携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360用ソフト『Mass Effect(マスエフェクト)』の最新情報が公式サイトで順次公開をスタート

Xbox 360用ソフト『Mass Effect(マスエフェクト)』の最新情報が公式サイトで順次公開をスタート

2009/4/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●最新情報なども続々と明らかに

 2009年5月21日発売予定のXbox 360用オリジナルRPG『Mass Effect(マスエフェクト)』。発売元のマイクロソフトでは、同作の最新ゲーム情報を、2009年4月10日より順次公式サイトにて公開していくことを明らかにした。今回は、公式サイトでの公開に先駆けて、『Mass Effect(マスエフェクト)』の3つの特徴を紹介しよう。

 時間と空間を支配する大いなる技術“マスエフェクト”を巡り、銀河を巡る壮大な陰謀が展開される『Mass Effect(マスエフェクト)』。骨太なSFストーリーが展開される本作は、海外ユーザーからの評価も極めて高い。その全貌が明らかになる日も近い。

■広大な銀河を自由に探索可能
『Mass Effect(マスエフェクト)』では、銀河を自由に旅することができる。未知の領域である銀河を巡り、陰謀と脅威の手がかりを追いながら、物語の核心に迫ることに……。広大な銀河にはさまざまな惑星があり、どの惑星を調査するかはプレイヤーの自由。それぞれの惑星には、新たな異星人との出会いや強力な技術の発見などがあり、探索を進めていくことで豊富なサブクエストやサイドストーリーが展開されることになる。

01gm01
02gm02
03gm03
04gm04
05jyou
06tansaku01
07tansaku02
08tansaku03
 

▲プレイヤーはノルマンディー艦内になるギャラクシーマップを使用することで、全銀河を移動できる。ギャラクシー マップは、全銀河を俯瞰して見ることができ、航行可能なクラスターや星系、惑星が順に表示される。星系では、惑星のほか、未知の小惑星や宇宙船などを発見する場合も。プレイヤーは惑星に到着後、部隊を編成し上陸する。惑星では環境や地形、建造物などに合わせて徒歩か、連合の歩兵戦闘車“MAKO”で地表を移動することになる。


■プレイヤーの決断がストーリーを紡ぐ、独自の会話システム
プレイヤーは、すべての会話シーンにおいて、主人公シェパードの言動を選択できる。プレイヤーの選択によって、シェパードのキャラクターやストーリーが変化する。目的のためには手段を選ばない冷徹なエージェントとなるか、やさしさときびしさを兼ね備えた英雄的な人物となるか……。映画的な手法を取り入れたカメラワークと映像演出が会話シーンを盛り上げる。

09
10
11
12
13
 

▲プレイヤーは画面下部に表示される会話リングを使って、シェパードの言動を選択し自由にストーリーを展開できる。通常の会話のほか、交渉や尋問の成功の可否はこの会話の選択にかかっている。選択によってメインストーリーやサイドストーリーが変化する場合もある。


■奥深いキャラクターカスタマイズ
『Mass Effect(マスエフェクト)』の大きな魅力のひとつが、豊富なバリエーションを持つキャラクターカスタマイズ機能。プレイヤーはゲーム開始時に、主人公シェパードのファースト ネーム、性別を選択。容姿の変更や出身や経歴などのシェパードのバックグラウンド、戦闘スタイルを決めるクラスを選択することができる。バックグラウンドの選択により登場人物の反応やサブクエストが変化する。装備する武器、防具によっても、キャラクターの外見は変化することに。

18
19
17
16
14
15

▲本作ではキャラクターカスタマイズが充実。主人公の容姿や出身地、経歴などを自由に決められる。出身地と経歴の選択によりストーリーが変化する。さらには、クラスの選択も可能。クラスは6種類ある。強靭な肉体を持つ前線兵士の“ソルジャー”、テクノロジーに特化したスペシャリストの“エンジニア”、バイオティックのエキスパート“アデプト”、戦闘能力が高くテクノロジーにも精通した“インフィルトレーター”、バイオティック能力とソルジャーの攻撃力をあわせ持つ“ヴァンガード”、テクノロジーとバイオティックの両方のスキルを持つ“センチネル”だ。どのクラスを選ぶかも物語を楽しむ醍醐味のひとつになる。


※『Mass Effect(マスエフェクト)』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンを走らせる! 撮影イベントが8月29日・30日に開催

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンの撮影イベントが、埼玉県・スーパーセカンドストリート大宮日進店にて2015年8月29日・30日に開催決定した。

『鉄拳7』公式賞金制大会のエントリー手続きがより簡単に

バンダイナムコエンターテインメントは、3D対戦格闘ゲーム『鉄拳7』の公式大会へのエントリー条件を変更し、より簡易にエントリーできるようにした。

VOCALOIDがUnityで使用可能に! 歌声ライブラリの開発の狙いなどが語られたショートセッションをリポート【CEDEC 2015】

2015年8月26日〜28日の3日間、パシフィコ横浜にて開催される、日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2015”。“VOCALOID for Unity”についてシステムや応用方法が語られたショートセッションをリポートしよう

『鉄拳』の原田勝弘氏が手掛けるWii U専用4人協力アクション『LOST REAVERS(ロストリーバース)』オープンβテスト近日開始決定

バンダイナムコエンターテインメントは、Wii U用オンライン協力財宝強奪アクションゲーム開発プロジェクト“PROJECT TREASURE”について、正式タイトルが『LOST REAVERS(ロストリーバース)』に決定したことと、オープンβテストの実施を発表した。

『妖怪ウォッチ』のハッピーセットは、全国各地方のマシンでしか手に入らない“ご当地妖怪カード”10種

日本マクドナルドは、『妖怪ウォッチ』の“ご当地妖怪カード”がセットになったハッピーセットを、2015年9月4日から期間限定で販売する。

プレイステーションのインディーズゲームを紹介するコンセプトビデオ“Spirit of Indies with PlayStation”をSCEJAが公開

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーションのインディーズゲームを紹介するコンセプトビデオを本日8月28日公開した。

『アリアズ カーニバル! サクラメント』OPムービー&新キャラクターのCGを公開【動画あり】

ヒューネックスは、2015年10月29日に発売を予定しているプレイステーション Vita用ソフト『アリアズ カーニバル! サクラメント』のオープニングムービーおよび新キャラクターのCGを公開した。

逆算した未来に力を注ぐ! シンラ・テクノロジーの和田洋一氏が、クラウドゲームが作り出すゲーム業界の次なる世界を語る【CEDEC 2015】

2015年8月26日から8月28日までの3日間、パシフィコ横浜で開催されるコンピューターエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2015”。ここでは、シンラ・テクノロジーの和田洋一氏が語るクラウドゲームの未来についての講演が行われた。その模様をリポートする。

『ドラゴンクエストVIII』史上初の公式ゲーム実況番組が決定! オーケストラ演奏も生中継

ドワンゴおよびニワンゴはニコニコ生放送にて、スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の発売を記念したゲーム実況番組を、8月29日(土)17時より配信する。また、オーケストラコンサートの生中継が8月28日(金)18時より実施となる。

『ドラゴンクエスト』これからの季節にぴったり! スライムの秋冬向けグッズが登場

スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する“スライム”をモチーフとした秋冬向けグッズを公開した。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS