携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> コーエーの松原健二氏が語るCEDECの10年、これからの10年

コーエーの松原健二氏が語るCEDECの10年、これからの10年
【CEDEC 2008】

2008/9/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●“新しいこと”、“つぎにくること”が今後のキーワード

 

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催で、毎年開催されている国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2008”。今年は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催。

 

▲CEDEC 2008の開幕を告げる初日の基調講演ということで、会場には大勢の受講者が詰めかけた。

 

 初日となった2008年9月9日、コーエー代表取締役社長の松原健二氏による基調講演“CEDECの10年、これからの10年”が、数あるプログラムの先陣を切って行われた。

 

▲昨年に続いて基調講演に登場したコーエーの松原社長。

 

 「今年からCESAが設立する技術委員会委員長を務めることになりました」と挨拶をした松原氏は、大学卒業後に日立製作所で超大型汎用計算機、パイプライン制御におけるプログラムがプログラムを書き換えるロジック、スーパーコンピューターのマイクロプロセッサなどの開発に携わったことなど、まずは自身の技術的なバックグラウンドを紹介した。その後留学を経てゲーム業界に入り、オンラインプロデューサーとして活動。2007年から現在の役職についていることを説明。

 

 つぎに、CEDECの歴史について触れた松原氏は、かつて東京ゲームショウと併催されていた“技術戦略説明会”が、CEDECの前身であると解説。技術戦略説明会はCESA会員にハードウェア技術を説明する名目で行われ、ドリームキャストなどの技術情報が発表されていたという。そんな技術戦略説明会は、ゲーム制作のあらゆる技術情報を提供することを目的に、‘99年からその形を変え、“技術情報の発信と交流。その技術情報を活用し発展させ、将来的にどう取り組んでいくのかを考えること”をコンセプトにした現在のCEDECというスタイルが確立されたと松原氏。加えて、ネットワーク分野がセッションとして独立(2000年)、3日間開催(2004年から)、著名人を招いたセッションの実施(2005年から)、基調講演の実施(2006年から)、コフェスタの一部として開催(2007年)など、年々その内容が充実していることを強調した。そしてCEDEC 2008では、受講者の投票によって開発技術を表彰する“CEDEC AWARDS”、ゲーム分野に近い学術や研究領域を紹介する“CEDECラボ”、そして「CEDECもGDC(GameDevelopersConference)に負けないよう、ワールドワイドに目を向けたい」(松原)と、海外からの開発者を招いたセッションを設ける“海外トラック”を用意するなど、新たな試みを企画したとのこと。

 

▲CEDEC 2008では、それぞれのセッションに責任者を立てて、セッションのジャンルごとに統一性を持たせ、クオリティーを上げる“セッションプロデューサー制”を設けたと松原氏。

 

▲スクリーンではCEDECの受講者数の推移や、セッション数が増加していることなどが説明された。

 

 4年ほどまえのCEDECでは、将来は高性能な新世代機の機能を活かしたソフトの登場が考えられていたそうだが、現状は「プレイステーション3やXbox 360といった高性能なハードは欧米で普及し、国内はニンテンドーDSやPSP(プレイステーション・ポータブル)といった携帯ゲーム機が普及している」(松原)とし、必ずしも高性能ハードだけが市場の中心にないこと説明。そのうえで、海外と国内の開発経験の蓄積に差が出ることになり、開発者にとって重要なポイントになるとした。高性能なゲーム機が普及しないと、その部分の研究開発は後回しでいいのか? 松原氏は「ゲームは多様化しており、あらゆる角度で研究を続けなければならない」とそれについて否定する。重要なのは、研究から応用までの時間の短縮と、技術開発の方向性を示すこととし、「ゲーム開発技術レベルを高め、クオリティーの高いゲームを作る。そして、ゲームに関わる皆さんに技術の方向性を示す」(松原)のが、CESAの立ち上げた技術委員会、そしてCEDECの役割だと語った。

 

▲さまざまな面で多様化を見せるゲーム市場。今後のゲーム開発技術もそれらに柔軟に対応する必要があるようだ。

 

 最後にCEDECのこれからについて、「大きなピクチャーとして、ゲーム市場の発展開発に求められる情報の提供の場、交流の場にしたいと思っています」と松原氏。そのためのキーワード“新しいこと”(こんなことができること)、“つぎにくること”(ユーザーに喜ばれること)を組み合わせた情報を提供していくことを掲げた。

 

※CEDEC 2008公式サイトはこちら

【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Wake Up, Get Up, Get Out There』など、全3曲をLynさんが熱唱! 『ペルソナ5』サントラ発売記念イベントをリポート

2017年1月17日に行われた、『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラックの発売を記念したインストアイベントの模様をお届けする。

“ファイアーエムブレム Direct”2017年1月19日(木)朝7時より配信決定、スマートフォン向け新作などの情報を公開

任天堂は、2017年1月19日(木)朝7時より、“ファイアーエムブレム Direct 2017.1.19”を配信することを発表した。スマートフォン向け最新作を始めとする、『ファイアーエムブレム』シリーズの情報をお届けするとのこと。

今井麻美さんのアーティスト活動の軌跡を振り返るミュージックビデオ集 第2弾が3月24日に発売決定! コメントムービーやオーディオコメンタリーも収録

声優、歌手として活躍する今井麻美さんが2013年〜2015年に発売した楽曲のミュージックビデオをBlu-rayに詰め込んだ『今井麻美Music Video Collection 2013〜2015』が2017年3月24日に発売されることが決定した。

『スーパーロボット大戦V』新規戦闘シーンなど見どころ満載の第2弾PV公開! 博多大吉出演のCM第2弾にも注目

バンダイナムコエンターテインメントのプレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『スーパーロボット大戦V』(2017年2月23日発売予定)の第2弾プロモーション映像が公開された。

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』 本日1月17日より“お嬢様の休日コスチューム”と“シーズンパス6”の配信をスタート!

コーエーテクモゲームスは、『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』について、本日2017年1月17日より、“お嬢様の休日コスチューム”と“シーズンパス6”の配信を開始した。

【先出し週刊ファミ通】『スーパーロボット大戦V』博多大吉さんのインタビューや山本希望さんが演じる新キャラクターを公開!!(2017年1月19日発売号)

世代を超えたロボット作品が共演を果たす人気シミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作『スーパーロボット大戦V』。週刊ファミ通2017年2月2日号(2017年1月19日発売)には、最新の戦闘シーンのほか、同作のCMに出演中の博多大吉さんへのインタビューを掲載。

“ニコニコ超会議2017”目玉企画やキービジュアル公開――“超歌舞伎”は新たな演目を上演、大相撲も再び開催

ドワンゴは、2017年4月29日(土)、30日(日)に千葉・幕張メッセで開催するイベント“ニコニコ超会議2017”について、企画や協賛企業、キービジュアルなどを発表。

『フォーオナー』の公式生放送が配信決定、プロゲーマーのsako、かずのこ、人気実況者が出演【闘TV】

ユービーアイソフトから2017年2月16日に発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『フォーオナー』の公式生放送“ゲーム実況者「フォーオナー」強い奴決定戦 in 闘会議”が配信決定。

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』のGUN GAMEが期間限定でバージョンアップ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアから発売中の『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』(PS4版)にて、つぎつぎとエピック武器が登場する“EPIC GUN GAME”が期間限定で公開中。