携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【コミコンリポートその3】主役はレオンとクレア! CG映画『バイオハザード:ディジェネレーション』が電撃発表(詳細追加)

【コミコンリポートその3】主役はレオンとクレア! CG映画『バイオハザード:ディジェネレーション』が電撃発表(詳細追加)
Comic-Con International 2008

2008/7/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プロデューサー・小林裕幸氏、監督・神谷誠氏などそうそうたるスタッフが集結!


▲映画のメインビジュアルも公開となった。

 “Comic-Con International 2008”の会場にて、2008年7月25日にCG映画『バイオハザード:ディジェネレーション』の制作が電撃発表された! 全編フルCGによる本作は、ラクーンシティで起きた“アンブレラ事件”から7年後のアメリカを舞台に、クレア・レッドフィールドとレオン・S・ケネディの活躍を描くサスペンス巨編。監督は『日本沈没』や『L Change the World』の特撮監督を務めた神谷誠氏、脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『CASSHERN』などの菅正太郎氏、制作は『アップルシード』や『エクスマキナ APPLESEED SAGA』などでCGグラフィックスに絶大な評価を持つデジタル・フロンティアが担当するなど、一流スタッフが集結。プロデューサーはカプコンの小林裕幸氏が務めることになる。本作はソニー・ピクチャーズ配給のもと、2008年10月18日から2週間限定で、新宿ピカデリー、大阪ブルク7、名古屋ミッドランドスクエアシネマにて世界先行上映される。
 

▲発表会にはゾンビさんたちも登場。



 発表会には、カプコンの小林裕幸プロデューサーと、神谷誠監督が登壇。まずは、小林氏が『バイオハザード:ディジェネレーション』について口を開いた。

「今回の『バイオハザード』はゲームではなく映画なので、皆さん驚かれたかもしれません。僕も『バイオハザード4』以来久しぶりの『バイオハザード』になります。本作の主人公はレオンとクレアなのですが、ふたりが共演するのは『バイオハザード2』以来ちょうど10年ぶりになります。クレアが登場するのは、『バイオハザード:コードベロニカ』以来8年ぶり。レオンも『4』以来4年ぶりとなります。僕がレオンを活躍させてたくて、ふたりの登場となりました。配給会社のソニー・ピクチャーズさんとは、もともと実写版『バイオハザード』でお付き合いがあったのですが、今回はCGで行こうということになったんです」(小林)

 小林氏は以前、神谷監督と『ディノクライシス3』でいっしょに仕事をした経緯があり、本作の監督をお願いすることにしたのだという。もともと『バイオハザード』の大ファンだったという神谷監督は、今回の話をもらったときは、とても興奮したのだとか。

「その反面、このビッグタイトルの監督をやらせてもらえるということで、“自分で大丈夫なのか”と不安になりました。今回の物語はラクーンシティから7年後です。とある飛行場でバイオテロの事件が起き、そこへ偶然クレアが居合わせて巻き込まれることになります。そこへ、こういった事件のスペシャリストであるレオンが送り込まれてくることになるんです。謎が謎を呼び……というドラマチックな物語が展開しますよ」(神谷)

▲プロデュースを務める小林氏は、「レオンのその後を描きたかった」とのこと。

▲ゾンビ好きの神谷監督は、映画にゾンビが出現することに大いにこだわったとか。


 最後の質疑応答では、「レオンとクレアの仲はどうなるのか?」、「おなじみのキャラのゲスト出演はあるのか?」といった熱心な『バイオハザード』ファンからのこだわりの質問が続出。ストーリーに関することについては“ネタバレ”になるから……ということで口が重かったふたりだが、どうやら警察の特殊部隊で隊長を務めるオリジナルキャラのアンジェロという女性が登場して、彼女が物語のカギを握ること(どうやらレオンとクレアの仲も)、おなじみのキャラも登場するかもしれないが、オリジナルキャラとの絡みを楽しみにしてほしい……といったことが説明された。一流スタッフが作り上げる新たなる『バイオハザード』の世界に注目したい。

▲発表会の後で行なわれた即席のサイン会はご覧のありさまに! 『バイオハザード4』や『デビル メイ クライ 4』など世界的にも評価の高い作品を手掛ける小林氏だけに、その人気は相当なもの。

 

▲画面だけからでも伝わる迫力。果たして、どのようなドラマが展開されるのか?


※『バイオハザード:ディジェネレーション』の公式サイトはこちら

Comic-Con International 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【先出し週刊ファミ通】『討鬼伝2』相馬と初穂が参戦決定!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、コーエーテクモゲームスのハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』の最新情報を公開。

新海誠監督みずからが手掛ける『君の名は。』の原作小説がスピード重版決定! 書籍特設サイトで“試し読み”もできる

2016年8月26日から全国東宝系にて劇場予定の、新海誠監督最新作の『君の名は。』。映画公開に先駆けて、角川文庫より発売された新海誠監督自身の手になる『小説 君の名は。』が、発売からわずか3日でスピード重版が決定。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『世界一長い5分間』、『グランブルーファンタジー』、『Caligula -カリギュラ-』などのコンテンツをゲット!(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』追加シナリオ第2弾“覇堂高校編”が配信開始

KONAMIは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『実況パワフルプロ野球 サクセススペシャル』について、追加シナリオ“覇堂高校編”を本日2016年6月28日より配信開始した。

映画『コープスパーティー Book of Shadows』のニコニコ生放送特別番組が7月6日20時より放送決定!

7月30日(土)よりシネ・リーブル池袋、立川シネマシティほかにて、全国公開される映画『コープスパーティー Book of Shadows』。本作のニコニコ生放送特別番組“今回もやります!コープスパーティー祭り”が2016年7月6日20時から放送されることが決定した。

『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』6週連続でキャラクター動画を公開 第1弾は“ポー・ダメロン”

ワーナー ブラザース ジャパンより、2016年10月13日発売予定のプレイステーション4、 プレイステーション3、プレイステーション Vita、Wii U、ニンテンドー3DS用ソフト『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』について、キャラクターにフィーチャーした最新映像が公開された。

【先出し週刊ファミ通】『アイカツスターズ! Myスペシャルアピール』充実のアイドル活動がスタート(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、バンダイナムコエンターテインメントのニンテンドー3DS用ソフト『アイカツスターズ! Myスペシャルアピール』の情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】『グラブル』月イチ連載“グランブルーファンタジー情報局 グラ通”が連載スタート!(週刊ファミ通6月30日発売号)

ユーザー登録数1000万人を突破し、人気絶好調のサイゲームスのRPG『グランブルーファンタジー』。その新情報を月イチでお届けしていく連載記事“グランブルーファンタジー情報局 グラ通”が、週刊ファミ通7月14日号(2016年6月30日発売)からスタートする。

【先出し週刊ファミ通】ついに発売される『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』を攻略!(週刊ファミ通6月30日発売号)

人気シミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』(以下、『スパロボ』)シリーズのオリジナルキャラクターたちが活躍する『スパロボOG』シリーズの最新作『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』が、2016年6月30日にいよいよ発売される。同作の発売を記念して、攻略記事を掲載。

【先出し週刊ファミ通】楽園での惨劇がPS4で再び!『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』(2016年6月30日発売号)

週刊ファミ通2016年7月14日号(2016年6月30日発売)では、スパイク・チュンソフトのプレイステーション4用ソフト『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』の情報をお届け。