携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング』も配信! ニンテンドーDSi関連発表詳報 その1

『ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング』も配信! ニンテンドーDSi関連発表詳報 その1
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ソフトのネット配信サービス、今年の年末から本格化

 

 速報でお伝えしているとおり、2008年10月2日に任天堂が都内の会場で”任天堂カンファレンス 2008.秋”と題する発表会を開催。この秋以降に発売が予定されているさまざまな新商品をお披露目した。速報と重複する部分もあるが、発表会場の模様も含めて詳しく記事にしよう。

 

 ステージに登場したのは、任天堂の取締役社長、岩田聡氏。「任天堂がゲーム人口の拡大という戦略を掲げてニンテンドーDSを発売したのが2004年12月2日。それからちょうど3年と10ヵ月が経過しましたが、本日まず最初に、ニンテンドーDSファミリーの新たなモデルである”ニンテンドーDSi”を紹介させていただきます」と、いきなり新型のニンテンドーDS、ニンテンドーDSi(ニンテンドーディーエスアイ)を発表! 実機を手に持ち、報道陣を前にお披露目してみせた。
 

▲国内外から非常に多くの報道陣が詰め掛けたこの日の発表会。岩田社長が本邦初公開となるニンテンドーDSiを掲げると、まぶしいばかりのフラッシュが焚かれた。

▲岩田社長が手に持つのがニンテンドーDSi。本体サイズは若干ながら大きくなったが、その薄さは驚異的。表面にカメラのレンズがあることも特徴的だ。

 

 ニンテンドーDSiは、ニンテンドーDSプラットフォームのさらなる普及を目指して開発された戦略的な商品で、さまざまな新機能が盛り込まれている。岩田社長はまず、ニンテンドーDSiが開発されることになった背景を説明。それによると、ニンテンドーDSはユニークかつ多彩なソフトとの相乗効果でこれまでの国内ゲーム市場の歴史で最速のスピードで普及を果たしたが、昨年夏以降、販売に落ち着きが出てくる。しかし落ち着いてきたとは言っても、ほかのハードと比べても遜色のない勢いで売れ続けていることは確かで、これに加えてさらに、携帯ゲーム機らしい新しいライフスタイルを提供できればまだまだ普及の底上げができるのではないかと任天堂は考えた。岩田社長は「携帯ゲーム機の究極の姿は”一家に1台”ではなく”ひとりに1台”」と力強く宣言し、「すでに国民の6人にひとりの割合で行き渡っているニンテンドーDSだが、まだお持ちでない方、さらに家族間で共有されているニンテンドーDSを”自分専用”にしてもらいたい」としたうえで、「そこで開発されたのがニンテンドーDSiです」と誇らしげに語った。

 

 ニンテンドーDSiには、従来のニンテンドーDSユーザーからの要望に応える機能、特徴が盛り込まれている。ざっと列挙しよう。

 

・耐久力を犠牲にしない範囲で本体のさらなる薄型化。ニンテンドーDS Liteと比べて12パーセント、2.6ミリ薄くなった。

 

・薄型化を図ったことによりゲームボーイアドバンス用ソフトの差込口を廃止。ただ、今後もユーザーの要望がある限り(ゲームボーイアドバンス用ソフトが遊べる)ニンテンドーDS Liteも引き続き販売することでフォロー。

 

・画面の大型化。液晶を大きくすると本体重量を重くしてしまうという弊害があるが、それが出ないぎりぎりの範囲で大型化を実現した。いままでの3.0インチから3.25インチに。17パーセントの大型化が図られた。

 

・スピーカーの音質、音量の改善。

 

・カメラ機能、オーディオプレーヤー機能の搭載。

 

 最後のカメラ機能、オーディオプレーヤー機能について岩田社長は、「いまどき携帯電話にもついている機能をなぜニンテンドーDSに搭載するのか? 疑問に想っている方もおられると思います。今後の普及のために意味があるとは思えない、とも思えるかもしれません。しかしツールとして存在する携帯電話のこれらの機能とは違い、ニンテンドーDSiのそれは生活の中にカメラやオーディオプレーヤーを持ち込んで遊び、生活を豊かにするという提案なんです」と語る。

 

 まずカメラ機能だが、ニンテンドーDSiに搭載されるカメラ(DSiカメラ)の画素数は30万。これを指して岩田社長は「画素数をどんどん高めてアピールするという、デジタルカメラや携帯電話が目指したものとは真逆の進化をさせた」と説明し、エンターテインメント機能が厚く盛り込まれたカメラ機能を紹介した。写真を撮って記録する、というふつうの使いかたのほかに、11種類のカメラから好きなものを選んで、さまざまな特殊効果をリアルタイムに楽しみながら撮影する機能、全体を白黒にして特定の場所だけカラーにする機能、タッチした部分を別の色にする機能、フレームを作る機能、落書き、撮った写真の変形、加工など、非常に自由度の高い”写真遊び”が楽しめる。「ニンテンドーDSの2画面、タッチパネルを活かした、カメラ機能を思いっきり遊びの方向に振ったものと考えてほしい。子供たちにとっては生まれて初めて所有するカメラに、女子中高生にとっては友だちとの交友を記録する写真手帳、大学生やヤングアダルトにとっては食事や宴会で盛り上がるためのツールに、さらに上の人には自分の趣味や、お孫さんの成長を記録するものにもなり得る」(岩田)。

 

 内蔵されるオーディオプレーヤー機能”DSiサウンド”についても、岩田社長自らが詳しく解説を行った。「音楽を再生するプレーヤーとしての機能は大前提」としたうえで岩田社長は、「任天堂が作っているんですから、音で遊ぶ機能が強化されています」と語り、その特徴を説明した。

 

 代表的な特徴は、タッチパネルを使って音楽を再生するときのピッチ、スピードを独立して変化させられること。ピッチとスピードを自由に変更できることの利便性はかなり高く、ポッドキャストを早回しで聴いて時間を節約することもできるし、スロー再生を語学の学習に利用することもできる。「”音に触って遊ぶ道具”と捉えてください」と岩田社長。ちなみに、これらのカメラやオーディオ機能を楽しむために、ニンテンドーDSiはSDメモリーカード対応となった。

▲再生する音楽のピッチやスピードを変化させるデモが行われたが、聴いているだけで楽しかった。勉強やトレーニングでも活躍しそうだ。

 

 さらに岩田社長は「ニンテンドーDSiをひとり1台の”マイDS”にしてもらうために」という前置きのあと、Wiiと同じように本体に保存メモリーを搭載させたことを発表。ここにソフトを格納して、メニューから選んで起動させることができる。DSiカメラやDSiサウンドは、この本体保存メモリーに最初から入った状態で出荷されるという。そして”自分専用のDS”をさらに促進させるために新たに”ニンテンドーDSiショップ”を立ち上げ、そこからソフトをダウンロードして組み込むことが可能になる。要するに、ソフト面でのカスタマイズだ。「自分専用のニンテンドーDSiをご自身で”強化”して持ち歩くことができるようになる」(岩田)。

 

 ちなみに有料ソフトを購入した際の決済方法として、新たに”ニンテンドーポイントプリペイドカード”を提唱。これはWiiポイントプリペイドカードを改称したもので、Wiiでのショッピング、ニンテンドーDSiでのショッピングの両方に対応する。つまりニンテンドーポイントをWiiショッピングチャンネルでWiiにチャージするとWiiポイントになり、ニンテンドーDSiショップでニンテンドーDSiにチャージするとニンテンドーDSiポイントとなり、それぞれのマシンで使えるというわけだ。

 

 ニンテンドーDSiショップを通じて提供されるソフトの第1弾として、『DSiブラウザー』も発表された。本体の発売と同時に、無償で提供される。ニンテンドーDSi向けに新たにチューニングされたブラウザーになるということで、これによりさらなるネット接続の高速化が図られた。無償ソフト第2弾は『うごくメモ帳』。これは名前のとおり手書きメモが残せるメモ帳で、カレンダーと連動するメモ帳としても使えるが、最大の特徴は”しゃべるパラパラマンガ”が作れること。絵が苦手な人のために、自分で撮影した写真もパラパラマンガに使用できるという。
 

▲ニンテンドーDSiに最適化した状態で配信されるブラウザー。

▲これは『うごくメモ帳』で作ったパラパラマンガを再生しているデモ。DSiカメラで撮った写真もパラパラマンガで使えるので、絵が苦手な人でも楽しめるとのこと。

 

 これらの配信ソフトについて岩田社長は「今年の年末からさらに本格化させる」と宣言し、”ニンテンドーDSiウェア”を発表。『DSiブラウザー』や『うごくメモ帳』のような任天堂が無償で提供するニンテンドーDSiウェアのほかに、ニンテンドーDSiポイントを使って購入するソフトも投入する。詳細は以下のとおり。

 

・DSiウェア200

(200ポイントで購入。非常にコンパクトなゲームやツール)

 

・DSiウェア500

(500ポイントで購入。シンプルなパズルゲームや大規模なツール)

 

・DSiウェアプレミアム(仮称)

(800ポイント以上で展開)

▲ソフトの配信サービスも、この年末から本格化。ソフトメーカーにとっても、ビジネスチャンスが広がることになる。

 

 このサービスをより多くのユーザーに使ってほしいとの願いから、”ニンテンドーDSiウェア おためしキャンペーン”も提唱。2010年3月まで、ニンテンドーDSiショップに接続したニンテンドーDSi1台につき1度だけ1000DSiポイントがプレゼントされる。「このポイントを使って好みのソフトをダウンロードし、マイDSを作る醍醐味を味わってほしい」と岩田社長は語った。

 

 具体的なDSiウェアについてはまず、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』シリーズの流れを汲む作品として、『ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編』、『理系編』の2作品を発表。新たなトレーニングはもとより、写真を使ったトレーニングなども新規に盛り込まれるという。本体のメモリーに格納され、トレーニングにかかるおおよその時間も事前にわかるようになっているので、「ちょっとした空き時間にトレーニングすることができる」と岩田社長は言う。また『もっと脳を鍛える〜』で好評だったパズルゲーム『細菌撲滅』も、少しずつ楽しめるように途中保存できるようになったとのことだ。

 

 ニンテンドーDSi関連の発表はまだまだ続く!

 

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

LJ League 2015の概要も発表! “League of Legends JapanLeague”ALL STAR戦開催!【TGS 2014】

千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2014。最終日となる9月21日にロジクールブースで、同社がスポンサーを務める『League of Legends』のプロリーグ、“League of Legends JapanLeague” のALL STAR戦が開催された。

『劇場版 零〜ゼロ〜』“ニコニコ超“零”祭”撮影現場の雰囲気が語られたトークと、PS2版『零 〜zero〜』ラストプレイの様子をお届け

2014年9月26日より『劇場版 零〜ゼロ〜』が公開されることを記念して、“ニコニコ超“零”祭”が5回にわたり開催中。ここでは、第弐夜である9月22日のゲーム『零 〜zero〜』ゲーム実況付き完成披露イベントの公式リポートをお届けする。

『討鬼伝 極』実機プレイで思わぬハプニングも! 小野坂昌也さん&竹本英史さんがくり広げるコーエーテクモスペシャルステージをリポート【TGS 2014】

2014年9月18日から9月21日まで、千葉・幕張メッセで開催されていた東京ゲームショウ 2014のコーエーテクモブースにて、スペシャルステージが開催された。

『シャイニング』シリーズの特別アンケート、締切迫る! あなたの思い出を教えてください

2014年9月26日(金)正午まで、『シャイニング』シリーズに関するアンケートを実施中。ぜひお答えください!

『TAMAGOTCHI 4U』を先行体験! 女性記者がたまごっち育成にチャレンジ【その1】

2014年9月27日に発売となる、大人気玩具『たまごっち』の最新機種『TAMAGOTCHI 4U』が編集部にやってきた! たまごっちファンの女性記者が、さっそく育成に挑戦。どんなたまごっちに育つのでしょう?

アイ・オーデータが超解像技術ギガクリアエンジンIIを搭載した、プレミアムディスプレイを先行公開【TGS 2014】

 東京ゲームショウ2014のビジネスデイ期間となる9月18日、19日、アイ・オーデータは同社初のブースを設置。超解像技術ギガクリアエンジンIIを搭載した、プレミアムディスプレイを先行公開した。

【ドラポ部】ノーペアうすいのデッキ相談室 次回のお題は“神鏡のアマテラス”

『ドラゴンポーカー』運営に太いパイプを持つというノーペアうすいによるデッキ相談室。あなたのデッキ構成を教えてください。

『三国テンカトリガー』サービス開始記念キャンペーンにさらに3つのイベントが追加

『三国テンカトリガー』で本日(9月22日)から新たなキャンペーン・イベントなどが開催された。

『バトルフィールド ハードライン』のクリエイティブ・ディレクターにちょっとコアな質問をぶつけてみた【TGS 2014】

『バトルフィールド ハードライン』の開発元であるVisceral Gamesのクリエイティブ・ディレクター、イアン・ミルハム氏にインタビューを敢行。

『AVA』日本代表Recycleのチームワークが世界の強豪を圧倒! 国際親善試合“AGC2014 ”リポート【TGS 2014】

2014年9月21日、ゲームオンは東京ゲームショウ 2014において、オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』の護衛部門の国際親善試合“AGC2014 ”を開催した。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS