携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『BAYONETTA(ベヨネッタ)』、『エンド オブ エタニティ』――セガの2009年主力タイトル群がお披露目に

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』、『エンド オブ エタニティ』――セガの2009年主力タイトル群がお披露目に
【セガ コンシューマ新作発表会 2009】

2009/4/14

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●春以降に発売される厳選された3タイトルを紹介!

 

 セガは2009年4月14日、東京の秋葉原にあるUDXシアターで“セガ コンシューマ新作発表会2009”を開催。2009年上半期に発売される家庭用ゲーム向けの主力タイトルと、下半期に発売される新作タイトルの一部をお披露目した。

 

WA3_2798

▲川越氏は「下半期には、本日発表のタイトル以外にも数多くの作品がスタンバイしております」とソフトラインアップのさらなる充実も約束した。

 セガの執行役員 国内CS事業部 事業部長の川越隆幸氏は発表会冒頭で、今年のセガの戦略について語った。同氏はまず2008年の国内ゲーム市場が、市場規模が5年ぶりに前年割れとなったことなどに触れ「山あり谷ありの1年だったと思います」と説明。セガについても「全体としては苦しい1年だった」と規模縮小の影響を受けたとしつつ、一方でプレイステーション3用ソフト『龍が如く3』、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ファンタシースターポータブル』がともにハーフミリオンを達成するといった明るい話題があったことも述べた。そういった前年の傾向を受け、今年のセガは「昨年よりタイトルを絞り込んで質の高いタイトルを厳選し、皆さんに感動と元気を与えたい」という方針で進むと宣言。発表会ではその中からキラータイトルとなるべく3作品を紹介するとして挨拶を終えた。

 

 最初に発表されたのは、パズルゲームの大定番『ぷよぷよ』シリーズの最新作ニンテンドーDS、PSP、Wii用ソフト『ぷよぷよ7』(ニンテンドーDS版は2009年7月30日発売予定、PSP、Wii版は2009年冬発売予定)。プロデューサーの細山田水紀氏によれば、本作のコンセプトは“へんしん”と“あんしん”で、前者には斬新な新ルールの投入、後者にはチュートリアルの充実といった意味が込められているのだという。

 

 新ルール“だいへんしん”は落ちてくる“ぷよ”の大きさが変身することで、一発逆転&大連鎖が狙えるというもの。ぷよが大きくなる“デカぷよラッシュ”では通常同色4個で消えるぷよが3個で消せるようになり、加えて連続で消せばたとえ連鎖を組まずとも連鎖扱いとなる“うわのせれんさ”が可能に。細山氏によれば、このシステムでは最大99連鎖まで重ねられるとのことで、初心者でもハイスコアを狙うことができそうだ。“ちびぷよフィーバー”ではぷよが縮小。また、あらかじめ連鎖が作られた“連鎖のタネ”が降ってくるようになるため、誰でも連鎖の爽快感が楽しめるのだ。
 

WA3_2823

WA3_2815

▲ゲームには新旧のキャラをユーザーアンケートなどを参考に収録。へんしんというコンセプトに沿って、子供、大人へと姿を変化することなども細山田氏より明かされた。


 あんしんのチュートリアルモードは、その名も“がっこう”。前作の“じゅぎょう”モードをよりパワーアップした内容で「シリーズ最高傑作と言ってもいいデキ」と細山氏が語るとおり、初心者向けから上級者向けまでのテクニックを網羅した仕上がりになっているとのことだ。

 

 プレゼンの最後には、『ぷよぷよ7』のプロモーションキャラクターに女優の戸田恵梨香を起用したことが発表に。発表会終了後には本人が登場してのトークショーも開催されたので、そちらの模様は別記事にてお届けする。


『ぷよぷよ7』スクリーンショット(ニンテンドーDS版)

puyo7_001_title
puyo7_002_op
puyo7_005_4nin
puyo7_006_8nin
puyo7_003_henshin1
puyo7_004_henshin2
puyo7_007_puyo1
puyo7_008_puyo2
puyo7_009_nazo
puyo7_010_fv
puyo7_011_wifi
puyo7_014_manzai
puyo7_012_story1
puyo7_013_story2

 

WA3_2889

▲ド派手なアクションがウリの本作だが、橋本氏いわく「実際に触ってもらえれば、簡単に操作できることに驚くと思います」と誰でも楽しめる作りになっているという。

 続いて登場したのは、セガとプラチナゲームズがタッグを組んで贈る2009年秋発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『BAYONETTA(ベヨネッタ)』。これまでにムービーやスクリーンショットは多数公開されている本作だが、今回はついに実機でのデモプレイがお披露目となった。プレゼントを行ったプラチナゲームズ、プロデューサーの橋本祐介氏はデモプレイに先立って、本作では「悪対善がコンセプトの重要なひとつ」と語り、“ルーメンの賢者”と“アンブラの魔女”という対立する種族を紹介。主人公のベヨネッタがアンブラの魔女側で、敵として登場する天使たちがルーメンの賢者側に類すると思われるが、詳細については「ともに滅び去った種族で、物語に大きく関わってきます」という部分のみが明かされた。

 

 本作が謳う“クライマックス・アクション”については「どんな場面でも映画のクライマックスのような度肝を抜くシーンが連続する」と解説。続いてお披露目されたデモプレイでは、その言葉どおりの映像が展開されることになった。まず最初に映し出されたのは倒壊し崖から落下する時計台を舞台としたベヨネッタと天使たちのバトル。徐々に近づいてくる地面を背景に映しながら戦う緊張感はただものでなく、落下する瓦礫から瓦礫へ飛び移りながらの攻撃といったアクロバティックな演出にも目を奪われる。天使たちに対するベヨネッタのアクションは、蹴りを放ったあとそのまま足に装着した銃で発泡や、刀による斬りつけ、使用時には一瞬衣装が脱げてしまう髪の毛を媒介にした魔人召喚など、残酷かつ美しいといった表現がピッタリ。橋本氏の「単純に敵を倒していくだけでなく、遊ぶ人のテンションを高く保つのがクライマックスアクションです」という言葉に深くうなずける仕上がりとなっていた。 
 

WA3_2884

▲『BAYONETTA(ベヨネッタ)』は次元の狭間で天使と戦っているため、ふつうの人間には見えないといった世界設定の一旦も明らかに。ちなみに、プレイ中ふつうの人間は半透明で表示され、ベヨネッタが何かしらのアクションを仕掛けると、超常現象などと勘違いして逃げ出していく。

 

 もうひとつのシーンでは中ボスとの戦いも。その大きさはベヨネッタの数倍もあるのだが、橋本氏によればこれはまだまだ小さいほうで、ステージのボスクラスには「こんな敵どうやって戦うの? これはひとつのステージなのでは? と思えるほど巨大なものを用意しています」とのこと。


『BAYONETTA(ベヨネッタ)』スクリーンショット

BAYONETTA_010

BAYONETTA_009

BAYONETTA_008

BAYONETTA_007

BAYONETTA_006

BAYONETTA_005

BAYONETTA_004

BAYONETTA_003

BAYONETTA_002

BAYONETTA_001

key_visual_bayo_RGB_big


 先日発表されたばかりのセガとトライエースによるプレイステーション3、Xbox 360用完全新規のオリジナルRPG『エンド オブ エタニティ』(2009年冬発売予定)は発表会の最後に登場。セガからはCS編成室室長の宮崎浩幸氏が、トライエースからは代表取締役の五反田義治氏が登壇した。


WA3_2910

WA3_2919

▲セガの宮崎氏(左)とトライエースの五反田氏。ふたりで『エンド オブ エタニティ』の紹介を行った。


 宮崎氏は「ずっと発表したかったのですが、思いのほかセガの機密保持能力が高くて(笑)」とジョークを織り交ぜつつ、本作について「臆面もなく言えば、超大作です。いや、“超”大作ですかね」と断言。「トライエースとセガのスタッフたちは、この作品で10年間は食っていこう、という気持ちで作っています」と開発現場のモチベーションもいつになく高いことをアピールした。

 

 「典型的なRPGを打ち破る第1歩だと思います」と五反田氏も本作にかける強い意気込みを披露。ゲームのコンセプトについては「これまで我々が培ってきたノウハウを活かして最高のものを作るのはもちろん、RPGとしてユーザーが本当に楽しめるよう世界観を大事にしたいと思います。またバトルも追求し、剣と魔法ではなく銃撃を中心としたド迫力のシステムになっています」と、いままでのトライエース作品とは異なる色合いになることを強調した。最後に両氏はRPGファンに向け、それぞれつぎのようにメッセージを送った。


 「完全新作で大型タイトルを日本から立ち上げるというのは、昨今難しくなってきています。これをやるには勇気と信念がなければできないでしょう。でも、難しいことではあるけれど、それを日本のメーカーがやっていくのは、セガに限らず絶対に必要なことだと思います。パートナーであるトライエースさんが、その勇気と信念の根拠を与えてくれたのだと思います」(宮崎)
 

 「トライエースでは新しい作品を作るときはいつも、新しい何かにチャレンジしたいと考えています。今回も新作ということで開発スタッフ一同最高のものを作り上げるため努力していますので、もうしばらくお待ちください。ぜひご期待していただければと」(五反田)

 
『エンド オブ エタニティ』スクリーンショット

EoE_012_movie1
EoE_013_movie2
EoE_014_movie3
EoE_015_movie4
EoE_005_battle1
EoE_006_battle2
EoE_007_battle3
EoE_008_battle4
EoE_004_event
EoE_009_city
EoE_010_field
EoE_011_field
EoE_001_zepher
EoE_003_subject20
EoE_002_vashyron
EoE_keyvisual


●体験会では上半期、下半期の新作タイトルがズラリ


 発表会終了後には、会場をUDXギャラリーに移して新作タイトルの体験会も実施。この日紹介された主力3タイトルでは『ぷよぷよ7』のみがプレイアブル出展で、『BAYONETTA(ベヨネッタ)』と『エンド オブ エタニティ』は残念ながら映像出展のみとなっていた。そのほかの出展タイトルを、最新スクリーンショットと合わせてお届けする。
 

WA3_2996

WA3_3010

▲発表されたばかりのタイトルが早くも登場した体験会。

 

WA3_3024

WA3_3042

▲セガパートナーズのメーカーからはアークシステムワークスのプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ブレイブルー』やグレフのXbox 360用ソフト『まもるクンは呪われてしまった!』などが出展。ジェンタープライズは、ニンテンドーDS用カーゲーム『CLASH KING』を初お披露目(右写真)。


『プロ野球チームをつくろう! 2』
ニンテンドーDS/2009年5月21日発売予定/5229円[税込]

yakyutuku_rogo_09

yakyu01

yakyu02

yakyu03

yakyu04

yakyu05

yakyu06

yakyu07

yakyu08

yakyu09

yakyu10

yakyu11

yakyu12


 

logo

packe

 

『涼宮ハルヒの直列』
ニンテンドーDS/2009年5月28日発売予定
5040円[税込]

haruhiDS_01

haruhiDS_02

haruhiDS_03

haruhiDS_04

haruhiDS_05

haruhiDS_06

haruhiDS_07

haruhiDS_08


『無限航路』
ニンテンドーDS/2009年6月11日発売予定/5500円[税込]

logo

infinite_01_story

infinite_02_story

infinite_03_story

infinite_04_story

infinite_06

infinite_07

infinite_09

infinite_10

yuri

tosuka

ch


『ソニック クロニクル 闇次元からの侵略者』
ニンテンドーDS/2009年8月6日発売予定/5040円[税込]

JPN_SONICCHRONICLES_logo

sonicRPG_001_op

sonicRPG_002_event1

sonicRPG_003_event2

sonicRPG_004_event3

sonicRPG_005_field1

sonicRPG_006_field2

sonicRPG_007_field3

sonicRPG_008_field4

sonicRPG_009_battle1

sonicRPG_010_battle2

sonicRPG_011_battle3

sonicRPG_012_escape

sonicRPG_013_Lvup

sonicRPG_014_move

sonicRPG_015_chao


『BLEACH DS 4th:フレイム・ブリンガー』
ニンテンドーDS/2009年夏発売予定/価格未定

BLEACH_DS4_LOGO_FIX

bch01

bch02

bch03

bch04

bch05


『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-』
PSP/2009年7月2日発売予定/6090円[税込]

logo

miku01

miku02

miku03

miku04

miku05

miku06

miku07

miku08

miku09

miku10

miku11

segamk2_A4

 

 

 

Illustration by KEI


※『ぷよぷよ7』の公式サイトはこちら

※『BAYONETTA(ベヨネッタ)』の公式サイトはこちら

※『エンド オブ エタニティ』の公式サイトはこちら

 

【セガ コンシューマ新作発表会 2009】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『モンスターハンタークロス』の開発秘話も明らかに! プレゼントクイズ&開発者トークステージをリポート【マチ★アソビ vol.16】

徳島で開催されているイベント“マチ★アソビ vol.16”にて、2016年5月3日、両国橋西公園で行われた“『モンスターハンター』シリーズ 豪華賞品プレゼントクイズ&開発者トークステージ”のリポートをお届けする。

結局のところ、おっさんゲーマーは“若者の祭典”を楽しめたのか? つれづれリポート【ニコ超2016】

2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されたニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。ここでは、取材記者(団塊ジュニア世代ゲーマー)が、会場で気になったブースを独断で紹介する。

SEGA feat. HATSUNE MIKU Projectの今後のヒントが盛りだくさん! 徳島まで来て“と〜くしま”した。Vol.3イベントリポート【マチ★アソビ vol.16】

2016年5月3日に開催された“マチ★アソビ vol.16”。同イベントで行われたトークイベント“徳島まで来て”と〜くしま”した。Vol.3”のリポートをお届け。

『ドラゴンクエストヒーローズII』各国の要人が大戦乱のカギを握る!? 待ち受ける強敵も一部公開

『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』物語のカギを握る、各国の王族たちや、冒険中にあいまみえる強敵たちに関する最新情報が公開!

【リリース追記】新作FPS『サドンアタック2』日本サービスが決定! 本日公式サイトがオープン

ネクソンは2016年5月4日に、PC用FPS『サドンアタック2』について、日本国内でのサービスを行うことを発表した。また、本日公式サイトがオープンしている。

第4代ゲーマーズエンジェルコンテスト 応募はまだ間に合う!

週刊ファミ通の創刊30周年を記念して、第4回ゲーマーズエンジェルコンテストの開催が決定! 週刊ファミ通の誌面や配信番組で活躍したいと思うゲームが大好きな女の子たちを、読者の皆さんの中から募集します!

『TERA』新ダンジョン“暴君デュリオンの潜伏地”がお披露目に【Pmang感謝祭】

2016年5月3日に東京・秋葉原で開催されたオフラインイベント“Pmang感謝祭”にPC向けMMORPG『TERA :The Exiled Realm of Arborea』(以下、『TERA』)が出展。この日に会場で行われた同作のステージイベント“テラライブ!〜Vol.16〜感謝祭特番”の模様をリポートする。

『ロードス島戦記オンライン』の新クラスは“シャーマン”!【Pmang感謝祭】

ゲームオンが運営するポータルサイト“Pmang”のオフラインイベント“Pmang感謝祭”が2016年5月3日、東京・秋葉原にて開催。その一環として行われた『ロードス島戦記オンライン』のステージで、次期アップデートの詳細が発表された。

『ガンスト2』の集大成&まもなく稼動の『3』の情報も公開! 『ガンスリンガーストラトス2』超天空杯リポート

2016年4月30日に行われた『ガンスリンガーストラトス2』の全国大会、“超天空杯(スーパーストラトスカップ)”をリポート。

『ゴエモン』を遊ぶ『原由実の○○放送局 大盛』第9回は本日2016年5月4日20時より生放送

声優・歌手として活躍する原由実さんのニコ生番組『原由実の○○放送局 大盛』第9回は、2016年5月4日20時〜21時30分に放送。