携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ニンテンドーDS用『ゼルダの伝説』の新作からWiiウェア向け『ファイナルファンタジー』の新作まで、岩田社長の基調講演で新情報が続々と明らかに

ニンテンドーDS用『ゼルダの伝説』の新作からWiiウェア向け『ファイナルファンタジー』の新作まで、岩田社長の基調講演で新情報が続々と明らかに
【GDC09】

2009/3/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Wiiウェア用の新作『RockN’Roll Climber』や“バーチャルコンソール アーケード”なども

 2009年3月23日〜27日(現地時間)の5日間、アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターにて、ゲームクリエーターのための国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)09が開催。世界中のクリエーターによる技術交流を目的としたGDCでは、トップクリエーターらによる注目の講演が多数予定されている。ファミ通.comではその模様を総力リポートする。

P3260166 開催3日目となる3月25日(現地時間)には、GDC09のハイライトとでも呼ぶべき、任天堂の岩田聡社長による基調講演“新しい開発の機会を発見する”が行なわれた。GDCにおける岩田氏の基調講演は、2006年についで3年ぶりのこと。ニンテンドーDSやWiiの成功を受けての今回の基調講演は、世界を代表するクリエーターである宮本茂氏の開発スタイルなどを紹介しつつ、自身の開発に対する哲学を語るというもの。基調講演では、新たな情報が続々と飛び出したのだが、まずは新情報をまとめて紹介しよう。

 ファンにとっていちばんのビッグニュースは、ニンテンドーDS向けとして『ゼルダの伝説』の新作が発表されたこと。タイトルは『THE LEGEND OF ZERDA Spirit Tracks(仮題)』。その詳細などは不明だが、前作『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』(2007年発売)の操作方法を踏まえつつ、リンクが新たな冒険に出るといった内容のようだ。注目は、移動方法に蒸気機関車を使用する点で、機関車を操作するリンクが写しださせるや、会場からは大きな歓声が沸きあがった。『THE LEGEND OF ZELDA Spirit Tracks(仮題)』の北米での発売は2009年を予定しているとのことだ。

DSC_1014
DSC_1015
DSC_1018
DSC_1024


DSC_1027
DSC_1040
DSC_1052
DSC_1060

▲前作では船に乗れたリンクだが、本作では機関車に!? ちなみにサブタイトルの“Spirit Tracks”だが、Spiritは精霊、 Tracksは線路とか軌道といった意味合いを持つ。どのようなストーリーが展開されるのかな?


 また、Wiiウェア用の新タイトルとして『RockN’Roll Climber』も明らかに。ロッククライムをテーマにした本作は、バランスWiiボードとヌンチャクコントローラーを駆使して、激しい岩肌を登っていくゲーム。全世界で相当数普及しているバランスWiiボードの新しい遊びかたを提案するソフトと言えるだろう。日本発売などの詳細のついては未定だ。

DSC_8368
DSC_8367
DSC_8378

▲ロッククライミングを成功させるとギターが弾けるとのこと。まさに、ロック!!

 

DSC_8364

▲バランスWiiボードの新しい遊びかたを提案する『RockN’Roll Climber』。


 Wiiウェアでは、スクウェア・エニックスの『FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES: My Life as a Darklord』が発表。さらには『FINAL FANTASY IV THE AFTER YEARS』のリリースも明らかに。こちらは、タイトルからしてあるいは、ケータイ向けに配信されている『ファイナルファンタジーIV THE AFTER‐月の帰還‐』のWiiウェア版とも思われるが詳細は未定だ。しかも、バーチャルコンソールにて『ファイナルファンタジー』シリーズを順次展開していくことも明言。詳細は近日中にスクウェア・エニックスから発表されるとのことだが、日本では5月に最初のタイトルを発売し、その後5タイトルを予定しているとのこと。北米、ヨーロッパ、オーストラリアでは、1作目の『ファイナルファンタジー』と『ファイナルファンタジーIV』がリリースされるとのことだ。

DSC_8406
DSC_8410

▲『ファイナルファンタジー』の新作もWiiウェアに。


 システムまわりでは、“Wii System Menu 4.0”も明らかにされた。こちらはSDカードに保存したWii用のデータも、Wiiチャンネルとして見られるようになるというもの。さらには、従来までの2ギガバイトまでではなく、32ギガバイトのSDカードに対応。これによりひとつのSDカードに240タイトルまで保存しておくことができるようになる。ロード時間も相当短縮されているようで、SDカードにデータを保存してゲームを楽しむといった使い勝手のよさをさらに広げるものと言えるだろう。こちらは基調講演と同日に配信をされるとのこと(北米にて)。

DSC_8403
DSC_8393

▲SDカードの使い勝手をさらによくする“Wii System Menu 4.0”。


 さらに、新たに “バーチャルコンソール アーケード”もスタートすることがアナウンスされた。こちらのサービスはその名のとおり、アーケードの往年の名作を“バーチャルコンソール”にて配信するというもの。日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでサービスが開始され、まずは6タイトルがリリースされる。会場では、『スペースハリアー』や『マッピイ』、『スターフォース』といったタイトルを確認できた。“バーチャルコンソール アーケード”のサービス開始は、北米では基調講演と同日とのことだ。

P3260165

▲往年のアーケードの名作をWiiで配信する“バーチャルコンソール アーケード”がスタートする。

 

【GDC09】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

“dTV”2016年1月度人気アニメ1位は『おそ松さん』! 2月度イチ押しコンテンツも公開

話題のアニメ約500タイトルを始め、映画、ドラマ、マンガ、音楽ライブなど、12万作品以上を提供する映像配信サービス“dTV”。1月度のテレビアニメ視聴数ランキングと、2月度のイチ押しコンテンツの情報が到着したので、お届けしていく。

『龍が如く 極』とプレイステーション4のバレンタイン企画動画“コワモテの花道”が公開

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、2016年2月13日(土)、、セガゲームスの『龍が如く』とプレイステーション4のバレンタイン企画として、Web動画“コワモテの花道“を公開した。

『ロードス島戦記オンライン』オープンサービス直前! 開発のキーマンにインタビュー!

2016年2月16日より、ついに『ロードス島戦記オンライン』のオープンサービスが開始に。開発のキーマンに、原作への思い入れやオープンサービスの内容を聞く!

【毎週土曜日のこの時間に更新!】『ガンスリンガー ストラトス3』新ステージ・東京「新宿」の詳細に迫る!!

2016年春に稼動を予定しているスクウェア・エニックスのアーケードタイトル『ガンスリンガー ストラトス3』。今回の“ストラトス通信”では、『ガンスト3』からの新ステージ、東京「新宿」についてお届け。

バンダイナムコエンターテインメントが『ドラゴンボール プロジェクトフュージョン(仮) 』を始動! オリジナルフュージョンキャラクター募集!

バンダイナムコエンターテインメントは、『ドラゴンボール』の世界をテーマにした、新しいRPGを、2016年にニンテンドー3DS用ソフトとして発売することを発表。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』 “整備兵増強週間キャンペーン”が実施 ハンガーの整備成功率が大幅アップ

バンダイナムコエンターテインメントは、配信中のプレイステーション3用ガンダムオンラインバトルアクション『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』において、“整備兵増強週間キャンペーン”を実施した。

『黒い砂漠』メガサーバー導入日が2月24日に決定 すべてのサーバー間をシームレスに移動可能

ゲームオンは、サービス中のPC用MMORPG『黒い砂漠』において、“メガサーバーシステム”の導入日を2016年2月24日 (水)とすることを発表した。

『ブレス オブ ファイア6』子安武人さん、生天目仁美さんほか豪華声優陣が出演決定! 主人公ほかメインキャラのサンプルボイスも公開!

カプコンがPCとスマートフォン向けに2016年2月24日からサービス開始(iOS版は2016年3月以降予定)を予定しているのオンラインRPG『ブレス オブ ファイア6 白竜の守護者たち』。同作のプレイヤーの分身となる主人公に設定できる声優ボイスや、一部の登場人物で未公開だった出演声優とサンプルボイスが一挙公開された。