携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ゲームファンから見た『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』とは?

ゲームファンから見た『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』とは?

2009/2/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 

●ファン必見! 『ストリートファイター』が実写映画化!!

 

 全世界で2500万本を売り上げた大ヒット対戦格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズ。その生誕20周年を記念して、約10年ぶりに最新作『ストリートファイターIV』が、プレイステーション3とXbox 360で2009年2月12日に発売された。この盛り上がりは、ついに映画界まで飛び火。『ストリートファイター』シリーズを題材としたアクション映画『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』が2009年2月28日より新宿ミラノほかで全国ロードショーされるのだ。今回は、同作をいち早く試写したファミ通.com編集者が、映画のインプレッションをお届けする。

 

ストーリー

春麗は裕福な家庭に生まれたひとり娘。幼いころから大好きな父親にカンフーを習い、幸せいっぱいな暮らしの中で育っていった。しかし、ある日突然暴漢が彼女たちの前に現れ、春麗の目の前で父親が拉致されてしまう。それから10年後。美しい女性へと成長した春麗は、母の死後、悪の組織に拉致された父親の行方を捜すことを決意。可憐な少女だった春麗はきびしい修行を重ね、強く美しい“ストリートファイター”となり、さらわれた父親を助け出すため、犯罪組織に立ち向かう……。

 

 ゲームファンが『ストリートファイター』の実写映画と聞くと、’94年に上映されたジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の映画『ストリートファイター』を思い浮かべる人が多いはず。実際、筆者もあの怪作(?)を思い出しました。「やっぱり、ベガはバイソンに、バルログはベガに、というようにキャラクターの名前が入れ替わっていたり、役者はゲームと同じコスチュームに身を包んで……」などと、勝手に想像してしまっていたのである。ところが、実際に映画を見てみると、そんなことはありませんでした。コスプレした役者が暴れ回るのではなく、スタイリッシュな衣装の春麗がベガやバイソン、バルログといった悪の組織シャドルーの面々に立ち向かうという、ゲームの設定を活かしたアクション映画にしっかりと仕上がっていたのです。

 

 

 『ストリートファイター』シリーズの人気キャラクターであり本作の主人公である春麗は、『ストリートファイター』シリーズのファン、とくにゲームファンにとっては永遠のヒロインです。そんな春麗は、ファンにとってバイソンやバルログとは思い入れが違うのは言うまでもありません。そのため、春麗役に対するファンの目は相当にきびしいはずです。もちろん、筆者としてもその思いというか、不安は大きかった。しかし、その思いは、杞憂に終わりました。主演のクリスティン・クルックは、本作で見事に春麗を演じきっていたからです。新体操や空手の経験を活かしたアクロバティックなド派手なアクション。そして、美脚からくり出されるゲームおなじみの必殺技”スピニングバードキック”は、まさにゲーム画面から飛び出した春麗そのもののイメージ。このときばかりは、なぜ、彼女は春麗のコスチュームを着ていないのだろうと残念に思いました(笑)。

 

春麗

オリエンタルな雰囲気の漂うクリスティン・クルックは、春麗役にピッタリでした。

 

 

 ただ、実写映画ということで多少のツッコミどころはありました。逆に言えば、ゲームファンに注目してもらいたい部分でもあり。たとえば、ベガとバルログとバイソンはいるのにサガットが出てこないところ。「あれ? シャドルー四天王は?」とか、「ガイルじゃなくて、なんでナッシュ?」などと、気になったところはいくつかあります。そんな中でもいちばん印象に残ったキャラクターが、元。映画で元を見た際に、「おい、若過ぎだろ!」と思わず声が出してしまいそうになりましたから(笑)。たしか、ゲーム内における元の設定は、”齢70を超える老いた暗殺者”のはずですが……、どう見ても40代くらいにしか見えません。しかも、あのシャドルーの総帥ベガと元は“幼なじみ”なんだという。「どれだけ、世間狭いの……」と思ってしまうような一幕も。ただ、劇中で春麗に武術を教えているシーンは、ゲームファンとして非常に興味深かったですね。コアなファンならば、すぐにピンとくるはず。ゲーム内の春麗の技のひとつに”元伝暗殺蹴”という技があるんです。当時、この技の名前から「春麗の師匠は元なのかもしれない?」、などと推測していたファンも少なくありませんでした。映画のスタッフは、こういった、マニアックなファンにしかわからないような詳細な設定をも調べ上げて、映画に取り入れたのではないだろうか? こういった演出は、ゲームファンとして非常に好感が持てました。

 

どうみても70歳超えには見えない……。ゲーム内では、元と春麗の詳しい関係は描かれていなかっただけにファン必見。

 

ベガ

冷酷非道なベガのイメージは映画でもバッチリ再現されている。また、映画では“ホワイト・ローズ”なるものが、ベガの秘密に関係してくる。映画のラストに関わるので、詳しいことは書けないけれど、ゲームファンなら注目だ。

 

バルログ

ゲーム内では“仮面の貴公子”の異名を持つバルログ。映画では貴公子とはかけ離れているように見えるが、“暗殺者”という設定なのでコレはコレでありなのかも!?

 

バイソン

パンチは、ゲーム内と同じくすさまじい破壊力を誇っていた。しかも、頭脳戦に弱い一面が見られるなど、ゲーム内のイメージがしっかり再現されていました。

 

ナッシュ

ゲーム内でシャドルーを追うキャラクターと言えばガイルだったけれど、映画ではガイルの親友ナッシュが登場している。軟派な性格だったのはちょっと意外でした……。

 

 『ストリートファイター』ファンなら、ゲームと映画の相違点や細かいゲーム設定を活かしたストーリー展開などに注目すると、映画をより深く楽しめると思います。また、ゲームを知らない方でも、アクション映画として十分に楽しめる作りになっているので、少しでも興味を持っている方は映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

text by 豊泉三兄弟(次男)

 

クリスティン・クルック

1982年カナダ、バンクーバー生まれ。父はオランダ系、母はインドネシア出身の中国系。出演した高校演劇が偶然キャスティングディレクターの目にとまり、カナダのテレビシリーズ『Edgement』(2000年〜2005年)の主役のひとりに大抜擢される。翌年にはテレビ映画『スノーホワイト/白雪姫』(2001年)でタイトルロールを演じ、ミランダ・リチャードソンと共演。さらに立て続けにテレビシリーズ『ヤング・スーパーマン』(2001年〜)のヒロイン、ラナ・ヤング役に起用され、ティーン層を中心に人気を博す。映画『ユーロトリップ』(2004年・日本未公開)ではマット・デイモンと共演、また日本でアニメ化もされた『ゲド戦記』を実写化したミニシリーズ『ゲド/戦いのはじまり』(2004年)ではヒロインのテナー役を演じた。自然派コスメメーカー、ニュートロジーナの広告モデルを6年間務めたほか、自身のプロジェクト“Girls By Design”(若い女性たちを励まし、力づけることをテーマにしたウェブサイト)に情熱を傾けるなど女優業以外でも活躍。現在も生まれ故郷であるバンクーバーを拠点に暮らしている。

 

 

●クリスティン・クルックインタビューを映像でお届け! 

 

 

 

 

●映画のチケットをプレゼント

 

 今回インプレッションをお届けした映画『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』の鑑賞チケットを抽選で10組20名様にプレゼント。欲しいという人は、下記リンク先にて必要事項を記入のうえ応募してほしい。締切は、2009年2月24日の午後11時59分まで。応募はひとり1回までとさせていただきます。賞品の発送は2009年2月下旬を予定。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

 

※プレゼントページはこちら

※『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『√Letter ルートレター』繁体字版『方根書簡』が日本語版と同時発売決定!

角川ゲームスは、2016年6月16日に発売を予定しているプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『√Letter ルートレター』の繁体字版となる版『√Letter 方根書簡』を、日本語版と同日に発売することを発表した。

フィギュアを並べて恐竜パーク遊びができるプレイセットが発売

タカラトミーは、恐竜フィギュア用大型プレイセット“アニア 探検しよう!恐竜アドベンチャーパーク”を、2016年5月26日より発売する。

『ウイイレ』シリーズ世界王者決定戦が5月28日に開催、ミラノに世界中の強者が集結

KONAMIは、サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズの世界王者決定戦“The 2016 PES World Finals”を、2016年5月28日に開催する。

“真の学び”はゲーム制作の先にあり!? “Scratch Day 2016 in Tokyo”リポート

2016年5月21日、子ども向けプログラミング言語“Scratch(スクラッチ)”のユーザーおよび関係者を対象にしたイベント“Scratch Day 2016 in Tokyo”が、東京大学本郷キャンパス内(東京都文京区)にて行われた。各種団体によるScratch体験コーナーやワークショップ、そして、近年関心が高まる、小学生のプログラミング学習の現状に関するディスカッションも行われたイベントの模様をリポートする。

『劇場版 艦これ』6月11日から劇場窓口にて特製クリアフォルダー付き前売券が販売開始!

2016年秋の全国公開が予定されている映画『劇場版 艦これ』。6月11日(土)からは、劇場窓口グッズ付前売券 第1弾“描き下ろし 特製クリアフォルダー[前段作戦]”の販売が開始される。

PC格闘シューター『Devil's Third Online』 オープンβテストが再開! ヴァルハラゲームスタジオの板垣伴信氏によるコメント動画も公開

ネクソンは、ヴァルハラゲームスタジオが開発したPC格闘シューター『Devil's Third Online(デビルズサードオンライン)』について、2016年5月25日17時よりオープンβテストを再開したことを発表した。

【先出し週刊ファミ通】人智を超えた圧倒的な力を持つ“古代種”とは!?『イースVIII -Lacrimosa of DANA(ラクリモサ・オブ・ダーナ)-』(2016年5月26日発売号)

セイレン島に棲息する異形の生物“古代種”の中から、静寂なる森の隠者《クラリオン》、古の天空覇者《ギアスバーン》、大いなる学府の番人《カルヴェロス》の3体を紹介!

【倉持吉田のゆる部】『オーバーウォッチ』本日21時生放送! 話題の対戦型シューティング(2016年5月25日)

2016年5月25日21時から、週刊ファミ通編集部がニコニコ生放送でお届けする“ファミ通チャンネル”にて、グラドル自画撮り部部長の倉持由香さんと、副部長の吉田早希さんによる、ゲーム実況番組を配信します。

『千年戦争アイギス』コラボレーションカフェ、好評につき実施期間延長

DMM GAMESは、現在実施中の『千年戦争アイギス』とスイーツパラダイスとのコラボレーションカフェについて、実施期間を2016年6月5日まで延長することを発表した。

『モンスターハンター フロンティアG』が『MHXR』とコラボ、ソルフレアシリーズを手に入れろ!

カプコンがサービス中のオンライン専用タイトル『モンスターハンター フロンティアG』において、スマートフォン向けタイトル『モンスターハンター エクスプロア』とのコラボレーションが、2016年5月25日より開始。