携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> コーエーの松原健二氏が語るCEDECの10年、これからの10年

コーエーの松原健二氏が語るCEDECの10年、これからの10年
【CEDEC 2008】

2008/9/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●“新しいこと”、“つぎにくること”が今後のキーワード

 

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催で、毎年開催されている国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2008”。今年は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催。

 

▲CEDEC 2008の開幕を告げる初日の基調講演ということで、会場には大勢の受講者が詰めかけた。

 

 初日となった2008年9月9日、コーエー代表取締役社長の松原健二氏による基調講演“CEDECの10年、これからの10年”が、数あるプログラムの先陣を切って行われた。

 

▲昨年に続いて基調講演に登場したコーエーの松原社長。

 

 「今年からCESAが設立する技術委員会委員長を務めることになりました」と挨拶をした松原氏は、大学卒業後に日立製作所で超大型汎用計算機、パイプライン制御におけるプログラムがプログラムを書き換えるロジック、スーパーコンピューターのマイクロプロセッサなどの開発に携わったことなど、まずは自身の技術的なバックグラウンドを紹介した。その後留学を経てゲーム業界に入り、オンラインプロデューサーとして活動。2007年から現在の役職についていることを説明。

 

 つぎに、CEDECの歴史について触れた松原氏は、かつて東京ゲームショウと併催されていた“技術戦略説明会”が、CEDECの前身であると解説。技術戦略説明会はCESA会員にハードウェア技術を説明する名目で行われ、ドリームキャストなどの技術情報が発表されていたという。そんな技術戦略説明会は、ゲーム制作のあらゆる技術情報を提供することを目的に、‘99年からその形を変え、“技術情報の発信と交流。その技術情報を活用し発展させ、将来的にどう取り組んでいくのかを考えること”をコンセプトにした現在のCEDECというスタイルが確立されたと松原氏。加えて、ネットワーク分野がセッションとして独立(2000年)、3日間開催(2004年から)、著名人を招いたセッションの実施(2005年から)、基調講演の実施(2006年から)、コフェスタの一部として開催(2007年)など、年々その内容が充実していることを強調した。そしてCEDEC 2008では、受講者の投票によって開発技術を表彰する“CEDEC AWARDS”、ゲーム分野に近い学術や研究領域を紹介する“CEDECラボ”、そして「CEDECもGDC(GameDevelopersConference)に負けないよう、ワールドワイドに目を向けたい」(松原)と、海外からの開発者を招いたセッションを設ける“海外トラック”を用意するなど、新たな試みを企画したとのこと。

 

▲CEDEC 2008では、それぞれのセッションに責任者を立てて、セッションのジャンルごとに統一性を持たせ、クオリティーを上げる“セッションプロデューサー制”を設けたと松原氏。

 

▲スクリーンではCEDECの受講者数の推移や、セッション数が増加していることなどが説明された。

 

 4年ほどまえのCEDECでは、将来は高性能な新世代機の機能を活かしたソフトの登場が考えられていたそうだが、現状は「プレイステーション3やXbox 360といった高性能なハードは欧米で普及し、国内はニンテンドーDSやPSP(プレイステーション・ポータブル)といった携帯ゲーム機が普及している」(松原)とし、必ずしも高性能ハードだけが市場の中心にないこと説明。そのうえで、海外と国内の開発経験の蓄積に差が出ることになり、開発者にとって重要なポイントになるとした。高性能なゲーム機が普及しないと、その部分の研究開発は後回しでいいのか? 松原氏は「ゲームは多様化しており、あらゆる角度で研究を続けなければならない」とそれについて否定する。重要なのは、研究から応用までの時間の短縮と、技術開発の方向性を示すこととし、「ゲーム開発技術レベルを高め、クオリティーの高いゲームを作る。そして、ゲームに関わる皆さんに技術の方向性を示す」(松原)のが、CESAの立ち上げた技術委員会、そしてCEDECの役割だと語った。

 

▲さまざまな面で多様化を見せるゲーム市場。今後のゲーム開発技術もそれらに柔軟に対応する必要があるようだ。

 

 最後にCEDECのこれからについて、「大きなピクチャーとして、ゲーム市場の発展開発に求められる情報の提供の場、交流の場にしたいと思っています」と松原氏。そのためのキーワード“新しいこと”(こんなことができること)、“つぎにくること”(ユーザーに喜ばれること)を組み合わせた情報を提供していくことを掲げた。

 

※CEDEC 2008公式サイトはこちら

【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

もしゾンビサバイバルゲーム『DayZ』がスーファミ時代にあったら……。ファンプロジェクト『MINIDAYZ』が公式採用されて配信中

Bohemia Interactiveのオープンワールドゾンビサバイバルゲーム『DayZ』。本作をスーファミテイストでブラウザゲームとして再現したファンプロジェクト『MINIDAYZ』が、公認を受けて配信中だ。

【アイドルマスター ワンフォーオール イラスト&コラム】PIECE OF PIECE Vol.21 八色

アイマスOFA、765プロアイドルの魅力についてイラストとコラムで綴る。本日は、星井美希の誕生日お祝いイラスト&コラム!

『実況パワフルプロ野球』20周年企画! サクセスキャラクター紹介その2 野手編

2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

『ニンジャスレイヤー』のライブイベントが開催、人気アーケードゲームなどとのコラボ企画が続々発表!

2014年11月22日、東京・恵比寿にて、小説『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース(上)』の発売を記念したライブイベントが開催。イベント中に、『ニンジャスレイヤー』とアーケードゲームなど4タイトルとのコラボ企画が発表された。

【モンスト家】イベクエ攻略“虹睨の妖刀―破邪の光”(超究極) 光刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】光刃ムラサメが出現するイベクエ"虹睨の妖刀―破邪の光"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

吉田氏「天野喜孝氏の“未公開のすごい絵”は物語で重要な意味を持つ」『新生FFXIV』G-STARステージイベント【G-STAR 2014】

 2014年11月22日、韓国・釜山で開催中のゲームショウ“G-STAR”のステージイベントに『新生FFXIV』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が登場。2015年サービス開始予定の彼の地にて、ファンから寄せられた質問に答える形で、作品の魅力を大勢の観衆にアピールした。

【モンスト家】イベクエ攻略“眠りから覚めし虹睨の妖刀”(究極) 闇刃ムラサメ戦解説

【モンスト家】闇刃ムラサメが出現するイベクエ"眠りから覚めし虹睨の妖刀"出現モンスターや攻略のポイントなどを紹介。

【ファミ通App Android】『ファイナルファンタジー レコードキーパー』冒険のおともにミスリル&ギルをどうぞ!

2014年11月20日発売のファミ通App NO.019 Androidでは、『ファイナルファンタジー レコードキーパー』をアイテム付きで紹介。

【高橋きの・ゲーム日記】『テラバトル』第4回「お役立ち秘蔵攻略テク」

坂口博信氏や植松伸夫氏ら豪華クリエイターが手掛けるRPG、『テラバトル』のプレイ日記をお届け。

【週間PVランキング】人気声優さんの新商品やまさかの『II』、『ポケモン』『妖怪ウォッチ』など年末に向けて大わらわ【11/15〜11/22】

ファミ通.comの週間PVランキング、今回は2014年11月15日〜11月22日までの集計結果を紹介します。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS