携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2008年国内ゲーム市場規模は約5826億1000万円(エンターブレイン調べ)

2009/1/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●据え置きハードの普及がひと段落し、市場規模は減少傾向に

 

 エンターブレインは2009年1月5日、2008年の国内家庭用ゲーム市場に関する速報値(集計期間は2007年12月31日〜2008年12月28日)を発表した。
 

 2008年の年間ゲーム市場規模は、ハードとソフト合計で約5826億1000万円。これは2007年対比で84.7パーセントの数字となっており、昨年と比べて市場規模が減少するという形になった。エンターブレインではこの減少について、据え置きハードの市場で新世代機の普及がひと段落したことが要因であると分析している。


2007年と2008年のゲーム市場規模(エンターブレイン調べ)

 

ハード

ソフト

合計

2007年

約3274億1000万円

約3605億4000万円

約6879億5000万円

2008年

約2505億円

約3321億2000万円

約5826億1000万円

昨年対比

76.5パーセント

92.1パーセント

84.7パーセント

※2007年時の集計期間は2007年1月1日〜2007年12月3日


 2008年もっとも売れたハードはニンテンドーDSで、推定年間販売台数は402万9804台。続いてPSPが354万3171台と、2008年も携帯ゲーム機がゲーム市場を牽引したことがわかる結果に。ソフトはカプコンのPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』が、推定年間販売本数245万2111本でトップを獲得した。据え置きハード向けのタイトルでは『Wii Fit』、『マリオカートWii』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』といった任天堂のWii用ソフトがトップ5内に3本ランクイン。ハードだけでなくソフト面でも、同社の好調ぶりがうかがえるランキングとなった。


▲2008年11月1日に発売されたニンテンドーDSの最新モデル、ニンテンドーDSiは2008年末時点で128万台を販売。また、ニンテンドーDS全体の国内累計販売台数は2500万台を突破した。

 

2008年ハードの販売台数(エンターブレイン調べ)

ハード名

推定年間販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

402万9804台

2513万5276台

PSP

354万3171台

1107万8484台

Wii

290万8342台

752万6821台

プレイステーション3

99万1303台

266万4366台

Xbox 360

31万7859台

86万6167台

※ニンテンドーDSは、ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiの合計値

 

2008年ソフト販売本数トップ5(エンターブレイン調べ)

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

推定年間販売本数

推定累計販売本数

1

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年3月27日

245万2111本

245万2111本

2

ニンテンドーDS

ポケットモンスター プラチナ

ポケモン

2008年9月13日

218万7337本

218万7337本

3

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年12月1日

214万9131本

296万7297本

4

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年4月10日

200万3315本

200万3315本

5

Wii

大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂

2008年1月31日

174万7113本

174万7113本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『神様と運命覚醒のクロステーゼ』の新たな登場人物を紹介! 主人公たちの拠点や味方勢力などの新情報も

日本一ソフトウェアは、2014年7月24日発売予定のプレイステーション3用ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』の新たな登場人物の公開した。また、主人公たちの拠点となる“天界”や、味方勢力“天使”に関する情報なども更新した。

『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』Twitterパーツが本日4月24日から配信開始 アイコンとヘッダー画像が公開

日本一ソフトウェアは、2014年6月19日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』のTwitterパーツを、本日2014年4月24日より配信する。

【ドラポ部】“拡散性ミリオンにゃんこ”攻略とイベント内容まとめ

『ドラゴンポーカー』にて開催されているコラボスペシャルダンジョン“拡散性ミリオンにゃんこ”の報酬や攻略ポイントについて解説します。

『ガイストクラッシャーゴッド』×『ゾンビカフェ』コラボ企画が本日4月24日より開始 ガイストキャラがゾンビカフェにやってくる

カプコンより2014年秋に発売が決定したニンテンドー3DS用ソフト『ガイストクラッシャーゴッド』と、スマートフォンアプリ『ゾンビカフェ』のコラボレーションが本日2014年4月24日から開始された。

『俺の屍を越えてゆけ2』ゲームシステムを理解できる体験版が配信開始

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアより、2014年7月17日発売予定の『俺の屍を越えてゆけ2』の体験版(ゲームシステム編)が、本日(4月24日)より期間限定で配信開始された。

“GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2014”の開催が決定!

アークシステムワークスは、2011年1月22日に大好評のうちに幕を閉じた“GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2011”開催以降の多くのファンからの熱い声援を受け、2014年7月12日(土)、“GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE 2014”を開催することを決定した。

『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックBが本日4月24日配信開始 プロモーション映像第2弾&プレイ動画“更衣室紹介 -少女たちを片手操作-”も公開

マーベラスAQLは本日2014年4月24日に、プレイステーション Vita用ダウンロードソフト『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックB(月閃・蛇女)を配信開始する。また、プロモーション映像2弾&プレイ動画が公開、新コスチュームの配信も開始、Twitterキャンペーンも開催中。

【新作】多彩な攻撃を試して新たな技を会得! RPG『フォルトナの魔術師』がセール中

ケムコからファンタジーRPG『フォルトナの魔術師』が配信された。この配信を記念して、通常800円[税込]のところを、500円[税込]となる発売記念セールが行われている。

『勇者のくせにこなまいきだ。G』本編とDLCがセットになったお買い得な“遊び放題パック”が再配信決定

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは日本国内に向けて、プレイステーション Vitaオンライン配信タイトル『勇者のくせにこなまいきだ。G』のゲーム本編とDLCがセットになった“遊び放題パック”を「以前配信して大変ご好評でした」(リリースより)とのことで、期間限定で再配信することを決定した。

『英雄伝説 閃の軌跡』序盤までが楽しめる無料版の配信がスタート

日本ファルコムは、PS3、PS Vita用タイトルとして発売中のストーリーRPG『英雄伝説 閃の軌跡』の無料版(いわゆる体験版)を本日2014年4月24日(木)より、PlayStation Storeより配信する。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS