携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2009/1/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●据え置きハードの普及がひと段落し、市場規模は減少傾向に

 

 エンターブレインは2009年1月5日、2008年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報値(集計期間は2007年12月31日〜2008年12月28日)を発表した。
 

 2008年の年間ゲーム市場規模は、ハードとソフト合計で約5826億1000万円。これは2007年対比で84.7パーセントの数字となっており、昨年と比べて市場規模が減少するという形になった。エンターブレインではこの減少について、据え置きハードの市場で新世代機の普及がひと段落したことが要因であると分析している。


2007年と2008年のゲーム市場規模(エンターブレイン調べ)

 

ハード

ソフト

合計

2007年

約3274億1000万円

約3605億4000万円

約6879億5000万円

2008年

約2505億円

約3321億2000万円

約5826億1000万円

昨年対比

76.5パーセント

92.1パーセント

84.7パーセント

※2007年時の集計期間は2007年1月1日〜2007年12月3日


 2008年もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定年間販売台数は402万9804台。続いてPSPが354万3171台と、2008年も携帯ゲーム機がゲーム市場を牽引したことがわかる結果に。ソフトはカプコンのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』が、推定年間販売本数245万2111本でトップを獲得した。据え置きハード向けのタイトルでは『Wii Fit』、『マリオカートWii』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』といった任天堂のWii用ソフトがトップ5内に3本ランクイン。ハードだけでなくソフト面でも、同社の好調ぶりがうかがえるランキングとなった。


▲2008年11月1日に発売されたニンテンドーDSの最新モデル、ニンテンドーDSiは2008年末時点で128万台を販売。また、ニンテンドーDS全体の国内累計販売台数は2500万台を突破した。

 

2008年ハードの販売台数(エンターブレイン調べ)

ハード名

推定年間販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

402万9804台

2513万5276台

PSP

354万3171台

1107万8484台

Wii

290万8342台

752万6821台

プレイステーション3

99万1303台

266万4366台

Xbox 360

31万7859台

86万6167台

※ニンテンドーDSは、ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiの合計値

 

2008年ソフト販売本数トップ5(エンターブレイン調べ)

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

推定年間販売本数

推定累計販売本数

1

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年3月27日

245万2111本

245万2111本

2

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ

ポケモン

2008年9月13日

218万7337本

218万7337本

3

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年12月1日

214万9131本

296万7297本

4

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年4月10日

200万3315本

200万3315本

5

Wii

大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂

2008年1月31日

174万7113本

174万7113本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション』PS4&Xbox Oneで5月14日に国内発売決定

2KおよびGearbox Softwareは、『ボーダーランズ』シリーズ初となる新世代機移植版『ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション』を、プレイステーション4、Xbox One用ソフトとして、2015年5月14日に日本国内で発売することを発表した。価格は各6300円[税抜](6804円[税込])。

『ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー3D 羽田 ALL STARS』が2015年4月30日に発売決定

ソニックパワードは、ニンテンドー3DS用ソフト『ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー3D 羽田 ALL STARS』を、2015年4月30日に発売することを発表した。

『ラグナロクオンライン』 “ホワイトデー”イベントと“異世界ツアーズ”が開催 “コスたまAnimalsII”も販売開始

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、PC用ファンタジーオンラインRPG『ラグナロクオンライン』において、イベント“ホワイトデー2015 〜ちょこっと☆ミラクルブースト〜”と“異世界ツアーズ”を、本日2015年3月3日より開始した。また、“コスたまAnimalsII”が発売。

『ゲットアンプドX』クロウアームが敵を捕捉する新アクセサリ“ドラートナーゲル”が3月5日に登場

サイバーステップは、PC用オンライン3D対戦格闘ゲーム『ゲットアンプドX』において、新アクセサリ“ドラートナーゲル”が追加されるアップデートを2015年3月5日に実施する。

プロゲーマーを目指す新専門課程の開設を記念して、東京アニメ・声優専門学校にて梅原大吾氏の特別講義が開催決定

東京・西葛西の東京アニメ・声優専門学校は、プロゲーマーを目指すための新専門課程“e-Sports プロフェッショナルゲーマーワールド”の開設を記念して、2015年4月19日(日)に梅原大吾氏の特別講義を実施する。

「音で視る」ホラーゲームから“組み立て家具シミュレーター”まで、ヤバいインディーゲーム特集【GDC 2015】

GDC初日のラストに、インディーゲームイベント“The MIX”を取材してきた。

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 ももいろクローバーによる主題歌タイトルが「『Z』の誓い」に決定、作詞は森雪之丞氏

アイドルグルーブ・ももいろクローバーZが担当する2015年4月18日公開予定の映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の主題歌のタイトルが「『Z』の誓い」(4月29日発売)に決定したことが明らかとなった。

“京都ゲーム実況フェス”が3月29日に開催決定! 人気実況者がインディーゲームを京都から発信

立命館大学ゲーム研究センター、京都クロスメディア・クリエイティブセンター、京都府からなるDIEC実行委員会は、インディーゲームとゲーム実況を融合したイベント“京都ゲーム実況フェス”を、2015年3月29日(日)に開催する。

『世界樹と不思議のダンジョン』古代祐三氏がアレンジした楽曲“桜ノ立橋”が先行公開【動画あり】

アトラスは、2015年3月5日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『世界樹と不思議のダンジョン』について、ゲーム楽曲“桜ノ立橋”を先行公開した。

『カオス ヒーローズ オンライン』週替りで新しいランキング対戦イベントを開始

セガは、PC用対戦型戦略ゲーム『カオス ヒーローズ オンライン』において、2015年3月3日より週替りで新しいランキング対戦イベントを開始すると発表した。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS