携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 作ったゲームはXbox 360でもプレイ可能――『アクションゲームツクール』の発売が決定

作ったゲームはXbox 360でもプレイ可能――『アクションゲームツクール』の発売が決定

2008/9/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●“Xbox LIVE コミュニティーゲーム”で販売が可能

 

 2008年9月4日〜5日まで、都内で開催中のゲーム開発者向け技術説明会“Gamefest Japan 2008”にて、エンターブレインの『ツクール』シリーズ最新作となる、Windows用タイトル『アクションゲームツクール』が発表された。発売は2008年12月12日を予定しており、価格は10290円[税込]となっている。


▲シリーズ最新作のテーマはアクション。ジャンプアクションを始め、アクションアドベンチャー、シューティング、格闘ゲーム、パズルゲームなどさまざまなジャンルのアクションゲームが作成可能だ。


 『ツクール』シリーズは、プログラムなどの専門知識がない人でも、楽しみながらオリジナルゲームの作成ができるタイトルで、代表的なものとしては『RPGツクール』が挙げられる。今回発表されたシリーズ最新作はタイトルにもあるとおり、アクション要素のあるゲーム制作を行うことが可能だ。初心者でも手軽にゲーム制作を楽しめるように、ゲーム内には豊富なサンプルデータを収録。これを土台に、ゲームのジャンルや雰囲気、音楽、主人公タイプなどの基本データを選択していく“新規ゲーム作成ウィザード”という機能も搭載されている。もちろん、従来のシリーズと同様に、自作したグラフィックや音楽の取り込みにも対応しており、徹底的に作り込みたいユーザーも十分満足できる仕上がりとなっている。

 

▲そのままでも遊べるサンプルゲームを各ジャンルに用意。初心者はこれを調整するところからゲーム作りに親しんでいこう。


 また、本作ではPC向け『ツクール』シリーズ初の試みとして、完成したゲームをWindowsだけでなく、マイクロソフトの統合ゲーム開発環境“XNA Game Studio”を含む複数フォーマットにも書き出せる機能が搭載された。これにより、XNA Game Studioに対応した家庭用ゲーム機、Xbox 360上でも『アクションゲームツクール』で制作されたゲームを動かすことが可能に。ユーザーがXbox LIVE上で自作タイトルをXbox 360向けに販売できる新サービス“Xbox LIVE コミュニティーゲーム”(日本では2009年前半に開始予定)への対応も決定しており、これまで以上に『ツクール』作品で作られたタイトルを一般ユーザーが触れる機会が増えそうだ。

 なお、Xbox 360上で『アクションゲームツクール』から制作された作品を動作させるためには“XNA クリエーターズ クラブ”の入会が必要となる。

▲XNA Game Studioに対応。Xbox LIVE コミュニティーゲームを通じて、Xbox 360上での動作も可能となった。


※Gamefest Japan 2008の公式サイトはこちら
※エンターブレインの公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『モンでき。』特別企画Vol.60 夏の終わりの漢字テスト!

『モンでき。』特別企画の漢字テスト、最終回!

「バカテス」のnamo先生の! 新作告知っ!!

「バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。」を 描かれていたnamo先生の、新連載が明日からスタートです! 目つきの悪さにコンプレックスを感じる主人公くんと… ミステリアスなヒロインさんとの…

「狼少年は今日も嘘を重ねる」が新連載!もちろん「艦これ 吹雪、がんばります!」や「ダイショーグン」など続きが気になる最新話も公開!

こんにちはっ! あんこ弐号です。 この前、久しぶりに知り合いからメッセージが届いたんですが、口調がずいぶん馴れなれしい……!? と思っていたら「某プリペイドカード買ってきて」の文面が!! これがウワサの“なりすまし”か〜! 基本煽っていかないスタイルなので、とりあえず無視……。

『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』週刊ファミ通限定のカラーバリエーションを全員公開! 発売お祝いイラストの第3弾(モタさん)も!

週刊ファミ通2014年8月28日発売号では、同日発売の『P4U2』を大特集。本誌限定のダウンロードコンテンツ付録もお見逃しなく!

【今週の週刊ファミ通】『零 〜濡鴉ノ巫女〜』3人の主人公と、注目のゲームシステムを紹介(2014年8月28日発売号)

2014年9月27日に発売される、和風ホラーアドベンチャー『零(ゼロ)』シリーズ最新作『零 〜濡鴉ノ巫女(ぬれがらすのみこ)〜』。週刊ファミ通9月11日号(8月28日発売)の記事では、本作の舞台となる霊山“日上山(ひかみやま)”と、プレイヤーが操作する3人の主人公を紹介!

【今週の週刊ファミ通】もうひとつの『アサシン クリード』がここに! 新しい主人公はなんと“アサシン・ハンター”!! 『アサシン クリード ローグ』(2014年8月28日発売号)

2014年8月28日発売の週刊ファミ通では、『アサシン クリード ユニティ』と並行して開発が進められているプレイステーション3向けソフト『アサシン クリード ローグ』の記事を掲載。

『龍が如く0 誓いの場所』舞台となる時代と主人公に注目!

セガは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、プレイステーション4・プレイステーション3用ソフト『龍が如く0 誓いの場所』の最新情報を公開した。

『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』大人気小説を原作にしたRPGが始動

スクウェア・エニックスは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、 スマートフォン対応のRPG『魔法科高校の劣等生 LOST ZERO(ロストゼロ)』の最新情報を公開した。

坂口博信氏の新作RPG『テラバトル』はどんなゲームなのか? ついにそのすべてが明らかに!

ミストウォーカーコーポレーションは、週刊ファミ通2014年9月11日号(2014年8月28日発売)にて、スマートフォン向けRPG『テラバトル』の最新情報を公開した。

【週刊ファミ通・イラストコラム】『ネプテューヌ』シリーズのキャラクターデザイナー・つなこ氏が入社したキッカケとは……?(2014年8月28日発売号)

ゲームへの思いをイラストで自由に語っていただく、週刊ファミ通の連載コラム“ゲームのことを思い描く”。第7回のゲストは、『超次元アクション ネプテューヌU』のキャラクターデザインなどで知られる、つなこ氏だ。



もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS