携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 役員たちのバンド演奏も披露!コーエーテクモホールディングスがパーティーを開催

役員たちのバンド演奏も披露!コーエーテクモホールディングスがパーティーを開催

2009/4/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●世界ナンバーワン企業を目指して両社が一枚岩に

 

 2009年4月15日、東京の帝国ホテルでコーエーテクモホールディングスがパーティーを開催した。コーエーテクモホールディングスは、2009年4月1日に設立された、コーエーとテクモの共同持株会社。コーエーテクモホールディングスの設立により、両社の経営は統合された。

 

 このパーティーは、コーエーとテクモのスタッフの懇親と新入社員の歓迎などを目的とした催しで、報道向けの発表はなかったが、ステージではほかでは見られない、プレミアム感の高いイベントが行われた。
 

kotec0009

kotec0011

▲クリックすると拡大します(以下同)。


 ます、ステージに登場したのは、コーエー専務取締役執行役員CFOでコーエーテクモホールディングス執行役員CFOの浅野健二郎氏。何とアメフトのコスプレで登場した。これはテクモの名作スポーツゲーム『テクモスーパーボウル』にちなんだコスプレ。ともに登場した女性社員のかたは古風な着物姿で、こちらは織田信長の妻、濃姫をイメージしたという。『信長の野望』シリーズにちなんだ衣装で、両方合わせて、コーエーテクモホールディングスを体を張って表したというわけだ。浅野氏は「コーエーとテクモが世界ナンバーワン企業となるために、お互いがんばっていきましょう!」と気勢を上げた。

 

kotec0002
kotec0003

▲浅野氏が登場すると会場が大いに湧いたが、これまで浅野氏はコーエーの忘年会などでもコスプレを披露してきたとのこと。すでに『信長の野望』、『三國志』、『大航海時代』の3シリーズにちなんだ“コスプレ三部作”は完結。外部には知られざる姿だが、コーエー社内ではおなじみのようだ。

 

 続いて登場したのは、コーエーのファウンダー取締役名誉会長でコーエーテクモホールディングス取締役の襟川恵子氏。以下のように挨拶した。

 

kotec0004

 「(今日は新入社員歓迎会も兼ねていますが)ここいる全員にとってホールディングス設立による経営統合に関してはまったくの新人です。前人未踏の地にチャレンジしていきましょう。シナジー効果はみなさん自身が作りだしていくものです。世界ナンバーワン企業を目指してがんばりましょう!」(襟川氏)

 

 襟川氏の口から飛び出したのも、浅野氏と同じく「世界ナンバーワン企業」という言葉。コーエーテクモホールディングスの経営陣が持つ理想の高さがうかがえる言葉だが、会場に訪れたスタッフの数と熱気から、その理想が高すぎることはないことが感じられた。
 

 乾杯の音頭を取ったのはコーエー代表取締役執行役員会長CEOでコーエーテクモホールディングス執行役員の伊従勝氏。伊従氏は「国内で1220名、海外に315名、合計1535名の大きな世帯となりました。シナジー効果を発揮してがんばっていきたいと思います」と挨拶し、コーエーとテクモを合わせた略語、“コーテク”に、上昇していく意味の“アップ”をつけて「コーテク、アップ!」とかけ声をかけた。これに1000人以上のスタッフが呼応した乾杯は圧巻。コーエーテクモホールディングスの勢いを感じざるを得ない迫力だった。

 

kotec0005

▲伊従勝氏が使った“コーテク”という略語は一般に浸透するか!?

 

kotec0001

▲コーエーとテクモが擁するトップクリエーターももちろん会場に。左からコーエーの鯉沼久史氏(代表作:『無双』シリーズなどのωフォース作品など)、テクモの菊地啓介氏(代表作:『零』シリーズなど)、コーエー鈴木亮浩氏(代表作:『真・三國無双 MULTI RAID 』など)、テクモの早矢仕洋介氏(代表作:『NINJA GAIDEN Σ』など)。菊地氏は「『零』シリーズや『刻命館』など、テクモのダークサイドを担当しています」と、いつものように笑いをとり混ぜて自己紹介してくれた。

 

 会場が和んできたところで、ステージでほかでは見られないアトラクションが行われた。何と、コーエーテクモホールディングスの役員が結成したバンドが歌って、演奏して、踊る、“役員バンド”が披露されたのだ。

 

kotec0012

▲前列左から原毅氏(テクモ取締役、コーエーテクモホールディングス執行役員)、松原健二氏(コーエー代表取締役執行役員社長COO、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長)、襟川恵子氏、柿原康晴氏(テクモ代表取締役会長、コーエーテクモホールディングス代表取締役会長)、阪口一芳氏(テクモ代表取締役社長、コーエーテクモホールディングス取締役)、伊従勝氏。以上前列はボーカル。後列左から、ドラムの小林伸太郎氏氏(コーエー取締役、コーエーテクモホールディングス執行役員)、ベースの襟川陽一氏(コーエーファウンダー取締役最高顧問、コーエーテクモホールディングス取締役)、ギターの保坂正敏氏(コーエー常務執行役員)、ギターの真保安一郎氏(コーエー執行役員)、キーボードの杉山芳樹氏(コーエー専務取締役執行役員、コーエーテクモホールディングス執行役員)。


kotec0013
kotec0014
kotec0015
kotec0016


  演奏したのは『イパネバの娘』、『思い出の渚』、『ダイアナ』という懐かしい3曲。襟川恵子氏、柿原康晴氏、松原健二氏といったボーカル陣を、襟川陽一氏らの演奏が支えるという、たいへん豪華なメンバーだ。襟川恵子氏は振り付けを交えながら感情を込めて歌い、ほかのボーカル陣も体をスイングさせたりしながら襟川氏に合わせ、息の合った様子を見せてくれた。ミスのないパーフェクトなパフォーマンスだったうえ、役員自らがバンド演奏という異色なことに挑むことで、会場を乗せることにも成功。とくに新入社員のテーブルからは大きな歓声が上がっていた。コーエーテクモホールディングスが「新しいことに挑戦する」(襟川恵子氏)姿勢を見せてくれた。

 

 パーティーはそのあと、歓談タイムに突入。終了時間まで参加人数が減ることなく、懇親が深められた。新会社の規模の大きさとともに、コーエーとテクモが一枚岩となり、まさにコーエーテクモホールディングスが成立したことが印象づけられたパーティーだった。

 

※コーエーテクモホールディングスの公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『リアルドライブ』が7月29日より、ラゾーナ川崎に期間限定で登場!

バンダイナムコエンターテインメントは、東京・台場で開催されている“VR ZONE Project i Can”(10月中旬までの期間限定運営)にて好評を博したスポーツ体感マシン『リアルドライブ』を、神奈川・ラゾーナ川崎に期間限定で設置することを発表した。

初音ミク史上初となる単独フルオーケストラコンサート“初音ミクシンフォニー”当日の演奏曲目(セットリスト)が遂に公開!

ワーナーミュージック・ジャパンにより2016年8月26日に開催予定の単独フルオーケストラコンサート“初音ミクシンフォニー”について、当日の演奏曲目(セットリスト)が公開された。

『ディシディア ファイナルファンタジー』本日のバージョンアップでカインが参戦!

稼動中のアーケードゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』が、本日7月28日にバージョンアップを実施し、『ファイナルファンタジーIV』のカインが参戦した。

『太鼓の達人 ドコドン!ミステリーアドベンチャー』“パズドラパック”を期間限定で無料配信開始!

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『太鼓の達人 ドコドン!ミステリーアドベンチャー』について、2016年7月28日より“パズドラパック”の無料配信を開始したことを発表した。

PS4専用ストリートバスケットボールゲーム『3on3フリースタイル』今秋発売決定!

JoyCityは、同社初のコンソールゲームとなるプレイステーション4専用ソフト『3on3フリースタイル』を2016年秋に発売すると発表した。

『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』DLCサマーセールを本日7月28日より開催!

日本ファルコムは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』について、本日2016年7月28日より“DLCサマーセール”を実施する。

ゴジラとエヴァ初号機が融合!? 30cm超・咆哮姿のフィギュアが登場

バンダイ公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”では、アニメ『エヴァンゲリオン』の“初号機”が“ゴジラ”と融合したイメージをフィギュア化した“ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態”の予約受付を、本日2016年7月28日(木)16時より開始する。

【ロングインタビュー】いま聞けることをすべて聞いた! 名越総合監督が語る『龍が如く6 命の詩。』

2016年7月26日、“桐生一馬伝説、最終章”という衝撃のメッセージとともに、新情報が公開されたPS4ソフト『龍が如く6 命の詩。』(2016年12月8日発売予定)。シリーズの区切りとなるという本作について、シリーズ総合監督を務める名越稔洋氏にその胸中にある想いを聞いた。

国内インディーゲームシーンの過去と未来をつなぐカギが、ここにある! 『Branching Paths』試写会レポート

2013年から2015年までの日本インディーゲーム・シーンの軌跡を収めたドキュメンタリー映画『Branching Paths』(制作・ASSEMBLAGE/83分)。そのリリースを直前に控えての、メディア・関係者対象の試写会が、2016年7月25日に行われた。

舞台『おそ松さん』に6つ子のイケメンver.“F6”登場! キャストも解禁

2016年9月より順次、大阪・東京にて上演予定の舞台「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN'S SHOW TIME〜」について、新キャストが解禁。6つ子のイケメンバージョン、通称“F6”の出演が決定した。