携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> コーエーの松原健二氏が語るCEDECの10年、これからの10年

コーエーの松原健二氏が語るCEDECの10年、これからの10年
【CEDEC 2008】

2008/9/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●“新しいこと”、“つぎにくること”が今後のキーワード

 

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催で、毎年開催されている国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2008”。今年は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催。

 

▲CEDEC 2008の開幕を告げる初日の基調講演ということで、会場には大勢の受講者が詰めかけた。

 

 初日となった2008年9月9日、コーエー代表取締役社長の松原健二氏による基調講演“CEDECの10年、これからの10年”が、数あるプログラムの先陣を切って行われた。

 

▲昨年に続いて基調講演に登場したコーエーの松原社長。

 

 「今年からCESAが設立する技術委員会委員長を務めることになりました」と挨拶をした松原氏は、大学卒業後に日立製作所で超大型汎用計算機、パイプライン制御におけるプログラムがプログラムを書き換えるロジック、スーパーコンピューターのマイクロプロセッサなどの開発に携わったことなど、まずは自身の技術的なバックグラウンドを紹介した。その後留学を経てゲーム業界に入り、オンラインプロデューサーとして活動。2007年から現在の役職についていることを説明。

 

 つぎに、CEDECの歴史について触れた松原氏は、かつて東京ゲームショウと併催されていた“技術戦略説明会”が、CEDECの前身であると解説。技術戦略説明会はCESA会員にハードウェア技術を説明する名目で行われ、ドリームキャストなどの技術情報が発表されていたという。そんな技術戦略説明会は、ゲーム制作のあらゆる技術情報を提供することを目的に、‘99年からその形を変え、“技術情報の発信と交流。その技術情報を活用し発展させ、将来的にどう取り組んでいくのかを考えること”をコンセプトにした現在のCEDECというスタイルが確立されたと松原氏。加えて、ネットワーク分野がセッションとして独立(2000年)、3日間開催(2004年から)、著名人を招いたセッションの実施(2005年から)、基調講演の実施(2006年から)、コフェスタの一部として開催(2007年)など、年々その内容が充実していることを強調した。そしてCEDEC 2008では、受講者の投票によって開発技術を表彰する“CEDEC AWARDS”、ゲーム分野に近い学術や研究領域を紹介する“CEDECラボ”、そして「CEDECもGDC(GameDevelopersConference)に負けないよう、ワールドワイドに目を向けたい」(松原)と、海外からの開発者を招いたセッションを設ける“海外トラック”を用意するなど、新たな試みを企画したとのこと。

 

▲CEDEC 2008では、それぞれのセッションに責任者を立てて、セッションのジャンルごとに統一性を持たせ、クオリティーを上げる“セッションプロデューサー制”を設けたと松原氏。

 

▲スクリーンではCEDECの受講者数の推移や、セッション数が増加していることなどが説明された。

 

 4年ほどまえのCEDECでは、将来は高性能な新世代機の機能を活かしたソフトの登場が考えられていたそうだが、現状は「プレイステーション3やXbox 360といった高性能なハードは欧米で普及し、国内はニンテンドーDSやPSP(プレイステーション・ポータブル)といった携帯ゲーム機が普及している」(松原)とし、必ずしも高性能ハードだけが市場の中心にないこと説明。そのうえで、海外と国内の開発経験の蓄積に差が出ることになり、開発者にとって重要なポイントになるとした。高性能なゲーム機が普及しないと、その部分の研究開発は後回しでいいのか? 松原氏は「ゲームは多様化しており、あらゆる角度で研究を続けなければならない」とそれについて否定する。重要なのは、研究から応用までの時間の短縮と、技術開発の方向性を示すこととし、「ゲーム開発技術レベルを高め、クオリティーの高いゲームを作る。そして、ゲームに関わる皆さんに技術の方向性を示す」(松原)のが、CESAの立ち上げた技術委員会、そしてCEDECの役割だと語った。

 

▲さまざまな面で多様化を見せるゲーム市場。今後のゲーム開発技術もそれらに柔軟に対応する必要があるようだ。

 

 最後にCEDECのこれからについて、「大きなピクチャーとして、ゲーム市場の発展開発に求められる情報の提供の場、交流の場にしたいと思っています」と松原氏。そのためのキーワード“新しいこと”(こんなことができること)、“つぎにくること”(ユーザーに喜ばれること)を組み合わせた情報を提供していくことを掲げた。

 

※CEDEC 2008公式サイトはこちら

【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『モンスターハンター』プレイまんが“モンでき。” 『MH4G』第16回

『モンスターハンター4G』プレイまんが第16回。超えられるか、ウカムルバス!

【ホリ伝説ドットコム第21回】4期TOPANGA Aリーグ応援感謝!激闘プレイバック【sako回】

ホリの製品を一歩踏み込んで紹介するブログ。今回はチームホリのプロゲーマーsako選手が登場し、TOPANGA Aリーグを振り返ります。

『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

みんなのアニキ・竹内力も登場! 『龍が如く0 誓いの場所』大阪体験会リポートその(1)

2014年12月22日、大阪・道頓堀のとんぼりウォークにて、『龍が如く0 誓いの場所』のスペシャル体験イベントが開催された。その場には、本作の出演者である竹内力氏も登場!

“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition/真島吾朗 Edition”がソニーストア限定で発売決定 アナタはどちらを選ぶ?

『龍が如く0 誓いの場所』のプレイステーション4版の発売を記念して、“PlayStation 4 龍が如く0 桐生一馬 Edition”と、“PlayStation 4 龍が如く0 真島吾朗 Edition”が、ソニーストア限定で発売されることになった!

【先出し週刊ファミ通】あなたの1票が2014年のナンバーワンのゲームを決める! “ファミ通アワード2014”ただいま投票受付中!(2014年12月25日発売号)

2015年12月15日発売の週刊ファミ通で、2014年のナンバーワンのゲームを決める“ファミ通アワード2014”の投票を受付中!

【話題】新オフィスとその周辺

本日(2014年12月22日)公開された記事の中で、とくに話題の記事をコメントとともにまとめてご紹介します。

今回のプレゼントは……? 原由実さん5thシングル『Crossover』発売記念握手会&お渡し会リポート

2014年11月23日に5thシングル『Crossover』の発売を記念して行われた、原由実さんの握手会&お渡し会の模様をリポート。

【新作】ローグライクRPGとして新生した『ウィザードリィ』シリーズ最新作がAndroidで配信開始

タイトーは、事前登録を実施していた新作タイトル『ウィズローグ―ラビリンス オブ ウィザードリィ―』のAndroid版の配信を開始した。

【事前登録】『ブレイブリー』シリーズ初のスマホ向けタイトル配信決定! 事前登録は本日(12月22日)より

スクウェア・エニックスは、本日(2014年12月22日)完全新作のスマートフォン向けタイトル『BRAVELY ARCHIVE D’s report(ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート)』を発表、これに合わせて事前登録も開始した。



もうすぐ発売!

  • 2014年12月6日

  • amiibo ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 1200円 [税抜]/1296円 [税込(8%)]

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS