携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> アーケードゲーム『ガンダムVS.ガンダムNEXT』に隠し機体が登場

アーケードゲーム『ガンダムVS.ガンダムNEXT』に隠し機体が登場

2009/4/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●隠しボスがプレイヤー機体に!

 

 バンプレストのアーケードゲーム『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT』で、一定条件を満たした状態で最終ステージに到達すると隠しボス機体として出現した“ストライクフリーダムガンダム”が、2009年4月中旬からプレイヤー機体として使用可能になることが明らかになった。


sutofuri

sutofuri1

sutofuri2

sutofuri3

sutofuri4

sutofuri5

▲アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』で物語終盤にキラ・ヤマトが搭乗した最新鋭の高性能モビルスーツ。オールレンジ攻撃が可能なスーパードラグーンや、チャージショットでは同時に2機を攻撃可能なマルチロックオン、そしてブースト消費量が半分になる“S.E.E.D.”など多彩で強力な武装を持つ。S.E.E.D.発動中はチャージショットがハイマットフルバーストになるなど、攻撃面でもパワーアップする。機体コストは3000。

 

 また、2009年4月24日からはゲームをプレイすることでさまざまなプレゼントが入手できる“NEXTダッシュキャンペーン”がスタート。“ガンダムVS プレゼントコース”と“NEXTトライアルコース”のふたつが用意されており、それぞれにレアグッズを用意。参加には公式サイトでのユーザー登録が必要なので、興味がある人はチェックしておこう。


【ガンダムVS.プレゼントコース】

キャンペーンサイトで必要事項を入力してユーザー登録、応募するだけで、抽選で『ガンダム』関連ゲームソフト1本と本体1台をセットで20名にプレゼント。

【NEXTトライアルコース】

ゲームプレイで得たキャンペーンワードを携帯キャンペーンサイトに登録すると、各賞に自動エントリー。賞の課題を満たしていれば、1度の登録で3賞すべてに同時エントリーすることも可能となっている。賞品はいずれもこのキャンペーンでしか手に入らないオリジナルグッズなのでプレイして獲得したキャンペーンワードはそのつど登録しておこう。
 

<Gパイロット賞(期間ごとに20名)>

期間ごとに変わる課題に沿ったキャンペーンワードで特製QUOカード抽選権を付与。さらに、プレイしたモビルスーツ待ち受けも入手できる。

<NEXTターゲット賞(期間毎に100名)>

Gパイロット賞応募時に、さらに追加条件を満たしたキャンペーンワードの場合、特製カラビナストラップ抽選権を付与。

<機動戦士賞(すべての『ガンダムNEXTプレイヤー』に)>

課題やFINAL NEXTステージに関係なく、どんなキャンペーンワードでも登録すれば

携帯用特製待ち受けをプレゼント。(待ち受けは期間ごとにさまざまなものがランダムで獲得できる)

3

6

特製QUOカード

特製カラビナストラップ


特製待ち受け画像

1

2

4

5



※『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT』の公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『GRAVITY DAZE 2』“空へ落ちる”感覚と、グンと向上した操作性が快感! 総まとめ&インプレッション

PS4用ソフト『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』の情報を総まとめ! 前作経験者ならではの視点で新要素を解説。

舞台『BIOHAZARD THE Experience』製作記者発表会リポート! 日本を舞台にしたオリジナルストーリーが語られる

2017年1月18日、東京・新宿村スタジオにて、『バイオハザード』シリーズを題材にした舞台『BIOHAZARD THE Experience』の製作記者発表が行われた。その模様をリポートする。

『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 二迅の烈風、来たる!

アークシステムワークスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、人気対戦格闘ゲーム最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』 の最新情報を公開した。

スクウェア・エニックスの完全新規RPGプロジェク ト『Project OCTOPATH TRAVELER』が始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『Project OCTOPATH TRAVELER』の最新情報を公開した。

『いけにえと雪のセツナ』懐かしの王道RPGが鮮やかに紡がれる

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『いけにえと雪のセツナ』の最新情報を公開した。

『魔界戦記ディスガイア5』Nintendo Switchのローンチタイトルとして登場

日本一ソフトウェアは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『魔界戦記ディスガイア5』の最新情報を公開した。

サービス15年目に突入する『ラグナロクオンライン』2017年の方針は「MMORPGらしさの提案」、運営のキーパーソンにインタビュー

PC用MMORPG『ラグナロクオンライン』は2017年12月に正式サービス15周年を迎える。そんな記念すべき今年はどんな施策を打ち出すのか。運営チームのキーパーソン3人に話を伺った。

『みんなでワイワイ! スペランカー』あの最弱(?)主人公が帰ってきたよ!!

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用ソフト『みんなでワイワイ! スペランカー』の最新情報を公開した。

【ファミ通ch】FFの生みの親・坂口博信氏が『FFIII』のクリスタルタワーに挑戦!(2017年1月21日21時から)

本日(2017年1月21日21時から)、週刊ファミ通のニコニコ公式生放送"ファミ通チャンネル"にて、『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親である ミストウォーカーの坂口博信氏が、『ファイナルファンタジーIII』(ミニファミコン版)をプレイします。