携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Wii用に生まれ変わった『ピクミン』と『ドンキーコングジャングルビート』

Wii用に生まれ変わった『ピクミン』と『ドンキーコングジャングルビート』
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

▲Wiiで生まれ変わる『ピクミン』。ワイド画面にも標準対応だ。


 2008年10月2日に任天堂が都内で開催した”任天堂カンファレンス 2008.秋”。ここで、新機軸のシリーズ”Wiiであそぶ”セレクションが発表された。これは、ゲームキューブ向けに発売されたタイトルの中から、任天堂がWiiリモコンと相性のいい7タイトルを厳選し、Wii用の操作体系にアレンジして再度リリースする作品群のこと。その代表格として、『Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート』(2008年12月11日発売予定 3800円[税込])と『Wiiであそぶ ピクミン』(2008年12月25日発売予定 3800円)が公開。こちらも体験できたので、詳細をリポートする。

 

●Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート

 

 ふたつの太鼓をつなげた”タルコンガ”を叩いてドンキーコングを操るアクションとして異彩を放った同作。右の太鼓を叩けば、ドンキーコングが右に進み、左の太鼓を叩けば左に進む。両方同時に叩けばジャンプし、太鼓のまえで手拍子すれば必殺技の音波アタックがくり出せる。太鼓と手拍子の組み合わせで、ステージを進んでいく内容だったが、これがどのように仕様変更されたのか? まず思いくのが、Wiiリモコンとヌンチャクを太鼓のバチのように使って、タルコンガ風に操るという方法。しかし、その予想はまったくのハズレ。「オーソドックスな横スクロールアクションになっちゃいました(笑)」とは説明員。ドンキーコングの操作はヌンチャクのスティックで、Aボタンがジャンプとシンプルな操作性に。ただ、音波アタックと馬乗り攻撃だけはWiiリモコンを振ることで発生する仕組みになっていた。

 

 もともとタルコンガの課題として”疲れる”という点があったとのことで、あえてWiiリモコンとヌンチャクをオーソドックスに使用することでこれを回避。しかしながら、音波アタックの爽快感は残しておきたいという思いから、”Wiiリモコンを振る”という動作を取り入れたそうだ。”タルコンガで操作”という意識があるからか、最初のうちはWiiリモコンやヌンチャクを無駄に動かしてしまったが、1ステージ中盤あたりでは落ち着いてダイナミックなアクションをつぎつぎとくり出せるようになった。音波アタックも直感的にくり出すことができ、タルコンガと同じ感覚だ。ステージ最後のボス戦は巨大なドレットコングとのボクシング対決。『Wii Sports』のボクシングの要領で、Wiiリモコンとヌンチャクで相手を殴りつける。攻撃を避けるのはBボタン。バトルの内容は単純だが、駆け引きが意外とツボで、体を熱くさせながら攻防戦を楽しめた。Wiiリモコン、ヌンチャクをたまに動かすことでメリハリのあるアクションを実現し、全体的にバランスがよくなった印象だ。

Wiiであそぶドンキーコングジャングルビート
■メーカー:任天堂 ■発売予定日:2008年12月11日 ■価格:3800円[税込]

 

 

●Wiiであそぶ ピクミン

 

 不思議な生き物ピクミンをうまく操って、壊れた宇宙船の部品を捜していくアクションゲーム『ピクミン』。ストラテジー要素が強く、無数のピクミンにリアルタイムで指示し、障害物を乗り越えたり、モンスターをやっつけたり。とにかく忙しくて頭を使うが、ピクミンたちと強力してミッションを達成したときの喜びは相当なもの。宮本茂氏が手がけた作品とあって、当時は”隠れた良作”として話題になった作品だ。

 

 Wiiの操作体系はかなりこのゲームにマッチしている。主人公オリマーをヌンチャクのスティックで動かし、Wiiリモコンのポインターでピクミンたちに場所を指示。Aボタンでピクミンたちを投げ、Bボタンで集めるという格好だ。想像してもらえればわかるだろうが、これぞWiiに最適なタイトル! と思えるほど違和感ない出来。手は動かすが、疲れを感じることはなく、じっくりとプレイできそう。もし『ピクミン』は気になってたけどプレイしたことがない人は、この機会にぜひ名作をプレイしてみて!



Wiiであそぶ ピクミン
■メーカー:任天堂 ■発売予定日:2008年12月25日 ■価格:3800円[税込]



※ニンテンドーDSiについてはこちら 

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『パズドラクロス 神の章/龍の章』降臨モンスターのクエストが本日より配信開始!

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『パズドラクロス 神の章/龍の章』について、本日2016年8月24日、同作初となる降臨モンスターのクエスト配信を開始した。

9月13日に開催される“2016 PlayStation Press Conference in Japan” PS.Blogでストリーミング中継決定!

2016年9月13日(火)16時から開催される“2016 PlayStation Press Conference in Japan”が、PS.Blogにてストリーミング中継されることになった。

“Secret Cat”のデザインがニンテンドー3DSのテーマショップで本日配信開始!

フリューはニンテンドー3DSのテーマショップにて、本日8月24日より、HOMEメニュー用テーマとして新たに“Secret Cat”のデザインを配信開始した。

プロゲーマーから積みゲーマーまで、あらゆるSteamプレイヤーがカードになるオンライン対戦カードゲーム『Allians』

Claimonyがクラウドファンディングを行っているオンラインカードゲーム『Allians』を紹介する。

『鉄道にっぽん!路線たび 近江鉄道編』9月1日よりダウンロード版配信開始、配信記念セールも同時開催

ソニックパワードは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『鉄道にっぽん!路線たび 近江鉄道編』のダウンロード版を、2016年9月1日より配信開始する。

『crossbeats REV. SUNRISE』×『GROOVE COASTER3』コラボ第3弾が8月25日からスタート!

カプコンとタイトーは、アーケードで稼動中の音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』と『GROOVE COASTER3』のコラボレーション第3弾を2016年8月25日より開始すると発表した。

『F1 2016』片山右京氏をゲストに迎えた発売直前番組を8月30日配信決定!

ユービーアイソフトは、2016年9月8日発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『F1 2016』の生放送番組を8月30日20時より放送開始することを発表した。

“CEDEC+KYUSHU 2016”の基調講演に田畑端氏(スクウェア・エニックス)が登壇 特別講演ではVRラウンドテーブルを開催

2016年10月22日に福岡で開催される“CEDEC+KYUSHU 2016”の基調講演に、スクウェア・エニックスの田畑端氏が登壇することが発表された。

『実況パワフルプロ野球2016』出荷数が50万本を突破

KONAMIは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球2016』について、出荷本数が50万本を突破したことを発表した。

映画『アサシン クリード』予告編&ポスタービジュアルが公開!

ユービーアイソフトの人気オープンワールドアクションゲーム『アサシン クリード』シリーズ。その映画版の予告編とポスタービジュアルが公開された。