携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 小林裕幸プロデューサーが『デビル メイ クライ4』、『戦国BASARA』シリーズの制作話を大学生の前で披露

小林裕幸プロデューサーが『デビル メイ クライ4』、『戦国BASARA』シリーズの制作話を大学生の前で披露

2009/4/22

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●映像業界を目指す若人を前に、小林氏が熱く語った

 

 京都にある立命館大学映像学部(衣笠キャンパス)が、2009年4月23日に特別講演“クリエイティブリーダーシップセミナー”を開催。これは学生たちが将来像を定めるためのビジョン形成を想定した授業で、毎回映像業界関連でさまざまなゲストを招いて行われている。そして今回のゲストとして招かれたのが、カプコンの小林裕幸プロデューサー。この日、小林氏はみずからの代表作である『デビル メイ クライ4』(プレイステーション3、Xbox 360)、『戦国BASARA』シリーズを題材に講演を実施した。

 

 第1部は『デビル メイ クライ4』のプロデュースがテーマ。本作は『デビル メイ クライ3』の開発スタッフを中心に制作されたそうだが、当初は「じつはスタッフたちは『3』を完成させた時点で、すべて出しつくしたという思いが強くなり、『4』の開発に対するモチベーションが低かった」と当時を語った小林氏。そんな自身も、前作『3』、『2』の開発にタッチしていなかったため、『4』をプロデュースすることにモチベーションを上げづらかったという。そんな中スタートした『4』の開発プロジェクト。何か目新しくしようと悩み、シナリオを外部ライターに依頼したり、新たな主人公を設定したりと、新しいエキスを注入することに。

 

ONI_5239

ONI_5294

ONI_5356

ONI_5263

ONI_5409

▲『デビル メイ クライ4』の映像や、ネロの新アクションのデッサンをもとにしたGIFアニメを上映。

 

 とくに新主人公については、「シリーズのファンには新鮮な感覚を持ってもらえるし、新規ユーザーも入りやすいと思ったから」(小林)と、前作までの主人公ダンテではなくネロを誕生させた。その新主人公を盛り上げるために、ダンテとネロが戦うムービーシーンを制作したり、拳銃と剣を使うダンテにはない“悪魔の右腕”による新たなアクションを構築していったという。また、悪魔に親を殺されたヒロインのキリエとの関係(悪魔を嫌うキリエの前で悪魔の右腕を使いたくないネロ)といった重厚なストーリー、人間関係を作ることで、「従来のファンも新規ユーザーの心を熱くさせる」(小林)。

 

 第2部のテーマは、『戦国BASARA』シリーズのプロデュース。誰でも遊べる簡単なアクションゲームを作りたかったという小林氏だが、「ボタンを押すだけでゲームを進めることを目指したが、それだけでは初心者もすぐに飽きてしまう」という。だから英語混じりのセリフを言う伊達政宗を筆頭とするひとクセもふたクセもあるキャラクターと、激動の戦国時代を駆け抜けた武将たちのドラマチックなストーリーをマッチさせることで、『戦国BASARA』がより魅力的なものになると小林氏は語った。

 

ONI_5515

ONI_5497

ONI_5596

ONI_5555

ONI_5689

 

 また、小林氏を始めとするスタッフは『戦国BASARA』のために歴史を勉強。上杉謙信の女性説、大きな戦から無傷で帰還した本多忠勝など、その勉強での知識がキャラクター設定で活かされる。その結果、『戦国BASARA』における上杉謙信は女性キャラ、本多忠勝は無傷をイメージしてロボットのようなキャラクターに。「ユーザーのことを意識するのはもちろんですが、作り手側がおもしろいと思えるものはどんどん入れるべき」(小林)。2005年7月に1作目を発売してから、短期間で2作目を発売した『戦国BASARA』。これについては、「『1』がそれなりのヒットを記録したので勢いを止めたくなかった」と小林氏。『戦国BASARA』シリーズが約1年で新作が発売される理由のひとつをそのように説明した。最後に、『戦国BASARA』シリーズをプロデュースするうえでの姿勢として、歴史の勉強。ドラマやゲームなどほかの作品のいい部分は取り入れる、客観的に考える、つねに向上心を持つ、クオリティーを妥協しない、時間の限りベストをつくすといった点を掲げた。

 

※『デビル メイ クライ4』公式サイトはこちら

※『戦国BASARA』シリーズ公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ボコスカウォーズII』発売記念 エディットモードデザインによるオリジナルTシャツが発売開始

ピグミースタジオは、プレイステーション4、Xbox One用ソフト『ボコスカウォーズII』の発売を記念して、本日(2016年12月8日)より、オリジナルTシャツ“ボコスカウォーズII/SUSUME BOKOSUKA”の販売を開始した。

【ウォッチドッグス2特設サイト】多様性とはこういうこと! メインオペレーションの“戦略”を解説します

ユービーアイソフトのシリーズ最新作『ウォッチドッグス2』の特設サイト“インサイド ウォッチドッグス2”を更新。

ファミ通presents『アライアンス・アライブ』最速試遊体験会&トークショーに抽選で40組80名様をご招待!

フリューが手掛ける完全新作RPG『アライアンス・アライブ』。発表後から話題を呼んでいる開発中の同作を、イチ早くプレイできる最速試遊体験会をファミ通グループが実施します!

コンピュータ町内会 各投稿コーナー更新!

俺の恩返し、ナッツ・ザ・レジェンド、俺の推理の3コーナーを堂々更新。史上空前の大接戦となった最新投稿者ランキングは、いよいよ来週決着!! 震えて、えずいて、下唇を噛んで待て!!

社長! 『桃鉄』が3DSで出発ですぞ! 『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』を紹介

任天堂より2016年12月22日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』を紹介する。

12月9日21時よりプロゲーマーのsako選手をメインキャストにしたニコ生番組“ファミ通のせやなTV(仮)”の第2回が放送

2016年12月9日21時より、プロゲーマーのsako選手をメインキャストにしたニコ生番組“ファミ通のせやなTV(仮)”の第2回が放送される。

『スターオーシャン:アナムネシス』配信スタート! 事前登録者数は53万人を突破、全特典配布へ

スクウェア・エニックスは、スマートフォン用ゲーム『スターオーシャン:アナムネシス』を、本日2016年12月8日より配信開始した。

『萌え萌え2次大戦(略)3』“日本”、“連合”、“ドイツ”各ルートのシナリオの見どころが公開

システムソフト・アルファーは、2017年1月26日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita、PC用ソフト『萌え萌え2次大戦(略)3』について、公式サイトを更新し“日本ルート”、“連合ルート”、“ドイツルート”のシナリオの見どころを追加、さらに“ギャラリー”にて3Dキャラクターを公開した。

舞台『パタリロ!』開幕! 衝撃の劇中カット&キャストコメントが到着

東京・新宿の紀伊國屋ホールにて開幕した舞台『パタリロ!』のキャストコメント・オフィシャルカットが到着。

音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky』全国コンクールはセミファイナルへ! 星奏学院と神南高校が激突

本日2016年12月8日(木)より開幕した、音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』のゲネプロ公演をリポート。