、格闘ゲームやレース、スケボーゲームなどをプレイするデモ映像が紹介。パンチをくり出してキャラを操作したり、ハンドルを握る感じで手を左右に振ることでクルマを操作したりといった操作方法が紹介された。「コントローラーがあることで、ゲームを遊ばないという人もいます。“Project Natal”は自分がコントローラーになれるのです」とマイクロソフトのシニアバイスプレジデント エンターテインメント アンド デバイス ディビジョンのドン・マトリック氏は誇らしげに語った。

 そして、会場にはサプライズゲストとして映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏が登壇! 「これは、10年くらいまえにドン(マトリック)と話したことなのですが、一般のユーザーはコントローラーに威嚇されてしまう。いまゲームが人気といっても60パーセントの家庭がゲーム機を持っていないわけで、テクノロジーを見えないようにしないといけないと思っています。そういった意味では、“Natal”を見て、ゲーマーとしてスリリングだと感じました。歴史的な瞬間に立ち会えて光栄です」と最大限の賛辞を呈した。なお、ただいまスティーブン・スピルバーグは、スタッフとともに“Project Natal”対応のゲームを制作中とのことだ。

DSC_2522

▲映画監督としてあまりにもおなじみのスティーブン・スピルバーグが登場! 大歓声に包まれるなか、“Project Natal”のコンセプトに大いに賛同を示していた。

 

 そのあとで、“Project Natal”向けのソフトを開発するマイクロソフトゲームスタジオのゼネラルマネージャ、クドウ・ツノダ氏が登壇。手だけを使ってダッシュボード上でメニュー画面を操作するデモを披露。さらには、“Project Natal”対応のゲームとして、手足を使ってボールを壁に当てて得点を稼ぐ『リコショット』と、絵を自由に描くお絵かきツールなどが紹介された。

R0010588

▲マイクロソフトゲームスタジオのゼネラルマネージャ、クドウ・ツノダ氏が自身のアバターを使って“Project Natal”をデモ。ツノダ氏が動くとアバターも動くといったデモが披露された。

R0010606
DSC_2554
R0010614

▲“Project Natal”対応のお絵かきツールでは、画面をキャンパスに見立てて、自由にペインティングできる。絵を描くことができた。プレイヤーがシルエットを作って(写真中央)それに色をつけると、象に早や変わり(写真右)。


 圧巻だったのは、『Fable II(フェイブルII)』などでおなじみのピーター・モリニュー氏が登壇しての、ライオンヘッドスタジオ制作による“Project Natal”を使用してのテクノロジーデモ。映像で披露されたこのデモは、ゲーム中の少年に話しかけると少年が実際に反応。ユーザーが紙を渡すとゲーム中の少年が紙を受け取ったり、覗き込んだ川面をなでると、川面に波紋ができたり……といった模様が紹介された。モリニュー氏は、「“Project Natal”は本当にすばらしい革命です。これまでのゲームは使用するボタンの数が増えることがユーザーの敷居を上げてきました。この“Project Natal”は、コンピュータエンタテインメントの金字塔になるものです」と手放しで賞賛した。

DSC_2560
R0010626

▲“Project Natal”への手応えを語る、ピーター・モリニュー氏。

▲ライオンヘッドスタジオ制作によるテクノロジーデモ。画面の中のキャラに話しかけたりできる。


 多くのクリエーターが注目する“Project Natal”は、Xbox 360の可能性と魅力をさらに広げるものとなりそうだ。“Project Natal”はすべてのXbox 360向けタイトルに対応することになるという。“Project Natal”のサービス開始時期などは一切未定だが、今後の展開に期待したい。

 

【E3 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ロードス島戦記オンライン』オープンサービス直前! 開発のキーマンにインタビュー!

2016年2月16日より、ついに『ロードス島戦記オンライン』のオープンサービスが開始に。開発のキーマンに、原作への思い入れやオープンサービスの内容を聞く!

【毎週土曜日のこの時間に更新!】『ガンスリンガー ストラトス3』新ステージ・東京「新宿」の詳細に迫る!!

2016年春に稼動を予定しているスクウェア・エニックスのアーケードタイトル『ガンスリンガー ストラトス3』。今回の“ストラトス通信”では、『ガンスト3』からの新ステージ、東京「新宿」についてお届け。

バンダイナムコエンターテインメントが『ドラゴンボール プロジェクトフュージョン(仮) 』を始動! オリジナルフュージョンキャラクター募集!

バンダイナムコエンターテインメントは、『ドラゴンボール』の世界をテーマにした、新しいRPGを、2016年にニンテンドー3DS用ソフトとして発売することを発表。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』 “整備兵増強週間キャンペーン”が実施 ハンガーの整備成功率が大幅アップ

バンダイナムコエンターテインメントは、配信中のプレイステーション3用ガンダムオンラインバトルアクション『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』において、“整備兵増強週間キャンペーン”を実施した。

『黒い砂漠』メガサーバー導入日が2月24日に決定 すべてのサーバー間をシームレスに移動可能

ゲームオンは、サービス中のPC用MMORPG『黒い砂漠』において、“メガサーバーシステム”の導入日を2016年2月24日 (水)とすることを発表した。

『ブレス オブ ファイア6』子安武人さん、生天目仁美さんほか豪華声優陣が出演決定! 主人公ほかメインキャラのサンプルボイスも公開!

カプコンがPCとスマートフォン向けに2016年2月24日からサービス開始(iOS版は2016年3月以降予定)を予定しているのオンラインRPG『ブレス オブ ファイア6 白竜の守護者たち』。同作のプレイヤーの分身となる主人公に設定できる声優ボイスや、一部の登場人物で未公開だった出演声優とサンプルボイスが一挙公開された。

『The Sound of STEINS;GATE 魂』いとうかなこ、林直孝氏らアーティスト&制作陣のコメントが到着

『シュタインズ・ゲート』シリーズの楽曲、ドラマCD、サウンドトラックを網羅したコンプリートBOX『The Sound of STEINS;GATE 魂』(2016年3月2日発売予定)より、アーティスト・制作陣によるコメントが公開された。

『ガンダムコンクエストV』“ミーア・キャンベル”が手に入るイベント開催! “スキル選抜3連ガシャ”、“エクストラガシャVol.4”、”白き戦士の追憶ガシャ”も実施中

バンダイナムコエンターテインメントから配信中のプレイステーション Vita用オンラインゲーム『ガンダムコンクエストV』について、2016年2月10日よりミーア・キャンベルが手に入る新イベントが開催中。

『大戦略』30周年記念プレゼントキャンペーン第2弾は『萌え萌え2次大戦(略)』、『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん』総勢83名の人気投票を実施

ゲームソフトの開発・販売を手がけるシステムソフト・アルファーは、『大戦略』30周年を記念し、“大戦略30周年記念プレゼントキャンペーン第2弾”を2016年2月12日(金)から実施する。

『Splatoon(スプラトゥーン)』インタビュー――プロデューサー野上氏に訊く、スプラトゥーン甲子園への想いと今後のこと

2016年1月31日、千葉・幕張メッセで開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”にて、“スプラトゥーン甲子園”が幕を閉じた。熱戦と涙の中で閉幕したスプラトゥーン甲子園を終えた感想、そして総括の中でイカ研究員が話した今後の展開について、プロデューサーの野上恒氏にお話をうかがった。