携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ”ドラゴンクエスト モンスターバトルロード感謝祭”で『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』が発表、戦いの舞台は”天空シリーズ”へ

”ドラゴンクエスト モンスターバトルロード感謝祭”で『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』が発表、戦いの舞台は”天空シリーズ”へ

2008/6/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●シリーズ第2弾は2008年12月より稼動開始予定!


▲スクウェア・エニックスの人気カードゲームのイベントが開催。2008年9月29日まで行われている。

 スクウェア・エニックスは2008年6月28日、東京の秋葉原にある秋葉原UDXで、『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』のイベント”ドラゴンクエスト モンスターバトルロード感謝祭”を開催した。

 

 『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』は、スクウェア・エニックスの看板RPG『ドラゴンクエストシリーズ』の世界観をモチーフにした業務用カードゲーム。2008年6月で稼動開始から1年が経ち、累計排出カード枚数も9500万枚以上と高い人気を誇っている作品だ。メインのユーザー層は小学生の男女だが、定期的に行われている大会に”親子ペア”という部門があることからもわかるように、お父さん(お母さん)プレイヤーの数も少なくない。実際、今回のイベントでも、会場内に設置された対戦台で子供たち以上に白熱しているお父さんがいたり、息子とカードの取り合いするといった風景も見られたほどだ。
 

▲全国で、まだわずかな台数しか稼動していいない”乱入台”を16台出展。3連勝したプレイヤーには、地方大会の会場などで配布されていた限定カードがプレゼントされた。

▲『ドラゴンクエスト』シリーズに関連したグッズの物販コーナーも盛況だった。


▲2008年7月17日発売予定のニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が初プレイアブル出展。今回のバージョンでは、子供時代と青年時代いずれかをプレイすることができた。


▲『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の体験コーナーではテレビCMも初公開。各キャラクターはシリーズの伝統に沿って海外俳優が演じる。舞台となるのは船の上で、新キャラクターのデボラも登場(上写真)。


 この日のメインとなったステージイベントは、2008年3月から全国で行われた地方大会を勝ち抜いてきた”代表勇者”8名によるトーナメント”第2回王者決定戦”。いずれの出場者も激戦をくぐり抜けてきたツワモノだけに実力は拮抗。まったく同じ構成のチームどうしによる対戦もあったりと、緊張感のある試合に来場者は釘付けとなった。


▲『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』のイベントでおなじみの勇者”カイト”も登場。


▲ヒットポイントが1桁になった状態からの逆転劇など、試合は実力者どうしの戦いにふさわしく白熱したものに。


▲相手の状態異常を引き起こす戦法で終始戦闘を有利に進めた、ほったかずひろくんが優勝。勇者から”王者認定証”とプロジェクターなどの豪華賞品が贈られた。


 大会終了後には、同作のプロデューサーを務める市村龍太郎氏が登壇し、来場者に向けてビッグなプレゼント。シリーズ第2弾『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』の開発決定だ。ステージ上のスクリーンではプロモーション映像も上映され、その中には初登場となるモンスターの姿や、前作では見られなかったプレイヤーキャラどうしが刃を交える姿も見られた。
 

▲ゲームの詳細についてはほとんど明かされなかったが、市村氏曰く「秋ごろから、新しい情報を出していこうかと思います」とのこと。

 

 ゲームの世界観は、前作の初代『ドラゴンクエスト』〜『III』までの”ロトの伝説シリーズ”から、『IV』〜『VI』までの世界観である”天空シリーズ”へチェンジ。それに合わせて、筺体も天空シリーズを象徴する武具”天空の盾”と”天空の剣”をモチーフにしたデザインへと変更されている。モニターの下あたりには、最新作で新たに導入されるゲームのプレイデータなどをセーブする専用ICカードの設置エリアを用意。デザインだけでなく、機能面のパワーアップも施されているというわけだ。

 

 従来までのカードはすべて使用できることに加えて、同じモンスターでも『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』では新たな技を習得している可能性もあるのだという。もちろん、新カードも多数登場予定だ。ゲームの詳細については、ほとんど明らかにされなかったが、映像にプレイヤーキャラどうしの戦いなど新システムの投入は間違いなさそう。


▲戦いの舞台は”ロトの伝説シリーズ”から、”天空シリーズ”へ。それに合わせて、登場するモンスターも増加。前作までのカードも使用できるので、現在プレイ中のユーザーもご安心を。


 稼動は2008年12月と半年近くさきだが、2008年7月には、『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』の最新章”第7章 ファイナルコレクション”が稼動を開始する。こちらでは、いままでの章に登場した魔王、大魔王に加えて隠しボス”大魔王ゾーマ”が参戦。さらに、すべてのモンスターカードも勢揃い。”ファイナル”の名に相応しくシリーズの集大成的な内容となっているのだ。こちらですべてのカードを揃えておけば、2008年の『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』稼動開始時に、スタートダッシュを決めることができるかもしれない。


▲こちらが『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』稼動に合わせて登場する新筺体。真ん中に天空の剣があり、モニター部分が天空の盾というデザインだ。


※『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』の公式サイトはこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『エルソード』“超越”でバトルのありかたが一変! 秋季アップデートの詳細が判明

NHN ハンゲームが運営するPC用オンラインアクションRPG『エルソード』の今秋のアップデート計画をご紹介。三次職に導入される超越スキルの秘密や、英雄ダンジョンに追加されるヘルモードの詳細など、注目の新情報をご覧あれ!

新キャラ、エースは可能性の塊……!? 『ディシディア ファイナルファンタジー』公式生放送#5 詳細リポート!

2016年9月26日に、ニコニコ生放送にて放送された“DFF公式生放送#5 エース参戦&シアトFF AC稼働直前 SP”。5回目となる公式生放送では、『DFF』に新規参戦するキャラクター・エースの紹介や既存キャラクターの調整情報、公式全国大会の優勝チーム“@rumblePlaza”をゲストに、盛りだくさんの内容となった。本記事ではその詳細リポートをお届け!

国内配信の遅さは計画通りだった!? 『ポケモンGO』開発者が明かす“リリースまでの歩み”

『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティックとポケモン両社のキーマンに制作秘話とこれからの展望を聞いた 

リオ競泳メダリストの松田丈志さんが“東京ジョイポリスVR大使”に就任! VRアトラクションの魅力を伝えるイベントを開催

セガ・ライブクリエイションが運営する東京・台場の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスにて、セガサミーグループ所属のリオ競泳メダリスト・松田丈志さんが、“東京ジョイポリスVR大使”に就任。2016年9月27日に、VRアトラクションの楽しさを伝えるイベントが開催された。

【先出し週刊ファミ通】『モンスターハンター ストーリーズ』発売直前! 南国風の“クプニ村”をチェック!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、 いよいよ発売が目前に迫った『モンスターハンター ストーリーズ』の最新情報をボリューム増の8ページのお届け。

『ファイナルファンタジーXIV』Patch 3.4“魂を継ぐ者”が公開 “ダブルクロスホットバー”機能などが追加

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』において、大型アップデートとなるPatch3.4“魂を継ぐ者(Soul Surrender)”を公開開始した。

【先出し週刊ファミ通】『RPGツクール フェス』自分だけの冒険を作って配信しよう!(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、『RPGツクール フェス』の最新情報をお届け。

【先出し週刊ファミ通】東京ゲームショウ2016来場者の期待作は? よかったブースは? TGS来場者に聞く、“ゲームファン意識調査”特集(2016年9月29日発売号)

週刊ファミ通2016年10月13日号(2016年9月29日発売)では、特集“東京ゲームショウ2016来場者に訊いた! ゲームファン意識調査”をお届け! 

週刊ファミ通の誌面企画用にプレイステーション VR(PS VR)を体験してくれる方を募集!

週刊ファミ通2016年10月27日号(2016年10月13日発売)でプレイステーション VR発売記念特集を掲載予定。この特集記事の中で、老若男女さまざまな世代のユーザーの皆さんにプレイステーション VRを実際に体験していただき、その感想コメントとお写真を掲載させていただく企画を行います。こちらの企画にご協力いただける方を募集!

『大航海時代 Online』がYahoo!ゲームでサービス開始! 初回半額キャンペーンも

コーエーテクモゲームスは、サービス中の海洋冒険オンラインRPG『大航海時代 Online』について、ヤフーが運営するオンラインゲームサービス“Yahoo!ゲーム”にて、2016年9月27日よりWindows版のサービスを開始したことを発表した。