携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360用ソフト『Mass Effect(マスエフェクト)』の最新情報が公式サイトで順次公開をスタート

Xbox 360用ソフト『Mass Effect(マスエフェクト)』の最新情報が公式サイトで順次公開をスタート

2009/4/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●最新情報なども続々と明らかに

 2009年5月21日発売予定のXbox 360用オリジナルRPG『Mass Effect(マスエフェクト)』。発売元のマイクロソフトでは、同作の最新ゲーム情報を、2009年4月10日より順次公式サイトにて公開していくことを明らかにした。今回は、公式サイトでの公開に先駆けて、『Mass Effect(マスエフェクト)』の3つの特徴を紹介しよう。

 時間と空間を支配する大いなる技術“マスエフェクト”を巡り、銀河を巡る壮大な陰謀が展開される『Mass Effect(マスエフェクト)』。骨太なSFストーリーが展開される本作は、海外ユーザーからの評価も極めて高い。その全貌が明らかになる日も近い。

■広大な銀河を自由に探索可能
『Mass Effect(マスエフェクト)』では、銀河を自由に旅することができる。未知の領域である銀河を巡り、陰謀と脅威の手がかりを追いながら、物語の核心に迫ることに……。広大な銀河にはさまざまな惑星があり、どの惑星を調査するかはプレイヤーの自由。それぞれの惑星には、新たな異星人との出会いや強力な技術の発見などがあり、探索を進めていくことで豊富なサブクエストやサイドストーリーが展開されることになる。

01gm01
02gm02
03gm03
04gm04
05jyou
06tansaku01
07tansaku02
08tansaku03
 

▲プレイヤーはノルマンディー艦内になるギャラクシーマップを使用することで、全銀河を移動できる。ギャラクシー マップは、全銀河を俯瞰して見ることができ、航行可能なクラスターや星系、惑星が順に表示される。星系では、惑星のほか、未知の小惑星や宇宙船などを発見する場合も。プレイヤーは惑星に到着後、部隊を編成し上陸する。惑星では環境や地形、建造物などに合わせて徒歩か、連合の歩兵戦闘車“MAKO”で地表を移動することになる。


■プレイヤーの決断がストーリーを紡ぐ、独自の会話システム
プレイヤーは、すべての会話シーンにおいて、主人公シェパードの言動を選択できる。プレイヤーの選択によって、シェパードのキャラクターやストーリーが変化する。目的のためには手段を選ばない冷徹なエージェントとなるか、やさしさときびしさを兼ね備えた英雄的な人物となるか……。映画的な手法を取り入れたカメラワークと映像演出が会話シーンを盛り上げる。

09
10
11
12
13
 

▲プレイヤーは画面下部に表示される会話リングを使って、シェパードの言動を選択し自由にストーリーを展開できる。通常の会話のほか、交渉や尋問の成功の可否はこの会話の選択にかかっている。選択によってメインストーリーやサイドストーリーが変化する場合もある。


■奥深いキャラクターカスタマイズ
『Mass Effect(マスエフェクト)』の大きな魅力のひとつが、豊富なバリエーションを持つキャラクターカスタマイズ機能。プレイヤーはゲーム開始時に、主人公シェパードのファースト ネーム、性別を選択。容姿の変更や出身や経歴などのシェパードのバックグラウンド、戦闘スタイルを決めるクラスを選択することができる。バックグラウンドの選択により登場人物の反応やサブクエストが変化する。装備する武器、防具によっても、キャラクターの外見は変化することに。

18
19
17
16
14
15

▲本作ではキャラクターカスタマイズが充実。主人公の容姿や出身地、経歴などを自由に決められる。出身地と経歴の選択によりストーリーが変化する。さらには、クラスの選択も可能。クラスは6種類ある。強靭な肉体を持つ前線兵士の“ソルジャー”、テクノロジーに特化したスペシャリストの“エンジニア”、バイオティックのエキスパート“アデプト”、戦闘能力が高くテクノロジーにも精通した“インフィルトレーター”、バイオティック能力とソルジャーの攻撃力をあわせ持つ“ヴァンガード”、テクノロジーとバイオティックの両方のスキルを持つ“センチネル”だ。どのクラスを選ぶかも物語を楽しむ醍醐味のひとつになる。


※『Mass Effect(マスエフェクト)』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

めっちゃ長い! けど、めっちゃ楽しい! コラボ満載の音楽イベント“ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー!”

2014年11月22日(土)、神奈川県の横浜アリーナにて、“ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー!”が開催された。アニメ、ゲームの楽曲を歌う全20組のアーティストが集い、横浜アリーナをアニソンでアツく震わせた。

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その3 脇役編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の脇役編をお届け。

VRとARが未来のゲームを変える? SCEの講演2本をリポート【SAPPORO CEDEC 2014】

2014年11月21日(金)、22日(土)の両日、TKP 札幌カンファレンスセンターにて、SAPPORO CEDEC 2014が開催。ここでは、その開催2日目に行われた、ソニー・コンピュータエンタテインメントによるふたつのセッションの模様をお届けしよう。

「作ったのは、量産品ではなくキャラクター」 『シャイニング・レゾナンス』3Dモデルの魅力とは? Tony氏&フライトユニット松本氏インタビュー

『シャイニング・レゾナンス』のキャラクターデザインを手掛けたTony氏と、3Dキャラクターモデルを手掛けたフライトユニットの松本氏のインタビューをお届け。

アニメ『シドニアの騎士』が2015年3月6日より劇場公開決定――『BLAME! 端末遺構都市』の特別映像放送も!

テレビアニメ『シドニアの騎士』(原作:弐瓶勉)が再構成されて劇場映画として公開されることが決定した。

初心者だらけの講習会! 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』BOOT CAMPリポート

2014年11月22日〜23日、東京・品川のソニー・コンピュータエンタテインメントにて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の操作方法やプレイのノウハウを、“BOOT CAMP”と銘打ち、懇切丁寧に初心者に教える体験イベントが催された。

“はらみー”こと、声優・原由実さんの“バースデーライブ2015(仮称)”の先行販売が開始

声優・歌手として活躍する原由実さんが、地元・大阪で凱旋ライブを開催決定。しかも、バースデーライブ! そのチケット先行販売が開始されたので、気になる人は要チェック。

『たまごっち』の誕生日をフルーツポンチ&ドン小西がお祝い! 歴代『たまごっち』をトレンドで振り返るファッションショーも

初代『たまごっち』の誕生日である2014年11月23日、ダイバーシティ東京 プラザにて“たまごっち誕生祭2014”が開催。お笑いコンビ・フルーツポンチやドン小西がお祝いに駆け付けたスペシャルステージをリポート!

『ワンピース ダンスバトル』システム解説 フンドシ締めてダンスを黙って見届けろ!!!

バンダイナムコゲームスから配信されたばかりのリズムゲーム『ワンピース ダンスバトル』。本作をこれからプレイする人向けにゲームシステムについて解説する。

【レポートマンガ】特別編 ダンボールなめこが新作持参で編集部襲来『なめこのおさんぽ』

『なめこ栽培キット』シリーズでおなじみのキャラクター“なめこ”が活躍する新作をレポートマンガにてお届け。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS