携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『無限航路』店頭体験会に稲葉敦志氏、河野一二三氏が登場

『無限航路』店頭体験会に稲葉敦志氏、河野一二三氏が登場

2009/5/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「ここまでボリュームのあるDSソフトは、このさきもあまりないと思う」(稲葉氏)

 

 セガは2009年5月30日、東京の秋葉原にあるソフマップ秋葉原アミューズメント館にてニンテンドーDS用ソフト『無限航路』(2009年6月11日発売予定)の店頭体験会を開催した。

 

 『無限航路』は著名クリエーターが集うプラチナゲームズとタッグを組んで贈るプロジェクトの国内第1弾タイトル。壮大な宇宙を舞台とした深い人間ドラマ、100種類を越える戦艦、そして充実のカスタマイズ要素などニンテンドーDS史上、最高峰のボリュームで贈るRPGとなっている。体験会には正午のスタートと同時にゲームファンが途切れることなく足を運び、壮大な物語の一端を発売に先駆けて堪能していた。
 

▲重厚なストーリーと、細かな戦艦カスタマイズが楽しめる『無限航路』。

 

▲各体験台とも、じっくりとゲームを楽しむことができた。


 会場にはプロデューサーを務めるプラチナゲームズの稲葉敦志氏と、ディレクターを務めるヌードメーカーの河野一二三氏も登場。発売間近のゲーム内容についてコメントした。

 

▲プロデューサーの稲葉氏(右)とディレクターの河野氏も来店。

――プラチナゲームズのタイトルとしては国内第1弾となりますが、手応えはいかがでしょうか?

稲葉 プラチナゲームズの第1弾タイトルでもありますし、ヌードメーカーさんという優秀な開発会社とのコラボ作品でもあるので、異色なタイトルであることは確かですね。河野さんとは以前にもタッグを組んだことがあるので、彼が作るものに対しては絶対的な信頼を置いてプロジェクトを進めてきました。そういった意味でも、自分の中ではプラチナゲームズとしてよりも、プロデューサーとして思い入れが深い作品なので、いまは発売に向けてドキドキしているところです。

河野 プラチナゲームズさんには実績のある方が集まっていますし、それに加えてセガさんにも協力してもらっているわけですから、その2社に恥をかかせないよう必死に作りましたね。会社の規模や制作能力で言ったら、うちはあまり大きくいないですが、そんな中でこれだけのボリュームの作品を作れたのはひとつの自信になりました。

 

――本作で、もっともプッシュしたい見どころはどこでしょうか?

河野 まださきがある、まだ続きがあると感じるくらいボリュームがある物語でしょう。最後の最後にいろいろなものが一気に収束していくように伏線も張って、きれいにまとめられていますよ。なのでクリアーしたときにはかなりの満足感を得られると思うので、ぜひ“ユーリ”の物語を最後まで見届けていただきたい。ドラマ性は高いですが、甘えた話を書いているわけではなく、社会的なことも考えて、ときには冷たく突き放すような物語になっています。ゲームのストーリーとしては異質なものなんじゃないでしょうか。年齢が高めの人でも受けいれられるストーリーになっていると思いますよ。

稲葉 ストーリーはすごいしっかりしていて、子供じみたところが全然ありません。上の年齢の人でもガッツリ楽しめる内容で、まさに“誰が想像しただろう、DSにここまで壮大な宇宙の物語”というゲームのキャッチコピーどおりですね。

 

――ふたりプレイはどういった内容になっているのでしょうか?

河野 基本的には作った戦艦で通信対戦をすることができるというものです。どんな装備を手に入れてきたかとか、誰を育ててきたかで戦闘力が変わってくるので、そのあたりを友だちと見比べながら戦ってもらえばおもしろいと思います。

 

――本作はカスタマイズ要素にも力が入っていると思うのですが、そこは誰でも楽しめる作りになっているのでしょうか?

河野 本作のコンセプトのひとつが戦艦の建造なので、そこは細かくできるようにこだわっています。そういう意味で、パッと見は難しいと感じるかもしれませんが、2、3回船を作ればすぐになれて、簡単にやれるようにはなると思います。でも、遊ぶこと自体は簡単ですが、こだわって考え始めるとチクチクずっといじってしまうんですよね。それは難しくて時間がかかるわけではなくて、楽しんで時間を忘れてしまう状態。そういう遊びかたができるように作ってあります。

稲葉 いい加減にプレイしてクリアーできるようなゲームではありません。やり応え、重厚さが魅力なので、バランスは河野さんとだいぶ相談しながら進めました。最近はテキトーにやっても進める作品がありますけど、これは戦艦カスタマイズがすごいおもしろいところなんで、あまりサクサク進める作りだと戦艦カスタマイズの楽しさがなくなってしまいますからね。意地悪な難しさも……たまにしか出ません(笑)。かと言ってあまり身構えることなく、やり応えがあるゲームだ、とポジティブに考えてもらえればと思います。

河野 会社でメカやSFに興味がない女性スタッフに、テストプレイをやらせたらすごいハマッて、5周くらい遊んでましたね。しかもいちばんうまくなっちゃって、対戦で勝てないんです(笑)。

 

――周回プレイすると何かいいことが起きるのでしょうか?

河野 経験値とお金を引き継ぐことができます。なので、2週目からは「俺強い!」プレイができますね。

稲葉 ただ、1周するだけでもかなりボリュームがあるので、何周もするのはかなりたいへんです。それに、カスタマイズなどにこだわったらキリがないですから。

河野 ストーリーの分岐もけっこうあるので、1回のプレイでは全部拾いきれないでしょう。すべてを見ようとしたら、かなりたいへんです。なので、そこは、俺強いプレイをしてもらえば楽になるかもしれません。

 

――最後に発売を待つファンに向けてメッセージをお願いします。

稲葉 河野さんとは久しぶりのタッグなのですが、異色の作品を世に送り出すためのプロデュースはしっかりできたなと思っています。ニンテンドーDSというハードで、ここまでギッシリとボリュームが詰まったゲームは、このさき遊べることはあまりないと思います。そのくらいの作品に仕上がっていると思うので、この機会を逃さずに、ぜひ買って楽しんでください。

河野 「●●みたいな感じの作品」というのがないゲームデザインになってしまったので、ユーザーがどう受け止めてくれるかは未知数です。なので客観的におもしろいゲームですとは言い切れないのですが、少なくとも僕自身は本当に楽しく遊べるゲームになりました。それだけははっきりと言い切れます。あとは皆さんが実際に遊んで、おもしろかどうかを判断してもらればと思います。

 

※『無限航路』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“黒川塾”40回記念イベントで坂口博信氏が自身のクリエイター人生を大いに語る

2016年9月29日、“黒川塾”の4周年&40回記念企画となるイベントが、ミストウォーカーの坂口博信氏をゲストに迎えて開催された。その模様をリポートしよう。

本日(2016年10月1日)20時からはミンゴスが『PSO2』をプレイ!【今井麻美のニコニコSSG】

本日、2016年10月1日(土)20時からニコニコ生放送『今井麻美のニコニコSSG』でミンゴスが『ファンタシースターオンライン2』をプレイ!

DAIGOがレウスとともに世界を救う? 『モンスターハンター ストーリーズ』での冒険を表現したテレビCMが公開

カプコンは、2016年10月8日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター ストーリーズ』のテレビCMについて、CMキャラクターとしてDAIGOを起用し、10月1日(土)より全国で順次オンエアを開始することを発表した。

ニトロプラス・虚淵玄氏の手掛ける布袋劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』続編の制作が決定!

ニトロプラスの虚淵玄氏と台湾布袋劇の制作会社・霹靂社がタッグを組んで制作し、2016年7月よりテレビ放送されている『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。本作の続編が制作されることが決定した。

オープン前日のSQUARE ENIX CAFEから『FFXV』ATRが放送! ゲストにルーナ役の北川里奈さんも登場

2016年9月30日配信のATRは、10月1日(土)にグランドオープンする“SQUARE ENIX CAFE”(以下、スクエニカフェ)の“こけら落としスペシャル”として、カフェに事前応募に当選したユーザーを招いて開催された。

『仮面ライダーエグゼイド』の変身ベルト“DXゲーマドライバー”の体験イベントが10月2日にヨドバシAkibaにて開催!

『仮面ライダー』シリーズ最新作『仮面ライダーエグゼイド』に登場する変身ベルト“DXゲーマドライバー”の販売&試遊イベントが2016年10月2日にヨドバシAkibaにて開催される。

『ソニック』シリーズ25年の歴史を見て、聞いて、食べて体感できる “ソニック25周年カフェ”メディア向け試食会リポート!

セガゲームスは、『ソニック』シリーズの生誕25周年を記念して、10月1日(土)から11月13日(日)の期間限定で、“スイーツパラダイス 上野ABAB店”にて、コラボレーションカフェ“ソニック25周年カフェ”をオープンする。本記事では、オープンに先駆けて行われたメディア向け試食会の模様をお届けする。